CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«学童最強はやはり… | Main | おやつ当番»
仕切り直し [2020年02月19日(Wed)]

=============================================

<お知らせ>
アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================


指導員いでっちの投稿です。

●2月17日(月)

残念ながら、
前日に予定されていた駅伝大会は、
雨で延期になりました。

ということは、
練習期間も一週間延びるということになり、
この1週間の見通しを含め、
子どもたちと話し合いました。

「しんどい」

いくつか、声が上がりました。
そりゃそうです。

今年は例年よりも、
子どもたちの中に温度差があること、
駅伝の取り組みを見直す時期に
差し掛かっているかもしれないことを、
保育前にも話しました。

しんどい気持ちも充分わかる、
それでも、このまま今までの練習を
なかったことにして
終わっていくことはしたくないと話し、
どんな1週間にするか話を進めました。

子どもたちの反応は芳しくはない中、
逃走中やろう」という声が上がり、
練習期間の前半に取り入れた、
ジョギングコースを子どもたちが走り、
後からスタートするオニから逃げ切れるかという、
あそびと練習を混ぜた
おにごっこをすることに決定しました。

低学年と高学年に分かれて行い、
どちらもオニは、DK.K、DS.T、DR.Hが務め、
低学年の時ははまちゃんも加わりました。

みんな、オニに抜かされまいと真剣に逃げていました。

走ることはしんどい、
でもしんどいことも踏まえて
がんばることも行いたい。

なかなか難しいことです。

この逃走中のように、
楽しみながら走れたらいいなと、
今回は特に考えてきましたが、
そこにも難しさはあり…。

全員の思いを一つにすることは、
本当に難しいことですが、
最後にみんなで何か思いあえるような
着地を目指したいです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント