CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年09月23日

おいでませコンサート 秋

どうもこんにちは。
何かと小忙しい学生スタッフ 時です。

今日は秋分の日ですね。わーい(嬉しい顔)
そんなお彼岸の季節にさぽらんてではきらきら銀魚さん主催による、
「おいでませコンサート 秋」
が開催されました。

今日のコンサートの内容は
開演
1部:13時30分〜14時
重松大悟さん(通)演奏(ブレスオルガン)
2部:14時〜15時30分
げんきなこ コンサート
ゲスト 村田和夫さん(フルート奏者) 大上克己さん(似顔絵作家)
となっていました。

午前中からコンサートのためのステージ作りや準備でさぽらんて内はとても賑わっていました。
しかし開演30分前にはもう最初に用意した席は全部埋まり、急遽椅子を用意するほどでした。

〜実際に聴いてみて〜
ブレスオルガン 重松大悟さん
9曲の演目で初めて聞く曲もありましたが、みなさんがよく知っている曲、どこかで聴いたことのあるような曲が演奏され、私もつい目を瞑って耳を傾けてしまいました。

ところでブレスオルガンという楽器をご存じでしょうか。

わかりやすくいうと鍵盤ハーモニカですね。小学生の時音楽の時間に吹いたあれです。

しかし大悟さんの演奏は私たちの知っている鍵盤ハーモニカのレベルをはるかに超えており、これほどの表現ができるとは驚きでした。

さらに息を吐きながらなおかつ演奏するのは見た目以上にハードだと思います(約30分間演奏しつづけていました)。


げんきなこ コンサート 
「げんきなこ」という名は元気さんときなこさんによる夫婦ユニットで、
先日の24時間テレビにも出演されていました。

簡単に紹介させてもらいますと2012年に楽曲提供のみのユニットで結成。
2013年からは、自ら歌手としても活動。
きなこさんが、作詞作曲、ボーカル担当、元気さんがアレンジ、演奏映像を担当されています。

きなこさんの歌声は本当に優しい歌声で、聴いていてとても安らかな気持ちになりました。

また大悟さんやフルート奏者の村田さん、似顔絵作家の大上さんともコラボして大いな賑わいをみせました。

歌の最中のには元気さんが作成した演奏に合わせた映像があり、
色々な風景や絵が流れ、
なかには山口県の景色と合わせたものもあり、
耳だけでなく目でも楽しめました。

さぽらんてというコンサートをするには決して広くはない会場でしたが素晴らしいコンサートでした。
 げんきなこさんは現在は広島県に在住とお聞きしましたが、ぜひまた聴きたいです。また山口市にいらしてくださいね!


ずーっと文章が続いてしまいましたが、本当は今日は写真も撮りました。
しかし、方法がイマイチわからず、載せることができませんでした。
自分のパソコンの技術のなさについてお詫び申し上げます。もうやだ〜(悲しい顔)
しかし、報道関係の方々が来られたので今日の様子はタイミングが合えば見ることができるでしょう。


最後に主催だったきらきら銀魚さんのご紹介をしたいと思います。
きらきら銀魚はとは地域で生活する人に対して、誰でもが気軽に集える場所づくりを提供し、ハンディを持つ人の自立について共に考え、相談及び支援をするとともに、教えたい人と教えて欲しい人とをコーディネートすることによる学習ネットの構築に関する事業を行い、生活環境の向上に寄与すること。
を目的にされている団体さんで、主な活動内容は
◎学習ネットワークの構築と展開(展示会等)
◎自立生活推進(ピアカウンセリング講座、自立生活勉強会等)
◎ヒューマンスペースの運営(集いの場運営、小物・絵画・書籍の展示)などの活動
などがあり今日のコンサートもそれらの活動の一環でした。


以上、急いで書いたのでまとまりがない文章になってしまいましたが
イベントや物事などを伝える、報道するという難しさを知った一日でもありました。

ワープロを打つ速度をもっと速くしたい
時でした。
posted by さぽらんてスタッフ at 01:00 | Comment(0) | 団体紹介・活動
この記事へのコメント
コメントを書く