CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«忙しい1日 | Main | 難問!?»
トイレの怪談︎!? [2020年01月09日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

真田山子どもクラブでは、
お借りしているビルの
共用トイレを使わせてもらっています。

そのため、学童から出てビル内の廊下を
移動して、トイレに向かいます。

当然、他のビルの利用者さんも利用しています。

そんなビルのトイレにて、
たびたび流し忘れが男女ともにあります。

新年が明けてからも、
「流し忘れがあったから、キチッと流すように」
と、子どもたちに話しました。

その日の延長の時間。

女の子の中には、怖い話の本を読んだ後などに
トイレに行くと、流すのがこわかったり、
早く出たかったりすることがある
という話を聞きました。

なんとも子どもらしいエピソード。

「へぇー知らんかった!」と答え、
「でも、それはみんなに気をつけるようには
言わんとあかんな」ということで、
翌日のおわりの会で男女ともに話をしました。

「気持ちはわかるけど、それと、
流さず置いておくのは話が違うことで、
学童以外の人に迷惑がかかる。
怖い話の本を読むのをやめなさいとは言わないから、
本当は自分で流すのが一番いいけど、
もし、そういうことがあって流さなかった時は、
男子は男性指導員に、女子は女性指導員に
言うようにしてほしい」
と、話をしました。

やるべきことはしっかりやってほしいですし、
他の方に迷惑をかけずに過ごしていきたいですが、
自分も子どもの時に
学校のトイレが怖い
と思ったことあったなぁと、思い出しました。

怖さに負けず、頑張って流してね!

Posted by 真田山子どもクラブ at 17:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント