CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 2021年11月 | Main | 2022年01月 »

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿

【通年募集】ソフトウェア寄贈プログラム TechSoup Japan
NPO法人、公益法人、社会福祉法人を対象とするソフトウエア寄贈プログラム。Adobe、Symantec、Microsoft、red earth  のソフトウェアを市場価格の4%〜10%程度の手数料で寄贈仲介する。

■助成元:特定非営利活動法人 日本NPOセンター
■URL :http://www.techsoupjapan.org/

■締切 :通年募集

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿

【随時受付】地域助け合い基金
 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要であると考えています。   
 そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助成を行います。ぜひご応募をお待ちしております。

■助成元:公益財団法人さわやか福祉財団
■分野:保健・医療・福祉、子どもの健全育成、まちづくり、その他
■URL: https://www.sawayakazaidan.or.jp/community-fund/

■締切日:随時受付

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:36 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿【2月14日締切】


チームによる支援活動の広域展開〜子ども・若者(外国人を含む)に焦点を当てた社会的包摂の実現〜


 貧困、引きこもり、ヤングケアラー、不登校等、様々な状況の下で社会的孤立に直面し、悩みを抱え込みながら生活している子ども・若者(外国籍世帯の子ども・若者も含む)に対して、地域社会との多彩な形のつながりを模索し、社会的自立を促す社会的包摂の実現に取り組む事業を募集します。

■助成元:一般財団法人 中部圏地域創造ファンド
■分野:社会教育、子どもの健全育成、その他
■URL:https://www.crcdf.or.jp/9_kyuminyokin/kusanone2021.html
■締切日:2022年2月14日(月)※17時必着

◆申請についてのお問い合わせ◆

公募の期間中、下記問い合わせ先まで、遠慮なくご連絡ください。
一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CCF)
住所:〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-5-16 愛知県林業会館2F
E-mail:kusanone2021@crcdf.or.jp
電話:052-228-0350  FAX:052-228-0360
原則、メールにて対応させていただきます。
他の申請者にも共通する内容はQ&A形式で、こちらに掲載していきます。※下記もご参考にして下さい。
助成金に関するよくある質問
草の根活動支援事業2019の公募に関わるQ&A(募集内容が異なりますので、ご注意ください)

メールでのご質問がどうしても難しい場合、下記の日程でZOOMによる個別相談にも対応させていただきます。

事前相談会 1団体につき30分程度
1月13日(木)13:00〜17:00
1月17日(月)13:00〜17:00
1月21日(金)13:00〜17:00

上記E-mailにて、@団体名 A希望日時 B質問内容の概要を記載の上、予約してください。
折り返し、ZOOMのURLをお送りさせていただきます。



お問い合わせ先

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目5-16 愛知県林業会館2F
TEL:052-228-0350
FAX:052-228-0360
Email:crcdf@crcdf.or.jp
中部圏地域創造ファンド.

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:36 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿【1月31日締切】

ネオニコチノイド系農薬に関する企画


 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(以下、abt)は、自然環境と人間生活の調和を目的とした市民の主体的活動を支援する、独立した民間基金です。2012 年度から「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」の一般公募を行なってきました。今年度は、「調査・研究」、「広報・社会訴求」、「市場“緑化”」、「政策提言」の 4 カテゴリーで募集します。

■助成元:一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト
■分野:環境、その他
■URL: http://www.actbeyondtrust.org/program/kobo2022/


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:35 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2022年1月24日(月)※15時まで


【1月24日締切】令和3年度WAM助成(補正予算事業)「コロナ禍における生活困窮者及びひきこもり支援に係る民間団体活動助成事業」
 新型コロナウイルス感染症の影響により、孤独・孤立に陥る危険性の高い生活困窮者やひきこもり状態にある者等に対する支援活動を実施する民間団体の取組みを支援することを目的とします。

■助成元:独立行政法人 福祉医療機構
■分野:保健・医療・福祉、NPO支援
■URL:https://www.wam.go.jp/hp/r3hosei_wamjyosei/

助成の目的

 新型コロナウイルス感染症の影響により、孤独・孤立に陥る危険性の高い生活困窮者やひきこもり状態にある者等に対する支援活動を実施する民間団体の取組みを支援することを目的とします。
提出期限

令和4年1月24日(月曜日) PM3:00 まで
助成対象期間   令和4年4月1日〜令和5年3月31日
助成の対象となる団体  次のすべての要件を満たす団体とする。

(1)社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体
社会福祉法人
医療法人
公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
NPO法人(特定非営利活動法人)
一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす[助成対象となる事業の実施期間中に移行するものを含む]一般社団法人又は一般財団法人)
→ 法人税法上の非営利型法人は「 国税庁HP」をご覧ください。
その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人・団体は、 次の要件を満たす必要があります。
※ 理事を2人以上置いていること
※ 役員会など意思決定を行うための組織について、運営規約等に定めていること



(2)生活困窮者やひきこもり状態にある者等に対する支援に関する活動を行う民間団体であり、原則として1年以上の活動実績を有すること

(3)孤独・孤立に陥る可能性の高い生活困窮者やひきこもり状態にある者等を支援するための連携体制を有すること。




助成の対象となる事業
事業内容
(1)新型コロナウイルス感染症等の影響から、孤独・孤立に陥っている生活困窮者及びひきこもり状態にある者等に対して、電話・SNS相談、住まいの確保等の支援、就労に向けた支援、食料の支援、子どもの学習支援、地域活動等での就労体験の提供その他生活上の支援を行うことにより、社会的なつながりを構築・維持する事業

(2)上記の生活困窮者等の支援を行う民間団体に対して、支援活動の実施にあたっての助言、ネットワークの構築等の中間的支援を行う事業
地域連携活動支援事業
 同一の都道府県内で活動する事業であること。

お問い合わせ
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
Tel: 03-3438-4756 又は 03-3438-9942    Fax: 03-3438-0218



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:34 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿【1月7日締切】

ろうきん安心社会づくり助成


 ろうきんは福祉金融機関と言われるように、営利を目的としない金融機関です。
 その社会的役割は多岐にわたっていますが、はたらく人の生活を守り向上させることを目的としていることには変わりありません。
本助成金は「ろうきん理念」に基づき、社会が抱える様々な課題の克服に向けて、地域で主体的に活動するNPO・ボランティア団体の活動を支援することを目的に創設された「冠基金」プログラムです。

■助成元:公益財団法人 長野県みらい基金
■分野:保健・医療・福祉、まちづくり、その他
■URL: https://www.mirai-kikin.or.jp/crown-program/2230/

助成対象団体 長野県内を活動拠点とした、特定非営利活動法人・ボランティア団体・公益法人・社会福祉法人・学校法人・地縁組織・協同組合などの公共的活動を行う団体。(社会貢献活動を行うために、企業等で構成する任意団体も該当します)
ただし、昨年度、本助成を受けた団体は除きます。
助成対象となる活動 @ 生活・福祉の向上に役立つ活動
A 地域づくりにつながる活動
B 勤労者・高齢者が参加する活動
C その他、本制度の目的に沿うと判断される活動
助成金額 1団体あたり上限20万円(8〜10団体を予定)
助成対象となる使途 事業運営費・研修費・改装費・備品購入費(事業の目的に関連する備品)・人件費(事業の遂行に必要な費用)・その他この制度に沿うと判断される使途。
助成の対象とならないもの @ 団体の経常的な運営経費・公共料金・交通費など日常的な経費
A 継続的事業で、一部助成しても次回からの見通しが立ちにくいもの
B 高額機器・機材の一部で、助成しても購入できないもの
C 既に終了した事業やその欠損補填
申請方法 @ 当サイトより、「申請書(PDF形式)・申請書(Word形式)」および、「予算書(PDF形式)・予算書(Excel形式)」をダウンロードしてください。
A 各項目に入力の上、印刷して押印し、必要書類を添付して、原本は郵送で、電子データはEメールにて、長野県みらい基金 松本事務所「2021 ろうきん安心社会づくり助成金」係まで提出してください。

【原本送付先】
〒390-0852 長野県松本市大字島立1020 松本合同庁舎2階
公益財団法人 長野県みらい基金 松本事務所「2021 ろうきん安心社会づくり助成金」係
TEL:0263-50-5535

【電子データ送信先】
E-Mail matsumoto@mirai-kikin.or.jp

※助成金審査の結果、助成団体に選定された場合には「長野県みらいベース」への団体登録いただくことが必須条件になります。
※登録は随時受け付けておりますので、申請を希望する団体で未登録の場合は早めにご準備をお願いします。
団体登録方法 当サイトから団体登録要綱をご確認ください。
その上で様式による書類(第1号〜第4号)に必要事項を記入し、印刷・押印し、必要書類を添付して、長野県みらい基金 松本事務所に郵送してください。
また、申請書データはPDFに変換せず、長野県みらい基金 松本事務所に送信してください。
審査方法 長野県みらい基金に設置されている第三者の方々で構成する審査委員会にて、厳選な審査を行います。
選考の主な視点 @ 「安心社会作り」に寄与すると思われるもの
A 他からの助成が受けにくいもの
B 申請された事業が確実に行われると判断できるもの
C 履行可能な組織であること
とし、審査結果は応募団体へ郵送及びメールにてお知らせすると共に、「長野県みらいベース」上で発表いたします。
<募集期間・スケジュール> 申請告知 2021年11月15日(月)
受付期間 2021年11月15日(月)〜 2022年1月7日(金)※当日消印有効
審査結果発表 2022年2月16日(水)
助成金交付 2022年2月(予定)
活動実施期間 助成金交付日〜2023年2月28日(火)
報告書の提出 事業終了後直ちに、遅くとも2023年3月31日(金)まで
※活動報告書は、長野県みらいベースのサイト上に公開します。


<問い合わせ先> お問い合わせ・お申し込みは
公益財団法人 長野県みらい基金 松本事務所「2021 ろうきん安心社会づくり助成金」係
〒390-0852 長野県松本市島立1020 松本合同庁舎2階
TEL 0263-50-5535 / FAX 0263-50-6561
E-Mail matsumoto@mirai-kikin.or.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:33 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿【12月31日締切】

地域活動団体への助成「生活学校助成」


 近所のお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの回収や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか? 
 生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。

■助成元:公益財団法人あしたの日本を創る協会
■分野:保健・医療・福祉
■URL: http://www.ashita.or.jp/sg2.htm


■対象団体(@及びAの両方に該当する団体)
 @身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体
 A全国の生活学校が連携して行う「全国運動」に参加する意向のある団体
■助成金額
 @生活学校への参加 6万円(初年度3万円、2年目3万円)
 A全国運動への参加 上限5万円(現在のテーマは「食を通じた子どもの居場所づくり」)
■全国運動の活動実施時期
 全国運動の活動実施時期については、助成の決定後1年間のうちに都合の良い時に2回以上取り組んでいただければ結構です。

■申請書の入手方法
 まずは、下記問い合わせ先までメールでご連絡のうえ、申請書をお取り寄せください。
■申請方法
 次の2点の書類をご提出ください。
 @申請書(所定の書式に必要事項を記入)
 Aこれまでの活動がわかる会報または資料等(A4サイズ1〜2枚程度)
■審査および決定
 申請書類に基づいて審査を行い、助成対象団体を決定します。結果については10月にメールでご連絡します。
■問い合わせ先
 公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校募集係
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-7 大成堂ビル4階
 TEL03-6240-0778  FAX03-6240-0779  E-mail:ashita@ashita.or.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:33 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2022.01.12


令和4(2022)年度「住まいとコミュニティづくり活動助成」

「住まいとコミュニティづくり活動助成」は、ハウジングアンドコミュニティ財団の自主事業として1993年度から開始したユニークな助成プログラムで、市民の自発的な住まいづくりやコミュニティの創出、そして、地域づくり活動を一貫して支援してきました。29年間にわたる助成件数は延べ440件にのぼり、各団体の活動成果は大きな社会的評価を得ています。
市民主体の活動は、全国各地で展開されるようになり、この助成がきっかけで大きく発展した活動も増えています。
令和4(2022)年度は、今日の住まいとコミュニティに関する多様な社会的課題に対応するため、「コミュニティ活動助成」と「住まい活動助成」の二本立てとし、それぞれに対して助成を行います。
皆様からの意欲に満ちたご応募をお待ちしています。

【コミュニティ活動助成】
地域づくりやコミュニティを基軸にした広範な市民活動に対する助成

【住まい活動助成】
住まいや住宅地、団地、マンションなどを活動対象にして今日の多様な住宅問題に取り組む活動に対する助成


■助成の対象となる団体および活動
1.助成の対象となる団体
営利を目的としない民間団体(特定非営利活動法人、法人化されていない任意の団体など)。
団体として、代表責任者が明確であること、意思決定のしくみが確立されていること、予算決算を含む会計処理が適切に行われていること。

2.助成の対象となる活動
今日の人口減少社会、少子高齢化社会等を背景にした住まいとコミュニティに関する課題に取り組む市民の自発的な地域づくり・住まいづくり活動で、地域住民が主体的に関わっている次に掲げるもの。(なお、「応募要項」に活動内容の一例を掲載しています。)

 社会のニーズに対応した地域活動
 地域環境の保全と向上
 地域コミュニティの創造・活性化
 安心・安全に暮らせる地域の実現
 その他、豊かな住環境の実現に繋がる活動


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.11.12 〜 2022.01.12
実施団体
一般財団法人 ハウジングアンドコミュニティ財団
URL
http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html



お問い合わせ先
一般財団法人 ハウジングアンドコミュニティ財団  
〒105-0014 東京都港区芝2-31-19 バンザイビル7階  
tel.03-6453-9213
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:32 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2022.01.12

小規模事業者持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠> 第5回

小規模事業者が新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するものです。


【公募期間】 ※詳細は「6.申請手続きの概要」をご覧ください。
公募は通年で行っており、以下のとおり、複数回の締切を設けています(受付締切時間はいずれも17時)。な
お、日程は予定であり、変更する場合がありますので、事務局ホームページより最新の状況を御確認ください。
締切間際の申請は非常に混み合うことから、スムーズに申請できない場合がありますので、余裕を持って申請してく
ださい。
第5回:2022年 1月12日(水)
※第6回:2022年 3月 9日(水)

※特定非営利活動法人は、特定の要件を満たす場合に限り、補助対象者となり得ます。
なお、同要件を満たす特定非営利活動法人の「常時使用する従業員の数」の適用業種は「その他」として、「製造
業その他」の従業員基準(20人以下)を用います。
@法人税法上の収益事業(法人税法施行令第5条に規定される34事業)を行っていること(法人税確定申告書別表 1 及び別表4(簡易様式)提出が必須です)
A認定特定非営利活動法人でないこと


【相談窓口】
申請時における添付書類等で不明点がございましたら、コールセンターによる電話相談のほか、商工会・商工会議所でのご相談も可能です。

【お問い合わせ先】
小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)コールセンター
電話番号:03-6731-9325 ※受付時間:9:30〜17:30(※土日祝日、年末年始を除く)
※お問い合わせが集中した場合に繋がりにくくなることがあります。また、お問い合わせ内容によっては、回答に時間を要する場合がありますので、予めご了承ください。


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.11.22 〜 2022.01.12
実施団体
独立行政法人中小企業基盤整備機構
URL
https://www.jizokuka-post-corona.jp/

お問い合わせ先
小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)コールセンター
電話番号:03-6731-9325 ※受付時間:9:30〜17:30(※土日祝日、年末年始を除く)
※お問い合わせが集中した場合に繋がりにくくなることがあります。また、お問い合わせ内容によっては、回答に時間を要する場合がありますので、予めご了承ください。

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:31 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年12月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2022.01.11

ゆうちょ財団 金融相談等活動助成
内容
ゆうちょ財団では、高齢者及び大規模災害の被災者ならびに障がいのある人等向けに金融相談や金融教育等を行うNPO等団体を対象に、その活動費の一部を助成します。

(1)助成対象活動
高齢者、大規模災害の被災者、障がいのある人等を対象とした金融相談及び金融教育等に関する下記の活動とする。
ア 金融相談会の開催
イ 金融相談員の育成・確保
ウ 金融知識の普及等に関する情報提供
エ 金融トラブル未然防止等に関する情報提供
オ 金融教育教材の作成配布 他
※ただし、5年連続して助成対象となった活動については助成対象としない(6年連続助成は認めない)。

(2)助成対象団体
 (1)の助成対象活動を実施又は計画しているNPO法人等(任意団体含む。営利団体除く)の団体。


※詳細は募集要項をご覧ください。
募集期間
2021.11.01 〜 2022.01.11
実施団体
一般財団法人ゆうちょ財団
URL
https://www.yu-cho-f.jp/lecture/consultation/kyotoku/fix.html?doing_wp_cron=1635750798.7872190475463867187500

お問い合わせ先
一般財団法人ゆうちょ財団 教育出版部
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-4 ゆうビル3階
Tel. 03-5275-1811 / Fax. 03-5275-1805

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 17:30 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集