CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
6年生卒所旅行F [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

6年生卒所旅行、無事に終了しました。

めちゃめちゃ歩いて
疲れもたんまりですが、
あっという間の1日でした!
しかも、予定通りに学童到着、素晴らしい!

image0.jpeg

みんなの感想は、
お参り、おみやげを買ったこと、
和菓子、帰りの電車等、さまざまでしたが、
それぞれに楽しめたようでした☆

一緒にいた僕ともりもりも、
いろんな発言や姿に終始笑わせてもらっていました。

いろんな学年のカラーがありますが、
みんな仲の良い、この学年らしい
ほんわかした雰囲気が常に漂っていた
卒所旅行でした。

image1.jpeg

スムーズ過ぎて、
あまり書くことがないくらいですが、
最後に6年生に伝えた僕の感想は、
一生忘れない思い出になってほしい」でした。

目的地のお堂へ向かう道すがら、
Y.A、T.Sが学童での過去の思い出を話していて、
「すごい楽しかったから覚えてる」
という会話をしていました。

この卒所旅行も、9人にとって、
きっといつまでもそう思える
思い出になることを願っていますし、
そうに違いないと思います☆

とても楽しい卒所旅行でした、ありがとう6年生。

おまけ

行きの電車の乗り継ぎで、
僕が切符をどこにしまったのかわからなくなり、
危うく乗り過ごしてしまうところでした。

卒所旅行の
指導員やらかしエピソード第2弾に
なるところでした。

危ない危ない(笑)。

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:49 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行E [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

帰路につきました!

帰りはなんと、
貯めたお金を活用して、
特急に乗車

まさに旅行気分で帰ります。

image3.jpeg

乗り物が苦手なT.Sは、すぐに寝る態勢に。
Y.A、Y.K、もりもりもお疲れモード。

たくさん、歩いたのでみんな疲れて…
いるかと思いきや、
男子はにぎやか。R.Hは、寝ています。
のんびり帰ります。
Posted by 真田山子どもクラブ at 16:31 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行D [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

残念ながら、木刀は見つからず、
それぞれお菓子やおまんじゅうの
おみやげ等を買っています。

image0.jpeg

S.M、A.Yはこれ!

おもち、おまんじゅうもたくさん食べました。

image1.jpeg

こちらは、かるかや餅。

お店のおばちゃんが、
「安くしてあげる」と、
やきもちと一緒におまけしてくれました。

image2.jpeg

こちらは、六方焼。

他にも、三色団子や桜餅、
おいものおまんじゅう等、
みんないろいろなものを食べました。

どのお店も、
「中で座って、お茶飲んでいいよ」
と、親切にしてくださいました。
ありがとうございます。

Y.Aは、たくさんのお墓を見たことで、
歩きながら、もりもりと
将来のお墓の話をしていたようです。

バスを待っている間、Y.A、T.Sと
「何歩歩いたんかなぁ。いっぱい歩いたけど、
いっぱい食べたからプラマイゼロかもなぁ」
と、苦笑い。

そろそろ玉造に帰ります!

Posted by 真田山子どもクラブ at 16:24 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行C [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

ゴールに到着!

お参りをして、
それぞれお守り等を買いました。

image0 2.jpeg

S.Tは御朱印帳を買い、
お坊さんに書いてもらっていました。

image1 2.jpeg

おみくじでは、S.Yともりもりが大吉でした☆

今は、駅の方に引き返しながら、
K.K、R.H、S.Y、A.Yはおみやげ屋さんに
木刀が売っていないかと
一軒一軒隈なく探し回っています(笑)。

Y.Kは、「おなかすいた〜」と
2回目の和菓子を求めています。

image2 2.jpeg
Posted by 真田山子どもクラブ at 14:14 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行B [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

A.Yから「カレーうどん食べたい」
とのリクエストが上がり、
お店の前にいると、
お店のおばちゃんが
「広く使ってくれたらいいから、どうぞ」
と言ってくださり、
店内を広々使わせてもらい、
お昼ごはんを食べました。

S.Mのカレーうどんの食べ方が、
うどんをレンゲに乗せ、
レンゲを口に運ぶと、なんとも丁寧で、
それを遠目から、Y.A、Y.K、T.S、
もりもり、僕で笑って見つめていました。

「熱いから」だそうです(笑)。

お昼ごはんを食べ終え、
満腹になりきらなかったK.Kと僕を筆頭に、
やきもちやお団子を買って食べました。

現在、ゴール地点を目指し
ぶらぶら歩いています。

なぜか大阪市歌を歌いながら歩く男子たち。
女子、S.M、もりもりは景色を眺めて、
ゆっくり歩いています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:19 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行A [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

電車、ケーブルカーを乗り継ぎ、
無事に現地までたどり着きました。

image0.jpeg

なかなかの長旅で、電車の終盤では、
けっこうみんな疲れが出て、
勾配を登る電車の摩擦音にも
「ひー」っと声を上げていましたが、
今は元気です!

これから、お昼ごはんを食べます。

image1.jpeg

image2.jpeg

Posted by 真田山子どもクラブ at 11:39 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6年生卒所旅行スタート [2021年03月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●3月30日(火)

今日は、6年生の卒所旅行です。

旅行と言っても、
日帰りの遠足のようなものではありますが。

4年生の時に計画した場所へ、
3年間(コロナのために、実質2年)で
貯めたお金で目的地へ向かいます!

マイペースな男子と急ごうとテキパキする女子。
切符を買うのに四苦八苦しながら、
なんとか時間通りに進行中。

R.Hを電車に残してしまった事件を振り返りながら、
口を揃えて「今日は大丈夫やろう!」と、
注意喚起しながらスタートしました☆

いってきます!
Posted by 真田山子どもクラブ at 10:01 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
似てる!〜記念誌配布C [2021年03月26日(Fri)]

20日の記念誌配布日には、
先日お伝えした方たち以外にも
2000年代に会長を務められたKさんや
中2女子のH.OとS.Mも来てくれました。

女子2人はまったり時間を過ごしておりました。

H.Oが描いた似顔絵がこちら↓

似てる!

IMG_7838.jpg
Posted by 真田山子どもクラブ at 08:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「あの時」にタイムスリップ〜記念誌配布B [2021年03月25日(Thu)]

記念誌配布時に、
オンライン交流会にご参加いただいた
Hせんせい(1986〜1990年在職)にお礼のメールを
差し上げたところ、お返事をいただきました。

Hせんせいの許可をいただき、紹介します。

  ★★

こちらこそ、楽しい時間をいただきまして
どうもありがとうございました。

実は、オンライン交流会に参加させていただくと
返事をさせていただいたものの、
やっぱりお断りすればよかったかなぁと
悩んでいました。

30数年もたった今、
かつての父母や子どもたちと
きちんと話ができるんだろうかと。

でも、そんな気持ちはすぐに払拭され、
一瞬に、「あのとき」にタイムスリップしたかのように、
次々といろんなことが溢れ出てきました。

31年ぶりのT.KくんもS.Kちゃんも、
実は子どものころの面影はそんなになくて、
最初は、「えっ、だれ?」だったんですけどね。

私の中では何十年たっても、
これからも、みんなあの時の子どものまま
長屋の学童の中を走り回っていて、
俗に「おじさん」「おばさん」と言われる
年齢になっているなんて信じられないことです。
(ごめんなさい。怒られるかしら。)

父母会長をされていたS.Kちゃんのお父さんが
亡くなられていたことにはとても驚きました。
オンラインが終わってからも落ち着かず、
今日、Kさんにお手紙を差し上げました。

子どもたちにも、学童にも、地域にも
とても熱い思いを持った方でした。

私自身、ずいぶんKさんに励まされ、支えられました。

子どもカーニバルの発想はS.Kちゃんのお父さんでした。
地域でこんなことをやりたいんだと、
熱く語られたことを今でもよく覚えています。

記念誌には1990年代前半開催となっていましたが、
初回は1988年か1989年ではないでしょうか?
私がいた時にすでに開催されていましたから。

このたびはこのような企画を設けていただき、
本当に感謝申し上げます。

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
30数年ぶりの再会〜記念誌配布A [2021年03月24日(Wed)]

OBのK.S&N.S母

20日の記念誌配布日の報告です。

元指導員のHせんせい(1986〜1990年在職)が
富山からオンラインでつながってくださいました。

Hせんせいのお話により初めて知ったのですが、
前の前の学童の「長屋」の床の半分が
土間だったそうです!
玄関側の床半分です。

児童の人数が増えるに従い土間を板で覆ったそうですよ。

そんな話をしていると、
OBのT.Kさん(1989年入所)が来所。

T.Kさんは小学1年生の1年間、
Hせんせいにお世話になっていたそうで、
なんと30年以上ぶりの再会となりました!

「ぼく、だれかわかります?」
「Tくんでしょ」

Hせんせいはお顔を見てすぐに分かったようで、
さすがです。

さらには、T.Kさんがけん玉をしている
当時の写真をさっと取り出して
見せてくださいました。
確かに当時の面影がありました(笑)。

あとでT.Kさんに、同じように
けん玉を持っている写真を撮らせていただきました(笑笑)

しばらくしてから、Hせんせいには
もう一度オンラインでつながっていただき、
そこに保護者のM.K(1981年入所)&M.K(1984年入所)のお母さん、
S.Kさん(1988年入所)とお母さんが参加。

S.Kさんは今、長野県にお住まいですが、
ちょうど大阪に来られていたので
親子そろっての参加が実現しました。

こちらも32年ぶりの感動的な再会!

S.Kさんのお母さんは、
当時Hせんせいが発行されていた手書きの通信を
今でもたくさん保管しておられ、
学童への愛をとても感じました。

記念誌制作でも、
たくさんの資料提供をしていただいたほか、
OBの方々をご紹介くださいました。

(記念誌のP.14の「年間指導計画」と
 P.16の学童通信は、Hせんせいが書かれたものです。
 大変丁寧でキレイな手書きの文書です。
 是非みなさんにみてほしいです。)


お話の中で、当時の子どもたちが
こっそり(ピースと名付けていたようです)を飼い、
それが父母会の案件になったことが出てきたのですが、
Hせんせいが画面越しに、
ピースについて掲載された通信を見せてくださいました。

何年たっても記憶に残る案件だったようです(笑)。

そうそう、長屋の土間の話にもなりましたが、
そこにはリアル竹で作られた竹馬(親が製作)
置いてあったそうですが、
ナメクジがたかって驚いたそうです。
長屋にネズミが出たともお聞きしました。

なかなかワイルドな環境です。

でもその雑多な感じが
とても良かったのだとお話されていました。

おもしろエピソード満載、
感動エピソード満載で、
あっという間に時間が経ってしまった
オンライン交流でした。

  ★★

【追記】

最後のオンライン交流会には、
1992〜1996年に在職された元指導員の「Sちゃん」が
つながってくださいました。

こちらには、Hせんせいの時に自宅から参加されたS.Kさんが
今度は家族で来所
国際結婚されたご夫君と、お子さん2人と一緒です。

さらに、2つ下のK.Sさんもお子さん2人と来てくださいました。
K.Sさんの上のお子さんは、4月から真田山子どもクラブに入所します!

こちらでも、あっという間に当時にタイムスリップ。
話は尽きず、元指導員のSちゃんとの近いうちの再会を約束して
オンライン交流会は終わりました。


Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ