• もっと見る

2014年08月19日

チャリティ屋台舞台裏その2〜巻き込み〜

さて、チャリティ屋台舞台裏その2・・・
たっぷり夏休みをいただいたので、少し時間が空いてしまいましたが、秋になる前に書いてしまいたいのでお付き合いください。

今年度に限らず、東日本復興支援の企画にあたって、さぽらんてとしての最重要課題は「どれだけ人を巻き込めるか」につきると思っています。

時間の経過とともに薄れていく、被災地への関心。風化こそが復興の一番の妨げとなります。企画の根底には、一人でも多くの人が、一時でも被災地に思いを寄せるきっかけになればという思いがあります。

ってことで、ちょっと早い5月から巻き込み開始!
学生さんが「ボランティアあるある」を語り合うランチ会に混ぜていただいて、募集のかけかたのヒントをゲット!! ((φ(..。)フムフム ※ランチ会の様子
6・7月の円卓会議でもひたすら情報収集!! メモメモ(*._.)φ))ホゥホゥ

募集のキーワードは、ボランティア参加のうまみ
チャリティ屋台に費やす時間と労働の対価はなんだろう・・・

つながり、楽しい、達成感、やりがい・・・ 
何かひとつでも返せたらと思いますが、何をうまみと感じるかは人それぞれ。

7月Yuccaサロンでは、思いつく限りのうまみと、「チャリティ屋台」という参加型で祭り型の復興支援ボランティアの提案をしました。

そして、県立大学からは、おもしろそう!やってみたい!と手を挙げてくれた学生さんと、彼女らが巻き込んでくれたお友達の7名が参加してくれることに!!
06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg


そして、そして、屋台メニューはポップコーンがいいだろうと話していると、なんと業務用のポップコーンマシーンを自前で所有しているという奇特な方が!!
06683250.jpg

りす会山口リーダーの金子さん・・・どんだけポップコーン好き!?

しかも、マシーンだけでなく、材料も!
さらに、あらいぐまさん(りす会写真洗浄部隊の愛称)3名も派遣してくれることに!!ヒャッホウ!
06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg

そしたら、そしたら、そのあらいぐまさんが、お知り合いの山大職員の方を導いてくれました!!
その方が、なんと学生ボランティアの追加募集にご協力してくださることに!!
たった数日で山口大学から5名参加決定!
06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg

そんな感じで、巻き込んだ人がさらに人を巻き込んだ結果、両日合わせのべ19名の屋台チームができあがったのでした。
06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg
06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg06683150.jpg06683250.jpg

つ・づ・く・・・


■その1はこちらから


<スタッフ おだ>
posted by さぽらんてスタッフ at 17:33 | Comment(0) | 災害支援
この記事へのコメント
コメントを書く