CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月03日

犬猫写真展開催中!

現在「よつばの会」という市民活動団体さんが、さぽらんて前スペースにて犬猫写真展を開催しています。


【犬猫写真展】

生きたいと叫ぶ命がある。 もっと生きたかった・・・ありがとうの声が聞こえる。
よつばの会を通じて幸せになった犬と猫と、人間の写真展です。
大きな樹木片に描かれたわんこのイラストと言葉の展示会も同時開催しています。

◆日時:9月2日(金)〜9月13日(火)(※水曜日はさぽらんての休館日)
◆場所:さぽらんて 前スペース
◆主催:よつばの会 https://blog.canpan.info/yotsubanokai/

image1.JPG

image2.JPG

image6.JPG

image4.JPG


【犬・猫の譲渡会】

公園、道端、ゴミ捨て場などに捨てられた仔猫や親猫を飼ってくださる家庭を探しています。毎月第一日曜日に道場門前の山口市市民活動支援センター「さぽらんて」にて譲渡会を開催しています。
※台風の影響で、今月の譲渡会は当初予定していた9月4日(日)から下記の通り日程が変更になりました。

◆日時:9月11日(日)10:00〜14:00
◆場所:さぽらんて 会議室
◆主催:よつばの会
※フリマはお休みです。


【「よつばの会」とは】

2002年秋、「地域住民と野良猫が共生できたらいいね。一代限りの命をその地でまっとうさせてやりたい。」そんな想いを共有する人たちが集まり「よつばの会」として発足しました。この会は、動物愛護の精神を普及し高めるとともに、飼主の自覚を促し、モラル向上の啓発活動に努めること、これによって文化的共存が可能な「人と動物の命にやさしいまちづくり」に寄与することを目的としています。


【「Happy-tail 応援団」の紹介】

Happy-tail 応援団は山口市内を中心に動物愛護活動を行っている「よつばの会」犬部門です。飼い主のいない犬たちの新たな家族探しを活動の中心としています。また、飼育環境(終生飼養の徹底、鑑札・迷子札の飼い主明示、脱走対策等)の向上を目指し啓蒙を行っています。


【写真展・譲渡会の開催目的】

・犬の飼い方の相談、譲渡を通して、飼い主に「終生飼養」の必要性を啓発する。
・地域に住む「飼い主のいない猫」に去勢・不妊手術をおこないその地域の猫が増えないようにしながら、里親探しをすすめ、地域の和と猫の命をみんなで守ろうという「地域猫活動普及」のため。


【写真・絵を見て僕が思うこと】

よつばの会のお陰で殺処分を免れ、里親さんの元で幸せそうに暮らしている犬猫(ハリネズミも1匹)の写真が計46枚。それぞれの写真には里親さんの愛情あふれるコメントが並べられています。

どの写真を見ても、捨てられていたときには見せなかっただろう安心感が滲み出ています。

リラックスしているものもあれば、好奇の視線でこちらに熱いまなざしを向けているものもあります。

いずれも個性豊かで、愛くるしい表情を投げかけてくるので、ついつい写真に見入ってしまいます。

思うに、この子たちは現在幸せそうに暮らしていますが、今頃生きていなかった可能性もあったわけです。

そして、何の罪もない動物たちが人間の身勝手な都合によって殺処分という憂き目を見ているという厳然たる事実があります。

現在では、よつばの会のような団体のおかげで、全国で殺処分ゼロに向けた活動が行われており、環境省のホームページを見ても、「数字上は」全国の犬猫の返還・譲渡数は上昇傾向、殺処分数は減少傾向にあります。

ただ、世間的にはペットブームが続いているらしく、特に最近は「猫ブーム」なるものが囃し立てられていますが、「本当の意味で」動物を愛護するのなら、正しい知識を身に付けることがまずはその一歩となるのでしょう。

ペットショップで売られている「陽のあたった」かわいい犬猫たち。その裏に蔓延る、「パピーミル(仔犬仔猫工場)」と呼ばれる、儲け主義一辺倒の悪徳ブリーダーの存在。犠牲となっている親犬・猫たち。売れ残った犬猫の行く末。最後まで責任を持って飼育できない飼い主たち。きちんとした責任を果たさないまま一時の感情だけで野良猫に餌付けをする人。課題は山積しています。

特に、ペットビジネスの闇は深く、人権とは同次元で扱われないのをいいことに動物虐待がまかり通っています。そして、その大部分は僕たち世間一般の人々にはつまびらかにはされていないのが今の日本の実情です。

犬猫と人間とのかかわりの歴史は古く、それらは現在ではペットとしてだけではなく、僕たちの生活のいろいろな場面で僕たちと密接につながっています。その身近な動物たちの未来はひとえに僕たちの意識にかかっているのです。

さぽらんてで開催中の写真展。

多くの方々のお越しをお待ちしております。

毎年9月20日から26日は、「動物の愛護及び管理に関する法律」第4条で定められた動物愛護週間です。

動物の命について考えてみる一助になると思います。

<さぽらんて 高橋>

posted by さぽらんてスタッフ at 13:05 | Comment(0) | スタッフのつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く