• もっと見る

2024年02月29日

ええやん新聞、卒業します!

ええやん新聞市民記者の黒アです。
私は24号〜29号を担当させていただき、今回の29号で卒業となります。

ブログ用黒ア.jpg

 前任の記者より、モニター会議に出てみない?と声を掛けてもらったのがええやん新聞との出会いでした。

モニター会議では記事の感想を言ったり今気になっていることを話したりしましたが、子育て真っ只中のわたしの話に「貴重な意見をありがとうございます」と言ってもらえて、「え、こんなわたしでも役に立てた」と思えたり、会議に参加することで社会の一員になれた気がしたんです。

その後、記者のお仕事も声も掛けてもらい務めさせていただきましたが、本当に充実した3年間でした。
もちろん記者のお仕事は初めてで、分からないことや不安、緊張もありましたが、優しく丁寧に指導してくださる先輩方に支えられ、作り上げたときの達成感や知れて身になる幸せは私にとってとても大きかったです。

ひとつひとつの取材も本当に勉強になりました。
取材以外でもスキルアップとしてSDGs研修会や動画講習会などにも参加させていただき、私生活でも使える知識を得ることができました。3年間ええやん新聞で鍛えていただいたので、子どもの日記の文章にも口出しできるようになりました(笑)

 こどものええやんコーナーでは、我が子も体験したり誌面に載ったりと子どももたくさん学ばせていただきました。子どもたちにはさまざまなことを経験し、得意なこと、それを活かせる場所があるということ、将来のこと、人にはたくさんの選択肢があること、たくさん知ってほしいです。
さぽらんてやええやん新聞はそんな子どもたちの視野を広げてくれる存在だと思います。

 ええやん新聞に携わったみなさん。みなさんとの素敵な出会いに心から感謝しています。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
posted by さぽらんてスタッフ at 10:00 | Comment(0) | 広報紙
この記事へのコメント
コメントを書く