CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«子ども会議〜みんなで考えよう〜 | Main | 今日のメニュー»
どう分け合う、どう片付けるA [2019年12月13日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●12月11日(水)

前回書いた通り、
おやつ後みんなで話し合いを行いました。

片付け、物の使い方
学童内での場所の使い方
ビルのトイレの使い方

といったことを、指導員からのお願いを伝え、
子どもたちの意見も聞き、
どうしていこうかと話し合いました。

片付けやトイレの使い方は、
大まかには1人1人が気をつけること、
声をかけあうが大事なのではという話をしました。

これは指導員からも、
何度も言い続けていくことも大事なことだと思います。

学童内での場所の使い方については、
野球をすると使える場所がなくなってしまう、
ボールを当てても謝ってくれない人がいる、
などと意見が出ました。

野球をしている子たちは、
「別に部屋でできなくなってもいいけどなぁ」
と、返していました。

結果、毎日は無理でも、
おやつの前にも外に出れるようにして、
野球をしたい子たちが外でできるようにしよう
ということになりました。

習い事や欠席の子もいたので、
ひとまずの結論です。

明るいうちに、外あそびの時間をたっぷり取って、
おやつの時間を遅くするのはどうか?と、
指導員の提案を出したところ、
習い事に行かないといけない子が
一緒に食べれなくなるから反対
という意見が返ってきたので、
今まで通りの時間の流れにすることも確認しました。

こういった話し合いや、
注意喚起のようなことは、
繰り返していくことであり、
また同じ機会が訪れるかと思います。

不在だった子にも伝えて、
その都度みんなが理解しあえる機会に
なれば良いなと思います。

みんなで話し合いとなると、
6年生や5年生が積極的に意見を出すことが多く、
恥ずかしくて言えない、
どう思われるかわからないからやめとく、
周りの顔色をうかがうなどといったことも
学年問わずありますが…

今回、CS.T、BYs.K、BH.Mが
しっかりと自分の意見を言っていたことが
すごいなぁと思いました☆

そして、周りもそれを聞いて、
否定したりせず、どうしようか?という姿勢だったので、
意見を出しやすい環境ができていることを感じました☆

みんなが自信を持って
発言できるようになっていってほしいです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 09:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント