CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 2021年09月 | Main

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.28

「芸術活動助成金」-2022 年度
内容
<内容>
■概要・趣旨
音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。

■助成の対象となるもの
音楽分野、美術分野の 2 分野について助成を行います。
 ※ 音楽:クラシック音楽、オペラ・バレエ、能・文楽・歌舞伎、邦楽 (伝統音楽) 等の公演・音楽祭
 ※ 美術:絵画、彫刻、写真、映像など美術作品の展覧会や芸術祭

そのうち、芸術的水準が高いと認められ、原則としてプロ、あるいはプロを目指す芸術家が出演者、出展者として行う事業で、次のいずれかの要件を満たすことが必要です。
・芸術上の啓蒙普及的意義のあるもの
・芸術家に発表の機会を広げるもの
・地域の芸術文化向上に資するもの


■助成の応募・申請要件
申請できるのは、申請する事業を確実に実行できると認められる以下の方々です。

・芸術活動・事業を主催する公益法人や非営利団体 (それに準じる任意団体)、個人
・公益法人や非営利団体が主催する芸術祭等に出演・出展するグループ、個人
※ 日本人 (日本在住者) が海外で行う事業や外国人が主催・実施する事業について申請できるのは以下の条件を満たす申請者による、1 〜 3 の事業のみです。
・日本国内に現住所 (生活拠点) があること
・日本国内に常時連絡が取れる連絡担当者があること
・助成金振込先として日本国内の金融機関に申請者自身の口座を有すること
 1.日本在住の日本人が海外で開催する事業
 2.海外在住の日本人が日本で開催する事業
 3.日本在住の外国人が日本で開催する事業
・「任意団体」とは規約 (定款等)、構成員、責任分担、資金負担などの取り決めがあり、経理を独立して行う団体・組織としての実態があるものです。
・グループ活動、グループ展で、そのグループが上記に規定する「任意団体」に該当 しない場合には、そのグループの代表者が「個人」として申請してください。
・公益法人・自治体が運営する施設 (会館、ホール、美術館、博物館等) の指定管理者である企業が、その施設の管理運営のために行う芸術活動・事業について申請する場合には、申請者となることは可能です。


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.07.01 〜 2021.11.28
実施団体
(公財)朝日新聞文化財団
URL
https://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant01.html

お問い合わせ先
公益財団法人朝日新聞文化財団
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館6階
(電話)03-6269-9441
(FAX)03-6269-9442
(E-mail) jimukyoku@asahizaidan.or.jp




※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:54 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.24

あすなろ福祉財団 助成領域T. 障がい者の自立及び社会参加に関する各種の活動
内容
あすなろ福祉財団は、高い理想をもって真摯に障がい者の社会参加を支援している団体やグループを対象に、その団体やグループが行う活動に対して支援を行うことによって、障がいを持つ方々が健康的で、明るい社会生活を営むことができる環境づくりに貢献することを目的として設立されました。
 当財団は、2017年7月18日に一般財団法人として発足し、その活動の公益性が認められ、2018年4月1日付けで内閣府から公益認定を受け、「公益財団法人 あすなろ福祉財団」として新たにスタートいたしました。

ご案内の助成は、障がい者の社会支援に取り組んでいらっしゃる皆様からの申請を対象に、当財団の選考委員会の審査、理事会での決定を経て、助成(資金支援)を行うものです。

1. 助成の目的
あすなろ福祉財団は、障がい者が明るい社会生活を営める環境づくりに貢献することを目的として、障がい者の自立及び社会参加に関する様々な活動を実施している団体に対して助成を行うことを目的とします。

2. 助成対象
日本国内において創業時から3年以上の継続した活動実績がある団体
非営利法人 (社会福祉法人、特定非営利活動法人等)

領域T. 障がい者の自立及び社会参加に関する各種の活動

助成金額(注1)と助成対象経費(注2)
領域T
10万円〜300万円(上限は、原則、総事業費の5割まで)
障がい者の自立及び社会参加に結びつく新規事業や既存事業の拡充・サービス向上に必要な費用のうち物品費及び委託人件費(注3)

助成対象期間
2022年4月1日〜2023年2月末
(原則 2023年2月末までに事業を完了してください)


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.10.15 〜 2021.11.24
実施団体
公益財団法人 あすなろ福祉財団 
URL
https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.html

お問い合わせ先
Email. info@asunaro-zaidan.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.19

SMBCグループライジング基金 2021年度寄付先募集
内容
2021年度寄付先として、次世代を担う子供・若者の暮らしや健全な成長を支援する事業を公募いたします。

募集概要は以下の通りです。応募にあたっては、募集要項を必ずご確認ください。

◯対象となる事業テーマ:
次世代を担う子供・若者の暮らしや健全な成長を支援する事業
※本公募においては、「次世代を担う子供・若者」の年齢層は、乳幼児から20代半ばまでを想定しています。
※本公募では日本国内で実施する事業が対象です。

◯対象となる取り組み:
上記のテーマで活動する団体が、現在の事業においてより効率的・効果的に支援対象や支援内容を広げる取り組み(拠点や対象者拡大、サービス内容の拡充、新しい工夫による普及等)

◯対象となる団体:
・特定非営利活動法人、財団法人、社団法人等の法人格を持つ非営利組織
※営利を目的とした組織(株式会社等)、任意団体は含みません。
・原則として、活動実績2年以上の団体でより効率的・効果的に支援対象や支援内容を広げようとする意欲と計画がある団体

◯対象となる経費:
応募事業の実施に必要な費用全般(応募事業に従事するスタッフ等の人件費・管理費を含む)

◯1団体あたりの寄付金額:最大300万円

◯寄付総額:1,500万円(予定)

◯採択予定団体数:5団体(予定)

◯寄付対象期間:2022年4月から1年間(2022年3月下旬に寄付金支払を予定)

◯公募締切:2021年11月19日(金)15時

◯最終選考結果通知:2022年2月中旬(予定)


※詳細は募集要項をご確認ください。
募集期間
2021.10.04 〜 2021.11.19
実施団体
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)
URL
https://jp-advisory.org/smbcrising2021/index.html

お問い合わせ先
事務局

Email: smbcrising2021@jp-advisory.org
(運営協力:一般社団法人ジャパン・フィランソロピック・アドバイザリー)


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.16

ニッセイ財団 2022年度 児童・少年の健全育成助成
内容
1 助成対象等
 元気っこ活動(子どもたち自身が主人公となって行う、 自然体験?生活体験活動、仲間づくりや文化の伝承活動等)や
 地域の子育て支援活動を地域活動の一環として定期的かつ日常的に取り組んでいる民間の団体を対象に助成

2 申請先及び期限等
(1)申請先
  〒 950-8570 新潟市中央区新光町 4-1
  新潟県福祉保健部子ども家庭課

(2)提出書類
  ア 申請書
  イ 団体の内容に関する資料(会報・会則・年間スケジュール・収支報告等)
  ウ 助成物品に関する資料(見積書・カタログ等)

(3)提出期限
  令和3 年11月16 日(火) 【必着】

3 留意事項
(1) 詳細は日本生命財団のホームページや申請要項を御覧ください。
  http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/

(2) 令和 3 年12月に県において、推薦団体を選考のうえ、日本生命財団に推薦をします。
  その後、日本生命財団が助成団体を決定し、令和4年4月末までに各団 体へ通知する予定です。
募集期間
2021.10.05 〜 2021.11.16
実施団体
公益財団法人日本生命財団
URL
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou/index.html

お問い合わせ先
新潟県福祉保健部子ども家庭課企画係
TEL:025-280-5214
FAX:025-281-3641
MAIL:ngt040270@pref.niigata.lg.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:52 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.15

社会福祉育成活動推進のための 2021年度 助成事業
内容
社会福祉法人及び特定非営利法人、任意団体等が実施している福祉事業のうち、比較的小規模な施設の事業充実のため、また障害者支援等で財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓的な事業活動に対し助成します。

【助成内容】
助成総額 2,000万円
1法人・団体あたり20万円を限度とする。
事業運営に必要な設備備品購入等に対する助成です。


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.09.15 〜 2021.11.15
実施団体
公益財団法人愛恵福祉支援財団
URL
http://www.aikei-fukushi.org/?p=1887


お問い合わせ先
公益財団法人 愛恵福祉支援財団 事務局
電話 03-5961-9711 メール loveandgrace@aikei-wf.or.jp
住所 〒114-0015 東京都北区中里2−6−1


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:51 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.5

2022年度日本郵便年賀寄付金配分団体を公募

2022年度日本郵便年賀寄付金の配分を希望する団体を公募いたします。
申請の受付期間は2021年9月13日(月)〜同年11月5日(金)(当日消印有効)です。詳しくは以下の資料をご覧ください。
多くの皆さまからの申請をお待ちしております。
募集期間
2021.09.13 〜 2021.11.5
実施団体
日本郵便株式会社
URL
https://www.post.japanpost.jp/kifu/topics/r030831_01.html



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:51 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.02
「ファミリーマート&むすびえこども食堂助成」 こども食堂の再開支援・感染症対策を応援
内容
【はじめに】
むすびえでは、みなさまの思いの結集である店頭募金「ファミリーマート夢の掛け橋募金」をお預かりし、これまでも「ファミマこども食堂」や「ファミマフードドライブ」など地域に寄り添いこどもたちの明るい未来のための様々な支援に取り組んでこられたファミリーマート様とともに、「ファミリーマート むすぶ、つながる、こども食堂応援プロジェクト」を立ち上げました!

本プロジェクト第一弾では、助成事業を通じてこどもの居場所づくりや地域のつながりの醸成に取り組まれる皆様を応援します。ワクチン接種が広がるにつれ、こども食堂再開の機運が高まる一方、最近では新型コロナウイルスの感染拡大に応じ若年層への感染を目にすることも増え、不安が中々解消されません。しかしそんな厳しい状況下でも、感染症対策を徹底しながらこどもの居場所を守り、地域でつながり続けようとするこども食堂の皆様がいらっしゃいます。活動を維持されるこども食堂、これからの再開の準備を進めるこども食堂の皆さまを資金支援を通じて応援させていただきます。


【助成対象団体】
・フードパントリー等に形を変えて活動を継続してきたが、一堂に会した食堂を再開する団体

・一堂に会する食事はしないが居場所となる活動をする団体

・コロナ禍等で活動を休止していたが再開する団体
(一堂に介した食堂再開を将来に描いた上で、まずはフードパントリー等を実施するケースも含みます)

・感染症対策を強化し、居場所の安心・安全を高めようとする団体

※2022年3月31日までの間に一度でも活動を予定されている団体が対象となります。
※過去にこども食堂開催の実績がなく、これから立ち上げようとする団体様は対象には含まれません


※詳細はURLをご覧ください。
募集期間
2021.10.05 〜 2021.11.02
実施団体
NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ
URL
https://musubie.org/news/4022/

お問い合わせ先
認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
「ファミリーマート&むすびえこども食堂助成」  担当:野村、常田、薬師寺
Email:familymart@musubie.org



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:50 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.01

『高速道路利用・観光・地域連携推進プラン』の募集
内容
一般財団法人国土計画協会は、高速道路の利用を通じた観光及び
地域交流の推進を図る観点から、高速道路及び高速道路のSA、PA、IC、
スマートIC等を活用した取り組み、高速道路の利用者の利便増進に関する
取り組み、及び観光に関する取組みに対し一定の支援を行うため、
公益的団体等が主体となって実施する実現可能なプランを募集します。

1.主催
一般財団法人国土計画協会

2.募集対象事業
募集対象事業は、以下のようなものを想定しています。

@高速道路と地域が相互に連携を図ることによって、高速道路の利用促進と地域活性化につながる等の事業。
A高速道路のSA、PA、IC、スマートIC等を活用して、高速道路の利用者及び地域住民等の利便向上につながる等の事業。
BSA、PAが設置されない新直轄道路等の近隣における「道の駅」やガソリンスタンド等を活用して、利用者サービスの向上を図る等の事業。
Cその他本事業の趣旨にかなう事業

3.応募対象者

@構成員又は出資者等の構成からみてふさわしいと認められる公益的団体(協議会、商工会議所、商工会等)
A地方公共団体が出資する法人等(第三セクター等)
BNPO法に基づくNPO法人
C公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人

なお、応募の主体、及び構成員が暴力団その他の反社会的活動を行う団体等は
応募対象としません。


4.支援事業数及び支援金

@支援事業数は3件程度。
A支援金は、支援決定の翌年度から3年度(令和6年度末)以内の計画実現を条件として、1件あたり上限1,000万円。
(ただし、複数年度にわたる事業の1年度の支援金上限額は500万円) 
○事業実施に必要不可欠なもの以外で、以下のような経費は支援の対象となりません。

 ・応募団体、及びその構成団体の人件費、事務所維持費等
 ・事業の主たる部分を応募団体以外の者に委託する等の経費
 ・プラン実施年だけで終了する試験的な取り組み等
 ・プラン自体が単発的イベント等で構成されたもの
・クーポン、金券等
 ・建物、施設などの建設費、維持費
 ・その他、資産となり得るものの取得費、維持費

※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.08.02 〜 2021.11.01
実施団体
一般財団法人国土計画協会
URL
https://www.kok.or.jp/project/highwayplan.html

お問い合わせ先
〒102−0082 
東京都千代田区一番町13番地3号 
ラウンドクロス一番町ビル2階
一般財団法人国土計画協会 
高速道路課 黒沼 高野倉
TEL 03−3511−2185
(10:00〜17:00 
※土、日、祝日を除く)


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:50 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.10.31
環境保全プロジェクト助成
内容
1.対象となるプロジェクト
次の3つの条件を満たすプロジェクトが対象となります。

@活動の内容
原則として、国内において「自然保護」「環境教育」「リサイクル」「気候変動対応」など
広く環境に関する分野で、実践的活動や普及啓発活動を行うもの

A原則として2021年度中に開始予定のもの
(すでに開始されているプロジェクトも対象となります。)

B継続性、発展性を持つプロジェクトであり、その成果が公益のために貢献するもの


2.対象団体
次の2つの条件を満たす団体が対象となります。

@2020年12月末時点で公益法人、NPO法人または任意団体としての環境保全活動実績が2年以上あること

A助成対象となったプロジェクトの実施状況および収支状況について適正に報告できること
(助成実施後、活動報告書等を作成いただきます)


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.09.08 〜 2021.10.31
実施団体
公益財団法人SOMPO環境財団
URL
https://www.sompo-ef.org/project/project.html


お問い合わせ先
公益財団法人 SOMPO環境財団
〒160−8338 東京都新宿区西新宿1−26−1
TEL 03−3349−4614
FAX 03−3348−8140
Email office@sompo-ef.org



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:49 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.10.31

アジア生協協力基金一般公募助成金
内容
■助成の概要 ※詳細は【募集要項】をご覧ください。
1.助成の対象となる組織
@原則として、日本国内に拠点(事務局など)を有するNPO、NGO、一般社団法人、一般財団法人、市民グループなどの非営利の組織。加えて、政治・宗教を目的としない組織であること、反社会的な活動を行わない組織であること。
A原則として、1年度の収入(経常収益など)が1億円未満の組織。
B活動開始から2年度を超えた活動実績を有する組織。
C申請事業を実施するうえで、現地に対等な協力組織(カウンターパート)をもつ組織。
D継続申請の場合を除き、過去2年度以内(2020年度、2021年度)に本助成を受けていない組織。

2.助成の対象となる事業
@アジア・太平洋地域で実施される事業。
A社会的に脆弱な立場や経済的に困難な状況に置かれた現地の人々を、主要な受益対象者とした事業。
B現地の人々の主体的な参加と協同・組織化を促進し、現地の人々の社会的自立・経済的自立を目的とした事業(※現地の人々の参加が見込めない事業、単発の研修・セミナーやイベントの開催など友好親善を目的とした交流事業、組織の維持・運営に係る運転資金の補てんが主目的である事業、調査や研究が主目的である事業などは助成の対象になりません)。

3.助成対象事業の実施期間
@助成金額は1件当たり上限100万円。
A原則として、助成期間は2022年4月1日から2023年2月28日まで。
B助成総額は700万円(概ね7〜9件の採択)。



※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.09.01 〜 2021.10.31
実施団体
公益財団法人 生協総合研究所
URL
https://ccij.jp/jyosei/kikinkoubo210819_01.html

お問い合わせ先
公益財団法人 生協総合研究所 アジア生協協力基金公募 係(担当:宮ア・豊嶋)
〒102-0085 東京都千代田区六番町15 プラザエフ6階
Tel:03-5216-6025 Fax:03-5216-6030
E-mail: tatsurou.miyazaki@jccu.coopsatomi.toyoshima@jccu.coop


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:48 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.10.27
HTM基金(障がいや病気を抱える人々とその家族に対する支援)
内容
■目的
ある篤志家からの寄付を活かし、健康で幸せな人々の暮らしを守るため、障がいや病気を抱える人々とそのご家族の皆様にかけがえのないサポート活動をしてる団体を応援するために助成支援を行ない、公益の増進に寄与することを目的とする。

■助成対象
障がいや病気に悩む人々とそのご家族が抱えている様々な問題に対して、医療・福祉上の支援活動を行っている日本国内において活動する法人(任意団体は対象外となります)
 ・公益法人(公益社団法事又は公益財団法人)
 ・一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)
 ・NPO法人(特定非営利活動法人又は認定特定非営利活動法人)


※詳細は募集要項をご覧ください。
募集期間
2021.09.01 〜 2021.10.27
実施団体
(公財)公益推進協会
URL
https://kosuikyo.com/%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91-2

お問い合わせ先
〒105-0004
東京都港区新橋6-7-9新橋アイランドビル2階
公益財団法人公益推進協会 HTM基金担当 宛
TEL:03-5425-4201
FAX:03-54051814
Email: info@kousuikyo.com
なお、問い合わせの対応時間は平日の10:00〜18:00までとします。



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:48 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2022.01.20


こしじ水と緑の会・朝日酒造自然保護助成基金
内容
新潟県内の自然環境の保全活動や調査研究活動に対し、資金助成をいたします!
こしじ水と緑の会は、里山や水辺に代表される身近な自然環境を守り、現在と未来の世代に豊かな 自然環境を提供することを目的に、2001年に設立されました。この目的を達成するために、朝日酒造 (株)の支援を受けて、民間団体と個人が行う新潟県内の自然環境の保全活動や調査研究活動に対し、資 金助成を行います。自然環境保全に関わる皆様の応募をお待ちしております。

○ 助成金額
原則として1件あたり最高 30 万円、10 件に対して助成。

○ 助成対象活動 ・ 活動期間:2022年4月以降に開始され 2023年9月までに完了する活動。
活動内容:次のような活動が助成の対象となります。活動の対象となる地理的範囲は、原則として 新潟県内ですが、県境に位置する山塊での動植物の研究や、信濃川・阿賀野川など他県からの流入 河川を調査する場合は、この限りではありません。

(1) 自然環境保全に関する実践活動
(2) 自然環境保全に関する普及啓発活動
(3) 自然環境保全に関する環境教育活動
(4) 自然環境保全に関する成果の公表・出版
(5) 自然環境保全に関する調査研究 ・ 過去の助成対象活動は、当財団のホームページ
(https://www.koshiji-nf.org)内の「助成事業」でご覧になれます。
地域住民が主体となって、実際に現場で行うような活動を審査では重視します。

※詳細はURLをご覧ください。
募集期間
2021.11.01 〜 2022.01.20
実施団体
(公財)こしじ水と緑の会
URL
https://www.koshiji-nf.org/%E5%8A%A9%E6%88%90%E4%BA%8B%E6%A5%AD

お問い合わせ先
(公財)こしじ水と緑の会事務局
〒949-5412 新潟県長岡市朝日 595-5
TEL・FAX:0258-92-5238 メール: info@koshiji.org

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:47 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.31
〜包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて〜
内容
1.助成の趣旨
JT は責任ある地域コミュニティの一員として、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、自らが事業を
行っている地域社会における重要な課題に対し、幅広いステークホルダーとともに包摂的かつ持続可能
な地域社会の発展のため、さまざまなコミュニティインベストメントに取り組んでいきたいと考えてお
ります。
「SDGs 貢献プロジェクト」では、JT がコミュニティインベストメントの重点領域として位置付けてい
る、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」に取り組む様々な団体の事業を助成により支援します。
2.助成の対象となる団体
以下の要件を全て満たす団体を対象とします。
大丸1 原則、法人(営利/非営利等の法人格は問わない)であること
大丸1 主たる事業所所在地と事業展開地が日本国内であること
大丸1 法人の設立目的や活動内容が、政治、宗教、思想に偏っていないこと
大丸1 反社会的勢力でないこと、または反社会的勢力と交友関係を有する法人でないこと
3.助成の対象となる事業
「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」のいずれかの分野で、日本国内で実施する包摂的かつ持続可能
な地域社会の発展に貢献する事業を対象とします。
大丸1 「格差是正」:人と人もしくは地域間で生じる水準の差異の是正につながる事業
大丸1 「災害分野」:災害発生地域における支援及び将来の災害に備えた減災・防災につながる事業
大丸1 「環境保全」:様々な天然資源の維持につながる事業
4.助成概要
(1) 助成期間
1 年間とします
6 月募集:同年 10 月〜翌年 9 月の 1 年間
12 月募集:翌年 4 月から翌々年 3 月の 1 年間
助成により実施した事業の実績を総合的に勘案し、継続助成を行う場合があります
※継続助成の場合でも再度選考を実施し、同一事業に対する助成は最長 3 年間とします
(2) 助成金額
助成金額は 1 法人 1 事業を対象とし、上限 200 万円
(3) 対象となる経費
申請事業に関わる事業費
※対象費目及び要件については、申請書記入例に記載の「助成対象となる費目」をご参照ください
(4) 対象外となる経費
申請法人の運営自体に必要な費用(事業所家賃・水道光熱費・通勤交通費等)
申請事業と直接的な関りのない経費(他業務に係る人件費等)
2
申請事業と直接的な関りのない物品の購入費(他業務にも使用する設備や機材の購入・維持費等)
(5) その他
申請事業にて、他の助成金や補助金を受けることは可能ですが、JT の助成金と同一使途での併用は
不可とします
募集期間
2021.12.01 〜 2021.12.31
実施団体
JT
URL
https://www.philanthropy.or.jp/jt/

お問い合わせ先
SDGs 貢献プロジェクト外部事務局
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町 2-2-1 新大手町ビル 244
公益社団法人日本フィランソロピー協会内



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.31
第3回パイロットクラブ チャレンジ助成金
内容
一般社団法人パイロットインターナショナル日本ディストリクト(日本地区)は、地域社会に前向きの変化を

もたらすことを使命とし、脳関連障がい者への支援に焦点をあてて活動している奉仕団体です。

 パイロットクラブは、その使命に共鳴する活動にチャレンジしている方々の活動を支援する助成金事業を行います。

 応募を希望される施設・団体は、募集要項をご精読のうえ申請書に記入し期限までにご提出ください。

● 応募資格 :
共生社会を目指して、福祉向上に関わる活動実績が3年以上のボランティア団体
※法人格の有無は問いません。

※詳細は募集要綱をご覧ください。
募集期間
2021.10.01 〜 2021.12.31
実施団体
一般社団法人パイロットインターナショナル日本ディストリクト
URL
https://www.pijd1951.org/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85-1/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91/


お問い合わせ先
E メール: pilot.international.japan@gmail.com



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.31

SDGs 貢献プロジェクト (後期)

JT は責任ある地域コミュニティの一員として、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、自らが事業を行っている地域社会における重要な課題に対し、幅広いステークホルダーとともに包摂的かつ持続可能
な地域社会の発展のため、さまざまなコミュニティインベストメントに取り組んでいきたいと考えております。
「SDGs 貢献プロジェクト」では、JT がコミュニティインベストメントの重点領域として位置付けている、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」に取り組む様々な団体の事業を助成により支援します。

2.助成の対象となる団体
以下の要件を全て満たす団体を対象とします。
大丸1 原則、法人(営利/非営利等の法人格は問わない)であること
大丸1 主たる事業所所在地と事業展開地が日本国内であること
大丸1 法人の設立目的や活動内容が、政治、宗教、思想に偏っていないこと
大丸1 反社会的勢力でないこと、または反社会的勢力と交友関係を有する法人でないこと

3.助成の対象となる事業
「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」のいずれかの分野で、日本国内で実施する包摂的かつ持続可能
な地域社会の発展に貢献する事業を対象とします。
大丸1 「格差是正」:人と人もしくは地域間で生じる水準の差異の是正につながる事業
大丸1 「災害分野」:災害発生地域における支援及び将来の災害に備えた減災・防災につながる事業
大丸1 「環境保全」:様々な天然資源の維持につながる事業

4.助成概要
(1) 助成期間
1 年間とします
6 月募集:同年 10 月〜翌年 9 月の 1 年間
12 月募集:翌年 4 月から翌々年 3 月の 1 年間
助成により実施した事業の実績を総合的に勘案し、継続助成を行う場合があります
※継続助成の場合でも再度選考を実施し、同一事業に対する助成は最長 3 年間とします
(2) 助成金額
助成金額は 1 法人 1 事業を対象とし、上限 200 万円
(3) 対象となる経費
申請事業に関わる事業費
※対象費目及び要件については、申請書記入例に記載の「助成対象となる費目」をご参照ください
(4) 対象外となる経費
申請法人の運営自体に必要な費用(事業所家賃・水道光熱費・通勤交通費等)
申請事業と直接的な関りのない経費(他業務に係る人件費等)
2
申請事業と直接的な関りのない物品の購入費(他業務にも使用する設備や機材の購入・維持費等)
(5) その他
申請事業にて、他の助成金や補助金を受けることは可能ですが、JT の助成金と同一使途での併用は
不可とします
募集期間
2021.12.01 〜 2021.12.31
実施団体
公益社団法人日本フィランソロピー協会
URL
https://www.philanthropy.or.jp/jt/

お問い合わせ先
公益社団法人日本フィランソロピー協会
SDGs 貢献プロジェクト外部事務局
https://www.philanthropy.or.jp/jt/


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.28


農林水産省 フードバンク支援事業(食品受入能力向上緊急支援事業の募集について)


第3回募集:
募集期間:令和3年10月1日〜令和3年12月28日
補助対象期間:令和3年1月8日〜令和3年12月31日

2.対象
本事業に応募することができる者は、フードバンク(食品関連事業者その他の者から未利用食品の寄附を受けて、子ども食堂等にこれを無償で提供するための活動を行う団体)であって、次の全ての要件を満たすものとします。

1 食品の取扱いに当たって「フードバンク活動における食品の取扱い等に関する手引き」(農林水産省公表資料)に基づく又は準じた取扱いを行っていること。

2 本事業を行う意思及び具体的計画並びに本事業を的確に実施できる能力を有する団体であること。

3 本事業に係る経理その他の事務について、適切な管理体制及び処理能力を有する団体であって、定款、役員名簿、団体の事業計画書・報告書、収支決算書等(これらの定めのない団体にあっては、これに準ずるもの)を備えているものであること。

4 本事業により得られた成果(以下「事業成果」という。)について、その利用を制限せず、公益の利用に供することを認めること。

5 日本国内に所在し、補助事業全体及び交付された補助金の適正な執行に関し、責任を負うことができる団体であること。

6 法人等(個人、法人及び団体をいう。)の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所(常時契約を締結する事務所をいう。)の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者をいう。)が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。)でないこと。


5.内容
フードバンクにおいて、未利用食品の受入れ・提供を拡大するために必要な運搬用車両、一時保管用倉庫(冷蔵庫・冷凍庫を含む。)、入出庫管理機器等の賃借料の経費を支援します。

募集期間
2021.10.01 〜 2021.12.28
実施団体
農林水産省
URL
https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/210324_184-1.html

お問い合わせ先
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課
(北別館6階ドアNo.北 610)
電話:03-3502-8111(内線:4319)
FAX:03-6738-6552




※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.24

あすなろ福祉財団 助成領域U. 障がい福祉サービス事業所等の設備整備及び環境改善
内容
あすなろ福祉財団は、高い理想をもって真摯に障がい者の社会参加を支援している団体やグループを対象に、その団体やグループが行う活動に対して支援を行うことによって、障がいを持つ方々が健康的で、明るい社会生活を営むことができる環境づくりに貢献することを目的として設立されました。
 当財団は、2017年7月18日に一般財団法人として発足し、その活動の公益性が認められ、2018年4月1日付けで内閣府から公益認定を受け、「公益財団法人 あすなろ福祉財団」として新たにスタートいたしました。

ご案内の助成は、障がい者の社会支援に取り組んでいらっしゃる皆様からの申請を対象に、当財団の選考委員会の審査、理事会での決定を経て、助成(資金支援)を行うものです。

1. 助成の目的
あすなろ福祉財団は、障がい者が明るい社会生活を営める環境づくりに貢献することを目的として、障がい者の自立及び社会参加に関する様々な活動を実施している団体に対して助成を行うことを目的とします。

2. 助成対象
日本国内において創業時から3年以上の継続した活動実績がある団体
非営利法人 (社会福祉法人、特定非営利活動法人等)

領域U. 障がい福祉サービス事業所等の設備整備及び環境改善

助成金額(注1)と助成対象経費(注2)
10万円〜400万円(上限は、原則、総事業費の8割まで)
福祉事業活動に直接必要なもので、環境整備のための設備・機器等の購入または改修等の工事費用、福祉関係ソフト費用など


助成対象期間
2022年4月1日〜2023年2月末
(原則 2023年2月末までに事業を完了してください)


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.10.15 〜 2021.12.24
実施団体
公益財団法人 あすなろ福祉財団 
URL
https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.html

お問い合わせ先
Email. info@asunaro-zaidan.or.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:44 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.24

あすなろ福祉財団 助成領域V. 障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための諸活動

あすなろ福祉財団は、高い理想をもって真摯に障がい者の社会参加を支援している団体やグループを対象に、その団体やグループが行う活動に対して支援を行うことによって、障がいを持つ方々が健康的で、明るい社会生活を営むことができる環境づくりに貢献することを目的として設立されました。
 当財団は、2017年7月18日に一般財団法人として発足し、その活動の公益性が認められ、2018年4月1日付けで内閣府から公益認定を受け、「公益財団法人 あすなろ福祉財団」として新たにスタートいたしました。

ご案内の助成は、障がい者の社会支援に取り組んでいらっしゃる皆様からの申請を対象に、当財団の選考委員会の審査、理事会での決定を経て、助成(資金支援)を行うものです。

1. 助成の目的
あすなろ福祉財団は、障がい者が明るい社会生活を営める環境づくりに貢献することを目的として、障がい者の自立及び社会参加に関する様々な活動を実施している団体に対して助成を行うことを目的とします。

2. 助成対象
日本国内において創業時から3年以上の継続した活動実績がある団体
非営利法人 (社会福祉法人、特定非営利活動法人等)

領域V. 障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための諸活動

助成金額(注1)と助成対象経費(注2)
領域V
10万円〜200万円(上限は、原則総事業費の8割まで)
障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための創造活動及び体験機会の拡充にかかる費用(注4)

助成対象期間
2022年4月1日〜2023年2月末
(原則 2023年2月末までに事業を完了してください)


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.10.15 〜 2021.12.24
実施団体
公益財団法人 あすなろ福祉財団
URL
https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.html


お問い合わせ先
Email. info@asunaro-zaidan.or.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.20
2022年度「エフピコ環境基金」
内容
1.エフピコ環境基金について
 海洋プラスチックごみ問題及び気候変動をはじめとする環境問題は、様々な要因が複雑に絡み合い、大きな問題となっています。
エフピコでは1990年に6店舗のスーパーマーケットの店頭に使用済み食品トレー回収ボックスを設置して、「トレーtoトレー」のリサイクルをスタートさせ、回収拠点は9,800ヶ所を超えるまでになりました。皆様のお陰で容器包装リサイクル法に基づく分別・収集の仕組みと合わせて、使用済み食品トレーを資源として有効利用する社会インフラとして定着しております。
 更に、近年の地球規模の環境問題に対してさまざまな角度から活動をされている団体を助成すべく、2020年3月にエフピコ環境基金を創設致しました。
環境問題をテーマとする活動への当基金による助成を通じて、持続可能な社会の構築を地域の皆様とともに進めて参りたいと考えております。

2.助成対象
(1)助成対象分野
持続可能な社会構築に寄与する以下@〜Bの分野であること
 @環境保全活動
 プラスチックごみ回収・リサイクルの推進など循環型社会の構築や気候変動問題の解決に貢献する活動
 A環境教育・研究
 体験型プログラム等を通じて自然環境を大切にする心を育む活動や環境問題を解決するための研究
 B「食」課題解決・「食」支援に関わる活動
 食育や食の安全・フードロスの対策となる活動

なお、上記@〜Bの活動は日本国内のみといたします。

(2)助成対象団体
日本国内に拠点をもつ、以下の条件を満たす団体とします。
 @特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、 公益社団・財団法人
 A教育機関
 B地方公共団体

(3)助成対象外となる団体
 @営利を目的とする団体・事業
 A宗教上・政治上の主義を推進、支持し、又はこれに反対することを目的とする団体・事業
 B暴力団、暴力団員、暴力団関係者他、反社会的勢力等と交際、関係がある団体
 C活動実績が1年に満たない団体
 D個人事業主
 Eその他、当社がふさわしくないと判断したもの


※詳細は募集要項をご覧ください。
募集期間
2021.10.01 〜 2021.12.20
実施団体
株式会社エフピコ
URL
https://www.fpco.jp/esg/environmenteffort/environmentalfund/environmentalfund_recruitment.html

お問い合わせ先
エフピコ環境基金事務局
《e-mail》  fp-kankyokikin@fpco-net.co.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.15
2022年度 社会福祉助成事業「研修事業」
内容
公益財団法人日本社会福祉弘済会は、少子高齢化が進展し、多様化する福祉需要のなかで社会福祉の向上を目指した“研修事業”や“研究事業”に助成することにより、豊かな福祉社会の実現に寄与することを目的といたします。
 2022年度も下記の通り、社会福祉関係者(社会福祉施設等社会福祉事業に従事する方々等)に係る研修・研究事業に対して、公募による助成事業の募集を行います。

■1. 助成対象事業と助成対象経費
<研修事業>
1.対象事業
・福祉施設職員の方などを対象としたケース
福祉施設職員等が幅広い視野と専門性を持って福祉サービスの支援業務向上に携わるために実習する研修事業
・地域住民の方などを対象としたケース
福祉サービスのあり方や専門的知識・技能の習得などをテーマとして開催される集合研修事業(研修会、セミナー、講演会など)

2.対象経費
・講師謝金・交通費・宿泊費・会場費・報告書作成費


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.11.01 〜 2021.12.15
実施団体
公益財団法人 日本社会福祉弘済会
URL
https://www.nisshasai.jp/fukusijyoseijigyo/jyoseiyoukou-2022.html

お問い合わせ先
TEL:03-5858-8125



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:42 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.15
2022年度 社会福祉助成事業「研究事業」

公益財団法人日本社会福祉弘済会は、少子高齢化が進展し、多様化する福祉需要のなかで社会福祉の向上を目指した“研修事業”や“研究事業”に助成することにより、豊かな福祉社会の実現に寄与することを目的といたします。
 2022年度も下記の通り、社会福祉関係者(社会福祉施設等社会福祉事業に従事する方々等)に係る研修・研究事業に対して、公募による助成事業の募集を行います。


■ 助成対象事業と助成対象経費
<研究事業>
1.対象事業
・福祉サービスの向上等を目的とした先駆性ある事業の実践を通して行われる研究事業
・社会福祉関係者の専門性の向上、現任訓練の方法や体系、また就労、福利厚生などをテーマとする調査研究事業

2.対象経費
研究事業費・調査経費・謝金・原稿料・報告書作成費


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.11.01 〜 2021.12.15
実施団体
公益財団法人 日本社会福祉弘済会
URL
https://www.nisshasai.jp/fukusijyoseijigyo/jyoseiyoukou-2022.html


お問い合わせ先
TEL:03-5858-8125



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:41 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.10
2022年度 「社会貢献活動支援のための助成」一般助成

<一般助成>

以下の趣旨で実施する事業に対して助成します。
1.パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決に取り組む事業・研究への支援
2.子どもの健全育成と、SDGsの目標のうち、「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉」「質の高い教育をみんなに」の実現に資する活動への支援
3.日本国内各地の災害被災者の支援や被災地復興のための支援


<助成対象団体>

助成の対象とする団体は、以下の団体に限ります。
●民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問いません)
●日本国内に事務所・連絡先があること
●政治、宗教活動を目的とせず、また反社会的勢力とは一切関わりがないこと
●金融機関に申請団体名義の口座があること
※ 個人が単独で運営・実施する事業は対象となりません。


※詳細は募集要項をご覧ください。
募集期間
2021.11.08 〜 2021.12.10
実施団体
一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構
URL
http://www.posc.or.jp/subsidy/application.html

お問い合わせ先
E-Mail : josei-jigyo@posc.or.jp
FAX : 03-5227-1049
(問い合わせはメールまたは FAX のみ受け付けています)



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:40 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.03
「積水ハウスマッチングプログラム」 2022年度助成<環境基金>
内容
地域に根差した豊かな住環境や自然環境の創造を目的とし、環境配慮に関わ
る活動、まちづくりや地域コミュニティに関わる活動を支援

“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”をグローバルビジョンに掲げる積水ハウスグループでは、お客様、従業員、社会の「幸せ」を最大化するため、従業員と会社の共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」を実施しています。


ESG経営のSocialの活動の一環として、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動、及び国連が進める社会課題の解決(SDGs)につながる市民団体の事業を下記2基金のテーマにそって応援しています。


地域課題の解決に取り組み、「地域の幸せづくり(「子どもが幸せに暮らせる社会・環境共生社会」を実現)」に寄与するとともに、積水ハウスグループとの連携・協働の可能性のある団体に助成します。


尚、今回より応募いただく際は、積水ハウスグループの事業所、または従業員からの推薦を必須とし、 団体の活動の中で連携や協働の可能性があることを加点材料とします。
※詳細は2022年度募集要項をご参照ください。


みなさまからのご応募をお待ちしています!
募集期間
2021.10.15 〜 2021.12.03
実施団体
積水ハウス株式会社
URL
https://www.sekisuihouse.co.jp/matching/

お問い合わせ先
<協働事務局>
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:江渕
〒540-0012 大阪市中央区谷町2−2−20−2F 市民活動スクエア CANVAS谷町
メール:sekisuihouse-matching@osakavol.org
TEL:06-6809-4901(代) FAX:06-6809-4902



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:40 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.03
「積水ハウスマッチングプログラム」 2022年度助成<積水ハウス子ども基金>
内容
次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援

“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”をグローバルビジョンに掲げる積水ハウスグループでは、お客様、従業員、社会の「幸せ」を最大化するため、従業員と会社の共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」を実施しています。


ESG経営のSocialの活動の一環として、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動、及び国連が進める社会課題の解決(SDGs)につながる市民団体の事業を下記2基金のテーマにそって応援しています。


地域課題の解決に取り組み、「地域の幸せづくり(「子どもが幸せに暮らせる社会・環境共生社会」を実現)」に寄与するとともに、積水ハウスグループとの連携・協働の可能性のある団体に助成します。


尚、今回より応募いただく際は、積水ハウスグループの事業所、または従業員からの推薦を必須とし、 団体の活動の中で連携や協働の可能性があることを加点材料とします。
※詳細は2022年度募集要項をご参照ください。


みなさまからのご応募をお待ちしています!
募集期間
2021.10.15 〜 2021.12.03
実施団体
積水ハウス株式会社
URL
https://www.sekisuihouse.co.jp/matching/


お問い合わせ先
<協働事務局>
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:江渕
〒540-0012 大阪市中央区谷町2−2−20−2F 市民活動スクエア CANVAS谷町
メール:sekisuihouse-matching@osakavol.org
TEL:06-6809-4901(代) FAX:06-6809-4902



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:39 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.12.02
2022年度 地球環境基金助成金
内容
地球環境基金では、民間団体(NGO・NPO)が行う環境保全活動に対して毎年助成を行っています。
助成の資金は、国からの出資と民間企業や一般の方々からの寄付金で基金を設け、その運用益と国からの運営費交付金で成り立っています。また、地球環境基金は、有識者による委員会の助言を得て運営されています。

◯対象となる団体
 (1)特定非営利活動法人
 (2)一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
 (3)任意団体(ただし次の条件を全て満たす非営利の団体に限る)
    1.定款、寄付行為に準ずる規約を有している。
    2.団体の意思を決定し、要望に係る活動を執行する組織が確立していること。
    3.自ら経理し、監査することができる会計組織を有すること。
    4.活動の本拠としての事務所を有すること。
    5.活動の実績等からみて、要望に係る活動を確実に実施することができると認められること。

◯対象地域
 日本国内(ハ案件)
 開発途上地域(イ・ロ案件)
 ※開発途上地域の定義はDACによる援助受取国・地域リストに明記されている地域とします。
 ※イ・ロ・ハ案件は下部「活動区分」を参照してください。

◯活動区分 どれか1つを選択
         イ案件 ロ案件     ハ案件
  団  体  日本国内      海外    日本国内
  活動地域  開発途上地域  開発途上地域  日本国内

◯対象となる活動分野
 環境保全に関する幅広い分野を対象
  a. 自然保護・保全・復元
  b. 森林保全・緑化
  c. 砂漠化防止
  d. 環境保全型農業等
  e. 脱炭素社会形成・気候変動対策
  f. 循環型社会形成
  g. 大気・水・土壌環境保全
  h. 総合環境教育
  i. 総合環境保全活動
  j. 復興支援等
  k. その他の環境保全活動
  ※活動分野は審査の過程で変更する場合があります。

◯活動形態
 a. 実践活動
 b. 知識の提供
  ・普及啓発
 c. 調査研究
 d. 国際会議

◯活動形態
 a. 実践活動
 b. 知識の提供・普及啓発
 c. 調査研究
 d. 国際会議

◯対象期間
2022年4月1日〜2023年3月31日

■助成金額
50万円〜1200万円(1年間)
助成金額は、助成メニューにより異なります。

※詳細はURLをご覧ください。

===説明会===
★2022年度助成金説明会の開催★
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/schedule/index.html
今年度は、各会場でテーマを設定し、助成プロジェクトの事例紹介も予定しています。
オンライン開催(一部会場併用)のため、団体の所在地を問わず、どの地域の説明会にも
参加いただけます。

北海道 2021年11月5日(金) 10:00〜12:00(オンライン)地域循環共生圏・SDGs
東北 2021年10月25日(月)13:30〜15:15(オンライン)国際協力
関東 2021年10月22日(金) 15:00〜16:30(オンライン)若手プロジェクトリーダー
中部 2021年10月26日(火) 18:00〜19:30(オンライン)地球温暖化防止・脱炭素
近畿 2021年10月18日(月) 18:30〜20:00(オンライン)循環型社会形成
中国 2021年11月4日(木)15:00〜17:00(オンライン) 地域循環共生圏・SDGs
四国 2021年11月2日(火)18:30〜20:00(オンライン)地域協働
九州 2021年11月4日(木)  18:30〜20:00(長崎市会場+オンライン)環境教育
募集期間
2021.11.11 〜 2021.12.02
実施団体
独立行政法人環境再生保全機構
URL
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/index.html


お問い合わせ先
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部地球環境基金課
TEL:044−520−9505
FAX:044−520−2192
E-mail:kikin_youbou@erca.go.jp
ホームページ:https://www.erca.go.jp/jfge/



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 15:38 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.30
芳心会助成金 第3期
内容
(1)対象となる団体
応募できる団体は法人格を有し、公益活動または非営利活動等を行う団体またはその活動を支援
する団体とします。ただし、次の各項目に該当する団体は助成の対象外とします。
・宗教活動、政治活動を目的とした団体
・反社会的勢力と認められる団体の構成員がメンバーとなっている団体
・企業
・その他寄付者において不適当と判断した団体

(2)対象となる活動
日本国内における次の活動を助成の対象とします。
・科学技術・学問の振興
・教育施設の整備等
・社会福祉又は障害者福祉活動
・医療施設の整備等
・健康増進・体力増強活動
・スポーツの振興(施設整備、競技者育成等)
・伝統芸能・工芸・技術の保存
・芸術の振興
・道徳思想の普及活動
・その他、公益に資する活動
※ 団体の基本財産の出捐または運営管理を目的とするものは助成の対象としません。
※ 設備機器、車両等の固定資産購入も対象とします。ただし、事業費(原価)と管理費(販売・管理
費)に費用案分がある場合、事業費が過半数を占めている必要があります。また、管理費の案分費
用は助成の対象としません。
(3)助成金額
1件あたり100万円を上限とします。ただし、選考において、申請金額を減額して助成を決定す
る場合があります。
募集期間
2021.10.01 〜 2021.11.30
実施団体
一般社団法人芳心会

URL
https://houshin-kai.or.jp/offering/

お問い合わせ先
一般社団法人芳心会 事務局
〒102-0074 東京都千代田区九段南4−3−8 九段大島ビル3階
電話/Fax:03−6261−4552
E-mail:info@houshin-kai.or.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:49 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.30
障がい者給料増額支援助成金
内容
ヤマト福祉財団は、障がいのある方々が「自立して生活することで幸せを感じる」を大切に考えて活動しています。 そこでヤマト福祉財団は、福祉施設・団体の方々へのお手伝いとして、障がいのある方々の給料を増額するための新規事業の立上げや生産性向上に必要な設備や機器を購入する資金と、障がいのある方々の福祉を増進するための事業や活動の資金を助成します。

この助成金は、障がい者の給料増額に努力し取り組む事業所・施設に対し、さらに多くの給料を支払うための事業の資金として助成します。

(1)募集内容
@ 助成金額 50 万円〜上限 500 万円
A 助成件数 30 件程度
B 助成対象事業 ※1
○ 障がい者の給料増額のモデルとなる効果的な事業
○ 現在の事業を発展させ給料増額につながる事業
○ 新規に行い、給料増額が見込まれる具体的な事業
※ 1 現在ある備品等の代替費用および材料費等の消耗品は対象になりません

(2)応募要件
@ 厚生労働省が発表した令和元年度全国平均工賃額 16,369 円以上(就労継続支援 A 型事業所は 78,975 円以上)※2を支給していること
A 2020 年 4 月から 1 年間の給料支給実績がない事業所・施設は対象になりません
B 2022 年 4 月以降に開始し、2023 年 2 月末日までに購入を完了して助成金を受給すること
C 助成対象事業について自己資金を負担すること(10%以上)
D 助成対象となる事業所・施設
○ 就労継続支援 A 型事業所・就労継続支援 B 型事業所・生活介護事業所・地域活動支援センター
○ 最低賃金減額特例許可申請施設は応募対象外です
※ 2
年間給料総支給額÷(期末在籍数×12 ヵ月)
年間給料総支給額÷(期末定員数×12 ヵ月)
どちらかで試算した月額平均給料が 16,369 円以上
(就労継続支援 A 型事業所は 78,975 円以上)支給していれば可
募集期間
2021.10.01 〜 2021.11.30
実施団体
(公財)ヤマト福祉財団
URL
https://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy.html

お問い合わせ先
公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10
 電話 03-3248-0691
 FAX  03-3542-5165



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:48 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.30
障がい者福祉助成金
内容
ヤマト福祉財団は、障がいのある方々が「自立して生活することで幸せを感じる」を大切に考えて活動しています。 そこでヤマト福祉財団は、福祉施設・団体の方々へのお手伝いとして、障がいのある方々の給料を増額するための新規事業の立上げや生産性向上に必要な設備や機器を購入する資金と、障がいのある方々の福祉を増進するための事業や活動の資金を助成します。

給料増額にはこだわらず、障がいのある方の幸せにつながる事業・活動に対して助成します。福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等、幅広い活動を支援します。下記の対象となる事
業、活動を一つ選択して応募してください。

(1)募集内容
@ 助成総額 1,000 万円 1件あたり 最大100万円
A 助成対象事業、活動
 1.会議・講演会
 2.ボランティア活動
 3.スポーツ活動・文化活動
 4.調査・研究・出版

(2)応募要件
@ 2022年4月以降に開始し、2023 年 2 月末日までに完了する事業、活動に限ります
A 波及効果の望める事業、活動を優先します


募集期間
2021.10.01 〜 2021.11.30
実施団体
(公財)ヤマト福祉財団
URL
https://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy.html


お問い合わせ先
 公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10
 電話 03-3248-0691
 FAX  03-3542-5165



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:47 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.30
子どもゆめ基金令和4年度助成 一次募集

※郵送申請は2021年11月16日、電子申請は同年11月30日を締切りとします。

1.助成の対象となる活動
子どもの健全な育成を図ることを目的に、令和4年4月1日以降に開始し、令和5年3月31日までに終了する、次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。

<体験活動>
1.自然体験活動
2.科学体験活動
3.交流を目的とする活動
4.社会奉仕体験活動
5.職場体験活動
6.総合・その他の体験活動

<読書活動>
7.読書活動


(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
フォーラム等普及活動

体験活動や読書活動の振興方策等を研究協議するフォーラム、体験活動や読書活動の普及啓発を図る講演会などが該当します。

※フォーラムとは、あるテーマをもとに基調講演や公開討論などのプログラムを実施する活動のことです。

指導者養成

体験活動や読書活動の指導者・ボランティアとして活動する方を養成する研修会、すでに指導者やボランティアとして活動している方のスキルアップを図る研修会などが該当します。

※申請書には、指導者養成事業の全体像がわかるようなカリキュラム表を添付してください。
また、実績報告書には受講者名簿を必ず添付するとともに、受講者が実際に指導者として活動した指導実績の把握・保管に努めてください。

2.助成の対象となる団体
次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。

(1)公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人

(2)特定非営利活動法人

(3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
 1.国又は地方公共団体
 2.法律により直接に設立された法人
 3.特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
(4)法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体


※詳細はWEBサイトをご覧ください。
募集期間
2021.10.01 〜 2021.11.30
実施団体
独立行政法人 国立青少年教育振興機構
URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/

お問い合わせ先
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
電話: 03-5790-8117,8118(子どもゆめ基金)
子どもゆめ基金フリーダイヤル(無料):
0120-579-081(平日9:00〜17:45)



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.30
障がい者福祉助成金
内容
ヤマト福祉財団は、障がいのある方々が「自立して生活することで幸せを感じる」を大切に考えて活動しています。 そこでヤマト福祉財団は、福祉施設・団体の方々へのお手伝いとして、障がいのある方々の給料を増額するための新規事業の立上げや生産性向上に必要な設備や機器を購入する資金と、障がいのある方々の福祉を増進するための事業や活動の資金を助成します。

給料増額にはこだわらず、障がいのある方の幸せにつながる事業・活動に対して助成します。福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等、幅広い活動を支援します。下記の対象となる事
業、活動を一つ選択して応募してください。

(1)募集内容
@ 助成総額 1,000 万円 1件あたり 最大100万円
A 助成対象事業、活動
 1.会議・講演会
 2.ボランティア活動
 3.スポーツ活動・文化活動
 4.調査・研究・出版

(2)応募要件
@ 2022年4月以降に開始し、2023 年 2 月末日までに完了する事業、活動に限ります
A 波及効果の望める事業、活動を優先します


募集期間
2021.10.01 〜 2021.11.30
実施団体
(公財)ヤマト福祉財団
URL
https://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy.html



お問い合わせ先
 公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10
 電話 03-3248-0691
 FAX  03-3542-5165



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿【10月29日締切】大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金
 経済的に困難な状況下にある子どもの環境改善や貧困の連鎖の防止を目指す団体が、自然災害の発生や感染症の拡大が生じた際にも受益者に対して持続的に支援を届けられるよう、事業継続性を高め組織としてのレジリエンスを向上させることを支援します。

■助成元:公益財団法人 パブリックリソース財団
■分野:保健・医療・福祉、社会教育、学術・文化・芸術・スポーツ、環境保全、災害救援、地域安全、人権・平和、男女共同参画、子どもの健全育成、情報化社会、科学技術、経済活動、職業能力開発・雇用拡充、NPO支援、その他
■URL: https://www.public.or.jp/project/f0152

■締切日:2021年10月29日(金)※17時まで




※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿【10月29日締切】未来のつばさプロジェクト支援事業2021
 児童養護施設や里親委託家庭で生活する子ども達は、家庭復帰や高校卒業などを機に施設を退所し、社会へ巣立っていきますが、今日の厳しい社会経済状況においては、社会的養護のもとで育った子どもが、次代を担う一員として自立していくためには、家庭で育った子どもと同じスタートラインに立って自立していけるように支援していくことが必要です。
 また、社会的養護を必要とする子どもを減らし、本来的な家庭の温かさを感じ、より豊かな夢のある子ども達の未来を実現することも大切です。
 楽天 未来のつばさでは、これらの主旨に沿った活動を実施する団体に対し、助成を行います。

■助成元:公益財団法人 楽天未来のつばさ
■分野:子どもの健全育成
■URL: http://mirainotsubasa.or.jp/institution/

■締切日:2021年10月29日(金)※必着



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿【10月25日締切】釋海心(しゃくかいしん)基金


 この基金は、篤志家の方の寄付を活用して、不安定な社会情勢やストレスの多い職場環境などの影響で増加する統合失調症などの精神疾患を有する患者の生活支援、自殺抑止のための支援活動、家族を自死で亡くした遺族のサポート活動を行う団体を対象とし、その活動を側面から支援し活動成果の助長奨励の一助とするもので、患者の社会復帰や自殺抑制効果を向上させ、遺族との気持ちの分かち合いを深め、互いを思いやる心を大切にする社会の構築に寄与することを目的とします。
 趣旨をご理解の上、ご応募のほど宜しくお願い致します。

■助成元:公益財団法人 公益推進協会
■分野:保健・医療・福祉、NPO支援、その他
■URL: https://kosuikyo.com/

■締切日:2021年10月25日(月)※当日消印有効

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年10月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.11.19
SMBCグループライジング基金 2021年度寄付先募集

2021年度寄付先として、次世代を担う子供・若者の暮らしや健全な成長を支援する事業を公募いたします。

募集概要は以下の通りです。応募にあたっては、募集要項を必ずご確認ください。

◯対象となる事業テーマ:
次世代を担う子供・若者の暮らしや健全な成長を支援する事業
※本公募においては、「次世代を担う子供・若者」の年齢層は、乳幼児から20代半ばまでを想定しています。
※本公募では日本国内で実施する事業が対象です。

◯対象となる取り組み:
上記のテーマで活動する団体が、現在の事業においてより効率的・効果的に支援対象や支援内容を広げる取り組み(拠点や対象者拡大、サービス内容の拡充、新しい工夫による普及等)

◯対象となる団体:
・特定非営利活動法人、財団法人、社団法人等の法人格を持つ非営利組織
※営利を目的とした組織(株式会社等)、任意団体は含みません。
・原則として、活動実績2年以上の団体でより効率的・効果的に支援対象や支援内容を広げようとする意欲と計画がある団体

◯対象となる経費:
応募事業の実施に必要な費用全般(応募事業に従事するスタッフ等の人件費・管理費を含む)

◯1団体あたりの寄付金額:最大300万円

◯寄付総額:1,500万円(予定)

◯採択予定団体数:5団体(予定)

◯寄付対象期間:2022年4月から1年間(2022年3月下旬に寄付金支払を予定)

◯公募締切:2021年11月19日(金)15時

◯最終選考結果通知:2022年2月中旬(予定)


※詳細は募集要項をご確認ください。
募集期間
2021.10.04 〜 2021.11.19
実施団体
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)
URL
https://jp-advisory.org/smbcrising2021/index.html



お問い合わせ先  事務局
Email: smbcrising2021@jp-advisory.org
(運営協力:一般社団法人ジャパン・フィランソロピック・アドバイザリー)



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:41 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集