CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main
班名命名騒動記 [2020年06月30日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

先週、先々週と1組では、
各班が班の名前を決め、班のポスター作り、
班のプラ板作りを行ってきました。

先週中に完成しきらず、
今週にまで突入した班もありましたが、
全班、作業が完了しました。

その中で紆余曲折を経て、作業を終えたのはER.Hの班。

班の名前をつけるにあたり、
ER.Hと、CN.T、BSk.Kで意見が合わず、
2人は「スヌーピー班」推し、
他の班の子たちもそれでいいよという流れになりましたが、
ER.Hは反対。

好きなキャラクターの名前をつけたい2人と、
最後の班長の期間であり、思い入れが強いER.H。

しかし、何度かのやりとりの末に
「スヌーピー班」に決定しました。

班の名前決定後、ポスター作りに取りかかりましたが、
「スヌーピー班」でいいよと譲ったものの、
どこか割り切れないER.Hは、
ポスター作りに身が入らず。

進んでいく作業に意見を出したことで、
ちょっと雰囲気が変わったり、
そこにES.Tが加わり、CN.Tに意見したことで、
CN.Tが泣いたり…。

なかなかの波乱の展開…。

でも、みんなで一緒に作業をすることにこだわり、
ER.Hを待つCN.Tの姿もありました。

ES.TとCN.Tで話し合い、ES.Tが謝り、
ER.HとCN.Tもお互いの思いを話し合い、
そんなやりとりをしながら作業が進み、
完成に至りました。

この流れは、主にあんちゃんが立ち会い、
僕は様子を見たり、
あんちゃんから話を聞いたりしていたのですが、
時折ER.HとCN.Tに話も聞きました。

CN.Tからは、ES.Tが謝ったこと、
ER.Hから改めて「スヌーピー班」で良いと
言ってもらったことを聞きました。

ER.Hからは、いろいろ誤解もあったけど、
「スヌーピー班」で良いと思ったこと、
ポスターを作っている時に、
まだ自分が班の名前を嫌がってると思わせるような
雰囲気にしてしまったと謝ったと聞きました。

いろいろと思いを巡らせることが
お互いあっただろうけど、
思いを出して話したことは
2人ともとてもすごいなぁと思いました。

班で活動する意味が、
ここにしっかりとありました。

班の約束には、
話し合うこと、協力することが書かれています。

そんな一連の流れを経た6月29日(月)。

ER.Hが着ていたTシャツは…
なんと…スヌーピー

い「それは、今までごめんとか、
  これからスヌーピー班で頑張るぞ!っていう意気込み?」
R.H「ちゃうねん!スヌーピー書いてるってわからんかってん!」

周りの子たちも「ほんまや、スヌーピーやん!」
と笑ってER.Hを見ます。

BSk.Kは早いうちに
スヌーピーを着てきたと気づいたそうです。

残念なのは、CN.Tが休みだったこと。
ぜひ、CN.Tに見てほしかったです(笑)。

なんやかんやとあった最後に
スヌーピーのTシャツを着てくるなんて…(笑)。

こんなよくできた話はそうそうありません。

これからのこの「スヌーピー班」の結束、
並大抵のものではありません!

がんばれ!「スヌーピー班」!

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:52 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンリーワン [2020年06月27日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

先週の「一休さん」の記事にてお伝えした
指導員の一休さんですが、
ニックネームは一休さんから、
やのっちもしくはやのちゃんに変更となりました(笑)。

現在、一休さん、やのっち、やのちゃんが混在しています(笑)。
何であっても、仲良くなってくれたらそれで良いです☆

そのやのっちから教えてもらったゲームを作りました。

一緒に聞いていたDM.Kが
「おもしろい!」と絶賛した
オンリーワンというゲームです。

image0 2.jpeg

マス目に置いたビー玉で、
他のマスのビー玉を飛び越え、
空いてるマスに移動、飛び越えられたビー玉は
マスから出していき、
ビー玉が最後の1つになるまで、同じことを繰り返すあそび。

定番のあそびでありながら、
真田山にはなかったので、これを機に作りました。

image1 2.jpeg

BSm.KとBK.Tが粘土をこねて、色を塗り作りました☆

どんどん、あそびが増殖中。
前はあったけど道具がなくなったあそびも
復活させていきます!

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バーって巻くねん [2020年06月27日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

●6月26日(金)

保育前のミーティングにて、
前日、コマが大盛況だったという話をして、
投げ方、巻き方の教え方の共有をしました。

その時に、前回の記事に書いてある説明の話に…。

説明しながら教えていく教え方と、
あんちゃんは「勢いで教えてる。
バーっと巻いて、バーっと投げるみたいな」
という感覚的な教え方という2パターンでした。

そんな話をした後の保育。

@Sh.Tがヒモがなかなかうまく巻けず
苦労しているので、指導員だけじゃなく、
子どもからのアドバイスでつかめることがあるかもと、
BR.Iに「なんかコツない?」とアドバイスを求めると、
「コツなんかないで」と言いながらも、
@Sh.Tのコマを手にして、
「こうやって、バーって巻くねん!」
と勢いよくヒモを巻きました。

次に、それを見ていたBSm.Kが
「ぼく、あるで」と代わってコマを手にし、
「ここを押さえて、最初強く巻いて、
押さえながら巻いていくねん」
と、@Sh.Tに説明をしました。

その光景と、指導員のミーティングで出た
2パターンの話がそっくり同じで、
1人でおかしくて仕方なかったです(笑)。
子どもも指導員も同じです☆

その後も、@Sh.Tはなかなか巻けないのですが、
でも何度も何度もトライしていました。

「難しいよなぁ、何回もやってたらできるようになる」
と声をかけながら、
ヒモを巻いて渡すと、コマを回すことは、
この2日ですっかりできるようになってきたので、
回る楽しさを感じて、
またヒモを巻いてみようと思えるようです☆

前日は、1年生だけで盛り上がっていたコマですが、
この日はDK.S、DH.T、AKt.Eも加わり、
バトルを一緒にするなど、
コマを通しての上の子との関わりも出てきました☆

1年生が盛り上がれるあそびが、また1つ増えました☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 18:58 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
うわーかっこいい! [2020年06月27日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

●6月25日(木)

新入所歓迎会翌日、
新しいけん玉とコマを手にした1年生たちが
いきいきとあそび始めました☆

4月からこれまで、
学童にあるけん玉やコマを使って
あそんではいましたが、
やっぱり自分の物を持つというのは
格別な思いがあるだろうなと思います。

お待たせしてごめんね。

けん玉に色を塗ったり、
けん玉の練習、コマの練習と
それぞれにあそび始めました。

まず、コマであそび始めたのは@Y.I。

休校期間に、回し方とヒモの巻き方を
身につけたので、すっかりさまになっています☆

「しゅくだいおわったら、ぼくもやる!」
と約束した後、加わったのは、@N.G。

@N.Gは、もともと回すことができ、
登所初日からコマであそんでいた腕前の持ち主。

この2人は、どちらが回り続けるかの長回しをして競う
「バトル」を楽しんでいました。

image0.jpeg


そして、ここから「コマをまわせるようになりたい!」
と意欲を持った1年生たちが続々と集まってきます。

それぞれこれまでに何度かは、挑戦してきましたが、
なかなか成功率は上がりませんでした。

しかし、自分のコマを手にした今はやる気も一段とアップ。

@I.U、@R.U、@N.S、@Sa.T、@Sh.T、@S.Yと、
コマであそんでいる姿を見ては、
「いっしょにやる」と1人また1人と加わりました。

コマ回しを身につけるには、
まず回せること、
次にヒモを巻けるようになること、
この2段階があります。

全員、回せることはクリアでき☆
ヒモを巻く練習に突入しました。

ここからは、少し時間がかかるかもしれません。

回し方を教えるときは、
「まず、手をパーにして。小指と薬指の間にヒモを挟む。
次は、手を鉄砲の形にして。ほんで、人差し指と親指で持つ」
と言って持ち方を教えます。

そして、子どもの腕を持って一緒に投げます。

それが成功したら、
次は1人で投げてみるというふうに練習します。

1人で回せるようになれば、
ヒモを巻く練習へという流れです。

初めて回った時の喜び、笑顔は
とっても嬉しそうです☆

周りも拍手で一緒に喜びます。

この日は、ヒモを巻くのは挑戦するもまだ難しく、
とにかく全員回す練習。

めいちゃんと2人で、
次々にコマのヒモを巻いていきました。

回るたびに「できた!」と喜ぶ1年生たち。

どんどん楽しんで上達してほしいです☆

喜びを表現していた中でも印象的だったのは、
@Sh.Tの初めての成功の後。

「まわった!」と回り出したコマに顔を近づけ、
「うわーかっこいい!」と、
回っていることと、止まっている時とは違って見える
コマの模様に感動したようです。

その喜びようはとても無邪気で新鮮なものでした☆
新しいことができた瞬間の喜びって素敵ですね!

今年からは販売されているコマのデザインが変わり、
他の学年とは違うデザイン。
それも1年生にとっては嬉しいようです☆

image1.jpeg

コマをヒモにのせた@N.S。

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:07 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新入所歓迎会 [2020年06月26日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●6月24日(水)

本来4月に行うはずだった新入所歓迎会を、
ようやく開催することができました。

1組2組合同で行いました。

内容は、

あそびの紹介
自己紹介
新入所児童へのプレゼント
歴代途中入所児童へのプレゼント
昆虫太極拳

以上を、1時間ちょっとの間に行いました。

あそびの紹介は、
昨年「アソビをバトル」と大々的に行ったものを、
今年はシンプルに行いました。

1組からは、ES.Tがオセロ、CT.Sが将棋、ER.Hがけん玉技披露、
2組からは、EK.KとAT.Iがおにごっこの種類と
「おにごっこあるある」を披露してくれました。

前日からアドリブでいけると自信を持っていたES.Tでしたが、
「グダグダやった」と手応えはなかったようです(笑)。

CT.Sは、見やすいように
手作りで将棋を一から作っての説明。

将棋のルールを一通り説明した後、
ひょこまわりの説明前に
「ひょこまわり知ってる人?」と聞くと、
1年生含めほぼみんなが手を挙げたので、
「めっちゃ知ってるやん!」
と突っ込んでいる姿がかわいらしかったです(笑)。

CT.Sらしく、明るく楽しく
紹介していてとても良かったです☆

ER.Hは、世界一周、宇宙一周、
ES.Tと一緒にもしかめを披露。

久々のけん玉に、
宇宙一周がなかなか成功しませんでしたが、
それが逆に盛り上がりを大きくして、
成功した時には大盛り上がりとなりました☆

EK.K、AT.Iのおにごっこあるあるは、
「タッチしようとしたら、トイレ行くからタイムと言われる」
「タッチされてるのに、タッチされてないと言う」
など、1つ1つ共感と笑いを呼びおもしろかったです☆

自己紹介は、これも毎年のあるあるで、
1年生が一番堂々と、
しかも「よろしくおねがいします」まで
しっかり言えるということに、今年もなっていました☆

すっかり顔も名前も覚えあっていますが、
みんなの前で自己紹介をするというのは、
経験の上でも大事なことだと思います。

そして、プレゼント

学童っ子認定証、けん玉、コマ、学童Tシャツ。

学童っ子認定証は、もちろん2年生の手作り。

大事に飾る子、「どこにおいたかな」と言う子に
毎年分かれますが(笑)、
2年生からもらったということが
大事な思い出になることは間違いなし。
これから、一緒に長い道のりを歩んでいきます。

けん玉は、早速練習する子、色を塗る子が大勢いました。

さらに今年は、今までの途中入所の子たちに
ずっと渡せていなかった学童っ子認定証をプレゼントしました。
渡せてなくて、本当にごめんなさい。

なんと全員4年生。
R.I、M.O、Ym.K、T.S、H.M、M.Y、新入所のR.Tに
あんちゃん手作りの、写真入りのカードタイプの認定証を
プレゼントしました☆

遅れたお詫びとして、他の子とは違う特別仕様です。
大事にしてくれると嬉しいです。

最後は、おなじみ昆虫太極拳

高学年は「えー」と言いますが、
なんだかんだやっています。

1年生や低学年は、喜んでやります!

そして、「もういっかいやりたい!」と言います(笑)。

そんな子たちが「えー」と言うふうに変わっていく姿を
1年1年見るのもおもしろいものです。

やっと歓迎会ができ、
新たな一歩を踏み出せたような気持ちです。

これを機に1年生がさらに馴染んでくれたら良いなと思います☆

image0.jpeg

認定証作成中の2年生

image1.jpeg

1枚1枚丁寧に作ってくれます。

これを作ることで、
お兄ちゃんお姉ちゃんになることを実感しています。

だからか、めんどくさがることもなく
自然に作業をしてくれます。
そうして、毎年受け継がれていっています☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:46 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
一休さん [2020年06月18日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●6月16日(火)

このコロナ禍での指導員の負担軽減のため、
短期間ですが豊富な経験を持つ指導員さんが
お手伝いに来てくれることになりました。

この日が初の勤務日。

おやつの時間に子どもたちと決めたあだ名は…
一休さん!

お坊さんというわけではありませんが、
いくつかあった候補から、
なぜこの名前になったかというと、
お家が一休さんのお寺の裏にあると
自己紹介で教えてくれたことから、
そこをピックアップして決まりました(笑)。

定着するか定かではありませんが(笑)、
ひとまずこれでいこうということになりました。

早速マンカラを、@N.S、@S.T、@Y.Nと
4人対戦であそんだりして、
豊富な引き出しをチラッと見せてくれていました。

初日は、基本的に学童にあるあそびで
子どもたちとあそんでいましたが、
これからいろいろなあそびを教えてもらい、
子どもたちのあそびを増やしていきたいです☆

一休さん、よろしくお願いします!

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ポストで受付中! [2020年06月17日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

夏休みの子どもたちの希望を聞くために、
毎年意見箱を作っています。

いつもと違う夏休みになる今年ですが、
もちろん作りました☆

image0.jpeg

きれいなポストでしょ?

まず箱の組み立てはAK.Sと一緒に作業し、
色はCA.Iが丁寧に塗ってくれました。

image1.jpegimage2.jpeg

ものすごく熱心に一箇所一箇所塗り、
ドライヤーで乾かしていました。

最初は四角い箱でしたが、
足の部分もCA.Iが付け足してくれました☆

image3.jpeg

看板は、@T.Sが作り、
DK.Sと2人でイラストも描いてくれました。

@T.Sは、ポストに「いでポス(いでっちポスト)」
と名前も付けていました(笑)。

image4.jpeg

これはDK.Sが作りました☆
学童のドアにかかっています。

image5.jpeg

もう一つポストを作りたくなった@T.Sが、
冬休み用のポストを作ろうとしましたが、
ゴミ箱を作ることで落ち着きました(笑)。

そして、完成したポストには、
子どもたちの意見が集まってきています。

「海に行きたい」
「川あそびがしたい」

といったダイナミックなものから、

「アイスがたべたい」

というかわいらしい意見までさまざま。

例年以上にかなえられることは少なくなりそうですが、
せめて期待に胸をふくらます楽しさだけは、
このポストで味わってもらおうと思います。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:18 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ニムト [2020年06月11日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

二ムト」というカードゲームがあります。

ルールは「7並べ」のようなもので簡単。

4年前に一度作ったのですが、
104枚あるカードが徐々に減ってきて…。

2組が新しく作っているのを見て、
1組でも3日かけて作りました。

image4.jpeg

カードサイズに切った画用紙に数字と「二ムト」と書き、

image1.jpeg

ラミネート。

image2.jpeg

それをきれいに切り完成☆

DH.Y、BS.T、BK.T、BYn.Y、AS.Mが
一緒に作ってくれました☆

あそびが1つ増え(復活)ました!
なくさないように使っていきましょう!

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
班作り!決定! [2020年06月10日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

先週から、小学校の分散登校が始まったので、
毎日登校するようになり、
学童にも毎日ほぼフルメンバーが出席しています。

新班長、新副班長の面々も毎日登所し、
前期の班作りの話し合いを先週から行ってきました。

1組の班長は、6年生のY.A、Y.K、T.S、S.T、R.Hと、
5年生のH.T、H.Yの7人です。

副班長は、5年生のM.K、K.S、
4年生のR.I、A.I、K.K、Ym.K、T.S、K.S、N.T。

このメンバーで、出席日数や男女のバランスなどを考えながら
話し合いを進め、前期の班が決定しました☆

発表は、班長が全然そろう日に合わせ
12日(金)となりました。

が…、それに先駆けて
実は班長副班長以外の子たちには内緒で
1組の7カ所に、各班のメンバー表を貼り付けています。

「やってみいひん?」と提案すると、
「えーいいわ」と言う子もいましたが、
EY.A、EY.K、ET.Sが
「いいやん!やろー!」とノってくれて、
4人で仕掛けました。

さて、誰か気づく子は現れるのでしょうか︎

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:45 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
将来はサーカス団?! [2020年06月05日(Fri)]

指導員よっしーの投稿です。

  ★★

2年のN.Uは、一輪車の練習を始めて
まだ1年と経っていませんが、
昨日の時点ですでに、
柵も誰の手も借りずに
空中乗りができるようになったんですよ!

そして、公園の小さな段差なんてへっちゃら!
ドドンっと来る段差の振動も大丈夫なドヤ顔です(笑)。

4月下旬に、YouTubeで
一輪車のバック走行している小学生男子の
練習動画を見たので、
「練習すれば、AN.Uもできるんちゃう?」と
伝えました。

バランス力抜群なAN.Uなら
マスターするんちゃうかと思ったのです。

バランス力については
保育園の先生や1年生の時の担任の先生からもほめられていて
本人も自信があるようです。

2、3週間前から、本格的に練習開始!
時間が許す限り、一輪車に乗っています。

そして、とうとう、
補助なしでバック走行成功のきざしが。

まず、片足分漕げるようになり、
この日はペダルを3回(右足、左足、右足)と漕ぎました!

その様子を一緒に見ていた2組のAY.Yと2人で
拍手喝采でピョンピョンと飛んで喜んでしまいました!

前にも書きましたが、
私は一輪車で転んでしまうのが怖くて
乗るのを諦めてしまったので、
何回転んでも挑戦し続けるAN.Uは努力の子だと
本当に思います。

これからもいろいろなことに興味を持って
挑戦していってほしいです。

一輪車についての過去の記事はこちら↓
一輪車ブーム!?
乗りたい!一輪車

Posted by 真田山子どもクラブ at 01:06 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)