• もっと見る

2022年10月24日

「知ること」って大事!

20221023日(日)

さぽらんてにて「がんを知る展示会」が開催されました。


10(10-15%).jpg

当日は団体さんによる展示やワークショップ、ベジチェックや薬膳カレー等

食べること・知ること・楽しむことを体験できるイベントでした。



そして午前午後と2部にわたって

がんサバイバーによるトークセッションも。


私は午後の「もしがんと宣告されたら〜家族や周りの人の対応〜」に

参加させてもらいました。


三者三様の体験談で、

実際にがんを体験した方から語られる話は

とてもリアルで説得力があり、あっという間の1時間半でした。

1(1-15%).jpg

・がん体験者(がん友)という共感できる人と出会えて救われたこと

 自分も救われたし、仲間と支え合える関係になっている


・家族が寄り添ってくれた、いつも通りに接してくれた、

 団体活動を応援してくれたことが嬉しかった

 でも他の人にがんになったことを勝手に話されたのはつらかった


・がん治療でかかったお金や保険の話

 抗がん剤や部屋代にどれぐらいかかったか

 もしもの時の備えは大事



高額療養費や傷病手当金の話も出たので

総務も担当している私としては

会社側としても

その辺りの知識も必要だと思いました。


3(3-90%).jpg


勉強になった波多野さんの 家族としての言葉がけ の話

“オウム返し”で共感する

「痛い」と言ったら「痛いね」

「つらい」と言ったら「つらいね」

そうやって共感する言葉がけにより、

寄り添うことができ穏やかになれる



“がん家族は第二の患者”という言葉があるそうで、

本人も家族もがんと向き合わなければならなくなります。


藤本さんの

家族ができることを、できるだけしてくれたことが嬉しかった」という話。


もし家族や周りの人ががんになった時

当事者意識を持ち、自分のできることを探し精一杯やって

少しでも寄り添えるようになりたいと思いました。



そして國光さんの

がんになって人生が豊かになった。色んな人に出会えた」という言葉。


がんになっても人生は続く。

がんになったことで得るものもあり

それがよりよい人生へと繋がることもあると知りました。



今回のイベント「がんを知る

“がん”と聞くとなんとなく怖いイメージがあったのですが

知ることの大切さを実感。


自分や家族ががんになった時、どうしたらいいか?どうして欲しいか?

知っていればイメージもわくし、

山口市にこんな団体があることを知っているから心強い。

(参考団体:ポポメリーリレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち


そして、少しでも早くがんを見つける大切さを考える一日になりました。




14(14-10%)-50%.jpg

< ベジチェックで この日まさかの最低数字を叩きだした

                   スタッフ たけだ >



posted by さぽらんてスタッフ at 16:52 | Comment(0) | さぽらんて講座報告
この記事へのコメント
コメントを書く