CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2022年度 入所説明会 [2021年11月13日(Sat)]


真田山子どもクラブでは、
来年度(2022年度)の入所説明会
11月13日(土)にオンラインにて開催する予定です。

詳細が決まり次第
ホームページと当ブログにてご案内いたします。

説明会への参加をご希望の方は、
申込みフォームよりご登録をお願いします。

メールにてご案内させていただきます。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学童おやつ事情 S.Tk編 [2021年10月08日(Fri)]

久しぶりの「チチ★ハハVOICE」です。

親子レクリエーションやキャンプ、運動会、
ビブリオバトル、卒所式…。

これまでは行事が終わると、
その感想を保護者から
寄せてもらっていましたが、
このコロナ下、なかなか例年どおりには
実施できていません。

ということで、
日常の学童を保護者目線で
お伝えしていけたらと思います。

   ★★★

AS.Tk母

毎日の帰宅後に、
学童での出来事を話してくれるのですが、
中でも盛り上がるのが、
その日に出たおやつのことです。

チューペットのリンゴ味を食べたとか、
グミに付いていたクジがアタリだったとか、
詳しく報告してくれます。

1年生の、入所して間もないときに、
カルチャーショックだったのが、
ガリボリラーメン。

保育園では、牛乳寒天や、
蒸しパンなんかの手作り素朴おやつが
メインだったので…
なんというか…
文化が一気に広がりました^^

それは娘も同じだったよう。

でも、1年生のお腹には
ボリュームオーバーで、
食べ残しをお土産として、
後生大事に持ち帰ってくれてましたっけ。

で、今現在のS.Tk的ナンバー1は、
うめミンツ

うまい棒にも妙に詳しくなっていて、
チーズ味もコンポタ味もいいのだけど、
たこ焼き味が一番!

「色が超からだに悪そうなんだけど、
味はめっちゃおいしい」
と言っています。

ちなみに、ワースト1は、ふがし。
これは、入所当所からの不動の1位です。

けれど、毎日、
市販のお菓子というわけでは
ありません。


kyuuri_cucumber.png


保護者としては、
野菜や果物も出してもらえるのが、
ありがたいです。

なぜなら、
食わず嫌いを一発で克服できるから。

例えば…
1年生のときに出たキュウリは、
数センチ幅に切ったものに、
塩を掛けただけ。

それを口に加えて
『鬼滅の刃』の禰豆子に見立てたりしながら、
みんなでワイワイ食べたそうです。

2年生の夏休みは、スイカを克服しました。


fruit_suika_kodama.png


それまでは、スイカの種を食べたら、
おへそから芽が出てくると信じ込んでいて、
怖くて食べられなかったのです。

でも、友達が全否定してくれたおかけで
「もうコワくなくなった!
おいしかった!びっくりした!」
と、大発見の報告がありました。

今度は、トマトなんかを出してもらえると、
助かるなぁと、図々しく期待しています。

   ★★★

「うちはこのおやつが好きだよ!」など
他の保護者のみなさまも
ぜひお寄せください。(広報係)
Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
竹馬は成長へのきっかけ!? [2021年10月01日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

運動会の練習は始まってはいませんが、
連日、竹馬を練習する子が後を絶ちません。

僕は主に、
先週からBS.Mの練習に立ち会って
支え役をしています。

もう少しで、
1人で乗れそうなところまで来ています。

一足先に、
1人で乗れるようになった@A.Iを見て、
「A.I、いいな〜」と羨ましがるBS.M。

BS.Mも、同じ日のおやつ前に
公園に出た時には「もってー」とお願いをしてきて、
支えていましたが、
だいぶバランスを上手く取れていたので、
片手だけ支えたり、
時々両手を離してみても、
1人で歩けそうな雰囲気でした。

takeuma.png

そうしたら…

おやつ後にBS.Mの練習をしていると、
遠くから「いでっちみてー、ひとりでのれる!」
と呼びかけてくれて、
見事に@A.Iが1人で乗っていました☆

BS.Mも、もう一息!

一生懸命頑張っていて、
おわりの会では
「竹馬の練習して楽しかったです」
と発言もしていて、
楽しさも合わさっているので
伸びていくこと間違いなしです☆

その竹馬練習の隣で、
BK.Sは「わたしは竹馬はいいねん。
なわとびがんばるから」
と、いつもなわとびをしています。

毎年、100回とか涼しい顔をして
飛び続けるBK.Sにはかないません☆

先週土曜日には、BKg.E、AY.Iが
競うように練習していたそう。

人から刺激を受けたり
上手くなりたい気持ちや
褒められる嬉しさ、
それぞれ単純に乗れるように、とか、
運動会で活躍できるように、など
いろいろな思いを持って
練習しているようです。

takeuma.png

週が明けてからも、
2人とも頑張っていて、
AY.Iはかなり乗れるようになっていて、
BKg.Eも黙々と練習して、
できるととても嬉しそうだった、
と、アルバイトのまゆりんが教えてくれました☆

そして、DN.Tも5種に出場できるようにと
毎日着々と竹馬の練習をしています☆

竹馬、運動会…と、
頑張ることを通して
子どもたちが成長していく姿
見られる時期が始まりました。

本格的に練習が始まると、
たくさんの子のそんな姿を
目にするようになります☆
Posted by 真田山子どもクラブ at 09:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大きな背中 [2021年09月27日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

image2.jpeg

6年生のK.Sと、1年生のY.O。
一緒に本を読んでいる様子。

1年生にとっては、
6年生にくっついたり、
膝の上に乗ることが
とても安心するようです。

もちろん、一緒にあそぶことも、
存在そのものも。

EK.S自身、1年生の時に
6年生から受けたものを、
6年生になって1年生に返している。

意識的なのか、
無意識なのかわかりませんが、
そんなふうに感じます。

こうやって、子どもたちの関係性
受け継がれていきます☆
Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の訪れ [2021年09月25日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

●9月21日(火)

外あそびの時間の風が涼しくて、
秋の訪れを感じるようになってきました。

時を同じくして、
学童でも秋の訪れを感じる出来事がありました。

学童で秋を感じるといえば、運動会!

運動会の練習が始まると
秋やなぁと感じます。

とはいっても、
まだ全体的に練習を
開始したわけではありません。

DR.Iが「今年は5種出よかな〜」と言い出し、
外あそびに出る際、
竹馬練習するわ」と持ち出したことで、
何人も竹馬を持って出る子が続き、
少し運動会ムードが訪れたというお話です。

毎年このブログでもお伝えしていますが、
5種とは、
なわとび、竹ぽっくり、けん玉、コマ、竹馬を、
1人で1つ1つクリアしながら
トラックを駆け抜ける、
あそびの達人決定戦です。

5種目すべてをマスターするのは
簡単なことではなく、
出場がステータスでもあり、
周りの子の憧れも生む花形競技です。

これまで、未挑戦のDR.Iが
今年の出場を目指し始めました☆
がんばれ!

DR.Iが練習に励むかたわら、
同じく竹馬をしていたのは、
AR.H、@Y.O。

2人とも上手に
竹馬を乗りこなしていました☆

同じ保育園出身で、
その保育園出身の子は
竹馬に乗れる子が多く、
昨年もAT.S、AS.Tnが
運動会で竹馬で活躍していました☆

AR.Hは途中入所なので、運動会は未経験。
とても運動会神経が良いので、
注目を集めそうです☆

image0.jpeg

@Y.Oも、竹馬で出場となれば、
周りの子たちに
今までとは違う魅力
伝えることができそうです☆

果たして、どの種目で出場となるでしょうか︎

image1.jpeg

本格的に練習を開始するのは、
10月に入ってからですが、
DR.Iに刺激を受けて、
周りの子も練習を始めてくれるといいなと思います。

竹馬は、すでにこの先使い始める子が
続々と出てきそうな気がします。

学童にとっては、運動会だけでなく、
「竹馬」や「5種」といった言葉は、
秋の季語ですね。
Posted by 真田山子どもクラブ at 09:33 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
みんな なかよくしな あかんよな [2021年09月22日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

今年の夏休みは、
学童中で映画を2本見ました。

1本は、
指導員プレゼンツ「戦争にまつわる映画」。

もう1本は、
子どもたちのリクエストの「見たい映画」。

どちらも候補を絞り、
多数決で作品を決めました。

戦争にまつわる映画は、
指導員が候補を選び、
それぞれの予告編を
子どもたちが見て多数決で決めました。

指導員の会議の中で、
どういう候補にするのかを相談。

邦画と日本のアニメにする案。
空襲などの描写があるものが良いのか、
子どもによって描写の受け止め方が違うので、
そのあたりに配慮した作品が良いか。
戦争にまつわる人種の問題をテーマにした作品はどうか、等々。

そういった話し合いから、
候補作品を決めて、
子どもたちが候補の中から決めたのは、
ジョジョラビット」。

第二次世界大戦下のドイツに生きる人々を、
1人の少年と家族を通して描いた作品。

詳しいあらすじやテーマは、
ぜひお調べください。

子ども目線でもあり、
ユーモアも交えてテンポよく描かれるので、
見やすいのではと候補に挙げた作品。

見たことある子も何人かいるようでした。

1〜2年生は後半、疲れている子もいましたが、
大方真剣に見ていて、
「おもしろかった」という声もありました。

とても簡単に背景の説明もして、
人種とか国籍とか関係なく
身近な人でもみんな同じ人間やから、
みんなが「○○やから」とか言うことなく
暮らせる世界であるのが大事
というような話をしました。

そして、それ以降の話。

夏休みが明け、
指導員間で夏休みの振り返りを話している際に、
あんちゃんから「ジョジョラビット」を見たのは、
子どもにとって良かったという話を聞きました。

僕は目の当たりにしたことはなかったのですが、
あんちゃんは夏休み中に子どもたちの口から、
「みんななかよくしなあかんよな」とか、
「戦争って良くない」
というような話を何度か聞いたそうです。

映画を通して、
子どもたちなりに考えることがあったようです。

日本の映画じゃなくて、
伝わるものってあったのかなと思っていましたが、
その話を聞いて感慨深いものがありました。

戦争等について知ることももちろん大事ですし、
文化に触れて考える感じることも、
とても大事な経験だと、
個人としてはもちろんそう思っていますが、
子どもにとってもそうである
と思い直す機会となりました。

今後の夏休み、
夏休み以外にもそういった機会を
持つことを考えていこうと思います。
Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
撮って!載せて!C [2021年09月21日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

最近恒例の
撮って!載せて!シリーズ。

リクエストが続いています☆

まずはDR.Iの2作品

image3.jpeg

image4.jpeg

ジェンガを使い、
ひょいひょいと作っていました。

お次は、前回も登場のCR.S。

image5.jpeg

またも、
「何かわからんけど遺跡シリーズ」。
創造力の賜物ですね☆

最後は、EH.T。

image6.jpeg

トランプタワーならぬ、
百人一首タワー12段!

カードが固いので、
簡単かと思いきや、
とても慎重に積み上げていました。

これを見たDK.Kが、
その後の延長の時間に
1人で黙々と頑張っていました☆

次は、どんなリクエストが上がってくるのか︎
リクエスト募集中です!
Posted by 真田山子どもクラブ at 00:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キャンプ中止 その後 [2021年09月20日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

夏休みに予定していた
高学年キャンプ」。

夏休みに延期の判断をし、
9月に実施できればと
延期案を検討しましたが、
コロナの状況を鑑みて、
中止とすることに決めました。

緊急事態宣言中ということもあり、
なかなか全員がそろう機会を持てない中、
ある程度高学年がそろっている日に、
中止の説明を行いました。

4〜5年生は、
多くは語りませんでしたが、
「そうか」
「まぁしょうがないか」
「やっぱりかぁ」
というようなリアクション。

やっぱり、
どうせあかんかという思いが重なるのは、
大人が見て辛いとかいうよりも、
子どもの成長発達にとって、
良くないことであるのが、
とても苦しいです。

だからといって、
補ってあげられるわけでもないことも、
さらに心苦しい思いです。

6年生で、この日出席していたのは、
EH.T、EH.Y。

EH.T、「え〜会議したのとか全部無駄やったやん!」

い「無駄じゃないよ、絶対意味はあるから。
EH.Tなんか特にそうやで。
会議の中で、みんなをまとめる経験してきたやん。」

EH.T「でも、その時間に遊べたやん」

い「今は無駄やったって思うかもしれん、それはわかる。
でも、絶対いつか準備した時の経験が
役に立つから。無駄じゃない!」

その後も、「もう終わり?終わろう!」と、
残念な気持ちをごまかすかのように、
話を終わらせようとしていたEH.Tでした。

そして、EH.Y。

中止であることを告げた時に、
明らかに他の子と表情の曇り方が違って見えました。

話が終わり、小部屋から高学年が出ていく中、
放心状態だったのか、動かず座り続けているEH.Y。

い「キャンプ行きたかったよな?」

EH.Y「うん」と苦笑い。

い「合宿はさ、また考えるから、
行けるような状況やったら行きたいよな?」

EH.Y「うん」

普段から口数の少ないEH.Yですし、
それ以上は僕も何も言えず…。
しばらく座った後、小部屋から出ました。

外あそびの時間になり、
EH.Yが部屋に残ると言うので、
同じく部屋に残るあんちゃんに
話をした様子を伝え、
フォローをお願いしました。

中止になって残念だという話を
EH.Yから聞いたそうです。

さらに、一緒にいた低学年から、
「まだおとまりする自信がつかないから、
おとまり行事はなくてもいい」
という話が出た時に、
珍しくEH.Yが強い口調で
ほんまは、みんなキャンプにも行けるねんで!」
と言ったそうです。

すごく悔しさが出たんだと思います。

6年生にとっては最後の1年
毎年当たり前のように行い、
楽しみにしてきたものがなくなるのは、
とても辛いと思います。

仕方のないこととはいえ、
残念でなりません。

先に書いたように補うことはできませんが、
日常の中でできる限り
満たされるような生活を作っていきたいと思います。
Posted by 真田山子どもクラブ at 07:00 | さなだやま日記2021 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【2017年記事】うまい帽 [2021年09月19日(Sun)]

以下の記事は、2017年4月の記事です。

操作ミスで公開されていませんでした…
申し訳ありません。

現在は5年生のA.Iの
かわいい1年生の時の様子です。
施設も、前に入居していたEビルです。

===========


●4月13日(木)

おやつの「うまい棒」の入っていた
大袋を嬉しそうにかぶる@A.I。

うまい帽だ!

うまい帽.jpg





Posted by 真田山子どもクラブ at 19:57 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【2017年記事】もちつきに参加してB [2021年09月19日(Sun)]

以下の記事は、2017年の
チチ★ハハVOICEの記事です。

こちらも、操作ミスで公開されていませんでした…
Sさん、ごめんなさい!!!

ここ数年は実施していない「もちつき」の楽しさと
昨年はコロナのためできなかった「ビブリオバトル」の様子が
わかります。

===========



BT.S母

下の子の出産で、
夏のキャンプや運動会は欠席しても、
餅つきだけは必ず毎年参加しています。

なぜなら、長時間&遠出じゃないから。

そして今年は、
大人の口に入るお餅の数が多かった気がします。
つきたてのお餅の美味しいこと♪

特に、最後の一臼、
水が多めになったと聞きましたが、
その分お餅は柔らかくてトロトロで、
ぜんざいに入れて食べたら最高でした。

準備から、進行管理、
そして感動のぜんざい作成まで、
担当の父母の皆様にはお世話になりました。

厚く、熱く、御礼申し上げます。

その後のビブリオバトルでは、
初めて本を紹介する側になりました。

緊張しましたが、
他の紹介者の方々の作品を
身近で見ることができたり、
司会進行の子ども達の頑張りを
知ることができ、
思っていたよりも楽しめました(笑)

まだ出演されてない父母の方々、
次回は是非!!


追伸:子ども達にも、
つきたてのお餅を食べさせてあげられるよう、
来年は、餅つきグループと丸めるグループと
食べるグループを同時並行で
スタンバイさせると良いかもしれませんね。
Posted by 真田山子どもクラブ at 19:11 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ