CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«仙台発信「もっと、もっと伊達直人PJ」 | Main | 四日市男女共同参画研究所からのお願い»
情報誌「すてっぷジャーナル」15号の紹介 [2011年03月15日(Tue)]
2008年12月、とよなか男女共同参画推進センターすてっぷが発行した「すてっぷジャーナル」15号では、「震災と女性」が特集されています。

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷのウエブサイト「情報ライブラリー」のページより
抜粋します。

==============

情報誌「すてっぷジャーナル」

多様なテーマや課題について、新たな切り口をもって男女共同参画やジェンダーの視点で読み解き、問題解決の糸口となるような情報誌をめざして、1号から15号(2000年度〜2008年度)まで発行してまいりました。現在は休刊中ですが、在庫のある限り、配布可能です。バックナンバーについてのお問合せは、お気軽にどうぞ。

情報誌「すてっぷジャーナル」 第15号<発行:2008年12月15日>

すてっぷジャーナル15号 P.1

すてっぷジャーナル15号 P.2-3

すてっぷジャーナル15号 P.4-5

すてっぷジャーナル15号 P.6-7

すてっぷジャーナル15号 P.8

特集は「震災と女性」。あの阪神・淡路大震災から14年、当時は豊中市でも大きな被害がありました。非常時には、隠れていたハンディや格差、人間関係の問題があらわになり、個々の立ち直りに大きく影響します。市内在住の女性たちの体験談から、女性の視点での減災・防災を探りました。豊中市を縦断している「上町断層帯」が動くと、市全域に甚大な被害をもたらすと予測されています。記憶が薄れつつある今だからこそ、震災のことを考えてみませんか。

【問合せ先】 とよなか男女共同参画推進財団すてっぷ・情報ライブラリー
          〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-501
         TEL 06-6844-9735 FAX 06-6844-9706
Posted by 参画プラネット at 13:13 | 災害と女性 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント