CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«駅伝大会・作文A | Main | 駅伝大会・作文B»
体験入所 [2019年02月25日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

●2月23日(土)

新年度の入所児童に向けた
体験入所を行ないました。

13名の参加があり、

自己紹介
名前よびゲーム
どじょうニョロニョロ
たこやき一丁
コーンフレーククッキー作り
在所児のけん玉、コマ技披露
おやつ

といったプログラムで
2時間過ごしてもらいました。

例年よりも、緊張からか
おとなしい子が多かったです。

自己紹介では、見本ということで
在所児から始めましたが、
在所児も照れている子が多かったです。

きょうだいがいて学童にも慣れているおかげか、
誰よりも元気よく自己紹介をしていたのは、
DM.Yの妹のA.Yでした☆

あそびをしながら
少しずつ緊張をほぐしてクッキー作り。
在所児と一緒に作業をしました。

この頃になると、緊張も解けてきて、
楽しんで作業をしていました。

そして、けん玉とコマの技を見た後に、
お待ちかねのおやつの時間。
みんなで出来上がったクッキーを食べました。

3つのグループに分かれて作ったクッキー。
それぞれ自分のグループで作ったクッキーを食べ、
おいしい」と喜んでいました。

その中で、とっても良い笑顔で食べていた
新入所の女の子☆
お母さんもその笑顔にカメラを向けていました。

良い時間となったようで安心しました。
春からよろしくお願いします。

今年も、受付や新1年生のサポート、
クッキー作り、技披露…と、
一緒に取り組んでくれた在所児のみんな。

EN.S、EH.Yは、
めんどくさいなぁという様子で、
あまり積極的ではない面もありました。

ただ、新入所の保護者には、
子どもにはそういう一面もあるという説明もし、
学童で過ごす様子を知ってもらう上では、
大事なことだったように思います。

いろんな性格の子がいて、
タイミングによって気持ちもさまざま。
日々子どもたちがいろんな表情を見せながら
関わり合いを持つ場所が学童です。

Posted by 真田山子どもクラブ at 14:22 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント