CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«運動会に向けて@ | Main | 座談会「学童指導員って、どんな仕事?」A»
座談会「学童保育員って、どんな仕事?」@ [2016年10月22日(Sat)]

【座談会参加者】
A:指導員歴1年 :指導員歴半年 :指導員歴6年
D:指導員歴5年 :指導員歴8年


・・・学童の魅力は多様性・・・

Q:さまざまな経歴の人たちがパート指導員として働いていますね。

:僕は美術の高校教員の免許を持っています。

:私は保育士の資格を持っていますが、今まで全く畑違いの仕事をしていました。
  学童は、いつか働いてみたいと思っていた職場だったんです。

:水泳のインストラクターなどもしながら、学童でも働いています。

:中高の社会の教員免許を持っています。
  学生時代に、教職関連のバイトをしたいと思っていたところ、
  大学の教務課の方から紹介されて、別の区の学童で1年の時から働き始めました。
  結局、教員にはならずに、学童の正規職員になりました。

:まったく別の仕事をしていましたが、
  縁があって学童保育の世界に飛び込みました。
  別の区にあった学童保育所で6年働きましたが閉所になり、
  その後、真田山子どもクラブで働いています。
  学童指導員の教育講座でよく講師をされている大阪大谷大学の長瀬美子教授も、
  「学童の魅力は多様性」と言われています。
  いろいろな経歴・経験を持った人たちが働いているというのも
  その「多様性」のひとつではないかと思います。


Q:仕事内容は想像していたとおりでしたか?

:親戚の子が学童に通っていたので、どんなところかは知っていましたが、
  思っていた以上に、(外遊びの時に)走っています(笑)。

:人数が多いので、子どもたち一人ひとりと信頼関係を築いていくのが難しい。
  時間をかけていくしかないのだなと思っているところです。

:マニュアルだらけの会社で働いていたので、マニュアルなどは何もなくて
  戸惑いました。働きながら、指導員養成講座に1年間通って
  学童期の発達、保護者との関係、発達障害、キャンプの運営、
  劇作りなどを学びました。
  少しずつ学童というものを理解していったという感じです。

:子どもたちと遊ぶのが仕事だと当初思っていたんですが、それは全くの誤解でした。
  遊びはツールのひとつにすぎない。そう頭では分かっても、最初の2年はひたすら
  子どもと遊ぶことしかできませんでしたね。


Q:パート指導員の勤務時間は午後から夜にかけてですが、
  ワークライフバランスはどうですか?


:働きやすいですよ。僕は自分自身、絵を描き続けているので、
  今の働き方がいいなと思っています。

:僕も、ある資格を取るためにまとまった時間が必要になり、それまでの職場をやめて
  学童で働くようになりました。勤務時間や長期の休みにも相談に応じてくれたおかげで
  無事に資格を取得することができました。

   ◆ Aにつづく →


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント