CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年10月13日

マララさんに感動!

台風の最中、さぽらんてを守っている河村です。
ええやん新聞10号、皆さんお手元に届いているでしょうか。今回も子育て中のお母さんたちに向けて
子どもと一緒に楽しもう!子どもと一緒に踏み出そう!
というようなテーマをお届けしたかったのですが、いかがでしたか?ご意見やご感想をお待ちしておりますので、ぜひプレゼントの応募とご一緒にメッセージをお願いします。

さて、先日、今年のノーベル賞受賞者が発表され、平和賞を史上最年少でパキスタンのマララ・ユスフザイさんが受賞しました。私は個人的にマララさんが大好きで、密かに応援していました。昨年マララさんが国連でスピーチした内容には、本当に感動しました。

マララさんは「子どもたちにとって“教育”が一番の武器になる、そして教育が世界を変え得る」といい、子どもたちに、特に教育の機会を奪われている女の子に教育を!と訴えています。17歳の少女がです!すごいですよね〜。
日本では、マララさんの国ほどひどい状況はないかもしれません。でも、この日本で、山口で生まれた子どもたちにはどんな環境が必要か、どんな学びを与えたいか、と考えると、この山口でも同じように大人たちが考え直す時かもしれません。
恵まれすぎている今の日本。便利な機械に囲まれていますが、本当に必要な知恵や技は、なかなか得られない環境にあるなぁ、と実感しています。
今回発行したええやん新聞10号は、そんな事を考えながら取材、編集を行ってきました。

マララさんのように、はかなり難しいと思いますが、強い心や信念、前向きな姿勢をもった人に育ってほしいなぁ、と自分の身の丈も考えずに子どもに期待しているのでした…。

<市民広報記者 カワムラ>
posted by さぽらんてスタッフ at 17:45 | Comment(0) | スタッフのつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く