CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
OB、OGは財産 [2020年10月31日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月24日(土)

定例の保護者会に、
あるゲストを招きました。

H.K(高2)、Y.I(高1)、K.S(高1)の3人です。

実は、夏前から、3人とは相談をしていました。

会うたびに思い出話を語ってくれる彼ら。
それがいつもおもしろくて、
これを保護者会で聞いてもらえたら、
学童ってどんなところなのか、
保育って子どもにとってどういうものなのか、
もしかしたら指導員が語るよりも
伝わりやすいものがあるのではないかと思いました。

対面で行うのは、彼らもやりづらいだろうし、
リモートで保護者会を開催しているうちに
実現したいと考えていました。

また、これから学童が
2つの場所に分かれていくにあたり、
過去の学童を今の保護者に知ってもらう機会になる
ということも思いました。

彼らを知らない世代にとっては、
もしかするとつかみにくいところがあるかもしれない、
でも今の子どもたちの未来の姿として捉えることもできる、
子どもの歩みを知ってもらえる、そんな思いでした。

考え始めた時から、きっと楽しいものになるだろうと、
この日が来ることにワクワクしていました。

今月にやると決め、
3人のスケジュールも押さえることができ、
そのワクワクがさらに強くなりました。

僕には、まったく言ってきませんでしたが、
3人のお母さんに「よろしくお願いします」と伝えると、
それぞれに心待ちにしているということがわかりました。

そして、お母さんたちは
そんな大役できるのだろうかと心配もされていました。

結果は…
本当に本当にありがとうの一言です。

高校生とは思えない度胸確かな言葉で、
笑いも交え、彼らがどんなふうに学童を過ごしてきたか、
周りを見てきたかを、それぞれの視点で語ってくれました。

ひとつひとつの発言を覚えておくことはできませんが、
彼らの柔らかい雰囲気と笑顔、それだけでも充分、
どんなふうに過ごしてきたか伝わるくらいのものを感じました。

「最後どうやって締めんの?」
と3人からツッコミが入りましたが、
K.Sが「嫌な時もあったけど、
学校の友達とは違う過ごした方をして
なんでやねんと思ったけど、
6年間通って良かったです。
最後まで行った方がいい」
と締めてくれました。

ほんまにK.Sらしいなと、
憎いことを言ってくれたんですけど(笑)、
頼んだセリフでもなく、
事前に考えたセリフでもないらしいのですが、
その一言だけでものすごく価値のある言葉、
嬉しい言葉でした。

保護者会の時にも言いましたが、
H.Kとは1年間、Y.I、K.Sとは2年間しか
関わりはありません。

彼らの学童生活の大半は
他の指導員さんとのものです。

言ってみれば、
最後にちょこっといた指導員くらいのものです。

それでも、卒所してからも
ちょいちょいあそびに来てくれたり、
会えば話をしたりします。

個人の関係性もあるかもしれませんが、
きっとどの指導員、どんな指導員、
子どもに対しても同じで、
同じ学童の仲間、彼らの学童への
思いあってのものなんだと思います。

だから、今回も引き受けてくれたんだろうと思います。

待ち時間に、学童で流行中のカロムを
楽しんでいる姿も相変わらずで安心しました。

真田山子どもクラブがNPO法人となり、
OB、OGとの関わりにも
力を入れていく方針を掲げています。

班長選挙の時に、子どもたちにも言いました。
ずっと歴代の班長、高学年が
作ってきた生活があって、今がある。
だから、今のメンバーにも
自分たちが作っていかなあかん、と。

H.Kに「小学生には無理やで」とツッコまれそうですが
(そういうセリフが出てきていました、笑)。

どんどん世代や考えを変えながらも、
歴史はつないでいかないといけない。

そして、つながってるんだと思わせてくれた3人の…
なんて言うんでしょうか?
語り?トークショー?思い出話でした☆

ピンと来なかった方もいたかもしれませんが、
学童生活を経ていく過程で、
きっと共感できることがあると信じています。

ちなみに、企画名としては、
OBさん、いらっしゃい」と銘打ちました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 11:39 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年度入所説明会 [2020年10月31日(Sat)]


2021年度入所説明会を行います。


スクリーンショット 2020-10-11 10.11.32.png

【2021年度入所説明会 真田山・味原】 .pdf



【対象】真田山・味原小学校区内にお住まいで
     2021年4月小学校入学予定のご家庭

【日時】1回目  10/17(土) 16:00~17:00(終了しました)    
     2回目  10/17(土) 20:00~21:00(終了しました)
     3回目  10/31(土) 20:00~21:00(終了しました)

いずれもオンライン説明会となります。
参加方法などの詳細については
お申込みを受付後、メールにてご案内致します。

【参加申込方法】
下記メールアドレス宛に、@〜Eを明記の上、ご連絡下さい。

@保護者氏名
A児童氏名(ふりがな)
B在籍保育園・幼稚園
C入学予定小学校
D連絡先(電話番号、メールアドレス)、
E説明会参加希望日

メール nyusho2021*gmail.com
(↑実際に送信される時は「*」を「@」に書き換えてください)

【申込締切】実施日の前日まで

参加申込のご連絡を確認後、近日中に受付完了メールを差し上げます。
メールが届かない場合は、
お手数ですが、 真田山・玉造子どもクラブまでお電話下さい。

TEL/06-6763-0590

【入所申込】
入所受付期間については説明会にてお知らせします。
入所基準は先着順ではありません。

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
班長選挙終了 [2020年10月29日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

先日お伝えした班長選挙が終了し、
新班長が決定しました。

DM.K
DK.S
DH.T
DH.Y
CA.I
CK.K
CN.T

以上の7名となりました。

DH.T、DH.Yは引き続きの当選、
CA.I、CK.Kは前期は立候補しなかったので
2期ぶりの当選です。

思うところあって前期は出なかったようですが、
もう一度やってみようと心新たに立候補し、
見事当選です☆

当選後のスピーチでのCA.Iの
「選んでもらったからには、しっかり頑張りたい」
という言葉が印象的でした。

DH.T、DH.Yは経験者だけに落ち着いたもの。
安定した支持もありつつ、
今回は全体的に接戦だったり、
今回の選挙の影響を受けて、
来期以降どんどん新しい顔ぶれが
出てきそうな雰囲気があるので、
気を引き締め直して、しっかり頑張ってほしいです。

   senkyo_touhyo.png

初当選は、
これまで悔しい思いをしてきたDM.K、DK.S。
2人とも念願ではありますが、
大喜びというよりホッとしたという方が大きいようでした。

どこか自信もあったのかなと思います。

DM.Kは、「みんなが笑顔になれる班にしたい」
と繰り返し言っていました。頑張ってね☆

DK.Sは翌日、家でも「おめでとう」と言われ、
お寿司を食べたとのエピソードを教えてくれました。

「めっちゃお祝いしてもらってるやん!」と言ったら、
お寿司はお祝いではなくて、
たまたまだったらしいです(笑)。

DM.Kもですが、DK.Sは誰よりも
何度も何度も悔しい思いをしてきたので、
頑張りすぎるくらい頑張るのではと思います。
こちらもしっかり見守ります。

そして、先日の記事で紹介したCN.T。
見事初の立候補で当選。

本人の心配をよそに
得票数もしっかりとしたものでした。

当選した気持ちを聞くと、
「すぐには変わられへんけど、
言いすぎひんように気をつけなあかんと思うし、
班長頑張らなあかんと思ってる」
と少しはにかんで話してくれました☆

そして、CN.Tは当選後のスピーチで、
「落ちた人の分まで頑張ります」と宣言しました。

  ★★★

そうです、CM.O、CT.Sは残念ながら、
今回は当選することは叶わず。

CN.Tのスピーチは、もちろん2人を思ってのことですが、
同じ初立候補だったCM.Oに対して、
今回は立候補しなかったCK.S含め、
相談したり、一緒にポスターを書いたりしてきたので、
特に思うところがあったようにも思います。

CM.Oは、気持ちを抑えきれない場面もありましたが、
あんちゃんが話してくれた後は切り替えができたようで、
「次も頑張ろう」「副班長を頑張ろう」
と前を向けていました。

また、初立候補ながら、結構な得票数があり、
次回は当選も大いにあり得ると思います。

CT.Sは、CM.Oとは少し違い、自信をなくしたようで、
家では「学童やめたい」とも口にしたそうです。

学童で指導員と話す中では
「やめたい」という言葉は出てきませんでした。

しかし、CT.Sなりの、どうせ次もあかんという
前を向けない葛藤が強くありました。

立候補する度に、どんどん票が増えていっていて、
信頼が増してるよと伝えても、
「当選してなかったら一緒やん」と、
この時はそれが糧にはなりませんでした。

そして、CT.Sには厳しいことを敢えて伝えました。
落ちてしまった理由はきっとある、
CT.Sに頑張ってほしいところ、
それについて考えていってほしい、
そしたら今回票を入れてくれた子だけじゃなくて、
さらにその他の子たちも票を入れてくれるからと話しました。

今は、まだすべてを消化しきれる気持ちではないので、
ゆっくりとCT.Sの様子を見ていきます。

アドバイスもしながら、
またきっと「やろう!」と決意すると思うので
期待したいです☆

  ★★★

そして、今回の選挙の選挙管理委員を
務めてくれたのは、3年生全員。

R.I、Sm.K、Sk.K、R.S、S.T、K.T、Yn.Y。

司会から投票所の運営、
初めて選挙に参加する1年生への丁寧な説明まで、
自分たちの責任で選挙をやるねん!
というような気合いで務めてくれました。

すべてを間近には見れていませんが、
その様子を語るあんちゃんがとても興奮していたので、
それだけ頼もしかったんだと思います。

自信もつけただろうし、
次回、この3年生からも立候補が出てきそうです。

また、AK.IやAKt.Eは班長選挙にかなり影響を受けたのか、
来年の後期、立候補の権利を得たら
立候補すると決意していました☆

今回、2組の子たちも選挙を見守ってくれていて、
2組メンバーも影響を受けるところがあったと思いますが、
もりもりから聞いた話ではアルバイト指導員のけいちゃんが
めちゃくちゃ良いですね、選挙」
と興奮して話してくれたそうです☆

今回は、今まで以上に一体感があり、
人の心を動かすものがあったとひしひしと伝わりました。

それは、立候補者のスピーチの熱量、
3年生の頑張りによるものでした。

みんな、お疲れ様でした☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 11:48 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カロムで文字作り [2020年10月24日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

手作りしていた>カロムが完成して、
カロムが流行っています!

そんな中で、BSk.K、BS.T、BYn.Yが、
こんなあそび方もしていました。

image3.jpeg
image4.jpeg
image5.jpeg

カロムのコマがペンキや絵の具の力で
壁に貼りつくことを発見して、
絵に合わせて貼りつけてあそびはじめました。

さらに、次は指導員の名前に発展して

image8.jpegimage9.jpeg
image10.jpegimage11.jpeg

image12.jpeg
image13.jpeg
image14.jpeg

と、簡単に書ける名前を書いてくれました☆

最後の一個とかが、ポロポロ落ちたりして、
苦労しながらも楽しんであそんでいました☆

いろんなあそびに発展させるのが、
子どもは本当に得意です☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:10 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いもきんとんとカレーライス [2020年10月22日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月19日(月)

久しぶりにおやつで、
いもきんとん」を出しました。

image0.jpeg

さつまいもをつぶして、砂糖と混ぜるだけ。

「スイートポテトが食べたい!」
とリクエストが出たので、
アレルギー食品を使わないように砂糖だけにして、
スイートポテトとはちょっと違いますが
「いもきんとん」にしました。

image1.jpeg

ラップに分けて、1つずつくるんでいきました。
AK.S、AS.Mがお手伝いをしてくれました☆

さつまいも が苦手で、
一口だけの子もいましたが好評で、
@K.Tと@A.Nが
「おいしかった〜」と笑顔で伝えてくれました☆

10月17日(土)は、
お昼ごはんにカレーを作りました。

僕とEY.Kで高学年用を、
もりもり、@N.S、@S.Tnが低学年用を
と、辛さを分けて作りました。

どちらもおいしくできあがり、
@Y.Iが「めっちゃおいしい!3ばいもたべれた!」
と喜んでいました☆

1〜2年生は、9月の夕食会に続いてのカレーでしたが、
そんなことは関係なくカレーは大好きなようです☆

なかしゅんも
「カレーって、ほんまうまいよなぁ」と満足顔でした(笑)。

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
班長選挙 [2020年10月21日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

10月21日、1組では
後期の班長選挙が開催されます。

image0 2.jpeg

立候補者は、

DM.K
DK.S
DH.T
DH.Y
CA.I
CM.O
CK.K
CT.S
CN.T

以上の9名。

この中から、7名が新班長として選出されます。

後期は、6年生は立候補しません。

新年度、6年生が抜けた直後に
慌てず活動ができるよう、
6年生がいる間にサポート役に回ってもらうためです。

今回、初出馬は、CM.O、CN.T。

CM.Oは、立候補者を募集し始めた当初
「学校で、クラスのみんなの前で喋っただけでも
心臓ドキドキ言ってんのに無理!」
なんてことを言っていたのに、
日が経つにつれ意思が固まったようで、
立候補することに決めました。

そして、CN.T。

立候補しようという意思はあったようですが、
何やら迷っていました。

その理由を聞いたところ「やってみたいけど、
人に強く言っちゃうところがあるから…」。

それを聞いて、

「N.T、すごいやん!
そんなことを自分で考えれるってなかなかないで。
N.Tにそういうところがあるのは、いでっちも知ってる。
でも、N.Tは下の子のこと助けてあげられるし、
班の時だって指示してあげたりもできるやん。
それだって、すごいことやし、
強く言うことを気にしてるんやったら、
それをポスターに書いたらいいやん。
そういうところがあるけど、
そうならないように頑張りたいとか」

と伝えました。

それでも「うーん」という表情、
でもやってみようかなと希望もよぎっている様子でした。

「もうちょっと考えてみて」と伝え、
CN.Tの判断を待ちました。

image1 2.jpeg
ポスター写真

その間、指導員の間でも、
もう一押しやから、
本人がしんどくならない程度に
バックアップしようと申し合わせをしました。

アルバイトのいのりんにも相談していたようで、
いのりんには「みんなに怖いと思われてるから、
班長になられへんと思うわ〜」と話していたそうです。

しかし、その日、@A.NにCN.Tが
宿題を教えてあげていた姿を見たいのりんは、
「N.T、怖くないよ、宿題も教えてあげて優しいやん」
と伝えたとのことでした。

日が経って、あんちゃんがさり気なく
班長選挙の話題を出した時には、
立候補ポスターを書く意思が固まっていたようで、
少しずつ整理ができたのだと思います。

そして、立候補。

そこからは、どこか表情もスッキリし、
他の子にも「わたし、立候補してん!」
と胸を張っていました☆

迷いを乗り越えた初出馬組、
念願の当選を果たしたいリベンジ組、
再選を目指す現職組。

悔しい思いを2名は必ずしてしまうのが
辛いところではありますが、
その子にとって大切な経験だったと糧になるよう、
次に向けて前に向けるようサポートしていきたいです。

そして、当選した子たちは、
しっかりと班長の役目を務めてもらいます。

立候補者がどんなスピーチをしてくれるか楽しみです!

立候補者は、ポスターに意気込みを書きます☆
イラストなどの視覚効果も大事!

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:14 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
けん玉・こま認定 [2020年10月21日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

けん玉・こまの認定期間が終わりました。

1年生を中心ににぎわい、
ほとんどの子が認定を受けなくても、
けん玉かこまにふれることができました。

とはいえ、自信が持てなくて、
練習するのも躊躇する姿もあったり、
毎日認定は受けられるので
「落ちても大丈夫」と指導員は思いますが、
子どもは「落ちても次があるから受けよう」とは、
なかなかならないようです。

そういったところを、
もうちょっとフォローできれば良かったなと思います。

しかし、「にんていなんかやらへん
と言っていた@T.Sが最終日にけん玉の認定を受けて、
7級まで上がり(!)
指導員も「良かったなぁ」と喜びました☆

たくさん昇級はありましたが、
難しいところでは、EY.Kがけん玉初段、
ET.Sがけん玉準初段、AA.Yも準初段に上がっています☆

こまでは、BSm.Kが1級になりました☆
こまは、ここからが難しくなるので、
まだ準初段はいません。

みんな、準初段1人目を目指してがんばれ!

EY.KやDH.Tが、
「ふりけん」がすごく上手くなっていて、
連続できれいに成功するので驚きました☆

AN.Uは、家でM.U(OG、中1)に
厳しくコーチされているようで(笑)、
「ひこうき」や「ふりけん」が上達しています。

練習のエピソードでは‥。

なかなか、こまを回さなかった@I.K。

ヒモを巻くのは上手にできていて、
「BSm.Kにおしえてもらった」
とニヤッと教えてくれました。

回すことは、なかなかうまくできず、
投げる瞬間に手が斜めになっているので、
「手はずっと、まっすぐやで。
まっすぐ(1)、まっすぐ(2)、まっすぐ(3)で投げるねん」
と、アドバイスをすると、
「まっすぐ、まっすぐ、まっすぐ」
を合言葉にして回るように。

今ではきれいに回るようになり、
次の技「ひもかけ手のせ」に挑戦中です☆

そんなふうに、それぞれきっかけを作りながら、
子どもたちは上達していきます。

認定を終えても、けん玉、こまを楽しんで
上達してくれたら良いなと思います。
Posted by 真田山子どもクラブ at 08:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
少しオニオネI [2020年10月20日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

アルバイト指導員のめいちゃんが
日誌に書いてくれていた出来事です。

@N.Sがプラ板を焼くのを失敗してしまい、
しょんぼりしているところに、
AKg.Eが来て、プラ板についたアルミホイルを
一緒にはがしたり、次はこうしたらいいでと
アドバイスをした後に、
大じょうぶやろ!つぎ、また作り!」
と、声をかけてくれました。

それを聞いた@N.Sは、
「つぎ、がんばってみる!」と返しました。

その姿を見て、なんだか嬉しくなった出来事でした。

  ★★★

2年生が、少しお兄ちゃんお姉ちゃんになってきた様子を
略して“少しオニオネ”。

2018年10月に初めて伝えて以降、
シリーズとなり、今回10回目となりました。

スピンアウトで“グッとオニオネ” “ズラッとオニオネ”もあります。
Posted by 真田山子どもクラブ at 19:17 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
使いすぎ注意! [2020年10月07日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月6日(火)

先週から、学童内には
ダンボールのお家がたくさん建設されています。

1年生を中心にダンボールあそびが賑わっています。

1組では、毎月初めにセロテープ、スティックのり、
おりがみ、養生テープを補充しています。

ダンボールあそびが始まったのが、
ちょうど10月頭。

絶好のタイミングで
新しい養生テープが補充されました!

どんどん使いたくなるのが、子どもの心理。

ダンボールのお家のあちらこちら、
1度貼り付けたところにもさらに頑丈にと、
テープを貼り付けていきます。

いろんな指導員が次々と、
「使いすぎんよーにしーや!なくなっちゃうで!」
と呼びかけますが、
「だいじょうぶ!」「わかってる!」
と元気よく返ってきます!

上の学年の子たちも、
これはすぐになくなるぞと心配し始めます。

そんなやりとりを繰り返し、月曜日。
まだ5日です。
予想通り、養生テープはなくなりました。

明けて6日。

ダンボールあそびをしていた子たちを
集めて話をしました。

何度も使いすぎないよう注意したこと、
せっかく盛り上がってきたあそびなのに
テープがなくなって自分たちが困ってしまうこと、
他の子たちも使いたい時に使えなくて困ること…。
といった話をしました。

1年生たちの反応は、
「こまる」「いやなきもちになる」でした。

「今月は、自分たちも含めて誰かが
テープが使われへん状況が起きるたびに、
そんな気持ちになるよ、
でも、それを知る勉強や。
次から、使いすぎないように注意してください。」
と話しました。

指導員のミーティングでも、
今回のことが良い経験になると話をしました。

物を大事に使うことを覚える機会になりますように☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:14 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
認定に、あそびに [2020年10月07日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月3日(土)

認定期間がスタートし、
けん玉とコマの技を練習する子が増えています。

次の級に上がろうと
「できひーん」と言いながらも頑張っていて、
技が成功すると「できた!」と喜んだり、
指導員に報告しに来てくれたりします☆

もちろん練習だけでなく、
ただただあそんで楽しむ姿もあります。

image0 2.jpeg

これは、けん玉を使ったあそび「たこ焼き一丁」。

以前も紹介したことがありますが、
どちらが先に玉にけんを刺せるかを競います。

刺した後に「たこ焼き一丁!」と声をあげます。

けん玉が苦手な子でも、
けん玉に慣れ親しんであそぶことができます。

この日の午後、AK.iと2人であそび始め、
次にAN.Uが加わり、
さらに「よして!」「オレもやる」と、
どんどん人数が増え、
CR.I、CM.O、CR.T、BSm.K、AKg.Eと
8人でトーナメントを行うことに。

ホワイトボードにトーナメント表を書き、
ジャンケンで勝った子から表に名前を入れ、
トーナメントがスタート。

  omocha_kendama.png

トーナメントだからなのか、
それとも勝負すること自体なのか、
対戦相手が決まるところから
一戦一戦、大盛り上がりで進んでいきました。

対戦のみでなく、審判をすることも楽しいようで、
「よーいどん!」と言うことも大はしゃぎでした。

「たこ焼き一丁〜!」と、
元気な声が何度も響きわたる中、
結果は、AN.Uの優勝☆

ほんのわずかな差で勝負が決まるので、
慌ててしまい、刺せた!と思って
「たこ焼き一丁〜!」と叫んでも
玉が抜けて落っこちたりもします。

そこが、このあそびのおもしろさで、
誰でも勝つチャンスのあるあそびです。

その後、CR.I、BSm.K、AKg.E、AT.I、@M.Kと6人で、
今度はコマの長回しトーナメント!

こちらは、シンプルに
相手より長く回せたら勝ちというルール。

コマが少しでも長く回るようにと、
食い入るように見つめ、
たこ焼き一丁よりも真剣勝負感が増していました。

image1 2.jpeg

トーナメントを2度行い、
AKg.EとCR.Iがチャンピオンとなりました☆

トーナメントは、子どもたちにとって
心が躍る楽しさがあるようです☆

認定に、あそびに、
けん玉・コマが盛り上がってきています。
Posted by 真田山子どもクラブ at 01:35 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ