CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«思い出 | Main | 無事終了»
ランニング交流会 [2020年02月26日(Wed)]

指導員はまちゃんの投稿です。

  ★★

日曜日、駅伝大会の代わりに行った
真田山子どもクラブだけのランニング交流会

約1ヶ月、子どもたちは練習を重ねて
この日を迎えました。
低学年は3周、高学年は6周走りました。

低学年の部。

どの子も3周を最後までくじけずに
がんばって走っていました。

「@Kg.E!がんばれ!」と応援すると、
それを聞いた@Kg.Eが疲れている中、
猛ダッシュをしたのが印象に残りました。

混合Aの部。

受験で体力が心配だったけど、
そんな心配を吹き飛ばす走りを見せてくれたEK.Y、
マスクをつけたままで顔を真っ赤にしながらも
がんばって走ったET.K、
同じペースで走り続けたEH.S、
疲れて足がヘトヘトになりながらも
最後まで走りきったEK.I、
最後の直線を猛ダッシュしたEY.I、
そんな6年生たちの姿が印象に残りました。

自分のペースで走り続けたCH.Y。
前だけを見て真剣な表情で走る姿に、
何度もすごいなと思いました。

混合Bの部。

アンカーとして自分なりの走りを見せてくれたEM.U。
走る前から緊張した表情を浮かべていたDY.A。
大人チームとして出場したお父さんに
負けまいと走っていたDY.K。
どの子もその子なりの
がんばりや素の部分を見せてくれました。

他にもここには書ききれないほど、
たくさんの子どもたちが
精一杯走ってがんばっていました。

もりもりが
「駅伝の代わりにやった今回の行事は、
今まで前例がないものだったけど、
限られた時間であそこまで成功できたのは
真田山子どもクラブとしてとてもよかった」
と言っていましたが、
まさにその通りだなと思いました。

このランニング交流会が無事成功したのは、
子どもたちのがんばりはもちろんですが、
保護者の方々のご協力のおかげだと感じています。

行事を支えてくださり、
力強い声援で子どもたちに力を与えてくださり
ありがとうございました!

また、子どもたちと共に走ってくださった方々、
お疲れ様でした!


P.S.

DR.H。
何やら浮かない顔をしていたので
「どしたん?」と聞くと、
「絶対タイム遅かったわ…」
と自分の思った走りができなかったことに
引っかかっているようでした。

はま「仕方ないよ。その日の調子とかも
関係してくるから。でも、はまちゃんは
最後のDR.Hのダッシュがすごいなぁと思ったで。
あのダッシュにDR.Hの強い思いを感じてん!」
と声をかけました。

それからも思い詰めるDR.H。
そういうこともある。
大丈夫だよ。
また一緒にがんばっていこうね。
Posted by 真田山子どもクラブ at 06:40 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント