CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
駅伝練習スタート [2020年01月18日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

先日の「嵐」の記事の後、
子ども会議を行ない、
駅伝練習に取りかかることを確認しました。

目標は、担当者会議と同じく、
入賞を目指す
1人1人最後まで走り抜く
ことになりました。

練習日程は、
担当者も驚きの週3が一番希望が多く、
週3になりました。

そして、今回。

走ることが嫌だとか、
苦手だと言う子が
ちょっとでも楽しくするには
どうしたらいいかということも話し合いました。

事前にそういう子を聞いていたことや、
この日もそう思う子に手をあげてもらったりして、
やっぱりそういう気持ちを見過ごさないように
取り組んでいこうと、そういう話し合いも加えました。

話し合いの結果、
指導員も事前に相談した意見を出して、
練習日程の中から自分で選んで、
タイムは測らず、ゆっくりジョギングしながら、
タイム計測の子たちの様子を見る日や、
トレーニングをしてみる日、
みんなで鬼ごっこをする日、
リレーをする日などを
作ってみようということになりました。

まずはやってみながら、
どういう形がいいのか確かめていこうと思います。

そして、その翌日から練習スタート。

タイム計測は、近所の公園の周りを、
高学年3周、低学年1周半と走りますが、
最初からしんどいイメージがつかないように、
全学年1周のタイムを測ることにしました。

僕は休みだったので、
その時のはっきりとした様子はわかりませんが、
タイムを見ると、
結構おもいっきり走ったんだなという印象でした。

子どもたちからは、
楽しかった、またやりたい、
しんどかった、走りたくない、など、
いろんな意見を聞きました。

@T.Iは、タイムが良かったことを
嬉しそうに教えてくれました☆

いろんな思いを持った子がいる中で、
自信もつけてほしい、
認め合いもあってほしい、
苦手なことにも挑戦してほしいといったように、
指導員としては願いがありますが、
子どもの姿に寄り添いながら、
進めていきたいと思います。

【さなだやま日記2020の最新記事】
Posted by 真田山子どもクラブ at 15:35 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[2020年01月15日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

はまちゃんが言うところの
「いたずら心」のお話です。

3学期に入り、そろそろ
駅伝大会の準備を始める時期となりました。

今年度の練習をリードしてくれる担当者は、
EY.I、EM.Y、DR.H、DS.M、CK.S、CH.Tです。

担当者の会議、全体での会議に
取りかからないといけないよというお知らせを
ホワイトボードに先週から貼り出していました。

そのお知らせに、
年賀状と一緒に送られてきた
の広告の写真を切り抜いて貼り、
吹き出しでセリフを書いた中に
「ぼくたちもおうえんにかけつけます」
という言葉を書きました。

すると、思いのほか
子どもたちは信じたようで、
結構何人も子ども同士で
「嵐来るんかな?」
と、話をしているのを見かけました(汗)。

指導員の中でも、
「子どもたち、話してるな」と話題に上りました。

DR.Hは僕のところに
「なぁなぁ、あれほんま?」と聞きにきました。

CK.Sは、「来たらサインもらう」
とお知らせをながめながら言っていました。

さすがに話題になりすぎたので、
おわりの会で「あれは冗談やで。
でも、来るかもしれんで」
と、弁解!?はしておきました。

その後、担当者の会議で、
夢を捨てきれない!?EM.Y、DR.H、CH.Tと
ほんまに来たらと妄想の話をしていたら、
EY.Iに「そんなありえへん話しても
しゃあないやん。はい、やるで」
と、言われました(笑)。

まさか、みんなそんなに純粋だなんて…
反省の念と、その素直さを
かわいらしく思いました☆

担当者の会議では、

「今年も入賞したい」
「1人1人最後まで走り抜く」ことを、

担当の目標にして、
みんなに伝えることを決めました。

次は子ども会議です!

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:21 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
難問!? [2020年01月14日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●1月10日(金)

宿題の時間のこと。

「いでっち、これ教えて」

AR.Iにそう言われた算数の問題。

水のかさの単位の計算の
宿題だったのですが、
1問目が言葉の穴埋め問題でした。

答えはわかるのですが、
@R.Iがわかりやすいように説明するには
どうしたらいいんだろうなとこちらも迷うし、
問題の出し方もちょっと
わかりにくいなぁという書き方。

隣にいたASm.Kが「わかった!」と言いますが、
残念ながら間違い。

EH.Sが来て、「何の問題?」
と一緒に教え方を考えてくれますが、
途中で「わからん」と言い、
僕もいろいろ答え方の説明をしますが
うまく伝えれず、
「なんかいじわるな問題やなぁ」
と行き詰まりました。

「よし、はまちゃんや」
と、はまちゃんを呼びます。

EH.SやASm.Kが
「先生なりたいんやろ」
「じゃあ教えられるな」
と、なぜか上から声をかけます(笑)。

はまちゃんが説明をすると、
ようやくAR.Iも答えを書くことができました☆
さすが、はまちゃん。

「算数の問題やのに、これ国語やなぁ」
と一緒に悩んだかつ、
毎日勉強ご苦労様と思った問題でした。

Posted by 真田山子どもクラブ at 17:12 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トイレの怪談︎!? [2020年01月09日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

真田山子どもクラブでは、
お借りしているビルの
共用トイレを使わせてもらっています。

そのため、学童から出てビル内の廊下を
移動して、トイレに向かいます。

当然、他のビルの利用者さんも利用しています。

そんなビルのトイレにて、
たびたび流し忘れが男女ともにあります。

新年が明けてからも、
「流し忘れがあったから、キチッと流すように」
と、子どもたちに話しました。

その日の延長の時間。

女の子の中には、怖い話の本を読んだ後などに
トイレに行くと、流すのがこわかったり、
早く出たかったりすることがある
という話を聞きました。

なんとも子どもらしいエピソード。

「へぇー知らんかった!」と答え、
「でも、それはみんなに気をつけるようには
言わんとあかんな」ということで、
翌日のおわりの会で男女ともに話をしました。

「気持ちはわかるけど、それと、
流さず置いておくのは話が違うことで、
学童以外の人に迷惑がかかる。
怖い話の本を読むのをやめなさいとは言わないから、
本当は自分で流すのが一番いいけど、
もし、そういうことがあって流さなかった時は、
男子は男性指導員に、女子は女性指導員に
言うようにしてほしい」
と、話をしました。

やるべきことはしっかりやってほしいですし、
他の方に迷惑をかけずに過ごしていきたいですが、
自分も子どもの時に
学校のトイレが怖い
と思ったことあったなぁと、思い出しました。

怖さに負けず、頑張って流してね!

Posted by 真田山子どもクラブ at 17:00 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
忙しい1日 [2020年01月09日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●1月7日(火)

image1.jpeg

これは何をしている様子でしょうか?

お昼ごはんのうどんをおかわりするために
並んでいるところです。

柱の向こうに、おかわりをする机があります。
大人気でした☆

おなじみのメニューですが、
前日にいくつかの候補から多数決で決まりました。
みんなうどん大好きですね。

image0.jpeg

DY.A、DY.K、DT.S、ASk.K、AS.Tが
盛りつけてくれました。

その数66杯!

おにぎりは、AS.T、AYn.Y、@N.U、@Kt.E、
@T.S、@S.Nが握ってくれて、
そちらも120個を超える数を握ってくれました!

みんなが喜んで食べてくれて何よりです☆

午後からは、班ごとに順番に
買いおやつと避難訓練を行いました。

買いおやつも大人数だと1班ずつでも、
トータルではめちゃめちゃ時間がかかります。
最終的には2時間半を超えました(笑)。

駄菓子屋のおばちゃんも
「のんびりテレビ見てるより、にぎやかな方がいい」
と、ずーっとお付き合いしてくださいました。

ありがとうございます。

おかげで、1人1人好きなお菓子が
買えて大満足でした☆

避難訓練は、それに比べるとスムーズに進行。

もう少しキビキビできる余地はありそうですが、
こちらはとにかく実際に
災害が起こらないことを願います。

大阪市は、冬休み期間が他市より短いようで、
スケジュール詰め詰めの日々となりました。

自分たちでスケジュールを立ててはいるものの、
1つ1つじっくりできれば良いのですが…
おわりの会でもそんなことを話しながら、
また次の買いおやつをお楽しみに!と締めて、
忙しい1日が終わりました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 11:09 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
合宿2019作文D [2020年01月08日(Wed)]

合宿2019の作文を何回かに分けてお伝えします。

5回目は…

AYg.Y
ぼくは、冬の合宿に行きました。
はじめはバスにのるとき よいそうになりました。

つくとうわぐつにかえました。
そのときげんかんに
おおすずめばちのす
かざっていました。

そのよるおんせんに入りました。
およぎまくった。
たのしかったです。

そのつぎの日。

たいくかんに行ったあと、そうじをしました。
そのあとごはんをたべました。
そのあとにひるごはんをたべました。

たのしかったです。
またいきたいです。


BYm.K
今日冬のがっしゅくにいきました。
バスで2時間ちょっとでした。
バス内でひみつのアッコちゃんを見ました。

ついたらプレイホールに行き、
しどういんがベットのたたみ方を
教えてくれました。

そのあと昼食をとりました。
そのあと、自分のへやへ行き、
DS.Tのはんのすずむしはんでした。

そのあとはぼうパンをつくりました。
ぼうパンでこねたりやいたりしました。

そのあとは風呂のよういをもって
プレイホールへいきました。

そこで、ゲームをしていったんへやへもどり、
ふとんをしき、そのあと、風呂へ、行きました。
すごく気持ちよかったです。

あとで一人でいきDS.Tにしかられました。
そのあとは、はみがきをして、
すいとうの中にあるお茶をとってほしました。

ねるときじかんがあったので、
トランプゲームをして、
「スピード」をしました。

そのあと2だんベッドの上でねて
しりとりをしました。

午後12時?か分からないけどDA.Yが
「おまえー」とねごとをさけんでいました。

つぎの日チャイムがなって6:30におきました。
そのつぎにシーツやもうふ、ふとんをたたみました。

そのあとは、プレイホールに行き、
はなしをききました。
そのあと、朝食を食べて、
自分のへやにもどってそうじをしました。

そのあと、かばんを2かいのところへおいて
お茶と上ぐつをもって、
下にあるしんぞうやぶりのさかをくだって
たいいくかんへいきました。

そこで、ドッヂボールをして
4たい4でひき分けでした。

そのあとしんぞうやぶりのさかをのぼって、
昼食を食べました。

そのあと、バスへのりガキつかを見て、
2時間ちょっとのって
4時22分ぐらいにつきました。

たのしかったです。
つぎもまたいきたいです。


EM.Y
今年の合宿も楽しかった。

一日目、昼ごはんを食べた後、
ぼうパン作りをした。

ぼうパンのきじを作った後、
ぼうにきじをまき、焼いた。
なかなか焼けなくて、苦ろうしたけど、
おいしかったからよかった。

その後、夕食を食べた。
バイキングで、すごくおいしかった。

4学童で交流会をした。
シェーハーゲームや大玉や
ジェスチャーゲームなどをした。
いろんな人と交流できたのでよかった。

二日目、朝ごはんを食べ、
なかよしホールへ行き、4学童の人たちと遊んだ。

初めにドッジボール(やりたい人はやる)をした。
5、6年合同でした。

私のチームには、真田山は、
DS.T、DR.H、DS.M、DK.Kがいて
相手のチームにEM.UとEY.Iがいて
はなれたから悲しかった。

私たちのチームは負けたけど楽しかった。

その後、キラーゲームやつな引きなどをした。
つな引きは、二回した。
一回目は、6年対6年でした。
私のチームが勝った。
けっこうよゆうだった。

二回目は、6年全員対指導員でした。
まあ、6年が、負けた。
でも楽しかった。

帰りのバスでガキの使いを見た。
ねてて、最後らへんしか見れなかった。

学童最後の合宿
おもいっきり楽しめたのでよかった!!
Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ステキだな☆ [2020年01月07日(Tue)]

指導員はまちゃんの投稿です。

●1月6日(月)

CH.Tが「はまちゃん!
オレ、大谷翔平やで!」
と、言ってきました。

見ると、大谷翔平のユニフォームを着ていました。

はま「お!買ってもらったん?」
H.T「そうやで!」

そのときのCH.Tの嬉しそうな表情を見て、
いいなぁと思いました。

去年の冬の合宿のときにも、
CH.Tは「はまちゃん!見て!」
とプロ野球選手のタオルを見せてくれました。

はま「クリスマスプレゼント?」
H.T「うん!他にもユニフォームとかいろいろもらった!」

そのときも嬉しそうな表情で話をしてくれたCH.T。
見ている僕も嬉しくなりました。

CH.Tから感じた喜びや憧れの気持ち、
そしてそれを表現できる素直な心

そんなCH.Tの姿がステキだな
と思ったシーンでした。
Posted by 真田山子どもクラブ at 18:19 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
合宿2019作文C [2020年01月07日(Tue)]

合宿2019の作文を何回かに分けてお伝えします。

4回目は…

@S.M
わたしは、がっしゅくにいきました。
なかよしホールにいって、
フラフープであそびました。

あまりうまくフラフープをまわせなかったけど、
たのしかったです。

つぎに、ほかのがくどうのみんなと
なんでもバスケットをしました。
あんまりまん中にいかなかったので、
うれしかったです。

つぎに、つなひきをしました。
つなひきをするときのはじめに、
1ねん生と2ねん生がまざって、
しょうぶしました。
そして、じぶんのチームがかちました。

そのつぎは、3ねん生だけでしょうぶしました。
つぎは、4ねん生と5ねん生と
6ねん生でしょうぶしました。
つぎにしどういんと6ねん生がしょうぶしました。

たのしかったです。


AR.I
朝8:00にがくどうにしゅうごうして
バスで2時間でつきました。

お昼ごはんは、おべんとうを
プレイホールで食べました。

13:00にぼうパン作りをしました。
ぜんぜんやけませんでした。
けどおいしかった。

そして、おふろは、つかってはぁーと
しんこきゅうでつかれました。

へやにもどってねました。


DR.H
僕は、起きて、CH.Tと一緒に
集合場所の学童に行ったんですが、
シャッターが閉まってて入れませんでした。

そんなところにBT.Sが来て
うら側にまわって入れいいやんと言っていて、
思わずたしかに!と言い学童に着きました。

しばらくし、出発。

バスに乗ると、
席を覚えていない人がたくさんいました。

ちなみに僕は8列目です。
となりはCH.Tで横がDS.TとBA.Iでした。

5分後…DVDを見る事になりました。

題名はたしか「秘密のア…?」で
おもしろかったです。
クライマックス直前で
テレビが切られたけど十分満足できました。

そして、部屋ごとにならびました。
僕達の班をしょうかいします。
DR.H、DS.Y、CH.T、BA.I、
BS.T、AR.S、@T.I、@Kt.Eです。

その後、宿舎に向かいました。
宿舎に着くと、
色々、たたみ方について聞きました。

部屋に入ると、中々、広く、
早くもベッドの場所争いがはじまりました。
優先的に高学年が上の段に行きました。
あと1人は身長の高いBS.Tが上の段になりました。

次にぼうパンづくりがはじまりました。

最初は生地作りで、
中々進まないと思っていたけど、
意外と最後に上手にできました。

僕はあきらめて、記事を作るとき
ビニールの手ぶくろをぬぎ、
すででやってしまいました。
手がすごくよごれました。
洗うのに10分ぐらいかかりました。
しかも冷たかったです。

そして発こうさせてる間、
ぼうパンをつくるために
アルミをまきました。

数十分後…発こうが終わり、
生地をまきつけて、焼きました。

数分後…
はまちゃんが焼く列にならんでいたので
一緒にならんでいて、
はまちゃんと野球についてしゃべっていると
他の学童の子も野球の話にまじってきて
盛り上がりました。
そこで他の学童にも
野球が好きな人がいてうれしかったです。

列にならんでると雨がふってきて、
ゆうべのつどいがもう少しだったので
焼けていない班の人は残り、
以外の人はしせつのプレイホールに行きました。

残念ながら僕の班はまだ終わっていないので、
僕とBT.SとDS.Yでパンを焼きました。

数分後…もう終わっていいか〜と思い
プレイホールに行こうとするともう、
つどいは終わっていて正直、
心の中でラッキーと思いました。

再び焼いて、やっと終わりました。
食べるとまぁうまかったです、
少し甘かったけど中々の仕上がりになりました。

そして部屋に戻ってシーツなどを準備していると
すぐに指導員に夕食やで〜と言われ、
えっと思いました。

ですが優秀なうちの部屋は
言われてすぐ食堂の前に行きました。
もちろんだんとつの1位でした。

しばらく待つこと10分ほど、食堂の中に入り、
ご飯を食べました。
おいしいとCH.Tは言っていましたが、
僕の感想では学校給食みたいでした。
ですがまだ、朝と昼があると思い、
おおめに見ました。

ご飯を食べ終わると交流会がありました。
正直、そんなに楽しくなかったので
記おくにございません!

1時間…交流会が終わり、
僕達の部屋がそうじの当番だったので、
そうじをしました。

ほうき以外は手で拾ってと言われたので
ほうきを持っていない人以外、
落ちてるごみを拾い、
ビニール袋に入れました。

その4/5は、
僕たちCH.T、BA.Iが拾いました。

そうじも終わり、
そのまま、おふろに行きました。
1時間後…おふろが終わり、
再びねる準備をしました。

意外と早くできてペチャクチャしゃべる事30分。

ET.Kとはまちゃんが、のほほ〜んときて、
ET.Kに「部屋の中、ごみ屋しきやな」と言われ、
はまちゃんにも笑われ、
本気を出して5分ほどでピカピカになり
ドアを開けて見てもらい、
はまちゃんに☆キレイ☆と言われて
スッキリしました。

10時、消灯…
シーンと静まりかえったのは
1秒だけでした。

電気が消えると大さわぎ、
とくにAR,Sは一人で目立ってました。
なんやかんやでねる事ができました。
1日目ごくろうさまです。

翌日、まずは朝のつどいで、2日目スタート。

10分ほどで終わると聞いていたけど
5分ぐらいで終わり部屋に戻りました。

次に朝食。話題のコーンフレークで朝をすまし、
そうじ、にもつ整理にかかること1時間後…
なかよしホールという所に移動して遊びました。

とくにドッヂボールは、
何人も当てれて楽しかったです。
昼食は普通でした。

2時間後…バスに乗り、盛り上がりました。
数時間後…学童着。
無事に合宿が終わり、よかった。



Posted by 真田山子どもクラブ at 18:12 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
合宿を振り返って [2020年01月06日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

今回で4度目となった、
昨年末の冬の合宿

今までで一番まとまりを感じることができました。

特に女子は、
6年生が多いということもあってか、
テキパキと行動をしていて、
毎回真田山は遅くなることが多かったのですが、
今年は他の学童に遅れを取らない行動が
多くの場面でできていました。

男子は、掃除を手伝ってもらったり、
片付けがうまくできずもりもりに注意されたり、
マイペースな所は相変わらずでしたが(笑)、
女子に手伝いに来てもらうことも
良い経験になったのではないでしょうか。

当日も書きましたし、
はまちゃんも書いていましたが、
バスを降りてから宿舎に向かう道で、
上の子たちが1〜2年生の荷物を
持ってあげていて、それを見ただけで、
合宿が成功したような気持ちになりました。

特にBA.Iを見た時に強く感じました。

自分自身が初めて合宿に参加することで
不安も感じていた中、
序盤にそんな行動を取れる余裕は
すごいなと思いました。

そして、それはその行動を起こすに至る
周りからの影響が大きいんじゃないかなと感じ、
BA.Iもすごいけど、今までの上の子たちの
積み重ねもすごいなぁと思いました。

合宿は、普段の学童での生活を
場所を変えて行うものと考えています。

子どもと指導員、いつものメンバーが
違う場所で生活するだけ。
そんなふうに捉えています。

キャンプに比べると、
どこか非日常感は薄いように思います。

「みんなで行動する」ということは変わらない。
しかし、所変われば、行なうことが変わり、
その中で普段は見れない姿が見えたり、
普段とは違う関係性を築けたりします。

EK.Iの班の部屋の行った時に、
EK.I、EM.U、CM.K、CH.Yが
カードゲームをしていて、
普段の学童ではありそうでない
組み合わせであそんでいたりもしました。

また、他の学童との交流があったり、
真田山子どもクラブだけでは
受けることのできない刺激を受けたりもします。

今回は特に、一緒にあそぶ感覚が
例年以上に強かったと思うので、
その楽しさも今まで以上に味わえたかと思います。

2日間の中に、大きなイベントが
散りばめられているわけではないですが、
小さな行動の積み重ねが関係性を強くする…。
その子のちょっとしたきっかけになる…。

それが合宿の醍醐味かなと思います。
今回はそれが色濃く出たように思います。

子どもにとっても、キャンプとはまた違う
ワクワクドキドキがあるようです。

キャンプはたくさんの大人の力を借りて、
ダイナミックな活動ができることがポイント。

合宿は、指導員といるとは言え、
指導員は段取りを組んでいたりして、
自分たちだけの時間がある楽しさや、
小さな部屋で過ごすことで
子ども同士発見があったり、
何かしら子どもだけで生活できたような自信
つかんでいるのかもしれません。
大人の知らない世界を築きあげているような。

それが、合宿を楽しいと思う要因かもしれません。

今回は、男の子は今まで以上に
ケンカも多くありました。
それも普段起きていることが
合宿でも起きたという様子でした。

何かとあんちゃんが最初に気づいてくれていて、
気苦労をかけてしまいましたが、助かりました。

また、今回は合宿に行くことに
抵抗があったAYg.Yにも、
行く前からあんちゃんが話をしてくれていました。

結果、AYg.Yは参加することができました。

寝る時が心配だという話が出ていて、
実際なかなか寝れず…
この部屋のメンバーは特に(笑)。

ASm.K、DS.M、ET.Kの隣を渡り歩き、
一番寝付ける寝床を探し回ったAYg.Yが
たどり着いた先は、ET.Kの隣でした。

真夜中にその2人の寝顔を見た時は、
すごくほっこりしました☆

合宿から戻り、お迎え時間になって帰るAYg.Yに
「来年も行きたい?」と聞くと、
「うん」と答えてくれました。

苦手意識のあった合宿を克服、
これも成功の1つです☆

もしかしたら、つまらなかった、
嫌な思いをしたという子もいたかもしれません。

フォローが至らなかったことも
あったかもしれませんが、
1人1人が何か思い出を持って
帰って来てくれていたら嬉しいです。

きっと反省材料がこれから出てくるかもしれませんが、
今回がピークではなく、
子どもも指導員も、
送り出してくれる保護者のみなさんも
毎回毎回行って良かったと
思える合宿を続けていきたいです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:05 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新年スタート [2020年01月06日(Mon)]

指導員いでっちの投稿です。

●1月4日(土)

真田山子どもクラブの新年が明けました。
登所人数は、普段の土曜日よりも少なく
穏やかな新年のスタートとなりました。

カレンダーを貼り替えたり、
読書やトランプをしたりして、
お昼ごはんの相談。

チャーハン、たこ焼き、そば、お好み焼き、
シュウマイ、ギョウザといった候補の中から、
ギョウザとチャーハンか白ごはんの好きな方を食べる、
そして、たまごスープを加えたメニューに決まりました。

BM.O、AR.S、AH.Sがギョウザを80個包み、
はまちゃんと一緒に焼いてくれて、
自画自賛の出来上がりでした☆

作る前は、
「チャーハンは昨日食べたから白ごはんでいい」
と言っていたEA.Sは、
結局チャーハンを食べていました(笑)。

「チャーハンだいすき!」
とメニューを決めた時から
テンションの高かった@Kg.Eは、
嬉しさのあまり
お皿にチャーハンを盛りすぎたようで、
途中から「おなかいっぱいなってきた…」
と意気消沈。

しかし、周りに「がんばれ」と応援され、
食べきりました

午後からは、
EK.Iの提案でスライム作り。

それぞれ好きな色をつけて、
ぷにぷにのスライムを作りました。

みんな出来栄えに自信があったようで、
「どう?」「さわって」
と、次々に見せにきてくれました☆

image0.jpeg
image1.jpeg

片付けはEK.Iが
チャキチャキと指示を出していました☆

新しい年になり、
まもなく3学期がスタートします。

EK.IとEA.Sが何度となく、
卒所式で何をしようかという話をしていました。

もうそんな時期…

6年生の旅立ちの季節が迫ってきました。

6年生にとっても、
送り出す1〜5年生にとっても、
良い卒所式を迎えられるよう、
3学期も充実した日々を過ごしてほしいです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 20:47 | さなだやま日記2020 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ