CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年02月22日

災害時にも役立つ!電子サポートブック

今年度は”共育”をテーマに子どもたちがを取り巻く環境の現状や課題、大人や地域が出来ることについて話し合ったさぽカフェ。

(さぽカフェとは市協働推進課と市民活動団体が一同に会し、ひとつのテーマについて意見交換し、みんなでよりよい山口を作って行こう!というものです)


そしていよいよ来年度のさぽカフェのテーマが

〜特別な配慮を必要とする人への災害時支援を考える〜

と決定したことを受け、ただ今さぽらんてでは5月13日(金)、6月30日(木)の2日間で開催するさぽカフェに向けての準備へと取り掛かっています。


本日はその情報収集として、さぽスタッフ川上と私がお伺いしたのはNPO法人山口ウッドムーンネットワークさん。

普段の支援から災害時にも役立つ「電子サポートブック」を作成されています。
サポートブックというのは、障害などで支援が必要な人のための情報を載せた冊子。
従来では紙媒体が主流で、印刷してファイリングして配布するという方式です。


しかし、メディア文化が著しい昨今。

ウッドムーンさんは、サポートブックの情報をバーコード化することで、携帯端末等で読み取ることにより、必要な情報が端末上で見る事ができるというシステムを考案されたのです!

DSC_2528.JPG

私は障害のある子を持つ一人の母として、これはあったら便利!と目からうろこ&大興奮〜(笑)
私がほしかったものがここに〜!!

まだ課題はあるようですが、ぜひこの電子サポートブックを広めていき、障害への理解啓発も広まっていけばいいなと思います。


来年度のさぽカフェも、今から山口にいい風を吹かせてくれそうで楽しみです♪


≪さぽスタッフ 藤岡≫
posted by さぽらんてスタッフ at 11:28 | Comment(0) | 団体紹介・活動
この記事へのコメント
コメントを書く