CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«難問!? | Main | 駅伝練習スタート»
[2020年01月15日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

はまちゃんが言うところの
「いたずら心」のお話です。

3学期に入り、そろそろ
駅伝大会の準備を始める時期となりました。

今年度の練習をリードしてくれる担当者は、
EY.I、EM.Y、DR.H、DS.M、CK.S、CH.Tです。

担当者の会議、全体での会議に
取りかからないといけないよというお知らせを
ホワイトボードに先週から貼り出していました。

そのお知らせに、
年賀状と一緒に送られてきた
の広告の写真を切り抜いて貼り、
吹き出しでセリフを書いた中に
「ぼくたちもおうえんにかけつけます」
という言葉を書きました。

すると、思いのほか
子どもたちは信じたようで、
結構何人も子ども同士で
「嵐来るんかな?」
と、話をしているのを見かけました(汗)。

指導員の中でも、
「子どもたち、話してるな」と話題に上りました。

DR.Hは僕のところに
「なぁなぁ、あれほんま?」と聞きにきました。

CK.Sは、「来たらサインもらう」
とお知らせをながめながら言っていました。

さすがに話題になりすぎたので、
おわりの会で「あれは冗談やで。
でも、来るかもしれんで」
と、弁解!?はしておきました。

その後、担当者の会議で、
夢を捨てきれない!?EM.Y、DR.H、CH.Tと
ほんまに来たらと妄想の話をしていたら、
EY.Iに「そんなありえへん話しても
しゃあないやん。はい、やるで」
と、言われました(笑)。

まさか、みんなそんなに純粋だなんて…
反省の念と、その素直さを
かわいらしく思いました☆

担当者の会議では、

「今年も入賞したい」
「1人1人最後まで走り抜く」ことを、

担当の目標にして、
みんなに伝えることを決めました。

次は子ども会議です!

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:21 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント