CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«けん玉対決! | Main | 晴れを信じて!»
現地練習 [2020年02月15日(Sat)]

=============================================

<お知らせ>
アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================


公開作業に手間取りました。
話は前後しますが…。

指導員いでっちの投稿です。

●2月8日(土)

2度目の現地練習に行ってきました。

あまり天気がすぐれず、
ほんの少し小雨もぱらついていました。

前週より参加者も多く、
子どもたちも本番に向けて
気持ちを高めていっている雰囲気。

低学年のタイム計測では、
@K.Uに並走しました。
今週も最後まで走りきることができました。

ゴール付近まで来ると、
みんなの「がんばれ」の声がとても力強く、
支えになっていたんじゃないかと思います。

少し前を走っていたBM.Oが
途中歩く場面がありました。

再び走り出しましたが、
なんとなくお腹が痛いんじゃないかな
と、見つめていました。

ゴール後に聞いてみると、
やはりお昼ごはんの影響でお腹が痛かったようです。

走っていると、どこかが痛くなること、
しんどくてつらい気持ちが
誰しもに湧き上がります。

そんな時、応援の声があれば、
大きな力をもらえるので、
ゴールまで頑張って走ることができるように、
本番も力強い応援を期待しています!

そして、この日ははまちゃんの記事にもある、
EK.Yが途中からでしたが合流しました。

ほんまに完歩で本番が心配ですが(笑)、
本番はしっかり走りぬくことでしょう。
そこは信じています!

2月に戻ってきたばかりなので、
少しでも走りやすいように、
混合チームの高学年メンバーを、
ET.K、EH.Sの6年男子トリオで固めました。
3人で最後の駅伝大会、力を合わせてほしいです。

学童への帰り道は、
EA.Sとずっと話していたEK.Y。

数日前、EA.Sと「EK.Y、来うへんなぁ」
と話をしていた時、
「だって、EK.Yやで。
年上と一緒におるの好きやのに、
下の学年ばっかりの学童に来うへんやろ」
と、断言するEA.S。

「EK.Yが言ってたん?」と聞くと、
「そんなんわかるよ。保育園から一緒やで」
と、サラッと言ってのけました。

はまちゃんの記事を読んでもらうとわかる通り、ご名答☆
長年一緒に過ごしてきた絆ってすごいですね☆

そんな仲間がいる、年上の子とあそぶ楽しさとは、
違う楽しさや良さを残りの期間で
EK.Yが味わってくれたらいいなと思います。

少し、練習から話が逸れましたが…

image0.jpg

が出ました!

本番、良いことが起きる前兆だと信じてます☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:35 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント