CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「なんでもない!」 | Main | 子ども会議〜みんなで考えよう〜»
どう分け合う、どう片付ける [2019年12月11日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●12月9日(月)

おやつ前の時間。

BM.O、@N.Uと、ASk.K、AYn.Yが
何やら話をしています。

隣に座って聞いてみると、
あそび場所を半分使わせてほしい、
マットを1枚使わせてほしいと、
ASk.KとAYn.Yが訴えていました。

BM.O、@N.Uは何か思っていることは
あるのでしょうが、言い出せない様子。

しばらく見ていましたが、
話が進まないので
「BM.Oと@N.Uも言いたいことは
言ったらいいねんで。別に使っていいなら、
いいって言ったらいいし」
と、口をはさみました。

それでも、少し黙りこむ2人。

その後、@N.Uが「つかっていいよ」と答えて、
それぞれあそび出しました。

あそびが始まったので、
その時は気にしませんでしたが、
思い返せば、なんで黙っていたか聞けば
良かったと思いました。

それからまたしばらくした後、
ASk.KとAYn.Y、
BM.Oと@N.U、BH.M、AH.Sに分かれて、
あそび道具を貸す貸さないの話になり、
今度ははーちゃんが話に加わり、
分けあってあそべるように話をしていました。

延長の時間には、BYs.Kが
「ASm.KとかAK.Nが
片づけいっしょにしてくれへん」
と言いに来て、一緒に片づけをするように言いました。

他の子も含めてですが、
なかなか共有することや分けてあそぶこと、
片づけをすることは難しいことです。

大人はできるようになってほしいなと思いますが、
どの子にとっても通る道でもあります。

今週全体で、こういったことについて
話し合いを持とうと考えています。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント