CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«認定に、あそびに | Main | 少しオニオネI»
使いすぎ注意! [2020年10月07日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月6日(火)

先週から、学童内には
ダンボールのお家がたくさん建設されています。

1年生を中心にダンボールあそびが賑わっています。

1組では、毎月初めにセロテープ、スティックのり、
おりがみ、養生テープを補充しています。

ダンボールあそびが始まったのが、
ちょうど10月頭。

絶好のタイミングで
新しい養生テープが補充されました!

どんどん使いたくなるのが、子どもの心理。

ダンボールのお家のあちらこちら、
1度貼り付けたところにもさらに頑丈にと、
テープを貼り付けていきます。

いろんな指導員が次々と、
「使いすぎんよーにしーや!なくなっちゃうで!」
と呼びかけますが、
「だいじょうぶ!」「わかってる!」
と元気よく返ってきます!

上の学年の子たちも、
これはすぐになくなるぞと心配し始めます。

そんなやりとりを繰り返し、月曜日。
まだ5日です。
予想通り、養生テープはなくなりました。

明けて6日。

ダンボールあそびをしていた子たちを
集めて話をしました。

何度も使いすぎないよう注意したこと、
せっかく盛り上がってきたあそびなのに
テープがなくなって自分たちが困ってしまうこと、
他の子たちも使いたい時に使えなくて困ること…。
といった話をしました。

1年生たちの反応は、
「こまる」「いやなきもちになる」でした。

「今月は、自分たちも含めて誰かが
テープが使われへん状況が起きるたびに、
そんな気持ちになるよ、
でも、それを知る勉強や。
次から、使いすぎないように注意してください。」
と話しました。

指導員のミーティングでも、
今回のことが良い経験になると話をしました。

物を大事に使うことを覚える機会になりますように☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:14 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント