CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月18日

コロナ禍における就活生

こんにちは、学生スタッフの山口大学4年吉田です!

梅雨明けも近づく今日この頃、皆さん体調は崩さずお元気でしょうか?
コロナ禍というこのご時世において、自身の体調管理と予防対策には気をつけないといけないですよね。

このコロナ禍というものは、私を含める就活生にとっても多大な影響が出ました。折角なのでその就職活動についてお話させてください。

まず私たちを困らせたのは合同企業説明会の中止です。
一部の就活生を除き、ほどんどの就活生は大学3年生の2月、後期日程が終了してから本格活動します。合同企業説明会で興味のある企業や業種・職種を見つけてそこから絞り個別企業説明会に参加して希望する企業を見つけるわけです。
私は2月まで部活動関連の用事が多く、2月末から就職活動を本格化するつもりでした。

しかし、2月末に入るとコロナの影響は全国各地にじわじわと広がり、山口県にもその影響が来ました。
合同企業説明会は全て中止となりました。合同企業説明会はいわば「知らなかった企業や業種・職種を知る」という機会です。私含め多くの就活生は自ら興味のある企業を調べ、自ら個別企業説明会に参加を申し込まないと行けなくなったのです。

勿論私含めほとんどの就活生がある程度興味のある分野というものは合同企業説明会に参加する以前から定めていましたが、自身の新たな可能性というものが閉ざされてしまいました。

合同企業説明会がダメなら次は個別企業説明会です。しかし、ここでもコロナ禍の影響が響いてきます。
コロナ禍の影響が特に大きかった都心部では勿論、地方の企業でも個別企業説明会が延期及び中止するという事態が多発しました。予定通り決行する企業さんもありましたが、都心部の企業にはまず行けませんでした。3月になると公共交通機関にも影響が出ていましたからね。
行けたとしてもコロナウイルスがうつりそうで怖い・行きたくないと考えるのが普通です。

私は山口県内及び広島県のどちらかで就職することを考えていたのであまり影響は出ていませんでしたが、それでも私が参加を予定していた個別企業説明会の半分ほどは延期及び中止となりました。
おそらく都心部を志望していた就活生が、様々な企業説明会に参加して忙しいという忙しさから自宅で企業や業種について調べるという忙しさにシフトチェンジしていたことでしょう。

一方、地方志望の自分は半分ほど延期・及び中止という中でも、希望就職先を絞り込み選考の段階にまで行きました。3月末時点で私は3社までに絞り込んでいました。
コロナウイルスの影響がどこまで大きくなるかわからなく、ゆっくり選んでる暇はないと考えていたのが当時の心情でした。
県外から山口大学に入学した友達は、地元に帰れないため詳しく知れず絞り切れないという人や既に内定が決まっていたが東京の企業だったため内定承諾をやめることにしたという人もいました。

このような中、4月に入ると地方でもコロナ禍の影響を一気に煽り、ほぼ全ての企業が延期及び中止という方向になりました。
逆に都心部ではオンラインによる説明会・選考が対応されるようになったため都心部での就職活動は進み始めたのではないでしょうか。

私が希望就職先として絞っていた3つの企業のうち、2つは延期となりました。オンライン対応が整わなかったということと、直接顔を合わせて判断したいという思いがあったようです。(企業の採用担当の方が仰っていました。)
幸いその中でも第1志望の企業がすぐにオンライン対応してくださったので、私は選考を進め4月末には内定が決まっていましたが、もしそこが第1希望でなかったとしてもこのご時世の不安定さに恐れ内定を承諾していたかもしれません。

私はこのご時世の中ではかなり恵まれた位置にいました。地元である山口の大学に進学し地元を志望したということ、希望先が早くオンライン対応してくださったということ、この2つが重なったからこそ私は1番に希望していた企業に早く就職することが決まりました。

もし、今後このような非常時に就職活動が被ってしまった人は希望就職先を決める判断基準に非常時の対応という点について考慮するのも悪くないかもしれませんね。



最近、コロナ禍に対する危機が山口県から徐々に薄くなってきたところで、また山口県内で感染者が出てきましたね。
明日は我が身ということを意識して、体調管理・予防対策をしっかりしていきましょう。
posted by さぽらんてスタッフ at 15:25 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年07月05日

コロナの影響(一大学生の場合)

こんにちは!学生スタッフの山アです。


新型コロナウイルスの影響で、自粛を余儀なくされた上半期…みなさまいかかがお過ごしでしたでしょうか。まだまだ油断の許さない状況の中で、徐々にではありますが山口には「いつもの生活」が戻ってきているような気がします。
みなさんどうか焦らず、自分のペースで頑張っていきましょう!

さて、そんな中で大学2年生であるぼくの生活にも大きな変化がありました。
4月に大学は始業せず、5月にやっとオンライン授業が始まり、6月に対面授業が始まりました。暇を持て余した4月、同じく授業があるとはいえ暇であった5月。
僕は何とかして暇をつぶそうと試行錯誤し、3密を避け人に迷惑のかからない趣味を作りました。

それが「バス釣り」です。

実は僕、小さいころから釣りをしたことが数回しかありませんでした。しかし友達の誘いで初めてダムにバス釣りに行った時に僕は感銘を受けました。自粛ムードの中、こんなに安心して自然を満喫しながら過ごせる遊び方があるのか!と。
もちろん簡単にバスが釣れるわけではないですし、多少初期費用での出費はかさみます。でも新しい趣味を見つけた時ってワクワクしますよね!
そんな感じで同じ友達と何回も飽きずに野池やダムをめぐりました。この春の最高記録は40センチ弱です。将来的には50センチ以上狙いたいですね〜!!なんていってみましたが…
学校が始まってしまいましたのでたぶんしばらくいけません。。。


ソーシャルディスタンスを保ちながら、マナーを守った釣りというのはこの時期に最適だと僕は思いますので是非興味のある方は釣具屋へ!(マスク着用のうえ)
皆さんも家の中で出来た新たな趣味が1つ2つあるんじゃないでしょうか?不幸や不便ばかりに感じますが家族で過ごす時間ができたことや、ゆっくり家で休む時間、勉強する時間、何かを始める準備期間ができたことは確実にプラスと言えると思います。
いつまでこの状況が続くかは分かりませんが、必ずしやこの危機を皆で乗り切りましょう!!
posted by さぽらんてスタッフ at 14:31 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年06月22日

学生へのコロナの影響・・・

こんにちは!学生スタッフの吉田です!

コロナウイルスの影響もあり、久しぶりの出勤だったのですが人間やっぱり忘れてしまう生き物ですね・・・。
「あれ?どうやるんだっけ?」と何度も手が止まりました(笑)
これもきっと初心に帰るチャンスだと思うので、勘を取り戻していきたいと思いますにこにこ


コロナウイルスの影響は想像を超えるもので、私たち学生の生活も大きく変わりました。
そこで今回は、「コロナの影響を受けた学生の今」を皆さまにお伝えできたらと思います!


まず、授業への影響です。
ゴールデンウィークも含めて約一か月ほど学校が休校になり、現在は土曜日も授業が行われています。
授業のほとんどがオンライン上で行われており、もうすっかり慣れてしまいました!
オンライン授業には賛否両論あると思いますが、私自身は「見られている」という意識も働くので結構集中して受けられています!

ただ、課題がとても多くなりました…(笑)

学部によっては実習があるのでやっぱり不安な点もあり、就活中の4年生はかなり大変なようですしょぼり

一時は、アルバイトへの制限もあったため勉強面だけでなく生活をしていくための収入にも大きな影響がありましたが、これに関しては国からの支援もあり乗り切ることができ一安心です四つ葉


一人ひとり生活する場所も状況も違うので、きっと他にもたくさん苦労した学生もいると思います。
少しずつその不安が解消されるように、今こそ学生同士助け合う時なのかもしれません。



ここで少し私の自粛生活中のお話をさせていただきたいと思います!
私は二つの素晴らしい収穫がありました拍手

まず一つ目は家族のことです。

私は休校中、約二週間ほど実家に帰省し家族とゆっくり過ごしました。
実家を離れて生活をして6年目になりますが、ここまで長く一緒に過ごせたのは初めてでした!
ただ、ある日こんなことを考えました。

「就職で山口を離れることになれば、これが最初で最後の長期の帰省かもしれない」

ふとそう思ったとき、家族とご飯を食べること、弟の進路相談に乗ることその一つ一つが当たり前じゃなくてかけがえのない時間なんだと感じました。

この自粛期間があったからこそ家族の存在の大きさに気付くことができ、「大切にしよう」そう強く決意することができました。


そして二つ目です!それはたくさんの挑戦とスタートです炎

私は現在大学3年で、卒業までの日数を数える方が早くなってしまいました。
「残りの大学生活で何ができるだろう・・・」
じっくりと考えることができました。

そして決意したことの一つが留学です🌎

かなり大きな決断ですが、私の中でもう揺らぐことはないと思います!

お恥ずかしいですが、私は全く英語が出来ず、渡航経験もありません(笑)
ですが、ある福祉の授業をきっかけに海外の福祉について学びたいと思い、親や学校と交渉をして何とか行ける!というところまで話が進みました星2

世界で感染症が流行っているのでとても悩みましたし、今でも就活との兼ね合いもあって、不安はたくさんあります。
ですが、このチャンスを諦めたくないので今は留学に向けて勉強と就活を頑張ってます!

ちょっと長くなってしまいましたが、私は自粛生活の中でじっくりと自分に向き合うことができ、たくさんの夢も出来ました!

これからも制限がある中での生活にはなりますが、ポジティブ楽しく過ごしていけたらと思います(^^)/
posted by さぽらんてスタッフ at 17:46 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年05月25日

さぽらんての「3密」対策

シャッターがずっとしまっていたさぽらんてですが、先週18日より再オープンしています!

が…

_20200525_141933.JPG

さぽらんてご利用の皆様へお願いしているのが

「3密」対策!

この「3密」というのは…
1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、
2.密集場所(多くの人が密集している)、
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

ことです。(厚生労働省HPより)

建物の構造上、さぽらんてには実は窓がない!ので、1つ目の密である「密閉」を緩和するために、換気扇の稼働はもちろん、2台の空気清浄機を導入!

_20200525_141845.JPG

そして、2つ目の「密集」を避けるために会議室は当面5名までの利用とさせてもらっています。
(いつまでになるかはまだわかりません…)

_20200525_143628.JPG

さらに、3つ目の「密接」を避ける対策としてソーシャルディスタンス(会議室での座る位置が向かい合わないように、互い違いにするなど)の配慮をお願いしています。


そこに加え

★マスクしてね!
★手洗い消毒、忘れずに…
★体調いい?
★マイコップ持参お願い♪ 等々

_20200525_141803.JPG

たくさんお願い事があって申し訳ないのですが、市民のみなさんが安心してさぽらんてを利用していただくためと、ご理解ご協力くださればと思います。

_20200525_145143.JPG

ちなみに開館後の今、さぽらんての事務所もソーシャルディスタンスを保ったまま、業務に勤しんでおります。

_20200525_145113.JPG

向かい合わない席に座り、飲み物は各自、お昼ご飯はバラバラ、会議や研修はZoom…
これはこれで慣れてきたけど、やっぱり顔が見えて笑い声がする職場がいいな〜♬

早く元のデスクに戻りたいスタッフ藤岡でした。
posted by さぽらんてスタッフ at 13:10 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年04月21日

自分の体と向き合う

新型コロナの影響により、これまで以上に健康に気遣う生活のなかで、ヨガを再開しようと久しぶりにヨガマットを引っ張り出しました。
なんせ体が硬いため、できるポーズはかなり限られているのですが、毎回欠かせないポーズがあります。それは、体の部位をひとつひとつ意識しながら緩めていく弛緩のポーズ。
自分の体と向き合い労わることができる、ヨガの真骨頂だと個人的には思っています。

弛緩のポーズをすると、体がいかにたくさんの部位で構成されてるかが分かります。そして、それぞれが役割をもって絶え間なく動いてくれているおかげで私が存在できている。『生きている』んじゃなくて、『生かされている』のだと実感できるのです。

これまで当たり前だった日常をすっかり変えてしまった新型コロナウィルス。
店頭からは生活必需品がどんどんなくなり、子どもたちは学校にいくこともままならず、気軽に人と接することもできなくなり・・・。今改めて、日常のありがたみを感じる日々。
生かされている意味を考えながら、毎日を大事に、丁寧に暮らそうと思います。
いつかまたみんなで一緒に笑いあえる日が来ることを信じて。

(スタッフ 川上)





posted by さぽらんてスタッフ at 13:07 | Comment(0) | スタッフのつぶやき