CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
2020年度入所生募集中! [2019年11月30日(Sat)]

真田山子どもクラブでは、
11月16日、2020年度入所説明会を行いました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

  ★★★

真田山子どもクラブには、真田山小学校区、
玉造小学校区、味原小学校区の子どもたちが通っています。

真田山子どもクラブが大切にしていることは、
こちらをご覧ください。

また、よくある質問@についてはこちら
よくある質問Aは、こちら


ご都合が悪く、お越しいただけなかった方で
入所申込書が必要な方、見学をご希望の方は
電話にてお問い合わせください。

入所申込書〆切は、11月30日(土)です

また、途中入所生も若干名募集しております。
お電話の上、ご都合の良い日にご来所ください。
詳細を説明させていただきます。

  ★★★

真田山子どもクラブ
大阪市天王寺区真田山町2−2 東興ビル2F
TEL 06-6763-0590
Posted by 真田山子どもクラブ at 18:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
おはなし会 [2019年11月29日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月28日(木)

久々におはなし会が開かれました。

テーマは、「音を楽しむ」。

いろんな音にまつわる本と紙芝居を、
子どもたちと指導員、DR.H母で読みました。

1つ目は『たいこ』

DR.H母が読み、
もりもりがお話に合わせて
たいこ(に見立てた物)を叩きました。

ドラマーのもりもりでも、
合わせて叩くことが難しくなり、お手上げ。

DK.K、CS.T、BR.I、BM.O、BYm.K、BK.S、
BS.T、BM.Yが手を上げて、叩き手交代。

楽しそうに叩き、盛り上がりました。

続いては、BR.IとBYs.Kが読む『おいしいおと』。

いろんな食べ物の音を、アドリブも交えて表現。
BR.Iは、読みながら何度も自分が笑っていました。

3つ目は、紙芝居の『こぶたのまーち』。

読み手は、DK.K、CS.T、BYm.K、BM.Y。

こちらも読み手の本人たちが
なんとも楽しそうに読み、
聞いている子たちもそれに伴って楽しんでいました。

BM.Yの声色使いが、なんとも楽しかったです。

最後は、僕が読み手を務めた『えがないえほん』。
結構知っている子が多い本でした。

1人でボケて突っ込んでみたいな内容と、
擬音が多くて、とても読むのが難しかったです!

しかし、子どもたちが知っていたおかげで、
一緒に音を立ててもらいました☆

外であそびたいなという声も
ちらほらありましたが、
始まってみれば、とても楽しい時間を
過ごしていたおはなし会でした☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ほんもの!? [2019年11月29日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月28日(木)

玉造小学校の1年生のお迎えへ、
めいちゃんに行ってもらいました。

というのも、前日のお迎えからの帰り道、
@E.U、@R.K、@Y.Hが

「あした、めいちゃんくる日やで」
「やったー、たのしみ」
「いっしょにあそんでもらおう」
「めいちゃんは、月よう日と木よう日にくんねんで」

などと話していました。

「もし今日おったらどうする?」

と、ちょっといじわるな質問をしても、
「きょうは木よう日ちゃうからおらんねん」
と、自信満々の3人でした。

そんなことがあり、
めいちゃんにお迎えをお願いしました。

きっと、学校でめいちゃんの姿を見た瞬間
大喜びだったことでしょう。

学童に帰ってきた時も、
「うれしかった?」と、聞くと、
昨日欠席だった@A.Yも加わり
「うれしかった!」と答えていました☆

「そのめいちゃん本物?」

またまたいじわるな質問をしたら、
@R.Kが「めいちゃん、ほんものやんな?」
と尋ねていて、かわいらしかったです☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ホッと一息 [2019年11月29日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

運動会ムードから一転。

image1.jpeg

これ、僕です。

以前に、あんちゃんも載せていましたが、
BK.Sが少し前に書いてくれました。

指導員紹介ページにある、
なかしゅんが書いてくれた絵と
どちらが似ているでしょうか?(笑)


Posted by 真田山子どもクラブ at 12:07 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会余波!? [2019年11月28日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月27日(水)

2ヶ月に及んだ運動会の取り組みが終わりました。

子どもたちの中では、
あんまり運動会あーやった、
こーやったと口にする雰囲気は
ないなぁという様子です。

が、おやつの時に
指導員1人1人から労いの言葉をかけ、
おやつの後に感想文を書きました。

おやつの時に聞いたところ、
楽しかったという子も、
悔しかったという子もいました。

4位という結果や、
うまくできなかった子は自分自身に対して、
しっかりと悔しいと思ったことを
表に出せてえらいなぁと思います。

あんちゃんが話していましたが、
その悔しさは来年に繋がっていくでしょう☆

つまらなかったという子が3人いました。

EM.Uは「運動会好きじゃないから」だそうです。
あんなに大活躍やったのに。

そう言った時に、顔が笑っていました。
きっと裏返しなのでしょう☆

AR.Sは「もっと出たかったから」。
@Kg.Eは「まけちゃったから」。

どちらも前向きな「つまらない」で良かったです☆
これも来年につながるでしょう。

それだけ一生懸命頑張ってきたということでしょう。

1人1人が一生懸命頑張り、
それをみんなで応援する。
悔しい思いをした子には、声をかける。

それをみんなで思いっきり楽しむ、
そんな運動会になったと思います☆

image2.jpeg

祈りのてるてる坊主。願いが通じました☆

子どもの感想は、後日このブログにてお伝えします。

そんな運動会余波!?の一コマ。

練習期間中から、ヒマを見つけては、
コマ回しやけん玉をする@T.S。

この日もコマ回しをしていました。

もう充分にきれいに回っているので、
「次の技やってみよか」と声をかけ、
おやつ前から「おぼんのせ」の練習を始めました。

なかなかうまく回らず、
延長の時間になっても、その調子は変わらず。

一度、おぼんを置いて、コマを下で回す時に、
どれだけ自分の近くに持って来れるかを練習しました。

本来、自分から離れた場所に
コマを着地させるのですが、
投げた直後のコマを引く力を強くして、
コマが自分の横まで来るには、
どれくらいの引きが必要かを覚えられるようにしました。

@T.Sがその練習をしている間に、
僕はお迎え対応へ。

話をしていると、「いでっち!」
と、@T.Sが叫びました。

続けて、あんちゃんの「乗った!」と言う声。

いつの間にか、おぼんを手にしていた@T.Sが、
おぼんの上にコマを乗せていました!

周りにいた子やお母さんたちも
「すごい!」と拍手。

その後も成功し、@T.Sの技が1つ増えました☆

それを見て、@Kt.Eや@S.Mもコマをやり始めました☆

運動会の時のような雰囲気が、
日常的に広がっていけば、
子どもたちはどんどん自信をつけて、
上達していきます!

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会に参加してB [2019年11月28日(Thu)]

運動会に参加した父母の感想をお伝えします。

3回目は…

DA.Y父

今年の運動会は
少し穏やかな雰囲気だったと思いました。

そのなかでも子ども達は
一生懸命応援をしていたと思います。

閉会式の表彰式では、
仲間の名前を読み上げられると
イェーイと大歓声を挙げて
自分のことのように喜んでいたのことを
とても嬉しく思いました。

結果こそ残念ではありましたが、
来年につながる良い経験をしたと思いました。


Posted by 真田山子どもクラブ at 05:34 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会に参加してA [2019年11月27日(Wed)]

運動会に参加した父母の感想をお伝えします。

2回目は…

@S.N母

学童に入所してからのこの8か月で
子どもがとても成長していることを実感しています。

一人っ子なので、学童で
異学年のお姉さん、お兄さんと遊べることや、
ときに、きょうだいで通所されている兄妹さん、
姉妹さんのきょうだいゲンカを
間近で見られることも、子どもには
新鮮で刺激的なのではないかな〜と想像しています。

学童でのけん玉やコマ回しなどの遊びはもちろん、
ご飯作りに参加できることも、
子どもの自信や自立心につながっているのではと思います。

共働きで、ご飯作りを一緒にする余裕が親にないので、
学童でのご飯作りは本当にありがたいです。

子どもの成長の喜びと反比例する生意気さ、
癇癪の強さへの手こずりに毎日振り回されていますが、
親といくら衝突しても、
学童でお友だちと仲良く楽しく過ごせているなら、
まあうちの子も大丈夫なんやろう!
っと思えています。

指導員のみなさんが、
優しく、そして厳しく見守ってくださっていて、
子どもの良いところも悪いところも
教えてくださるのも
親の安心につながっています。

学童に通えていることは、
きっと子どもの一生の財産になっていると思います。

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなことあったんやで! [2019年11月27日(Wed)]

指導員はまちゃんの投稿です。

●11月26日(火)

運動会も無事に終わりました。

子どもたち1人ひとりの勇姿を見ることができ、
僕はとてもよかったと感じた、
はじめての学童の運動会でした。

運動会に携わって下さったみなさん
ありがとうございました。

さて!
運動会が終わっても、
子どもたちはいつも元気いっぱい!!

そんな中、行事が終わった後に書く
作文ノート
DY.A、DY.K、DT.S、DR.Hと一緒に見ていました。

1年生や2年生のときに書いた作文を見せてくれて、
「こんなことあったんやで!」
と、それぞれが自分の思い出を語ってくれました。

僕はその話を聞きながら、
学童の今までの経験が
DY.A、DY.K、DT.S、DR.H達の
大切なものになってるんだなと感じました。

懐かしそうに、
でもどこか楽しそうに話す
DY.A、DY.K、DT.S、DR.Hの姿が印象的でした!

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会に参加して@ [2019年11月26日(Tue)]

運動会に参加した父母の感想をお伝えします。

1回目は…

@Kg.E母

初めての学童の運動会。

保育園の時には親の方をチラチラ見て、
手を振ることが多かった息子でしたが…
学童の運動会では競技の時には競技に集中、
待機時間は応援をしたり
他の子と遊ぶことに夢中で
昼御飯の時間以外は全く親の方にくることがなく…。

本人が成長したこともあるでしょうが、
学童のみんなと過ごすのが楽しいんだなあ
と、改めて実感をした一日でした。

一人っ子なので、
違う学年の子と過ごせる学童は
親にとっても本当にありがたい場所です。

競技に関しては高学年のリレー
一番印象に残りました。

低学年のリレーは
一生懸命に走っていてみんな可愛いなあ
と言うのがまず最初に出てきた感想でしたが、
高学年は大人顔負けの走りと、
これで最後の運動会の子もいるんだよな、
バトンの練習もたくさんしたんだろうな
と思うと、なんだか
胸に込み上げてくるものがありました。

競技がスムーズに進められたのは
指導員の皆様、運動会係の皆様のお陰です。

本当にありがとうございました!

Posted by 真田山子どもクラブ at 18:57 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最高の1日に [2019年11月24日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

●11月23日(土)

運動会前日。

祝日でしたが、6年生はこの日も練習!

image1.jpeg

楽しみですね☆

木曜日に、みんなで作った
てるてる坊主のおかげで、
なんとか天気も持ちこたえてくれそうです。

子ども、親、指導員みんなで、
最高の一日にしましょう!

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ