CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
こんなことが好きだったんだな [2020年11月30日(Mon)]

上半期はほとんど
チチ★ハハ VOICEを更新できませんでしたが、
少しずつお伝えしていきたいと思います。

@T.H母

2020年4月、Stay homeからの
学童入所した1年生男児の母です。

保育園卒園から変則的な状況が続き
「楽しくやっていけるかな」と不安でしたが、
今に至るまで「行きたくない」と話すことはほぼなく、
最近は「土曜日も学童行きたい」
と漏らすようになりました。

マイペースな性格なので、
みんなのブームになっている“カロム”などは
自分のペースで楽しみ、
本を読みたいときは読書に没頭しているようです。

そんな息子が特に楽しんでいるのが
指導員さんと取り組む工作

お絵かきやアイロンビーズやスノードームなど、
一所懸命作ってはお迎えのときに見せてくれます。

時間がなく、未就学児の弟もいるため、
自宅でゆっくり工作などできず、
学童で自分の思うまま取り組める工作が
とても楽しいみたいです。

親としても、自宅でできていない分、
「こんなことが好きだったんだな」
と発見できたりすることをうれしく感じています。

工作に限らず、宿題や普段の生活の様子についても、
指導員さんがさまざま目を配ってくださっています。

小学校に行くと、みえなくなる部分が多いなか、
学童のメンバーとしてあたたかくケアして
いただけている様子が垣間見えて、
親としても安心して仕事に向かえています。
Posted by 真田山子どもクラブ at 19:07 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学童のことばっかり… [2020年11月29日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月27日(金)

「ただいま〜」
「おかえり〜」

子どもたちが下校してきて、
順に宿題に取りかかります。

「あれ? ふでばこと、
連らくぶくろわすれた!

そう言うのは、AKg.E。

い「どうすんの?」
Kg.E「え〜どーしよ?」
い「時間あるから取りに行こか」
Kg.E「う〜、うん」

そして、2人で学校へ

教室に行き、
先生から忘れ物を受け取り、
学童へ戻る道中。

何気なく、
「なんでランドセルに入れるの忘れたん?」
と聞くと…

Kg.E「学どうのことばっかりかんがえててん」
い「学童のことばっかり?」
Kg.E「うん、早く学どういって
 あそびたいねん」
い「へー、そんなに学童好きなん?」
Kg.E「うん」
い「嬉しいなぁ」

その会話は、そこまででしたが、
とても嬉しくて、おわりの会でも、
そんな話をしてんと報告しました(笑)。

あ、でも忘れ物には注意してね!

ちょっと違う内容ですが、
3年前?にH.O(中2OB)と
忘れ物を取りに行ったことを思い出したりもしました。

興味のある方は、ぜひ2017年ごろのブログを
さかのぼってみてください。
消えていたらごめんなさい。

という、たま〜にある忘れ物を取りに行くシリーズでした☆


    ★★★


H.Oと忘れ物を取りに行ったという話は、コチラ

Posted by 真田山子どもクラブ at 10:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
けん玉奮闘中! [2020年11月28日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月27日(金)

すっかり運動会練習に明け暮れたこの1ヶ月。

その前に行っていたのは、けん玉・こま認定。

認定が終わってからの、この1ヶ月、
運動会の練習と並行して
毎日毎日けん玉の練習をしているのがAN.U。

学童では、CM.Oや、CK.S、CN.Tとけん玉回し
(それぞれ課題技を決めて、
成功したら隣の子にけん玉を回していくあそび。
他の人のけん玉が溜まってしまわないように成功させて、
次々に回していきます)というあそびをしたり、
僕やあんちゃん、やのっちと練習をしたりしています。

そして、家ではお姉ちゃんのM.U(中1OB)から教わっています。

認定後も個人での認定を繰り返しながら、
徐々に級を上げていて、
現在一級に挑戦中!
「灯台」の腕を磨いています。

この日もやのっちと灯台の練習をしていて、
「いでっちー、とう台できたー!」
という声が聞こえてきたので、
見てみるときれいに玉の上にけんが乗っていて、
落とさないようにプルプルと手に力を入れていました。

その後も練習を続け、
自信をつけたようで
「にんていうける!」と志願。

結果は、残念ながら1つ目の技、日本一周が
3回できず失敗となりましたが、その後も練習。

合格目指して頑張っています!

1年生も、@R.U、@M.Kが、
毎日とめけんやもしかめの練習をしていて、
少しずつ記録が伸びています☆

2組でも、@M.Hが毎日2組をのぞくたびに
もしかめの練習をしていて、
日に日に球筋がきれいになっています☆

どんどん上手になって、
周りの子も刺激を受けてくれると良いなと思います☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:10 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会期間終了 [2020年11月27日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月25日(水)

運動会期間の締めくくりとして、
運動会おつかれさま会を行いました。

まずはジュースで乾杯、
「おつかれさま〜」と労いあいました。

その後、「みんなの感想はもらっているから
指導員も伝えるね」と、指導員からの感想

 どんな運動会になるか不安やったけど、
 みんな楽しんでいて本当に良かった

 練習から一生懸命で、
 本番も一生懸命でカッコよかった

 応援がいつも以上に力が入っていて、
 応援しあえるってすごいなー

 6年生がどの場面でも目立っていて、
 6年生ってすごいなぁ。
 それを見て、1〜5年生も続いていってほしいし、
 続いていくだろうと思った

 5種をやってみて子どもの力のすごさを感じた。
 
 5種っておもしろい。

 練習でも本番でも、
 みんなが応援してくれるのがすごく嬉しかった

 みんなで作れた運動会、
 みんなで一緒にやるってすごく良いことやし、
 大事にしたいこと


などなどを指導員1人1人が伝えました。

お迎えに来ていたES.M&BM.M母からも、
「練習を目にして、間に合うのかなと思ったけど、
日に日に仕上がっていく様子や
応援団の振り付けがかわいかったこと、
本番きっと楽しんでやったいたんだろうなと感じたこと」や、
「みんなの頑張りとともに、
指導員も苦労しながら運動会の準備をしてきてんで」
と伝えてくれました。

ありがとうございます。

指導員の感想は、
またみなさんにお届けしたいと思っていますので、
そちらもお楽しみに。

そして、運動会当日は欠席だった子たちに、
紅白の金メダル、銀メダルとは
別の運動会おつかれさまメダルをプレゼント。

最後に、運動会担当として、
みんなに声かけやおわりの会で
毎回その日の振り返りをしてくれた、
EK.K、DK.S、DH.T、CA.I、CYm.K、CR.I(欠席)、
AK.U(欠席)に担当賞という表彰状を送りました。

これは、「あそばないよう」と注意を呼びかけながら、
担当を務めあげた実感を持ってもらい、
「また来年も」と本人たちが思うだけでなく、
他の子も続いてくれたらという思いで、
この賞を設けました。

毎回、おわりの会で
みんなに声をかけている姿を見て、
何か形で返そうと思ったのがきっかけで考え始めました。

途中、「あそばないように」と呼びかけながら、
自分があそんでるやんみたいな姿もあったので、
一度はやっぱりやめようかなとも思いましたが、
DH.TやCA.Iの運動会には出ずとも、
どういう思いで練習に携わったのかという気持ちが
感想文を通して、よく伝わってきたので、
やっぱりこれは形にしないと!と思い直し、
この賞状を送りました。

また、来年新たな顔ぶれが出てきて、
同じように思えたら良いなと思います。

こうして、1ヶ月にわたる運動会期間が終了しました。

放課後のわずかな時間を利用してなので、
バタバタ慌ただしい毎日でしたが、
いつも以上に充実し、
子ども1人1人にとっても、
全体的にも今後につながっていく、
より学童の生活が濃くなるような、
さらに関係が深くなるような運動会となりました。

生活の中の運動会はこれにて終了ですが、
このブログではもうしばらく
運動会ムードは続いていきますので、
ご愛読よろしくお願いします!
Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会明け [2020年11月26日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月24日(火)

運動会明けの初日。

毎年のように、
子どもたちの話題は運動会!

嬉しかったこと、
悔しかったこと、
おもしろかったこと、
すごいと思ったことが
学童内を飛び交っていました☆

欠席だった子も
「どっち勝ったん?」
「紅組勝ったって聞いたで!」
「来年行きたい」
と、興味津々で運動会のことを口にしていました。

ここまでは毎年同じ風景。

おやつの後の感想文タイム
これもおなじみの風景です。

思い思いに感想文を書いていく子どもたち。
1年生の中には、絵で表現する子も。

@I.Kは、何を書こうか長い間迷った結果、
「絵と感想」の流行りの言葉で言うと、ハイブリッド!

絵の中の@I.Kに吹き出しをつけて
感想を伝えるという、ユニークな発想☆

初めて見る形でした、素晴らしい!

そして感想文。
続々と集まってきた中身を読むと、
何やらいつもと違うのです。

もちろん、
合同でないこと、
お父さんお母さんがいない寂しさや
見てほしかったなぁという思いもありました。

しかし、それを乗り越えた上で
楽しかった思いを書いていたことも
すごいと思いましたが、
全体的に文章から伝わる
子どもたちの充実度が例年以上で、
ちょっと言葉が悪いかもしれませんが、
ものすごい破壊力を持った文章で、
本当に嬉しく、やって良かった、
と、指導員冥利に尽きる感想を届けてくれました。

欠席だった子たちにも
練習の様子を書いてもらいましたが、
そこにもその子たちの思いがしっかり出ていて、
「ありがとう」と「来年絶対出よな」という思いが
湧き上がりました。

また、今年は「ありがとうございました」
と声をかけに来てくださった保護者さんが
何人もいらして驚きました。

子どもが喜んでいたこと、
それを聞いて感動したこと、
帰り際に他の子が声をかけてくれたことが
嬉しかったことなどを伝えてくださり、
恐縮してしまうくらいでした。

参加してもらうことが叶わず、
残念な思いをみなさんされているとは思いますが、
このような声を届けていただき
改めて成功を実感することができました。

みなさん、ありがとうございます。

感想文は揃い次第、
順次アップしていきますので、
もうしばらくお待ちください!
Posted by 真田山子どもクラブ at 09:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会終了 [2020年11月23日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月22日(日)

真田山・玉造子どもクラブ大運動会が
終了しました。

初めての単独学童での開催でしたが、
無事に終えることができました。

途中からは、進行も息つく暇もなくなり
報告が途絶えてしまいましたが、
子どもたちは終始運動会を楽しんでいました。

初めての応援合戦
エンジンがかかり切る前だったので、
若干の照れもありましたが、
微笑ましくもかっこいい姿が見れました。

その後の競技は、
どんどん熱が上がっていき、
最後のドッジボール
大盛り上がりで終えることができました。

熱いデットヒートや、
思うような結果が出ず悔しがる姿、
喜び合う姿、
最後の走者まで1人1人に
しっかり向けられた声援などなど、
様々な姿を見ることができました。

各指導員も、
子どもたちの姿に感動したこと、
無事に終えることができた喜びを
話していました。

結果は、わずかな差で紅組の優勝

団長のES.Tが優勝トロフィーを手にしました。

そして、白組団長のCT.Sには、
チームを引っ張った姿を讃える
団長賞をプレゼントしました。

また、この先も
団長に立候補することでしょう☆

子どもと指導員のみの開催となりましたが、
きっと子どもたちは家に帰り、
あれやこれやと感想を
報告していることだと思います。

また、運動会については、
このブログで記事を書けたらと思います。

初めての真田山・玉造子どもクラブ大運動会、
想像していたよりも、
さらにすごい、
とても楽しい運動会となりました☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:15 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会進行中!A 靴とばし [2020年11月22日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

くつとばし、たくさんのがグラウンドに舞いました!

image0 4.jpeg

現在、紅組リード!

次は、あそびの達人決定戦、5種レースです!


Posted by 真田山子どもクラブ at 11:32 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会進行中!@ 大なわとび [2020年11月22日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

現在、伝承リレーを終え紅白同点です!

image0 3.jpeg

子どもたちは、大なわとび奮闘中!

Posted by 真田山子どもクラブ at 10:47 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会、スタート! [2020年11月22日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

おそらくこれしか送れませんが、

image0 2.jpeg


運動会スタートします!

Posted by 真田山子どもクラブ at 09:52 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよ運動会〜家から声援 [2020年11月22日(Sun)]

ER.H母

いよいよ運動会です。

コロナ禍のなか、異例づくしで始まった2020年度。

たくさんのいつもの行事を断念しながらも、
指導員さんや役員さんたちが何度も協議をして、
その時その時でできる限りの行事や企画を実施してくれました。

今年の運動会は、残念ながら保護者の参加はできませんが、
感染状況など社会の事情がどんなに変わったとしても
必ず実施できる形」を指導員さんたちが模索を続けて、
今回の形になりました。

仮に、保護者参加の形にしていたら、
現在の感染状況を考えると、
直前にもっと右往左往することになったかもしれません。

それでも、親たちの思いは熱く…

最後となる6年生家庭だけでも参加させてあげられないか。
学童ならではの行事を一つも経験できていない
1年生家庭家庭だけでも参加させててあげられないか。

いろんな意見が飛び交いました。

それだけ、この親子運動会は、
保護者にとっても大きな意味を持つからです。

しかし指導員たちとて、親子運動会にできないことを
望んでいるはずもなく、辛い辛い決断だったでしょう。

それでも、まだ一度も、
全学年がそろった行事を今年度一度も実施できていない
子どもたちに、なんとかしてその時間を作ってあげたい。

その思いだけで指導員はまさに突き進んできたのだと思います。

いでっちの先ほどのブログ記事を読みながら、
子どもの「未来」につながる運動会を
指導員さんたちが一丸となって
できる限りの力を尽くして作ろうとして
くださっているのだなと改めて思いました。

「今」を見ることは叶わないけれど、
「今」からつながる「未来」の子どもたちの姿を
楽しみにすることはできるのだなとも思いました。

目の前で声援は送れないけれど、
今ごろ、走っているかな、笑ってゴールしているかな、
声の限りを尽くして応援旗をふっているかな、
と想像しながら北に向かって声援を送りたいなと思います。

今、50年の歩みをまとめる記念誌を
OBの方々と一緒に制作中です。

その中に、50年を記録した年表があるのですが、
それはそれはすごいものです。
年表を目にするだけで熱いものが込み上げてきます。

その年にあった学童ニュースや社会のニュース、
代々の施設責任者や父母会会長の名と同時に、
代々の指導員さんの名前も並んでいます。

毎年、代々の指導員さんたちが全力で
作り上げてきた運動会。

そのバトンをつないで
今の指導員さんたちが来年につなげてくれています。

たくさんの歴代の指導員さん、OBの方々が
関わって続けてこられたこの学童の歴史に、
今日の、例年とは違うけれど、
指導員さんたちの心のこもった運動会のことが
綴られるのだなと思います。

運動会後に、たくさんの運動会話
指導員さんたちから聞けるのを楽しみにしています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:48 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ