CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高学年会議と近本選手 | Main | 願いがかないますように»
現場の医師から学ぶ、アレルギーのノウハウ [2019年07月05日(Fri)]

指導員あんちゃんの投稿です。

 6/23、岸和田で第51回大阪学童保育研究集会があり、
 指導員6人が参加。午後は分科会で学びました。


  ★★

私は、大阪府の学童の研修で
食物アレルギー その基本的対応を考える」
という分科会に参加し、
現場の医師からアレルギー対応の
ノウハウを学ぶことが出来ました。

私たち指導員は、
保健の先生でも、医者でもありません。
それでも子どもの安全を守る上で、
何かが起こった時、動けませんでした、では、
絶対にいけません。

私は日頃から、学童内のおやつや食事、
保健衛生関係に主に携わっていますが、
自分の知識に少し疑問や迷いがありました。

また私自身も、アレルギー体質で悩んでおり、
自分の事も含めて学べれば…という思いもあり、
この分科会を選びました。

2012年の調布の事件(学校給食が原因で
小学5年女児が死亡)を振り返ることによって、
現場の対応の重要性が分かりました。

何か起こった時には、
まず「救急車を呼ぶ」を徹底すること。

喘息発作が出た場合には、
絶対に吸入器を何度も何度も使用しないこと。
これが一番危ないそうです。

また、今回初めてエピペンのテスターで練習し、
使用方法が確認できました。

最低限、アレルギーが原因で起こる
有事の際に動ける知識を得ることができました。

果物アレルギーの子は
真田山子どもクラブにも在籍しています。

熱に弱い性質があるので、
熱を加えると食べられるものもあり、
好き嫌いと勘違いされやすいということがわかりました。
他の指導員とも共有し、
今後間違った解釈を起こさないようにしたいです。

PM2.5 によりアレルギー反応が出やすいことも
学んだのですが、私自身の体感と一致しており、
根拠が得られました。

アレルギー体質の子どもたちには、
特に注意をしていきたいと思います。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント