CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年12月07日

人権のために手紙を書こう!

あっという間にもう12月ですね(´・ω・`;)
時が過ぎるのはほんとにはやいです!

さて!本日のさぽらんてではアムネスティ山口さんによる「Write for Right 人権のために手紙を書こう ライティングマラソン2013」が行われました。

今回私も参加させていただきました!
まずライティングマラソンとは?
アムネスティ・インターナショナルで毎年世界人権デー(12月10日)を含む期間(今年は、12月6日(金)〜16日(月))に、世界中のアムネスティ会員が手紙を書くライティングマラソンを実施しています。2012年のライティングマラソンでは、77ヵ国以上が参加し、150万通以上の手紙・ハガキ・ファックス・Eメール・SNS・著名が政府当局や本人宛てに送られました。(昨年の活動の様子はこちら

多くの人が参加することによって1枚のハガキが世界を動かす大きな原動力となります。昨年のライティングマラソンでも、投獄された中国の人権派弁護士に面会が認められたり、グアテマラの副大統領が女性に対する暴力について行動を起こすことを約束したりと進展がありました。

今回やまぐちでは、この人にフォーカス
<ケース1:カンボジア>
Yorm Bopha(住宅の権利活動家・良心の囚人)連帯・花画像アクション(メール)ボエン・カク湖コミュニティの立ち退きに反対したために投獄された。

<ケース2:ビルマ>
トゥン・アウン医師(良心の囚人)連帯(タンブラー・アクション)ムスリムコミュニティの指導者である彼は不公正な裁判の後、17年の有罪判決を受けた。

<ケース3:ナイジュリア>
バディア東コミュニティ(強制立ち退き)連帯・団体宛 2013年2月、ラゴス州のバディア東の2,237の住宅が、当局によって破壊された。

<ケース4:パレスチナ>
ナビ・サレ村(イスラエル軍による暴力)連帯・コーディネーター宛軍事占領による農地没収や過剰な力の行使

本日の様子です!晴れ
image (4).jpeg

image (3).jpeg
内容としては、良心の囚人釈放のための手紙書きです。
アムネスティ山口さんが用意していただいたはがきに、アピール例文と宛先を貼り付け、そこに自分の名前と宛先を記入しました。
参加する前は英語で文は書けないし、どんなことを書けばいいんだろう。。。といろいろ心配がありましたが、初めて参加した私でも簡単にはがきを作ることができました。
今回もいろんな世代の方が参加されていましたが、子供から大人まで簡単に作ることができるので、もっと多くの方が参加されるといいなと感じました。
image.jpeg
私は計5枚仕上がりました!(・∀・)ぴかぴか(新しい)

その後は、ケーキとお茶を囲みながら、もんじゅ・西村裁判ビデオの鑑賞会が行われました。

今回ライティングマラソンに参加させていただきましたが、私が書いたこの5枚のはがきが、誰かのためになると思うと、ほんとうに参加してよかったなと感じました。


<学生スタッフ 堀之内>
posted by さぽらんてスタッフ at 15:50 | Comment(0) | 団体紹介・活動
この記事へのコメント
コメントを書く