• もっと見る

2024年05月31日

あなたの関心領域は?

こんにちは!

かねてから気になっていた映画「関心領域」を観に、先日下関まで行ってきました。

24040500028-0.jpg

物語の舞台は第二次世界大戦中のポーランド。
アウシュヴィッツ強制収容所の隣の家に住む、ナチスドイツの官僚とその家族の日々の暮らしを描きます。

家族は川遊びをしたり庭いじりをしたり、仲睦まじく、幸せに暮らしていますが、塀を隔てた向こう側は何十万もの命を奪った収容所。
グロテスクなシーンこそありませんが、銃声や怒号、悲鳴が作品を通してずっと聞こえてくるのです。

それにもかかわらず、家族や関係者はまるで何も聞こえていないかのような振る舞い。
そんなのあり得る?と思うかもしれませんが、かくいう私もその家族の物語に集中してしまい、奥で聞こえるその音が聞こえなくなる瞬間がありました。
慣れによって生まれる自身の「無関心」に恐怖を感じる映画でした。

人は、何かに慣れきったり、満足したり、集中したりすると、自分の外で起きていることに「無関心」になってしまうのかもしれません。
そして、その幾百幾千ともなった「無関心」が、誰かの苦しみや悲しみの増幅に加担しているとしたら。もし私たちが現在進行形で加担しているとしたら?

自分の周りを取り囲む高い塀の向こう側、怖いけど少し耳を澄ませてみよう。
ちいさな関心が、未来を変えていけるのかもしれません。

_______
ちなみにアカデミー賞国際長編映画賞と音響賞を受賞した本作、
じわじわと反響を呼んでいるものの、山口県で観られるのは下関だけ!
ご覧になられた方いらっしゃいましたら、ぜひ感想会したいですね。

<スタッフ:畑中>

posted by さぽらんてスタッフ at 09:30 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2024年05月14日

わたしのさぽらんて体験記

今日は山口市市民活動支援センターさぽらんてで開催された「さぽZAP」に参加しました

 
IMG20240511145326.jpg

今回のさぽZAPでは「団体活動を伝えるためのデザイン力UP」をテーマにしており、私以外にも様々な団体の方が学生から大人まで幅広い年代の方が参加されていました。


そして今日は「はじめてのCanvaサロン」ということで、最近話題のCanvaというアプリを使って実際に団体紹介カードをつくってみよう!という内容でした。

(いやいや、「Canvaってなんだね?」と思った方もおられるかもしれませんが、このCanva、実はものすごく便利なんです。)


まずは、「Canvaってなんだね?」という人でもわかるように講師のさぽらんて畑中さんが丁寧に説明してくれました。

チラシやポスターだけでなく、プレゼン資料や動画なんかもこのアプリでできるんだとか。すごいですよね。町でよく見るあのチラシも実はCanvaでできているのかも?


次に、どんな機能があるか、どんな加工ができるのかなど実際に使いながら説明してくれました。

おしゃれなデザインやかわいいデザインがたくさんあって、本当に簡単に使うことができました。文字のフォントも選べないほどありました。


そして、ある程度使い方がわかってきたところで、いよいよ団体カードを作ります。どんなデザインにするのか、どんなグラフィックを使うのか、どんな文字にするのか、色々組み合わせて作りました。

途中講師の方から、文字のフォントが与える印象について助言をいただき、見てほしい対象に合った文字のフォントを選ぶことができました!


最後に、自分の作った団体紹介カードを見せ合って感想を言って終わりました。保管人の作品はそれぞれ個性があって、どれも素敵なデザインでした。


段落テキスト.png




もふもふピース.png






T.png




さぽらんて.png






Thank you!.png



今回この活動を通して、Canvaの使い方がわかり、今後の資料作りやチラシ作りに生かすことができると感じました。また、一緒に参加した人ともいろんな話ができ、とても充実した時間だったと感じました。

やっぱり、さぽらんては人とのつながりを支える素敵な場所だなぁとしみじみ

本当にありがとうございました。



さぽZAP…なにやら聞き馴染みのある響きですが、このZAPという意味には主催者の素敵な思いが秘められていました


デザインの知識を得たい方、いろんな人と関わりたい方、ZAPに込めた思いを知りたい方はぜひ、次回開催される6月16日のさぽZAPに参加されてみてください!



さぽらんて学生スタッフ(A)

posted by さぽらんてスタッフ at 11:29 | Comment(0) | さぽらんて講座報告

2024年05月05日

さくら猫やまぐちさんの保護猫譲渡会

お久しぶりです!学生スタッフの後藤です(^▽^)/
最近はバイトや勉強で忙しい日々を送っていますあせあせ(飛び散る汗)

今日はさくら猫やまぐちさんの保護猫譲渡会がありました勝ち誇り
ゴールデンウィークでしたが、たくさんの方が見学されていたので驚きました!
私はかわいい猫ちゃんたちに癒されました♡
猫ちゃんたちが素敵な飼い主さんに出会えることを祈っています

さぽらんてでは、野良猫についての相談がよくあるそうですふらふら
近所にいる野良猫ちゃんたち、とってもかわいくて、お世話をしたくなる気持ちはとってもわかります…。ですが、猫にエサはあげないようにしないといけないそうです。
「助けたい」という気持ちでエサをあげたとしても、かえって猫ちゃんたちや近所の方々に悪い影響を与えてしまう恐れがあります。

野良猫ちゃんたちや、周りに住まわれている近所の方々のことを考え、みんながよりよく生活するためにも、野良猫にエサをあげないことは、大切なことだと思います。

先日金曜ロードショーで「猫の恩返し」がありましたね!久々に観たのでとっても面白かったのですが、幼い頃の主人公が猫にクッキーをあげるシーンが少し引っかかっています…。

人も猫も幸せな社会になることを心から願っています四つ葉
posted by さぽらんてスタッフ at 16:48 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2024年04月20日

始めの第1歩

はじめまして。この4月から学生スタッフになりました、中村です。
初めて書くブログなので軽く自己紹介をします。

県外の大学に在籍しており、現在休学中です。自分の挑戦してみたいことをマイペースですが、自分なりに頑張っているところです。地元は山口市です。
趣味はうまくはないですが、歌を歌うことです。

さぽらんてが初めてのバイト先なので、まだまだ緊張がとれず、ガチガチになっておりますが、少しずつ仕事を覚えてこれているので、この調子で頑張ります!

思いやりあう気持ちで溢れるさぽらんてで、一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。





posted by さぽらんてスタッフ at 16:55 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2024年04月14日

よろしくお願いします!

はじめまして!この4月から学生スタッフになりました、豊島です

軽く自己紹介をさせていただきます!

山口市出身で、大学3年生です3exclamation実家から、片道3時間往復6時間かけて大学に毎日通っています。家から最寄り駅まで自転車で行き、駅から学校の最寄り駅まで電車で行き、そこから学校の近くまでバスで行っていますパンチ電車の中では、ずーっと寝ているので、そこまで通学時間は苦ではありません時計 授業の始まりが1限だと、5時50分ぐらいに家を出ないと間に合わないので、1限がある時期はきつかったですドコモ提供(今年からは一つもないです!)

プライベートでは、年に10回以上は何かしらのライブに行っています!
中学生のころから、EXILEや三代目J SOUL BROTHERSが所属しているLDHのアーティストが好きです黄ハート バイトを始めた高校生の時から、広島・福岡・山口で開催されるライブに行っていますグッド(上向き矢印)
音楽系のライブ以外に、お笑いのライブにも行っています!来週19日(土)には、新山口駅に隣接されているKDDI維新ホールで行われる「M-1グランプリ2023 スペシャルツアー in山口」に行ってきます手(チョキ) チケット販売の抽選が始まった時間に申し込んだのですが、3階席でしたふらふら 悔しい!!! でも、行けるだけで幸せです☆彡 友達と楽しんできますsoon

小さいころから続けていることは、NHKの朝ドラを見ることです。小さいころといっても、小学2年生ですね・・・ 毎日録画して、晩御飯を食べるときにその録画を見るという事を14年ほど続けています!最初に見始めた朝ドラは、「ゲゲゲの女房」です!
最近は、毎日録画を見る時間がなくて、溜まっていく一方です。。。前回の朝ドラ「ブギウギ」はまだ見終わっておらず、まだ1月中旬の回までしか見れていませんバッド(下向き矢印)いつ、「虎に翼」を見始めることになるのやら・・・

ここからは、本日さぽらんてにて行われた「平和を考える茶話会〜被爆者を囲んで〜」に参加した感想を述べていきます!
現在、さぽらんてでは原爆展が開催されており、その一環として本日、平和を考える茶話会が開かれました。
実際に被爆された方の当時のお話を聞くと、今の生活がどれだけありがたいものなのかということを改めて感じました。
学校の授業では、講演会という形で、体育館で全校生徒や学年ごとに被爆体験のお話を聞いたことはありました。しかし、今回の茶話会は一つのテーブルを囲み、お話を聞き、それぞれが意見を述べました。学校ではできない経験をさせていただけて、嬉しかったです。
その時代に生まれていなかった若い世代が、当時の事を学び、下の世代に伝え続けていくことで、風化させないようにしていきたいです。

さぽらんての学生スタッフとなったことで、山口市民の方をはじめとする多くの人と関わりを持つことができ、貴重な経験をさせていただけて、とても楽しいです。
これから、よろしくお願いします!ペン
posted by さぽらんてスタッフ at 16:11 | Comment(0) | スタッフのつぶやき