CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
あそびを通して [2021年02月19日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●2月13日(土)

公園にて、ES.M、@S.Tg、@T.H、@Y.Nと
缶けりをしました。

昔ながらの缶けり。
学童では、はじめに「逃げ」の1人が缶をけり、
オニが拾い、元の場所に戻して
30秒数えるところからスタート。

「逃げ」の子たちは、
隠れてオニの目を盗み
缶をけるタイミングを図ります。

オニは全員を見つけることを狙います。
3回「逃げ」に缶をけられたら
オニ交代にして、順にオニを回していきます。

ES.Mはさすが!
全員を見つけてアウトにしました。

1年生3人も順にオニを務めます。

一番最後、@Y.Nがオニになった時のこと。
ES.Mが2回けり飛ばし、
@Y.Nのオニの3回目。

それが終われば、学童に帰ろうと決めたラスト。
@Y.Nの目をかいくぐり、
わずかな隙をついて
@S.Tgが缶をけり飛ばしました☆

大喜びの@S.Tg。
「やったー!けれた!」
そう何度も言いながら学童へ戻りました。

学童に戻ってからも、
嬉しそうになかしゅんに報告。

「すごいな」
「また、やろな!」
と、なかしゅんや僕も一緒に盛り上がりました。

あそびのほんの一瞬、一回の達成感
子どもに喜びだけでなく、
誇らしさや自信を生んでいきます。

また、その瞬間を指導員も見逃さず、
気持ちをさらにふくらませたり、
次に繋げていくことが大切です。

@T.Hは、3回オニが続いたあと
「だからイヤやねん!」と、
ちょっぴり怒っていました。
それも子どもの自然な姿。

「次は、『逃げや』から隠れよう!」
と、声をかけると、
すぐに切り替えて
再び缶けりを楽しんで続けていました。

それは、@T.Hの良いところ☆

続けていくと、今度は@T.Hにも
けって喜ぶ場面がきっと訪れます。

もし、そのまま落ち込んでしまったら、
あそびに戻れるよう、
もしくは次回参加できるように指導員は促します。

あそびって何気ないようでも、
子どもにもたらすものはとても大きく、
一年経つと1年生もあそびを通して
いろんな経験が増えていきます☆
Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
私立高校受験日 [2021年02月15日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

●2月10日(水)

けん玉・コマ認定最終日は
私立高校の受験日だったそうです。

前日に、AH.Sとお母さんから、
「明日、D.S(中3・OB)が受験やねん」
と聞いて、「応援しなあかんな」と思いました。

さらに当日の保育前にも、
もりもりから、A.N(中3・OB)が
「受験終わってあそびに来る」
と言ってると聞いていました。

保育時間になり、A.Nがあそびに来て、
現在6年生が行っているある練習
(それはいずれお伝えします)の
お手伝いをしてくれていました。

A.Nと6年生、もりもりは公園に、
他の子や指導員は学童で認定と分かれていたところ、
学童内に中学校の制服の男の子が
何かを探すような仕草で入ってきました。

僕の顔を見るなり、
「家の鍵忘れたから、電話貸して」。

そうお願いしてきたのは、R.Y(中3・OB)。

前にも同じセリフを聞いた覚えあり!
2年前?ブログ記事もあります。

「R.Y来るの、いっつも鍵忘れた時やん(笑)」
と返し、苦笑いのR.Y。

お父さんに電話をして、
その後、家の鍵が開く時間まで
学童で勉強をして過ごしていました。

受験はと言うと、ある理由
(R.Yの名誉のために伏せておきます)により、
手応えがなかったそうです。

でも、そんなに焦った様子もなかったので、
きっと大丈夫でしょう!

低学年の子たちは、R.Yを知らないので、
次々に「だれ?」と聞きにきます。

まず、自分の名を名乗りなさいって感じですが(笑)。

おもしろかったのは、
@I.K、@K.T、@A.N、@R.H、@Y.Nがこぞって、
「だれ?」「なにしにきたん?」「なにしてんの?」
質問攻めをし、タジタジになっていたR.Yの姿。

本人的にはそうでもないでという感じでしたが、
1年生女子と中学3年生男子のコントラストは
学童ならではでした☆

 @R.Hは、2月より入所。
 友だちも多く、けん玉も上手で
 初日から馴染んでくれています!
 お家でも「学童楽しい」と言ってくれているそうです。


他にも、DK.Sが「久しぶりやなぁ」
と寄っていって話をしたり、
公園から帰ってきたES.TとER.Hは
中学校の先生や部活の情報をリサーチしていました。

CT.Sは、しばらくベッタリで、
歴史好きということもあり、
R.Yがしていた社会の勉強に興味津々で
2人であれやこれやと社会の話をしていました。

そして、同じ空間に中3OBが2人という
シチュエーションになったわけですが、
お互い「別にいいわ」と顔を合わせることを
頑なに拒否していたというより、
照れていて可笑しかったです。
しゃべればいいのに(笑)。

A.Nは、よく来てくれるので、
また近いうちに来てくれると思いますが、
鍵を忘れた時しか来ない!?R.Yも、
公立の受験が終わったら報告に来てくれると
約束してくれたので、楽しみにしておきます☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
認定期間終了 [2021年02月14日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

2月10日(水)に認定期間が終了しました。

かつてない盛り上がりで、
ほとんどの子が夢中になって腕を磨きました。

挙げればキリがないほどの
合格ラッシュでしたので、
細かいエピソードは割愛しますが、
今回新たにけん玉の4段に合格すると、
新しいけん玉をプレゼントすることに決めました。

 (以前から、初段に上がると、
  新しいけん玉をプレゼントしていました)


初段後の高いハードルであり、
次の5段、6段は技がさらに難しい段階に
入っていくため、4段を新たな区切りとしました。

そして、ER.Hが12月からずっと
目標としてきた4段合格を
認定スタート時に達成!

プレゼントしたのは、
誰も持っていない黒いけん玉
写真はまたの機会にお見せします。

年明けに初段になり、
新しいけん玉を手にしたEY.Kも
あっという間に3段となり、
ER.Hに負けじと4段を目指しています。

この2人は、3月で卒所となりますが、
続く達人が出て、
みんなをリードすることを願っています☆

また、次の認定期間も
変わらない盛り上がりが
生まれるようにしていきたいです。

ここからは、そう6年生の卒所へ向けて、
6年生含め学童全体が動き出します。
良い卒所式を作れるように準備していきます。

image0.jpeg

学童内に糸を張って挑戦するつなわたり

@I.U、@S.T、@S.Yが連日挑戦中。
自分だけじゃなく、
人がやっている時に「がんばれ!」
と応援し合っている姿、
成功すると一緒に
「やったー!」「すげー!」
と言い合ってる姿が、とても素敵です☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:10 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
けん玉技表 [2021年02月11日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

けん玉・コマ認定は引き続き、実施中。

なんとなんと、@Y.Iが
初のコマ有段者となりました!

もう、次から次へと技を身につけ、
ひょいひょいとやってのけるようになっています。

負けじと上の子たちも頑張っています!
次なる有段者の誕生なるか︎。

そのコマの盛り上がりの中、
けん玉も連日昇級する子が続いていますが、
認定だけでなくひっそり盛り上がっているのが、
このけん玉技表

image0 2.jpeg

単純に、技ができたら表に○をつけるというもの。

「けん玉をもつ」から始まって、
有段者レベルの高難度の技まで
果てしない道のりですが、
1つまた1つと○が増える楽しさが魅力のようです。

また、認定に出てくる技は基本技であり、
はじめのうちは派手な技は出てきませんが、
けん玉にはたくさんの技があり、
簡単な技でも見た目が派手で
できるとかっこよく見える技や、
おもしろそうでやってみたい!と思うもあるので、
そこも技表に挑戦するポイントです。

前に書いた、
今回の認定からやる気になったAK.Iも
認定だけでなく、技表をの技も頑張っています。

そして、最近はAH.H、AT.Sが連日、
技表の○を増やそうと夢中になっています。

運動会の時期以外では、
そんなにけん玉に真剣になるイメージはなく、
どちらかと言えばコマ派の2人でしたが、
AH.Hに「つるし持ちけん持ち」という技を教えたところ、
AH.Hが一発で成功!

そこから、AH.Hがハマり出し、
AK.Iと一緒に練習、
翌日にはその姿を見たAT.Sも!
といった具合になりました。

さらに、またそれを見た
AS.M(認定では1級合格!)も
「いでっち、この紙ちょうだい!」
と食いつき、少しずつ挑戦者が増えています。

いろんな技ができる子が増えると、
さらにけん玉もコマも盛り上がり、
全体的に刺激し合えるようにもなり、
腕前も上がり、
「何?その技!」
「そんなことできるん︎」
と大人は驚かされる一方かも知れません!

けん玉ホルダーももちろん、
いろんな角度から楽しんでいて、
けん玉・コマ認定期間が、
良い盛り上がりとなっています☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学童に駄菓子屋さん︎ [2021年02月10日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●2月4日(木)

運動会が終わったらやろうと思いながら、
気がつけば2月…

2組は早くから行っていましたが、
1組でも開店しました!

image0.jpeg

学童での駄菓子屋さん、買いおやつ☆

味気ない装飾ですが、
子どもたちは喜んでいたので一安心。

なかなか、全員でお店に好きなお菓子を買いに行く
買いおやつ」はできないため(コロナでなおのこと)、
学童に駄菓子を用意して実施しました。

事前に、買いたいおやつをリサーチして準備。

実際、お金を払うわけではありませんが、
それぞれのお菓子に値段をつけて、
合わせて100円までは選んでOKというシステム。

@R.Uに「おかねもってきてないけど、だいじょうぶ?」
と聞かれたのを筆頭に、
1年生の子たちが何人か心配して、質問していました。

「えっ? 持ってきてないん?じゃあ、あかんわ」
と、言った後に、「うそやで、みんな選べるで」
と騙してみるも、あまり真に受ける子はいませんでした(笑)。
心配になるところが、かわいらしかったです。

おやつ当番だったDH.Yのイチョウ班と
店番をしていましたが、
選ぶのが楽しみでしょうがないDH.Tが
店番を一緒にしていました☆

しょっちゅうはできませんが、
また開店したいと思います!

ちなみに、この日お休みの子たちには
翌日以降、順次臨時開店して買ってもらっています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)