CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« さなだやま日記2017 | Main | 年間行事»
オンライン忘年会に参加してB [2021年01月13日(Wed)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

@A.N母

ZOOMでは、一人ずつしか話ができないので、
盛り上がるのかな?と思いつつ
参加させていただきましたが、
楽しい会になりました。

まず、各児童の自己紹介コーナー。

一人ずつのページがあったので、
長時間になったのですが、
コロナ禍の中入所した我が家のような
1年生家庭にとっては、
他のお子さんのことを知る、とても貴重な機会で、
娘にも解説?をしてもらいながら、
全く飽きずに楽しむことができました。

そして、クイズについても、
シンキングタイムが微妙に短く(笑)、
早押しのように、みんなが我先にと
思いついた答えをチャットするので
とても盛り上がりました。

(回答は、全員へのメッセージとするところ、
焦りすぎて、何度か、
特定のご家庭に個人返信の形で
答えを送ってしまいました。すみません・・・。)

指導員の皆さんや、役員の皆さんが、
知恵を絞って準備をしていただいたのだと思い、
感謝しています。

また、おまけですが、
昨年ハマった鬼滅の刃のコスプレを、
今年はハロウィンやクリスマスといったイベントができず、
なかなか披露するチャンスがなかったので、
オンライン忘年会で皆さんに反応をいただき、
良かったです。

ところで、今回ブログへの投稿のお話を
いただいたのですが、
娘の入所前にどんなところかな?と
ブログを覗くようになって、
その後も、楽しく拝見しています。

ブログをきっかけに、家庭で
学童でやったことの話題になることもありますし、
高学年の活動を見て、
こんな風になるのかなぁと想像したり、
イニシャルで娘が登場したのを発見して喜んだり。

楽しい話だけでなく、
時には子どもたちが叱られたりした話もありますが、
指導員の皆さんが、真剣に子ども達と
向き合ってくださっている様子を知ることができて、
有難いです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:30 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンライン忘年会に参加してA [2020年12月27日(Sun)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

BR.S父

父母の皆さま大変ご無沙汰しております。
そして一年生父母の皆さま、初めまして。

行事後の打ち上げもなくなり、
すっかり出番がなくなってしまった3年R.S父です。

今年を振り返ると学童に関しても
異例のことばかりでしたね。

本来は4月の総会から潮干狩り(あるいは親子レクリエーション)、
キャンプ、運動会とイベントを重ね
1年生や他学年の父母たちと
仲を深めていくのですが…
気づけばもう12月ですよ。

この時期といえば忘年会。

これも中止だろうと内心思っていました。

ところが、なんともご時世らしい形で
開催されることになったのでした。

「オンライン忘年会、チャット形式?」

ナンデスカソレ?と思ったのが率直な感想。

不慣れなことには拒絶反応。
古参部類の私はそんな反応をしましたが、
H母の熱烈なオフォーもあったと聞き、
嫁に重たい尻をたたかれながら
不慣れな操作でログインしました。

でも、参加すると印象は次のように一新されました。

いいね!その1 
<気軽な気持ちで参加できる>

進行は父母役員メンバーや指導員が行ない、
途中出題させるクイズの回答や
一言コメントに使用するチャットは
非常に使い勝手がよく、
配信動画サービスを見る感覚で
ゆっくりお酒を飲みながら参加できました。

いいね!その2
<接点の少ない子どものことがわかる>

事前に各家庭で書いてもらった子どもの紹介文を
Y父が代読。

写真付きだったので、
特に今期ほとんど面識がなかった1年生を
知れたのは有難かったです。

いいね!その3
<家族で参加(視聴)できる>

自分を映すカメラのON/OFFは自由に選択できます。

ちなみに我が家はOGのA.S(中1)を
パソコンの前に座らせていました。

A.S本人も好きな指導員を見ることができて
喜んでいました。

オンラインにすることで、
諸事情によりリアルな忘年会に参加できない人も
視聴できるのは、非常にメリットだと思います。

「あらたな可能性」

今回私は参加して良かったです。
学童も時代に沿って変化しているんだなと感じました。

現在は父母同士のコミュニケーションも
取りづらい状況です。

忘年会終盤、とある父がウィッグ
装着していたように、
普段家でしか見せられない一面などが垣間見えれば、
そこから新たなコミュニティーが始まるのではないかと、
オンラインの新たな可能性を感じました。

最後になりましたが、
オンライン忘年会の計画や実施に
携わってくれた指導員並びに父母の方々
ありがとうございました。

この場を借りて感謝申し上げます。
Posted by 真田山子どもクラブ at 18:48 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンライン忘年会に参加して@ [2020年12月23日(Wed)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

BR.I母

キャンプなどの行事ができず
運動会も子どもと指導員のみで、
父母の関わりも希薄になりがちな中、
先日のオンライン忘年会に参加しました。

普段の父母会もオンラインで同じ時間帯ですが、
0歳の下の子のお世話でなかなか参加できずにいました。

今回の忘年会は事前アンケートを元に
自己紹介のスライドを作成してくださっていて、
まだ会ったこともない1年生や
まだ覚えきれていない2年生のことも
知りたいなと思っていた私にはぴったりの企画。

いつもより早くお風呂に入れたり
段取りを完璧にして参加しました。

普段のお店で集まる忘年会は
0歳児を連れての参加は難しいですが、
オンラインでの開催は参加しやすく
今の我が家にはありがたい企画でした。

例年の忘年会などでは
子どもも集まればゲームをしてばかりですが、
今回はスライドを見ながら
この子は〜」と私に説明してくれたし、
クイズも楽しんでいたし、
それはそれで良かったなと思いました。

当然全員は覚え切れないながらも、
今度会える時にはこんな話がしてみたいなぁとか、
楽しみが増えたような気がします。

大人数のオンラインでは
どうしても一方通行になるのが少し寂しくはあります。

また集まれるようになったらいろんな話をしたいです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:44 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
落ち葉集め〜地域清掃に参加 [2020年12月16日(Wed)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

EY.A母

日曜日の朝、
真田山公園の清掃活動に参加しました。
参加したのは、大人6名と、子ども3名。

集合し、まずいつも清掃していただいている
地域の方々に、
「真田山子どもクラブ(学童)の者です」とご挨拶。

「軍手、ほうき、ちりとり、ゴミ袋は
ここにあるものを使ってね」と言っていただき、
清掃がスタートしました。

今回は公園いっぱいに広がった落ち葉
ほうきで集め、ちりとりで拾い、
ゴミ袋につめる作業をしました。

ほんの15分ほどで、
じわっと汗が出てくるほどでした。

いつも、学童のみんなが使っている公園
キレイになっていくことが
とても気持ちいいいな;あと感じました。

今回、初めて参加させていただきましたが、
定期的に町会持ち回りで清掃しているそうです。

学童のみんながお世話になっている公園を
キレイにすることはとても良いことだと思います。

また子どもたちと一緒に参加できれば
いいなぁと思いました。

   ★★★

現在の東興ビルに引っ越してくる前は、
宰相山公園のお掃除に何度か参加したことがありましたが、
最近は参加できないままでした。

過去に清掃活動に参加した時の記事はこちら。

地域の清掃活動(2017年8月)
台風後の清掃活動(2018年9月)


続けて取り組んでいけたらと思います。

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
声援こらえ動画撮影  [2020年12月09日(Wed)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

AY.Y父

運動会の企画、準備、運営、後片付けまで
実施いただいた指導員、役員、係の皆様
ありがとうございました。

真田山子どもクラブ単独での
運動会開催ということで
とても大変だったと思いますが、
おかげさまで素晴らしい運動会になったと思います。

私は動画撮影係を担当したので、
運動会の現場にいた数少ない保護者の一人なのですが、
不慣れな撮影に必死で
あまり運動会を観られませんでした。

また、ドッジボールなど動きの早い競技は
カメラがついていけずうまく撮影出来ませんでした。

運動会の動画を楽しみにしておられた方、
申し訳ありません。

息子は昨年に続き2度目の運動会です。

伝承リレーの「あやとび」を実施するので
前日の夜も練習したのですがほとんど飛べず、
運動会でチームに迷惑をかけてしまうのでは?
と心配してました。

本番ではみんなの応援があったおかげか、
あまり引っかからずに飛べたようで本人も喜んでました。

また「大なわとび」も「対抗リレー」も
観てる限りは大きなミスなく出来ていたようです。

個人的には「ドッジボール」や
「対抗リレー」を楽しみにしてました。

ドッジボールではER.HとES.Tによる
剛速球の投げ合いや、
その剛速球が飛び交う中で
ボールから必死に逃げる子どもたちが印象的でした。

なかでも仲間をかばって
アウトになったES.Tには感動すら覚えました。

また対抗リレーでは
みんなの一生懸命に走る姿を見て、
動画撮影中にもかかわらず
思わず声を出して応援しそうになり、
必死に声を出すことを
我慢しなければならないくらい
熱くなりました。

運動会中は感染リスクを避けるため、
なるべく存在感を消して
子ども達とは会話しないようにしていたのですが、
それでも私に気付いて
話しかけてくれた子がいて嬉しくなりました。

今年の真田山子どもクラブ単独運動会も
短時間に凝縮されて良かったのですが、
来年は保護者も参加する運動会で
子どもの頑張りを見てほしいなと思いました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
前日当日、そしてそのあとも  [2020年12月08日(Tue)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

@S.Tk母

実は、私、入所前から、
学童ブログのファンでした!

ブログから感じられる温かい雰囲気が大好きで、
入所を決めたくらいです。

今回、投稿のチャンスをいただいて、
勢い勇んでみたものの、
いかんせん、ウン十年ぶりの感想文なもので…
とても手こずってしまいました(汗

さて、運動会。

伝承リレーのコマが、思うように上達せず、
「運動会イヤだなー。雨で中止になればいいのに」
と言い出す始末でした。

これはマズイと、前日の土曜日は、
学童に行かせることにしました。

この日は学校の保護者参観だったので、
そのあと一緒に学童へ向かったのですが、
「学童行かない。おうちに帰る。運動会も行かないっ!」
と泣きじゃくって、立ち止まってしまいました。

ちょうどそこに、@Y.Nちゃんが通りかかって、
「行こう!」と誘ってくれたのですが、
S.Tkは泣くばかり。
@Y.Nちゃんには、
先に行ってもらうことにしました。

泣きべそのまま学童に着くと、
入口で@Y.Nちゃんが待ってくれていました。

先に来ていた1年生たち、
@S.Tnちゃんや、@N.Sちゃんや、@I.Kちゃんも、
一斉に集まってきて、
「お昼ごはん食べよう」
「まずランドセルおろそうよ。しょったままやと重いで」
と、みなそれぞれ、思い思いの言葉をかけてくれました。

S.Tkの涙が止まって、
部屋の中に入るまで、ずっとそばにいてくれました。

夕方、「今日の学童、めちゃめちゃ楽しかった〜!!」
と、声を弾ませて帰ってきました。

1年生も上級生も、大人も一緒になって、
練習や応援グッズづくりをしたそうで、
とくべつなかんじ」だったそうです。

もう一つ、事後談があります。

(ちなみに、運動会本番のコマは、
一発で成功したそうです。)

運動会が終わって、帰宅途中のことです。

自転車に乗ったCT.S君が、
近づいてきて、教えてくました。

「S.Tkな、足をケガしてたで。
でも、大したことないみたいやで」と。

そう言い終えると、さっと行ってしまいました。

CT.S君ですが、
応援団長をしたそうで、大忙しだったはず。

そんな中でも、下級生の様子をしっかり見て、
私にも物怖じせずに、簡潔に報告してくれて!

なかなかできることではありません。
頼もしい、嬉しい気持ちになりました。

初めての運動会でしたが、
コロナの影響で、父母は参加できませんでした。

それでも、子どもたちや指導員さんから、
また、上級生の父母の方々から、
学校のとはまた違う、熱い思いを感じました。

来年こそは!と願っています。
Posted by 真田山子どもクラブ at 15:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
“成功して嬉しい”体験を [2020年12月07日(Mon)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

@R.U父

まずは運動会の企画、運営などに当たって下さった
指導員さんや役員さん、各係の皆様ありがとうございました。

本人は運動会前に用事で休むことが多く、
思ったように競技の練習ができておらず、
前日は「大縄跳ばれへんねん、
成功したことないねん…」と漏らし、
不安に感じていたようです。

当日観戦はできなかったものの、
迎えに行った際には
「紅組優勝してん!大縄もなんか跳べてん!!
と、それはすごく嬉しそうに話してくれました。

コロナ禍にあり、今年小学校で開催されたような
運動会の形だけでは得られないような体験ができたようです。

これからも本人が今特にハマっている
けん玉認定やコマ認定などもそうなんですが、
物事に真剣に取り組み、
成功して嬉しいと思うような体験を積み重ね、
どんどん自信を付けていってもらえたらいいなと思っています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
兄弟初の学童運動会 [2020年12月06日(Sun)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

CT.S&@T.S母

小4の長男は、2年生の時に
運動会が終わったタイミングで中途入所し、
昨年も不参加だったので、
4年生にして初の運動会参加となりました。

運動会では応援団長賞(敢闘賞)をいただきまして、
ありがとうございました。

運動が得意な子ではないので、
応援団長をしていなければ
活躍できる場はなかったと思います。

やりたがりの上に、
小学校でも応援団に参加していたので、
手を挙げそうだなと思っていたのですが、
予想大当たりで応援団長に立候補したと、、、

にも関わらず、毎日学童に行く時間が遅く、
真面目に練習もせずで、
さすがに指導員からも苦言が入る始末…。

相変わらずのいい加減さと無責任さに
心底呆れましたが、
本人は賞をいただけたことをとても喜んでいました。

1年生の次男にとっても初の運動会。

ああ見えて実は人見知りの場所見知りで、
日頃落ち着きのない子が
更に落ち着きがなくなるので心配していましたが、
他学童との合同ではなく、
時間短めの小規模開催というのが良かったのか、
指導員からは大きな問題なく
全競技に参加出来たとの話を聞けて、
心底ホッとしました。

低学年靴とばしで入賞し、
指導員お手製のキーホルダーをもらえたことが
とても嬉しかったようで、
帰宅後すぐに自慢げに話してくれました。

応援合戦やドッチボールも
とても楽しかったようです。

得意な竹馬の話が全く出てこなかったので、
不思議に思って訊いてみると、
不満げな顔をしながら1回落ちた話をしてくれました。

自信のあることで失敗したりすると、
そこで気持ちが切れてしまうことが多い子なのですが、
高学年や指導員のサポートのおかげで
最後まで参加出来たのだと思います。

本当にありがとうございました。

また、前準備や開催時の写真、
救護等実施いただきました保護者の皆様にも、
この場を借りてお礼申し上げます。

早起きもお弁当作りも苦手な私にとっては(苦笑)、
子どもたちだけで午前中で終了する運動会は、
正直とても有難かったです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
みんながいるもんな [2020年12月05日(Sat)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

CM.Y母
初めての単独での運動会
お疲れさまでございました。

準備、企画、運営と
今年は何かと大変な中、指導員さん並びに
役員の方には大変お世話になり有難うございました。

当初開催を聞いたときは
「するんだ〜」と思ったのですが、
本人は大喜び!

「絶対行くから!」と張り切っていました。

日ごろ学童の様子もあまり話さないので、
出場種目も役割分担も
本人からはほとんど聞くことはなかったので、
周りの方から教えてもらい
「へえ〜。頑張ってるんだなぁ」
と感心しておりました。

4年生になり高学年の自覚からか、
日ごろ参加が難しい練習にも
習い事を自分で調整して参加したり、
出場種目の練習にも励んでいたようです。

迎えた当日では
「白組」は負けてしまったそうですが、
「楽しかった!楽しかった!」
ご満悦でした。

満足気に帰ってくる様子をみると
私達も嬉しくなりますね。

父母会でも学童のキャッチフレーズコンテストに
集まったコピーが話題に出ていましたが、
本人はよく「学童にいってよかったよな。
みんながいるもんな」と言っています。

運動会でもきっと
学年関係なく頑張っている姿を
互いに応援しあって限られた時間を
楽しんだのだと思います。

今年はコロナ禍の中での開催であり、
また今後の見通しも未だ分かりませんが、
主役の子どもたちの笑顔
このまま続きますように願っています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
土曜日も行きたい! [2020年12月04日(Fri)]

チチ★ハハVOICEをお届けします。

@N.G母

保育園からのお友達が全くいないところに
引っ越してきたので
小学校入学前は、とても不安でした。

4月は、お友達もいなかったので
学童に行きたくないという日もありましたが、
日を追うごとに新しいお友達や
指導員の先生のお名前が出てきてほっとしました。

そして今では、
土曜も学童に行きたいというほど
学童が大好きな子になりました。

指導員や学童にかかわってくださっている保護者の方々には
感謝の気持ちでいいっぱいです。

そしてこの間の運動会は、
とても楽しかったといっていました。

特にコマの「お盆のせ」は、
失敗したけど楽しかったそうです。

このような状況の中で運動会を開催していただき
本当にありがたいです。

素晴らしい思い出をありがとうございました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ