CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2020年度入所説明会 | Main | あったかごはん あ〜しあわせ»
真田山子どもクラブが大切にしていること [2019年11月17日(Sun)]

真田山子どもクラブが大切にしていること。

どの子にとっても、
「居心地が良く楽しい場所」であること。

そして、保護者にとっては、
「安心して預けることができる場所」であること。

  ★★★

子どもたちは学校から着くと、まずは宿題をします。
そして、おやつを一緒に食べ、あそびながら、
保護者のお迎えを待ちます。

「遊びは子どもの主食です」

こんな言葉をお聞きになったことはありませんか。
日本小児科医会が2016年に作成した
啓発ポスターに書かれた言葉です。

まさに子どもたちはあそびをエネルギーに成長します。

あそびを通して、
創造力や想像力、自主性、好奇心、集中力などを育て、
あそびのなかで、
人との関わり方やコミュニケーション能力を
自然に身につけていきます。

また、真田山子どもクラブでは、
キャンプや運動会、駅伝大会など
いろいろな行事があるのですが、
そうした行事や行事当日までの過程においても、
子どもたちのさまざまな力を育んでいきます。

その時に重要な役割を果たすのが、
放課後児童支援員という公的な資格を持つ指導員です。

ひとりひとりの特徴の違い、発達の違い、
気持ちの揺れがあることを受け止めながら、
ひとりひとりが豊かで安心・安全な時間を
過ごせるようサポートしています。


Posted by 真田山子どもクラブ at 11:11 | 真田山子どもクラブとは | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント