CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«私立高校受験日 | Main | しんどくなっても大丈夫!?»
あそびを通して [2021年02月19日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●2月13日(土)

公園にて、ES.M、@S.Tg、@T.H、@Y.Nと
缶けりをしました。

昔ながらの缶けり。
学童では、はじめに「逃げ」の1人が缶をけり、
オニが拾い、元の場所に戻して
30秒数えるところからスタート。

「逃げ」の子たちは、
隠れてオニの目を盗み
缶をけるタイミングを図ります。

オニは全員を見つけることを狙います。
3回「逃げ」に缶をけられたら
オニ交代にして、順にオニを回していきます。

ES.Mはさすが!
全員を見つけてアウトにしました。

1年生3人も順にオニを務めます。

一番最後、@Y.Nがオニになった時のこと。
ES.Mが2回けり飛ばし、
@Y.Nのオニの3回目。

それが終われば、学童に帰ろうと決めたラスト。
@Y.Nの目をかいくぐり、
わずかな隙をついて
@S.Tgが缶をけり飛ばしました☆

大喜びの@S.Tg。
「やったー!けれた!」
そう何度も言いながら学童へ戻りました。

学童に戻ってからも、
嬉しそうになかしゅんに報告。

「すごいな」
「また、やろな!」
と、なかしゅんや僕も一緒に盛り上がりました。

あそびのほんの一瞬、一回の達成感
子どもに喜びだけでなく、
誇らしさや自信を生んでいきます。

また、その瞬間を指導員も見逃さず、
気持ちをさらにふくらませたり、
次に繋げていくことが大切です。

@T.Hは、3回オニが続いたあと
「だからイヤやねん!」と、
ちょっぴり怒っていました。
それも子どもの自然な姿。

「次は、『逃げや』から隠れよう!」
と、声をかけると、
すぐに切り替えて
再び缶けりを楽しんで続けていました。

それは、@T.Hの良いところ☆

続けていくと、今度は@T.Hにも
けって喜ぶ場面がきっと訪れます。

もし、そのまま落ち込んでしまったら、
あそびに戻れるよう、
もしくは次回参加できるように指導員は促します。

あそびって何気ないようでも、
子どもにもたらすものはとても大きく、
一年経つと1年生もあそびを通して
いろんな経験が増えていきます☆
Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント