CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

さんりく・こすもすのブログ

東日本大震災により大きく被害を受けた岩手県大船渡市にある「さんりく・こすもす」の毎日を皆さんにお知らせしたく思います。


震災より8年 [2019年03月11日(Mon)]
東日本大震災から、この3月11日で丸8年が経過しました。
いまや日本の社会では、平成最後という言葉がいたるところで使われています。

震災の前も後も私たちは障害を持つ方々とともに過ごすことを生業としていますが、いつもいつも心に言い聞かせているのは、人の口から出る「言葉」を無神経に使って人を傷つけることが無いようにということです。

震災の時、「高齢者」「障害者」のほかに「被災者」というくくりが出来たと言われたことがありました。また、よく言われたのは、「こすもすさんは被災してるんですか?」という言葉。
家が流されること、津波でだれか関係者がなくなったことのみが「被災」だと思っている方々の何気ない言葉でした。
続きを読む...
Posted by さんりく・こすもす at 15:14 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
西城秀樹さん [2018年06月08日(Fri)]
歌手の西城秀樹さんが、63歳で先日亡くなりました。
私とは全く同じ世代の方で、キラキラと輝きを放っていた頃を存じ上げているだけに、なにか、心さびしく、悲しい思いでテレビの報道を見ていました。

西城さんには、特別な思い出があります。
ヤングマンが大ヒットしていた頃、妹の孝子が大変なファンになり、盛岡で行われたコンサートに連れて行ったのです。
その頃妹は花巻市の施設を退所し、家に戻ってきていて、毎日仕事もなく、だらだらと無為にすごしていた頃でした。
そんな妹をおいて、自分は結婚して宮古市に引っ越してしまい、何か後ろめたく、心苦しく過ごしていた時だったのです。

夏の一日、妹の、思いを果たした、上気した顔を見て、せめてもの「罪ほろぼし」ができたように感じ、コンサートも素晴らしく、西城さんに私自身が励まされるような思いがしました。
その時から「西城秀樹さん」は、私にとって、芸能人としてではない、なにか特別に思いを馳せる人となりました。

聞けば西城さんのファンには、妹の様に知的に障害を持つ人が多かったそうです。
晩年、ご自身が病気のため不自由な体になり、それでも、歌い続けている姿を拝見し、この強さと優しさが、障害を持つ子供たちにはすでに通じていたのだろうなと、しみじみ思いました。

西城秀樹さん
妹との素敵な思い出をありがとうございました。一度でも、コンサートに行き、直に聞けたことがあったことを、私は一生忘れないことと思います。


心よりご冥福をお祈りいたします。


Posted by さんりく・こすもす at 11:48 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
震災から七年が経ちました。 [2018年03月11日(Sun)]
久しぶりにブログの書き込みをします。
施設長の新沼節子です。
あの、震災から7年たちました。
震災が発生してからいままで、日本人の強さと冷静さと、温かさを感じながら過ごした7年でもありました。
全国各地から、海を越えた海外から、さまざまなご支援に心から感謝申し上げます。

さんりく・こすもすのすぐそばには「盛川」と言う、少し大きな川が流れています。震災直後はゴミやがれきにまみれ、本来の清流がひどい状態になりました。
かと言って、地元の人間は自分たちの毎日に精一杯でどうすることもできないでいた時のことです。震災からわずか一週間ほど過ぎたころだったでしょうか。
いつもの盛川にかかる「中井橋」を通ると、その汚れきった盛川の河川敷がすっかりきれいになっているではありませんかexclamationグッド(上向き矢印)
聞けば、夜を徹してボランティアの方々の、清掃作業が行われたとのこと・・・。支援のありがたさに涙した、あれが最初でした。

この時期、実はいつも複雑な思いにさいなまれ、7年たってもそれはり変わりありません。
多分、「被災者」は大方が同じ気持ちなのではないかと思います。
私は、考えても仕方ないと思いながら、失ってしまって、二度とみることができない故郷「岩手県大船渡市三陸町越喜来字泊」の風景をいまだに心のどこかで追いかけています。
住んでいたアパートが流れて、自分のものをほとんど失ったのに、そんなことはあまり心の傷にはなっていなくて、あの風景を取り戻したい思いは、むしろ、年々募ってくるようです。

でも、これからは、誰にでも自慢できた美しい風景を一日でも早く取り戻して、それを、お世話になった皆様にお伝えしなければなりませんね。
三陸も海も本来、とても美しいのです。

それでは皆様、
8年目になる明日からも、みんなと明るく過ごしていきます。
私たちは震災を忘れることはできませんが、どうぞ皆様も折に触れ思い出していただければと思い、また、まだ地元に帰ることのできない福島の方々を私たちもいつも思いながら日々送りたいと思います。

Posted by さんりく・こすもす at 15:31 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第3回 ゆめ風であいましょう イン 大阪ー 感謝と希望のつどい [2016年10月25日(Tue)]
大阪で行われた、第3回 ゆめ風であいましょう イン 大阪ー 感謝と希望のつどいにて

近畿労金サポートV報告会が行われ、そこでお話をさせていただいてきました。

その様子が、「ゆめごよみ風だより76号」に掲載され、webでも見られるようになりましたので、

ここでご報告しておきます。

ほんの少しだけですが、載っておりますので、ご覧ください。

Posted by さんりく・こすもす at 11:55 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ラジソンから頂きました [2016年04月19日(Tue)]
こんにちは
シセツチョウです。
なんと!IBCチャリティーミュージックソンの通りゃんせ基金から、5回目となる助成の機材をいただきました。わーい(嬉しい顔)
今回は、漬物とクッキー、ケーキの販売所に置く、冷蔵ショーケース2台(やっぱり漬物とお菓子は一緒にできませんから)ダッシュ(走り出すさま)
これをフルに活用して、これから市民の皆さんに届けることができたらと思います。
以下は、3月24日に行われた、IBCでの贈呈式の模様と、機材納入の時の星子さんの笑顔です。
DSC_0391.JPG

DSC_0417.JPG
Posted by さんりく・こすもす at 15:01 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
引き続き最近の様子です [2015年11月25日(Wed)]
慣れないもんで・・・
続きかくつもりが、いきなり投稿されました。
しばらくお休みしていたので、写真をもう少し紹介いたします。

IMG_0394.JPG
湯田・沢内ワークスティションにいつもの収穫祭に行ってきました。販売の様子です。
新沼工場長のピンクのエプロンがウイウイしいexclamation&question

IMG_0395.JPG

IMG_0396.JPG
横澤さんの最新作の朗読です。

ともあれ、今年もいよいよやってきた忘年会を楽しみに、頑張りまーすわーい(嬉しい顔)

IMG_0127.JPG

IMG_0131.JPG

DSCF0068.JPG



Posted by さんりく・こすもす at 13:13 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりに書きます。実は事情がありまして [2015年11月25日(Wed)]
こすもすの記事を楽しみにしていた皆様、大変申し訳ありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)ブログ担当の、職員Aさんが体調を崩し、配置換えになりまして、何やかやで、施設長はうまくパソコンを開けないしで、今日までお休みしてしまいました。猫
さて、その間、こすもすには新しい利用者の方一名と、職員二名が入りました。12月8日は、1年で一番楽しみにしている「忘年会」があります。
さあ、残りの日も、忘年会向けて頑張るぞexclamation×2わーい(嬉しい顔)

IMG_0409.JPG
10月30日は、盛岡つなぎ温泉、イオンなどに日帰り旅行に行ってきました。

IMG_0416.JPG

IMG_0422.JPG

IMG_0427.JPG
ホテル大観の前で「いい湯だったなー」
Posted by さんりく・こすもす at 11:04 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
施設長です [2014年04月24日(Thu)]
新年度になりました。
実は本日岩手県庁で、一年前から取り組んでいた、共生型事業所の協議(つまり事業を認可するかしないか)が行われます。
なんだかんだで、ここまで結論を引っ張っちゃったので、どう決まるか実はドキドキです。
こすもすで申請している共生型事業の「共生」は、障害者福祉事業と高齢者福祉事業を合体して運営するものです。

H子さん、N子さん、Y一さんみんな70歳超えてきています。でも、だからといってほかの施設に移動しなければならなくなることを、みなさんはとても嫌なのです。
市役所の人が現況の聞き取りなどにお見えになると、「施設長はとても優しくてイイヒト」とか、できないことでも胸を張って「できます!!」と答えているのです。

できるところまでここで一緒に過ごしていただきたいな、との思いは募っていて、そこにこの事業の公募がありました。

正式に決まったら、ぜひ、このブログでお知らせいたしますexclamation×2

そうなるように、皆さん、せめて、お祈りくださいませ〜ハートたち(複数ハート)
以下は、先日22日行ったお花見の写真です。
IMG_0641.JPG
P4220018.JPG
IMG_0684.JPG

ついでに、その時撮った「妻よりハト」の夫で〜す。
ちなみに私は・・・
P4220044.JPG
Posted by さんりく・こすもす at 10:30 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなこともあったんです実は… [2014年01月09日(Thu)]
じゃじゃーんexclamation×2
妻より鳩…の妻です。夫よりシェイちゃんで〜す。
昨年11月3日4日、結婚して初めてイゴの大会に行ってきました。イゴって?
以後でも異語でもありませーん。「囲碁」です。
ダッシュ(走り出すさま)
はじめての試合なので前の日から超緊張しまくっていました。そしたら、そしたらパンチ
まるで奇跡のように、一回だけ勝てて、15級から11級に昇格までしてきました。
それより幸せだったのは、当時女流本因坊の「謝 依旻(シェイイミン)」をすぐそばで拝見して、なんとツーショットの写真を撮っていただいたことです。ハートたち(複数ハート)これがそうです。
MX-2310F_20140109_142713_001.jpg

謝さんは、台湾出身。とはいっても日本語で普通に会話できる、普通のお嬢さんでした。
この後、スランプで本因坊のタイトルを失ってしまい増したが、きっとまた這い上がってくるでしょうね。
不詳私、囲碁は53歳から始めました。当然、ぜんぜんへたくそですが、さんりく・こすもすには、「妻より鳩」のすきな囲碁の強い職員がいるので、碁会所を開設しています。
私も、もう少しだけでいいから強くなって、謝さん(シェイちゃん)に指導碁してもらいたいなあと思っています。夢夢夢揺れるハート
Posted by さんりく・こすもす at 15:20 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
グループホームの建築がはじまりました [2013年09月10日(Tue)]
泊に建設予定だった新しいグループホームの建設がようやく、ようやく、始まりました。家

MX-2310F_20130903_131027_001.jpg

写真だけでは何が何やらという感じでもありますが・・・。
ともかく、うれしいーです。
業者は、三鉄の(北鉄ではありません。)「恋し浜」駅で有名になった、三陸町小石浜の菅野住建さんです。
進行状況など、またお知らせいたしまあす。

Posted by さんりく・こすもす at 13:52 | 施設長より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

さんりく・こすもすさんの画像
アクセスカウンター