CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月12日

粛々と…

新型コロナ感染拡大防止のため、さぽらんてが閉館になり、もう何日たったかわからなくなってきました。
 今年度計画してる事業の大半が自粛のため延期になっているなか、ええやん新聞22号発行のため、スタッフは粛々と準備を進めています。(この時期に、できることがあってよかった)
 取材はZOOMと個別に聞き取り。特にZOOMは私たちも初心者ですが、初めて使用する方のことも考えたりと試行錯誤しながらやっています。

zoom学生写真.png5月12日ボランティア取材.jpg


 昨日、みんなの集落研究所主催の研修を(13時から18時までの長丁場)受けたのですが、ZOOM参加者34人!これだけの人数となると、いろいろな発見がありました。
◇講師以外はミュート
◇時々グループ分け(ZOOMではブレイクアウトルームと言うらしい…)をして、メリハリをつけている
◇質問はチャットを使って
◇A4の紙を参加者に用意してもらって、質問を書いて画面に映し出す
いろいろ勉強させてもらいました。そこで講師の方が言われていた、段取り8割!!なるほど…ZOOMに限らず、すべてにおいて、段取りが大事なんだと改めて感じました。

 話を戻しますが、人との接触が制限される中、こうやっていろいろな方と意見交換ができ、ええやん新聞の記事の準備が進められること、ZOOMの功績は大です!二つ返事で参加OKしてくださる団体さんにも感謝です。制限があってもできることを、できる範囲でやることで、また新たな発見と出会いもあるんですね。ええやん新聞22号は、コロナ渦の中、四苦八苦して作ったよねーと来年あたりスタッフで話していることでしょう。

 余談ですが、最近の我が世の夕食は イートアップやまぐちおうちれすとらん山口を見ては、テイクアウトを利用しています。少々、お金はかかりますが、これも社会貢献!!できることを、できる範囲で応援!!

 次号のええやん新聞は、「自分にできることで応援!!」こんな感じの内容だということだけお知らせしておきまーす。
<スタッフ こうとく>

 
posted by さぽらんてスタッフ at 13:52 | Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く