• もっと見る

2018年01月21日

コドモジカン振り返り会in氷上

昨年夏休みに大内の6地区で行われたコドモジカンプロジェクトの振り返り会を1地区ごと行っています。昨年度は、全体でまとめて行ったのですが細かな意見が出にくいということで(全体でやると他の地区がどのような方法でやっているのかを質問できる点はよかったです)今回は地区ごとのコアメンバーと、まち協、さぽらんてスタッフでの話し合いです。
昨年のコドモジカンの様子


 振り返り会では今回のアンケート結果(保護者、児童、スタッフ)を報告しその後良かった点、改善点、来年の向けてを話し合っていきます。今回氷上ででた印象的な意見をご紹介します!

その1、今回参加した子どもたちは生活水準で言えば中の上。厳しい経済状態の子どもたちもいるのだがなかなかこのようなイベントには出てきてくれない。そのような子どもたちを巻き込んでいくには子ども会だけでは無理なので、自治会、まち協も協力し何か出来ることがあるのではないか

その2、2020年にはセンター試験が廃止されるようにこれからは、子どもたちの考える力、プレゼン能力等を育んでいかなくてはならない。コドモジカンもスタッフがイベントを実施するだけではなく子どもたちに考えてもらった企画でやっていくのもありなのでは

その3、他の地区の方から『「氷上はいろいろな催しがあり楽しいので氷上に家を建ててー」と子どもに言われ、検討中です。』という意見を聞いた。その中にコドモジカンも含まれていると思う。地域の活性化にも繋がっているので継続させていきたい。

私たちも考えさせられることが多々ある振り返り会でした。コドモジカンを単なる夏休みのイベントとしてでなく、子どもを含めた地域の人たちが元気になるようなツールにしていきたいと思っています。

まずはコドモジカンプロジェクトを知らない人に知ってもらうことから。今年度のコドモジカンのかわら版が完成しました。登録団体配布と大内地区の回覧に入ります。
コドモジカンかわら版.jpg

<スタッフ こうとく>
posted by さぽらんてスタッフ at 12:41 | Comment(0) | コドモジカン
この記事へのコメント
コメントを書く