CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月28日

吉冨スーパーセレクト!ええやん新聞の記者になって知ったことベスト5

ええやん新聞の記者をして3年。
今号23号で卒業する吉冨が、ええやん新聞の記者を通して知ったことをランキング形式で勝手に紹介します!
かなり個人目線のランキングなので(え?そんなことも知らなかったのかよ…)という声が聞こえてきそうですが、聞こえないことにして進めますー

第5位 紙面で文字の表記を統一するなんて!


「123」「123」の違いはなーんだ?

そうです!前者は「全角」、後者は「半角」。
出版物は基本的に紙面全体を通して半角にするのか、全角にするのか統一するのだそうです!
他にも「色々」と表記するのか「いろいろ」とするのか、「出来る」にするか「できる」とするか…
出版業界では当たり前なんでしょうけど、素人記者には「出版物そうなってるのか!」っとさわやかな驚きが
ええやん新聞も1面〜4面の紙面全体を通して統一してるんですよ
05yoshidomi.jpg



第4位 血液型との関係性


ええやん新聞21号&22号の作成メンバー4人。
なんと、みんな血液型が違いました!!
全ての血液型が揃うって珍しいですよね!
意味もなく嬉しくなる吉冨でした黄ハート

04yoshidomi.jpg

でも、血液型と性格の関係性は…??

「うーん、特にないのかも…」ということを知りました。




第3位 レシピは癒しきらきら


レシピコーナーは読者にとって箸休め記事。
いえいえ、筆者にとっても癒しになるんですー!

YOROZUファームさんに取材に伺ったり、記者4人で女子中学生みたいに一緒にクッキーづくりしたり、
子どもたちも巻き込んで食育講座で作ったり…どれもとっても楽しい時間でした

DSC_4194.JPG
▲思い出のスイートポテてん(ええやん新聞20号参照)

次号以降これからもレシピ記事続くくといいなぁ




第2位 さぽらんてって誰でも行っていい場所なんだ!


「山口市市民活動支援センター さぽらんて」
誰でも行ってもいい場所なんですよ!!!!

ほらっ↓ ね?^^

 DSC_5586.jpg

DSC_5496.jpg

「社会課題を解決する」とか「地域をもっとよくしたい」とか難しく考えなくて大丈夫♪
「楽しそうだから」という理由で寄ってもいいんです!
取って食ったりしません!ご安心をー!



第1位 驚きのネコパワー!

いや…さぽらんてで保護ネコちゃんの譲渡会が開催されていて…
ほら…可愛くて…
インターンシップ藤本さんブログ用画像.jpeg

最近、ネコ・ユニバ―スさんの保護ネコ譲渡会がさぽらんてで開催されています。
そこで出会ったネコちゃんを飼うことになりました!
まさか、さぽらんてでネコちゃんとの運命の出会いがあるとは…!!!!

さまざまなNPOや団体を支援しているさぽらんてだからこその出会いにびっくり!

ネコちゃんのゴロゴロ音って人の副交感神経を優位に立たせる効果があるらしいんですよー(知ってました??)。
副交感神経はストレス解消や免疫機能アップに不可欠!ネコちゃんパワーすごい!
01yoshidomi.jpg

----------------
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
さぽらんて☆ええやん新聞☆バンザイ!!


あ、2月1日発行の23号、見てね

(ええやん新聞市民記者 吉冨)

posted by さぽらんてスタッフ at 15:32 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2021年01月18日

1月は行く!


こんにちは。
少し遅くなりましたが、
今年もよろしくお願い致します。
皆様にとっても、健やかな年となりますようにお祈りします。

1月も半ばを過ぎ、「行く」「逃げる」「去る」を痛感しているわたなべです。

私事ですが、先日89歳の父が永眠しました。
5年前から人口透析に通い、脳梗塞で1か月の入院の末、逝きました。
コロナ禍でもあり、近親者20名の家族葬で送りました。
子供は私と弟の2人ですが、孫6人、ひ孫3人と賑やかでした。
式の中で、孫6人が一人ずつおじいちゃんとの思い出を一言ずつ語る場面がありました。
35歳の社会の中での立派な大人が、孫としての立場で語るというのは、親である私の目からも新鮮で、親戚の叔父たちも感動したようでした。
家族葬だからこそできるよい時間でした。

私は、忙しくて子守りを頼んでばかりで、親孝行らしいことは何もできなかったのですが、孫を産んだことは間違いなく親孝行だったとちょっと安堵しました。

我が家も、単身赴任の父親、好きで始めたNPOに関わる母親と、忙しくてこどもたちにかまってあげられないところを、私の父と母には随分助けてもらいました。こどもたちがやさぐれなかったのも、私が仕事を続けられたのも両親のサポートのおかげです。

父の生きた証は、孫たちを通じて連綿とつながっています。
本当に長い間ありがとう。そしてこれからもよろしく。
私も自然体でよきばぁばになりたいものです。

↓時には、電車で通勤もばぁばのトレーニング!

20847.jpg
posted by さぽらんてスタッフ at 15:50 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2021年01月07日

このステイホームお正月、何してた!?

2021.png

すでに七草がゆの日となり、遅くなりましたが…

あけましておめでとうございます

この年末年始は天候までもステイホームを推奨していましたね…
どこへも行かずお家で過ごされた方も多かったのではないでしょうか?

そこで!
「このステイホームお正月、何してた!?」
さぽらんてスタッフにインタビューしてみました♬

トップバッターは長男が受験生のスタッフ小田さん
oda.jpg
ずっと同じ場所に座って韓流時代劇を見まくったのだそう。
塾の送迎ぐらいは動いたらしいですが(笑)

次に、去年いち早く鬼滅の刃にハマった経理スタッフ武田さん
takeda.jpg
最初から読み始め、パンクハザード編までいったそうです。
まだあとドレスローザからゾウ、ビッグマムからのワノ国編まで…遠いな〜!

今度は12月に学生バイトから新さぽスタッフとなった畑中さん
hatanaka.jpg
どこが一番多かったかというと、やはり「食べる」の部分だそう。
おせち料理は半分作って半分買ってきたのだとか!

家族が日本全国に散らばっているというスタッフ川上さん
kawakami.jpg
「アンナチュラル」や「コウノドリ」などのドラマも見まくったそうで、何を書こうかな〜って迷ってました。
コロナ禍をエンジョイしてるな…

そしてセンター長渡邉さん
watanabe.jpg
10人分の料理をつくるのも、子ども食堂などで培ったものが役に立つんよね〜と。
さすが、お孫さんを可愛がるだけじゃ終わらない!

最後に私はというと…
fujioka.jpg
嵐ではなくガキ使を見て年を越し、恐る恐る初詣に行ったけれど少なくて安堵。
甥っ子姪っ子にお年玉も渡せたし、ありがたいことにコロナ前とあまり変わらずに過ごすことができました。


このメンバーで2021年のスタートを切ったさぽらんて。
なんと今年の12月で20周年を迎えます!

コロナとうまくつきあっていく方法を工夫しつつ、適度に怖がって、適度にストレス発散して、つながっていく方法を模索して、無事20周年を祝えますように…

2021年もさぽらんてをよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


【常勤スタッフ3日目!スタッフ藤岡】
posted by さぽらんてスタッフ at 10:44 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年12月28日

今年も1年お疲れさまでした。

本日は大掃除で始まるさぽらんて。

IMG_0066.JPG

移転して今月で丸1年、普段からきれいに使っているつもりでも見えないとこに汚れがちらほら。
掃除しながら話してしまうのは、やっぱり今年の振り返り。

コロナで始まりコロナで終わった2020年。
個人の生活レベルにまでさまざまな制限が及び、窮屈な1年だったように思います。
”あれもできんかった、これもできんかった”と、できなかったことを数えがち…。

しかし、自分自身に向き合う時間が増え、本当に必要なこと・不必要なことが見えてきた1年でもあったのではないかと。
渋々始めたZoomで会議がスムーズに進んだり、テレワークができるようになったり。
どこにも行けない今だからこそ、会いたい人や行きたいところが明確になったり。

今年はさぽらんてに、「Zoomを始めたい」「Kintoneってどうやって使うの?」などなど、
オンライン環境を整えようという団体さんからのお問い合わせが本当に多くありました◎
こういう状況の中でもどんどんブラッシュアップしていく団体さんを見て、自分も頑張らんと!と勝手に励まされています。
できなかったこともありましたが、”できるようになったこと”もそれ以上にあると思います!

来年もきっとwithコロナなのかもしれませんが、多分、大丈夫!
withさぽ で、コロナ禍を共に乗り切りましょう!
よいお年をお迎えください(^^)/

スタッフ畑中(常勤になりました!)
posted by さぽらんてスタッフ at 14:17 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年12月24日

わが家の金銭教育

今年も年の瀬が近づいてきました
新年の子供たちのお楽しみ “お年玉”
私は子どもの頃、お年玉を握りしめて何を買うか考えるのがとても楽しみでした


そんな私の趣味は 「わが子への金銭教育」
周りに話したら意外と面白がってもらえたので、
今日はわが家のおこづかい方法を少しご紹介


おこづかいはこの箱に入れます

ハコ 小.png

二つ入れる場所があるトレイ
それを「使う」「貯める」に分けています


わが家のおこづかいルール@
おこづかいをもらったら必ず100円は「貯める」に入れる!


つまり、おこづかいの強制天引き
子供の頃から一部強制天引きしていれば
バイトしたり社会人になって給料をもらっても
全部使うのではなく当たり前に貯めれるかも、という考えで


そしておこづかいと一緒に渡すのが1ドル札1枚(本物)

1ドル 小.png

家族だから家の手伝いは当たり前
でもちゃんとお手伝いしてくれるので、
気持ちとして1ドル札を1枚渡してます


わが家のおこづかいルールA
1ドルはママ銀行でいつでも換金OK!


いつでも日本円に換金してあげるよ
でも世の中には「為替」というものがあって
1ドルがいつも同じ日本円ではないんだよ
いつ換金したらいいかな?


と自分で考えてもらえるようにしています


為替という仕組みをさりげなく?教え、
ついでにこれから習うであろう円高円安の話も盛り込み、
将来的には世界情勢のニュースにも興味を持って欲しいという…


親の欲望が入りまくったおこづかい事情(笑)
ちなみにこのやり方は色んな本やサイトで見つけたものから
ピンときたものをお試し中


子どもの反応を見ながら
親の私の方が楽しんでいます


2020年は世の中が大きく変わった年でした
どんな時代になっても
楽しみながら過ごしていきたいですねるんるん


来年はもっと良い1年になりますように


< スタッフ たけだ >

posted by さぽらんてスタッフ at 13:54 | Comment(0) | スタッフのつぶやき