CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«けん玉・コマ認定 | Main | 使いすぎ注意!»
認定に、あそびに [2020年10月07日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月3日(土)

認定期間がスタートし、
けん玉とコマの技を練習する子が増えています。

次の級に上がろうと
「できひーん」と言いながらも頑張っていて、
技が成功すると「できた!」と喜んだり、
指導員に報告しに来てくれたりします☆

もちろん練習だけでなく、
ただただあそんで楽しむ姿もあります。

image0 2.jpeg

これは、けん玉を使ったあそび「たこ焼き一丁」。

以前も紹介したことがありますが、
どちらが先に玉にけんを刺せるかを競います。

刺した後に「たこ焼き一丁!」と声をあげます。

けん玉が苦手な子でも、
けん玉に慣れ親しんであそぶことができます。

この日の午後、AK.iと2人であそび始め、
次にAN.Uが加わり、
さらに「よして!」「オレもやる」と、
どんどん人数が増え、
CR.I、CM.O、CR.T、BSm.K、AKg.Eと
8人でトーナメントを行うことに。

ホワイトボードにトーナメント表を書き、
ジャンケンで勝った子から表に名前を入れ、
トーナメントがスタート。

  omocha_kendama.png

トーナメントだからなのか、
それとも勝負すること自体なのか、
対戦相手が決まるところから
一戦一戦、大盛り上がりで進んでいきました。

対戦のみでなく、審判をすることも楽しいようで、
「よーいどん!」と言うことも大はしゃぎでした。

「たこ焼き一丁〜!」と、
元気な声が何度も響きわたる中、
結果は、AN.Uの優勝☆

ほんのわずかな差で勝負が決まるので、
慌ててしまい、刺せた!と思って
「たこ焼き一丁〜!」と叫んでも
玉が抜けて落っこちたりもします。

そこが、このあそびのおもしろさで、
誰でも勝つチャンスのあるあそびです。

その後、CR.I、BSm.K、AKg.E、AT.I、@M.Kと6人で、
今度はコマの長回しトーナメント!

こちらは、シンプルに
相手より長く回せたら勝ちというルール。

コマが少しでも長く回るようにと、
食い入るように見つめ、
たこ焼き一丁よりも真剣勝負感が増していました。

image1 2.jpeg

トーナメントを2度行い、
AKg.EとCR.Iがチャンピオンとなりました☆

トーナメントは、子どもたちにとって
心が躍る楽しさがあるようです☆

認定に、あそびに、
けん玉・コマが盛り上がってきています。
Posted by 真田山子どもクラブ at 01:35 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント