CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«現地練習 | Main | 駅伝練習〜逃走中2〜»
晴れを信じて! [2020年02月15日(Sat)]
=============================================

<お知らせ>
アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================


指導員いでっちの投稿です。

●2月14日(金)

駅伝練習最終日
天気の影響で、屋外での練習は今週初。

タスキリレーの確認を一通りした後、
チーム対抗で長距離ではないものの、
対抗戦を行いました。

低学年Aチーム対低学年Bチーム
混合Aチーム対混合Bチーム
混合5チーム対抗

あくまでタスキリレーの練習が
メインとはしたものの、
子どもたちは本番さながらの熱量で
対抗心メラメラでした。

1人1人が一生懸命走るだけでなく、
応援もみんな一生懸命。

順位が遅くなっても、
最後の1人にまで大きな声援を送っていて、
とても良い雰囲気でした。

子どもの様子では、
AY.Kが、本番は欠席ですが、
この日欠席だったこの代わりに
低学年Bチームに入り走ってくれました。

途中、タスキがズレ落ちてしまい、
ゴールした後に悔し涙を流しました。

「練習で、そういうこともあるってわかることが
大事やねん。だから大丈夫。
一生懸命走ってくれて、ありがとう」
と声をかけました。

本番に出場する子だけでなく、
1人1人の関わりの積み重ねが
本番に繋がっていきます。

5年生のY.Aは、
昨年からメキメキとタイムが伸び、
今年は女子の中で最速のタイムを記録☆
混合Bチームに入りました。

Aチーム対Bチームの対決。
Bチームがリードの展開。

とてもプレッシャーを感じていたので、
「タスキの練習がメインやから。
抜かされても気にせんでいいよ」
と声をかけたものの、
本人は強張った表情でスタートしていきました。

AチームのR.Hにわずかばかりの差をつけられて
帰ってきたものの、接戦を繰り広げたことに、
みんなから大きな声援と拍手が送られていました。

Bチームに入ったことに
どこか恐縮しているようですが、
堂々と走って自信をつけてほしいし、
来年はAチームに入ってほしいです☆

子どもたちの気持ちは、
本番に向けてグッと高まってきましたが、
気になるのはお天気。

今のところ雨予報…。

延期となると、出れなくなってしまう子もいて、
今だと体調不良の子もいないので、
なんとしても今週開催を望みますが…

これまで、どの行事も
ほとんど雨に降られたことがなく、
今年度と2回雨予報をひっくり返してきたので、
晴れることを信じています!

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:37 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント