CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月22日

ええやん新聞23号〜1面の素敵な写真集〜

ええやん新聞8号から記者になり4,5,6・・・8年目!?の藤岡です。
あの頃7歳と4歳だった子どもが、もう高校生と中学生!
年を取るはずですね…

そんなええやん新聞も、もう23号まで発行済。
23号の特集テーマだった「認め合える社会へ」について、読者のみなさまからご意見ご感想をたくさんいただきました。ありがとうございました!

ええやん23.png

今回は、23号の1面を飾ってくださった(株)lool(ロール)の大下さんの取材について振り返ってみようと思います!
カメラマン・クワシー優子さんの素敵な写真と合わせてお楽しみください♪

**************

「23号はめちゃオシャレな写真で1面を飾る!!」

ええやんスタッフ満場一致で、寄付の仕組みも素晴らしいという噂の「lool」さんに1面掲載をお願いすることに。

取材したのは、2020年10月13日。
お忙しいオーナーの大下さんとなかなか予定が合わずでしたが、この日やっとお話が聞けそう!ということで、陶にあるloolさんを記者3名とクワシーカメラマンの4人で訪ねました。

DSC_4887.JPG

国道2号線沿いにあるオシャレでポップな外観の「lool」。

DSC_4882.JPG

DSC_4899.JPG

お店の扉を開くと・・・

DSC_4834.JPG

ヨーロッパを思わせるような異空間が広がり

DSC_4873.JPG

一面にオシャレな家具がずらりと並びます。

DSC_4804.JPG

一つひとつの家具について、我が子のように丁寧に説明してくださる大下夫妻。

DSC_4764.JPG

憲彰さんは素敵な家具を見つけてくる人。
夏美さんはそれを手直しする人。

DSC_4789.JPG

そして、ある家具について語ってくださいました。

DSC_4794.JPG

「まだ使える、味のある小物や家具を寄付してもらって、手直ししたものを買っていただくんです」

DSC_4793.JPG

そう、こうやって大下さんの仕組みによって集まったお金が、発達障害の子どもたちのためにと活動している団体に寄付されるんです。

DSC_4766.JPG

使わなくなった家具を提供する人

DSC_4894.JPG

家具を手直しする人

DSC_4824.JPG

手直しした家具を購入する人

しらさぎキッズ建物.JPG
△発達障害のある子どもの療育施設「しらさぎキッズ」

c5d255532d5861eb000d461897de153d_fdbf91c8d6743e36ed30a1e1d3ce8137.jpg
△発達障害啓発団体「ブルーライトやまぐち」

発達障害のある子どものためにと活動をする人や団体

DSC_4871.JPG

これらの方々がそれぞれ自分のできること、自分の役割を果たし、認め合える社会への一歩を築いているんですね!


取材後…

IMG_2548.jpg

吉冨記者「この椅子、ほしい・・・(切実)」

IMG_2547.jpg

クワシーカメラマン「極楽、極楽〜♬」

IMG_2545.jpg

岡部記者&藤岡「ええやん新聞、次号も読んでね〜!」

ええやんスタッフたちを癒す役割を果たしてくれた、loolのオシャレ家具たちなのでした♬


DSC_4916.JPG

loolさんでは、家具の販売はもちろん、レンタル家具や中小企業コンサルタントなどの事業もされています!

ぜひ立ち寄ってみてくださいね〜♬

http://www.loolool.jp/


【ええやん記者 藤岡】
posted by さぽらんてスタッフ at 13:16 | Comment(0) | 広報紙

2021年01月29日

ありがとうございました!!

ええやん新聞市民記者の岡部です。2年間市民記者をさせて頂き、今号で卒業となりました。
思い起こせば2年前、それまで、ぐうたら主婦生活を満喫していた私。そろそろ社会とつながらねば!と思っていたところ、ご縁を結べたさぽらんて。

市民活動って何?さぽらんてって何するところ?と、何も知らず、何も分からない状態で無謀にも市民記者を引き受けてみたら…正直、楽しかった〜♪もう、あっという間の2年間でした!

市民記者になって、名刺を作ってもらったり、取材に伺ったり、ZOOM会議をしたり、何より記事を書いたり。どれもこれも初めて!(ちなみにこのブログも初めて♪)
分からないこと、知らないことを、その都度、優しく教えてくれる先輩方。知らなかったことを知っていくおもしろさ。そして、自分の書いたものがええやん新聞として出来上がっていく興奮と達成感。数年ぶりに関わった社会はとっても優しくて、居心地の良いものでした。

image0 (1).jpeg

驚くべき、さぽらんてのホーム感です!すぐに馴染めてしまうのは、スタッフの共感力の高さゆえでしょうか。さぽらんてで出会った団体さんも笑顔に溢れている方々がたくさんいらっしゃいました♪
絶対笑顔がかえってくる。そんな場所だと思うので、また何かの形で関われたらいいなぁ。
ご縁を結べた全ての人に感謝。ありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(ええやん新聞市民記者 岡部)

posted by さぽらんてスタッフ at 13:33 | Comment(0) | 広報紙

2020年09月14日

ええやんレシピ、作ってみてね!

今日の夕食何にしよ〜・・・って、毎日困っていませんか?
さぽらんてでも、15時ごろになるといつもこの話題になります。

そんなとき、私が切り札にしているのがコレexclamation

ええやん新聞〜!.jpg

ええやん新聞〜黒ハート(ドラえもん風)

18号レシピ.jpg

昨日はええやん新聞18号4面に掲載したYOROZU FARMさん提供のレシピ「揚げ野菜のカラフルマリネ」を参考に、余っていたさつまいもやかぼちゃ、半額で買ってきたミニトマトをおいしく処分しました!

揚げ野菜のマリネ.jpg

見本ほどうまくはできないけれど、我ながら味はなかなかのものでしたよ〜ハート

ええやん新聞では、毎号レシピを掲載しています。
地元で活躍している団体さんや有志の方にお願いしてとっておきのレシピを提供してもらっているので、ぜひ地元の食材で作ってみてくださいね〜!
バックナンバーはこちらから→https://www.saporant.jp/eeyan/



さて、ここで問題です。

10月1日に発行される最新号「ええやん新聞22号」は次のうちどれ!?

えびマヨ.jpg
▲@子どもも大好き!えびマヨ(秋穂産ではない)

海鮮丼.jpg
▲A魚を刺身にさばきたいがために作った海鮮丼

ボーンブロススープ.jpg
▲B鶏肉の骨からのダシがおいしい野菜たっぷりスープ


今回はたくさん野菜を使う、作りごたえがある便利レシピです!
しかも私はもう何度となく作りました(笑)

気になる答えは、ええやん新聞22号の4面をお楽しみに〜♬

ええやん新聞はさぽらんて他公共機関に配置されています。
また、小中学校からも配布され、市内の回覧で回ります!
ぜひ読んで、クイズの答えを送ってくださいね^^
(この記事のクイズの答えは募集しておりません)


【中三息子が魚さばきたい病になって魚ビンボーになっている スタッフ藤岡】
posted by さぽらんてスタッフ at 14:52 | Comment(0) | 広報紙

2020年02月25日

進化するええやん新聞が毎号欠かさずやっていること

年2回発行するええやん新聞は、今回(2020年2月発行)で21号目となりました。ということは、かれこれ10年にわたり続けているということになるのですが、実はこの10年間、発行後に欠かさずやっていることがあるんです!

それは「最新号モニター会議」!!!!

今回も、ええやん新聞メインターゲットである「子育て世代」の5名の方にお越しいただきモニター会議を開催しました。

まずは自己紹介をして、「ええやん新聞について知っていることは?」「一番印象的な記事は?」「今、気になっていること、これから取り上げてほしいテーマは?」など根掘り葉掘りの質問タイムです。

面白いことに、印象的な記事はみなさん違ったり、同じ記事でも分かりにくいと感じる方もいれば、そうでない方もいらっしゃる。過去のモニター会議でもそういうことが多いのですが、この違うということがとっても良いなぁと感じています。違うからこそ、発見があったりアイデアが生まれたりする。ええやん新聞が進化していく秘訣ですね!

そして、12時頃には美味しいお弁当タイム。
このお弁当タイムの雑談が次号へのヒントになったりするから侮れません。
記者たちは耳を大きくしてしっかりお話を聞かせていただきました。

ブログ記事用写真1.png

モニター会議にご参加いただいたみなさん、ご協力ありがとうございました^^
これからのええやん新聞も楽しみにしててくださいね!

★男女共同参画や防災、グリーフ、不登校、子ども食堂など情報盛りだくさんのバックナンバーも要チェックです。


(ええやん新聞スタッフ 吉冨)




posted by さぽらんてスタッフ at 14:39 | Comment(0) | 広報紙

2020年01月31日

ええやん新聞21号 今回のテーマは寄付

2月4日の発送に向けて、準備をすすめてる、ええやん新聞21号。

前の20号発行は、さぽらんて移転と重なってドタバタだったなあと、あの頃をすでに懐かしく感じます。今回は運びやすさと、広さを考えて前のスペースを陣取って仕分け作業をしています。
IMG_8408.JPG

今回のええやん新聞のテーマは「寄付」
ちょっとハードルが高い(?)寄付について、いろいろな角度から切り込んでみました。

今回の1面「ええやんピープル」は、池田建設社長 池田直人さん。寄付をするということは「未来への投資」。回りまわって未来の自分へ返ってくると話されていたのが印象的でした。
IMG_8415[1].JPG

そして中面は@イラストで紹介する身近な寄付  A1215さぽらんてドネーションパーティーの結果報告  Bこどものためのええやん新聞 の三部構成
IMG_8411.JPG

@イラストで解説身近な寄付では 寄付つき商品、ふるさと納税、認定NPOへの寄付、ヘアドネーションについて取り上げています。
Bのこどものためのええやん新聞では、実際に寄付をしてみたことが掲載されてます。お子さんと一緒に読んでもらえると嬉しいです。

4面はお寺の修復費用をクラウドファンングで募った、興隆寺のお話しと、バレンタインを意識したチョコのお菓子レシピ(レシピ提供は山口友の会さん!間違いないです!!)
IMG_8410.JPG


ええやん新聞21号を見て、寄付へのハードルが少しでも下がるといいな。

クイズに答えてのプレゼントは中面に登場する 防府のケーキ屋さん メルシーのお菓子の詰め合わせです。皆さん応募してみてくださいね!
<スタッフ こうとく>

posted by さぽらんてスタッフ at 09:51 | Comment(0) | 広報紙