CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月26日

#5「自分らしさ」チャレンジ

さぽらんて20周年記念企画「わたしからはじまるSDGsマイチャレンジ」では、さぽらんて登録の25団体がSDGs17の目標に向けて、誰もが気軽に取り組めるチャレンジを提案しています。

これは、山口市の課題解決のために、一人でも多くの人に参加してもらうための企画です。

どれも簡単なチャレンジなので、「えっ?どうしてこれが課題解決につながるの?」と不思議に思うものがたくさんあるかと思います。

例えば「#3b 直径1センチのものを探せ」

さぁ、これがどうして「すべての人に健康と福祉を」を達成するのでしょう?

こちらは、ガン患者が、ありのままの気持ちでガンのことを話せ、自分らしさを みつけて自然と笑顔になることを目指し、がんに関する相談、情報、交流、 予防の普及啓発を行うポポメリーさん考案のチャレンジ。

ポポメリーさんによると、山口県はガン検診受診率が低く、大腸がん、乳がん、子宮頸がん共にワースト1なんだそう。なのでがん患者率も当然上位。

ワクチン接種率全国1位の山口県がですよ?

これって、がんに対する危機感がうすいからなんです。啓発がうまくいっていないとも言えます。山口県民の気質から考えると、コロナのように正しく恐れればきっとがん検診率も上がっていくと推測されます。

なので、ガンの初期サイズ「1センチ」に着目してもらうのが狙いのチャレンジです。

どうかみなさん、1センチになる前に検診行きましょう。1センチの大きさになるまでに10年かかるガンが、倍の2センチになるのにたった1年しかかりません。ぜひ1センチになる前に!

他にも「写真の写真を撮って」→「住み続けられるまちづくりを」チャレンジや、「空ショット」を撮って→「平和と公正をすべての人に」チャレンジなど、一見「??」と思われる楽しいチャレンジがたくさんあります。でも、いずれも山口市の課題解決につながるチャレンジばかり!

気になるチャレンジはぜひ特設サイトでご確認ください。
そしてレッツチャレンジ!!


私は先日、やまぐちネットワークエコーさん考案の「#5 自分らしさ」で「ジェンダー平等を実現しよう」チャレンジに参加しました!
タイトルなし.png
↑写真にリンクあり

息子が仲良くしていただいている歳の差55のお友達とのツーショットです。大人と子どもではなく、友達という間柄なのがとても二人らしいといつも思っています。性別や、年齢、肩書にとらわれずありのままで受け入れあえることの幸せ。まさにジェンダー平等です♪

一つ一つは簡単で小さなチャレンジですが、みんなの習慣になる、いつもの行動や意識がちょっと変わるというのが大事で大きなことだと思っています。

SDGsは誰かが取り組むものではありません。みんなの目標!みんなの課題!です。さぁ「わたし」からはじめましょう!


<スタッフ おだ>
posted by さぽらんてスタッフ at 13:19 | Comment(0) | スタッフのつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く