CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
バッタ採り [2020年09月17日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●9月15日(火)

子どもたちの好きなことといえば…
外あそび!

ですが、最近はが多いせいで、
あまり行きたがりません。

学童の中でやりたいことがあるというのも
理由ではあると思いますが、
珍しく外あそびに積極的でない時期になっています。

学校の運動会練習で疲れている
というのもあるかもしれません。

といった様子なので、
先週はみんなあそびも室内で
カレーライスゲーム」をしました。

6年男子は「外の方がいいや〜ん」
という感じでしたが、結構盛り上がりました☆

ES.T、ER.Hには
「たまにはこういうのも付き合ってや」と声をかけ、
2人も「しゃあないなぁ」という感じで
参加してくれました。

話を公園に戻して、
公園に行く人数がそう多くないので、
いつものように「オニごっこしよー!」
という雰囲気もあまりなく、
それぞれに好きなことをするという
あそび方になっています。

そんな中、BSm.K、AT.S、むらちゃんと
バッタ採りをしました。

「バッタはさわられへん」というAT.S。

い「なんで?」
AT.S「きもちわるいもん」
い「こしょばいけど、痛いことはされへんし大丈夫やで」
AT.S「え〜」

   bug_syouryou_batta.png

そんな話をしながらも、
バッタは見つけたいAT.S。
草をかき分けてバッタを探します。

AT.S「おった!」

最初に見つけたバッタは、
すぐにどっか行ってしまいました。

なんせ小さくて草との見分けがつきにくい。

2匹目は、僕が見つけ
「AT.S、おったで!」と呼びかけます。

すると、「ぼく、ゆう気出してつかまえてみる!」
と、AT.Sが手を伸ばします!

が、またまた逃げられました。

再び探し続け、しばらくしてから見つけた3匹目。

い「AT.S、いく?」
AT.S「やめとく…」
い「じゃあ、いでっち採るで」

ついにバッタを手の中に入れることができました☆

い「やっとつかまえた!持ってみる?」
AT.S「え〜…いい。」
BSm.K「ぼくに持たして!」

手にした後のBSm.K「イェーイ!」

一度は勇気が出ましたが、
今回は持てませんでした。

次は、自分の手でつかまえられるといいな☆

あまり長い時間ではありませんでしたが、
ゆったりとした時間が流れているように感じた外あそびでした。
Posted by 真田山子どもクラブ at 06:22 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンリーワン [2020年09月16日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

夏前に作ったオンリーワンゲーム。

image0.jpeg

一度やりだすとハマってしまう、
少し頭を使うゲーム。

コマを1つずつ、
他のコマを飛び越えるように動かして、
飛び越えられたコマは外す、
次々動かして残り1コマになるとクリア、
次のレベルに挑戦というあそび。

夏前に作った後、
粘土が割れてしまったこともあり、
しばらくは落ち着いていましたが、
先週あたりからあそぶ子が増えてきました。

先週の土曜日は、
@I.Kがあそんでいるのを見たAH.Sが食いつき、
その次にEY.K、BSk.Kもやり始めて…と
どんどん連鎖してあそんでいました。

昨日は、AK.S、AS.Mがあそんでいると、
宿題を終えたAS.Nも加わりました。

AK.S、AS.Mは先週から続けてあそんでいて、
レベルが上がっていったところで、
先に進めなくなっていましたが、
AS.Nはあっという間に追いつき、
2人がクリアできなかったレベルも
ひょいひょいとクリアしました。

どうやらこういうあそびが得意のようです☆

それを見たAK.S、AS.Mは
「教えて!教えて!」とアドバイスをもらっていました。

image1.jpeg

あそびが増えると、子どものことを
指導員、子ども同士が知る機会が増えます☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
素直 [2020年09月16日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●9月12日(土)

お昼ごはんの時のこと。

ET.S、CM.O、AN.Uと一緒に
ごはんを食べていると、CM.Oが
「指導員は誰が一番長く学童で働いてるん?」と質問。

その順番を答えたことから、いろいろと指導員の話題に。

指導員の誰がかわいい、かっこいい、優しいなど、
素直に言っていくCM.Oに、
ET.Sが「やめてぇ、お腹痛すぎる!」と大笑いしていました。

別に誰かの悪口を言うわけではなく、
「う〜ん、いでっちはかっこいいではないな!普通」とか、
「○○は脱落」などとスパッと言いきるところが、
CT.Sにはツボだったようです。

ちなみに、指導員かっこいいランキングは、
もりもり以外次々に脱落した結果、
残ったもりもりが優勝!

でも、それもCM.Oは、
「う〜ん、やっぱりどうかなぁ」とポツリ。

いろいろ聞いた結果わかったことは…

真田山子どもクラブあるあるなのですが、
女子からは、めいちゃんへの憧れのお姉ちゃん感をよく感じること、
新しい指導員さんほど「優しい」と言われること、
(今まで一緒に過ごしてきた日々はなんやってん!と突っこむ)
が改めてわかりました。

そして、CM.O。

指導員だけでなく、「ET.Sちゃんかわいい!」
と言ってET.Sを照れさせ、ごはんの後も
「ET.Sちゃ〜ん、かわいい〜」
と無邪気に抱きつくところも、CM.Oらしい素直さでした☆

ET.Sはと言えば、
「1年生はとにかくみんなかわいい!」
と言っていました!
それも素直な気持ちですね☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:58 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れ [2020年09月10日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●8月31日(月)

おやつが始まる前のこと。

おやつ当番として、
一番前に立ち、みんなが集まるのを待っていた
ある1年生の女の子が、
微笑みながら何かを見つめていました。

その視線の先にいたのは、
楽しそうに話しているES.TとER.H。

い「ES.Tを見てんの?」
女の子「うん。ES.Tすきやねん!」
い「ほんまにES.Tを好きやなー」

すると、隣にいたもう1人の1年生女子も、
「わたしは、ER.Hがすき!」と告白!

い「そうなん?それは初めて聞いた!
  2人とも6年生が好きなんかぁ」

「ES.T、めっちゃかっこいいもん!おもしろいし」
「わたしもいっしょ。めっちゃかっこいい!」

1年生に憧れられている6年生!
素敵ですね☆

異年齢集団のなかでは同性異性問わず、
憧れたり憧れられたりということがあって、
それが子どもたちの関係性を深めたり、
子どもたち自身があんなふうになりたいという
モチベーションになったりする。

そういった関係性が、毎年毎年引き継がれ、
学童の生活が作られています。

好きな人のことって秘密の話ではありますが、
2人の表情があまりにもキラキラしていて
さわやかだったので、ブログに書きました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:11 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1組☆1〜2年生夕食会 [2020年09月09日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

先週の金曜日に
1〜2年生の夕食会が終了しました。

1〜2年生ということで、
皮むきの作業と包丁で切る作業を
慎重に行うなどしたため、
思ったよりも時間がかかりましたが、
無事に終えることができました。

image1.jpeg

単独ではないにしろ、初めての学年行事。

とにかく、みんなテンションの高いこと高いこと!
よっぽど楽しかったようです☆

1人1人の
「あれやりたい、これやりたい、それやりたい!」
というチャレンジ精神もとても高かったです。

image2.jpeg

いっぺんに作業すると見切れないので、
一度に作業する人数を絞ったり、
人数と作業の数が合ってないので、
「1人ができることは少なくてごめんな」
などと言いながらでしたが、
それでも感想文を読んでいると、
自分のした作業は覚えていて
楽しかったことが伝わりました。

そして、いただきます!

image0.jpeg

できあがり☆

お米は、この前のおやつに続き、
海寶寺さんからいただきました。
ありがとうございます!

自分たちで作ったごはんの味は
格別だったと思います。

それを知る機会でもあったんだと思います。

そして、またやりたい!気持ちに
つながっていくことでしょう。

1〜2年生なので、
そんなに食べないだろうなと予想していましたが、
カレーもサラダもお米もきれいになくなりました☆

食べすぎて気持ち悪くなってしまった子もいましたが、
それだけもりもり食べたいくらい
おいしかったんだと思います!

カレーを煮込んでいる間、
みんなあそびで
カレーライスゲーム」もしました。

ほんの少しの時間でしたが、
チームに分かれ
一丸となって盛り上がり良い時間でした☆

これで、全学年の活動が終わりました。

どの活動もごはん作りの話題が多くなっていますが、
学童は生活の場なので、
普段の登校期間中はあそびがメインとなるものの、
ごはん作りも大切な活動のひとつです。

協力して作業をして、同じものを一緒に食べる。

おいしくても失敗しても、
一緒にするということが大事だと思います。

その積み重ねで、子どもたちの関係は深まっていきます。

普段とは違う夏になりましたが、
各学年での活動はとても有意義で、
「これから」につながっていくこと間違いなしだと思います。

今年度は、この先も例年と違う活動になりそうですが、
そんな中でも子どもたちはできる活動を通して、
さまざまな経験をし成長していきます。

最後にお迎えの時に聞いたエピソードを1つ。

@A.Nは、夕食会を終え、
お家で眠りについた後、
「まだまだおかわりしていいよ〜」
と寝言を言っていたそうです。

夢に見るほど、楽しかったみたいです☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 10:03 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
準備中☆ [2020年09月04日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●9月3日(木)

いよいよ明日、
学年別活動の締めくくりとなる、
1組の1〜2年生夕食会が行われます!

メニューは、カレーとサラダです。

今週に入ってから、
2年生は毎日会議を行い、
工程や材料、約束、スケジュールを
オリジナルのノートに書きこんで覚えていっています。

表紙は、それぞれ違います☆

image0 2.jpg

これは僕のものです。
絵が下手なのですが、カレーのつもりです。

AK.Iは、「ちゃんとカレーに見えるで!」
と言ってくれて、
AK.Iのカレーも僕の絵にそっくりでした☆

2日目、AK.Sが
「さっきまで(ノートが)あったのに見つかれへん」
と、探しても探しても見つけることができず…
もう一度作り直しました。

すると、会議後に「いでっち、あった!」と発見!

い「あったんか!そんなもんやなぁ」

でも、2冊目の方が表紙も華やかになっていました☆

初めての学年でのごはん作り!

しかも、1年生と一緒で
責任感もより強く持っています。

3〜6年生が会議している姿や感想文を書く姿、
おたよりの写真を見て、
憧れが大きくなっていく中、
ついに来た自分たちの出番

会議中の表情は、とても楽しそうです☆

水曜日には、1年生と合同で会議を行い、
工程の確認とトッピング決め。

1年生もとてもワクワクしています☆

image1.jpg

あんちゃん作成の工程表、
これを基に当日もカレーを作ります!

「よういするもの」のところに、
あいじょう♡」と書かれています。

AS.M「あいじょうは、なくてもいいんちゃう?」
AH.H「あいじょうはいるで!だって、あいじょうで味かわるもんな!」

さて、本番。

1〜2年生のあいじょうが
どれだけ注ぎ込まれるのか!?

とても楽しみです!


Posted by 真田山子どもクラブ at 06:42 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
注意 [2020年09月02日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●8月31日(月)

子どもたちにとって楽しい行事のあった
8月の終わり。

楽しい気分だけでは良い生活は作れないと、
僕とあんちゃんから2点注意をしました。

1つ目は、指導員への接し方

一部の指導員に対する子どもたちの接し方が
偉そうで良くないという話をしました。

指導員との関係が深まったことで
ふと、「お前」「こいつ」「〜しろ」
という言葉が出たり、
乱暴にたたいたり蹴ったりということがあり、
一緒にあそぶ、仲良くするということと、
偉そうにすることは違う。

また、いろんな年齢の指導員がいるけど、
みんな大人で、
大人に対しての態度を間違えてはいけない、
仮に学童の中ではわかっている同士やから
良いということになったとしても、
一歩外に出れば、
子どもが大人に偉そうにする、たたくって、
すごくおかしな姿であること、
みんなのお父さんお母さんが見ても嫌やと思う。

そういう態度はされている指導員、
それを見た指導員も嫌やけど、
子どもにとって良くないという話をしました。

注)特定の子が終始そういう態度なわけではなく、
ふとそういう態度が出てしまっている
というような様子です。

2つ目は、注意をしている人によって
聞く聞かない、と態度を変えないこと。

指導員や高学年をはじめとした周りの子が
注意や声かけをしてくれていても、
言っている人によって
態度を変えているのではないかという話で、
いでっちやあんちゃんだと、
聞かないと怒られるから聞く、
他の指導員や子どもやったら大丈夫、
という思いがあるのでは?

だとしたら、
それは間違いということを話しました。

それぞれに、次にこうしようとか、
こういうことをしたら危ないということを、
みんなのためにであったり、
自分が経験してきたことや思うことを
発信してくれているということなので、
誰の呼びかけであっても
しっかり聞いてほしいと話しました。

最後に

良い学童って、みんながえらいな〜って
褒められる学童ってことじゃなくて、
褒められるのも大事やけど、
誰にとっても居心地が良いってことやで。

今注意したことが続く限りは、
誰にとっても居心地が良くない、
みんなが居心地が良いようにしていこう

と、話して終わりました。
Posted by 真田山子どもクラブ at 09:29 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2組お泊まり会こぼれ話Aユニコーン [2020年09月01日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

ごはんを作っている最中、
時間が空いたAK.U、AR.K、AY.H、AR.H。

「ねぇねぇ、ユニコーン見たことある?」
と僕に聞いてきます。

「ユニコーン ?ない」

そこから、ユニコーンを見た話を
してくれる4人。

最初は、動物園にいたと言っていましたが、
途中から難波宮にいた…と、
かなり近場に生息しているようです(笑)。

次は、鳴き声の話になり
「ヒヒーン」と言うAK.U。

「いでっちもやってみて!」
と馬の鳴き声を言わされました(笑)。

そして、ユニコーンはどう鳴くのか︎。

い「馬と同じ?」
4人「そやで」

「この悲しみをどうすりゃいいの?とか、
大迷惑とか言わへん?」
と、通じるわけもありませんが返すと、
「だいめいわく?言うわけないやろ」
とサラッと言われました(汗)。

AK.U、AR.Kが調理に戻った後、
さらにAY.H、AR.Hとユニコーントーク。

難波宮に生息していたはずが、
「空に赤い星があって、そこにおんねん」
宇宙に飛び出していました。

そして、
AY.H「その星にYも行ってん」
AR.H「Rも行ったで」

「あったよなー」と声を合わせる2人。

ここでまた驚きの新事実!

「ヒヒーン」と鳴くはずのユニコーンは
英語を喋ることができるそうで、英語で話したと!

角は金色で触ると固くてあったかいなど、
どんどんユニコーンの情報を教えてくれました☆

そんな話をしていると、
2組の部屋の窓にユニコーンのバルーンが…
そのことを言ってるのか聞いてみると、
「ちゃう!だって、これツノ金色ちゃうやろ?」。

確かに。
しましまのツノでした。

そんな夢にあふれたユニコーントーク
とても楽しんで話していて、
おもしろい話を聞かせてもらいました。

その表情や雰囲気に、
2組のお泊まり会もとても楽しく
過ごしていることが伝わりました☆

image0.jpeg

お鍋に映る自分の顔を見て楽しむAY.HとAR.H☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2組お泊まり会こぼれ話@インタビュー [2020年09月01日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

2組のお泊まり会にも少し参加してきました☆

どんな場所なのかも見たかったので、
少しだけ顔を出すつもりでしたが、
運悪く︎!?良く︎!?水あそびの最中で
ビショビショにしてもらったので、
お詫びに︎お昼ごはんまでごちそうになりました(笑)。

その間はカメラマンに徹して、
ひたすらごはんを作る様子を撮り続けました。

そんな2組お泊まり会での会話をお届けします。

   

水あそび後、女の子の着替えが終わるのを
公園で男の子たちと待っていた時のこと。

AH.S「いでっち、ここできがえたらいいねん!」
い「えー、ここは嫌やわ。裸になったら
  警察に捕まるかもしれへん」
AH.S「つかまったらいいねん!
    でも、ハチには気をつけてな!」

厳しいのか、優しいのかどっちやろ︎(笑)

その後続けて、
AH.Sからインタビューを受けました。

AH.S「コロナがおわったら何がしたいですか?」
い「そうやなぁ、ライブに行きたいな!」
AH.S「ライフ? ライフに行くんですね!」

「ライフは今でもいける!」
と、周りにいたみんなからもツッコミ。

という、1つ1つがかわいらしい
AH.Sとの会話でした☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)