CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 2021年04月 | Main | 2021年06月 »

<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.07
ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金

URL
https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo-hokatsu

内容
当基金では2つの助成プログラムを用意しています。下記よりご希望のものをお選びください。

《助成タイプA》

地域協働型子ども包括支援構築・

組織基盤強化助成

助成タイプAは、地域で子どもと出会い・繋がり・支える「子ども包括支援」を実現するための運営強化・改善と組織基盤強化を応援するものです

《助成タイプB》

子ども支援活動強化助成

助成タイプBは、地域で子どもと出会い・繫がり・支える「子ども包括支援」を実現するため 既存活動の強化や新規支援拡充を応援するものです

詳細はURLをご確認ください。
募集期間
2021.05.12 〜 2021.06.07
実施団体
公益社団法人 パブリックリソース財団
URL
https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo-hokatsu

ファイル
お問い合わせ先
公益社団法人 パブリックリソース財団
http://www.public.or.jp/script/mailform/contact/
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:04 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.09
よみうり子育て応援団大賞


URL
https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/kosodate.html


よみうり子育て応援団大賞
よみうり子育て応援団大賞は、民間の子育て支援活動を顕彰し、サポートするために2007年に設けました。読売新聞社は、子育てを応援する取り組み「よみうり子育て応援団」を進めています。受賞団体には専門家を派遣してアドバイスしてもらうなど、子育て支援活動を継続的にサポートしています。

 第15回よみうり子育て応援団大賞の募集が始まりました。詳細は以下の通りです。応募をお待ちしています。

第15回募集要項
募集対象 子育てに関連した実践活動に取り組んでいる国内の民間グループや団体。活動年数やメンバー数は問わない。
募集期間
2021.05.07 〜 2021.06.09
実施団体
「よみうり子育て応援団大賞」事務局
URL
https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/kosodate.html

お問い合わせ先
「よみうり子育て応援団大賞」事務局
06-6881-7228(平日9:00〜17:00)
ファクス06-6881-7229




※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:03 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.11


2021年度助成プログラム 新常態における新たな着想に基づく自治型社会の推進


■プログラムの趣旨
国内助成プログラムでは、2021 年度助成よりプログラムの見直しを行い「日本社会」および「地域社会」の持続可能性や 発展可能性にこれまで以上に焦点をあて、「新常態における新たな着想に基づく自治型社会の推進」をテーマとして助成を実施します。
昨年より地球規模で重大な影響を及ぼしている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)も含め、歴史的な転機に直面していると考えられる日本の現況を踏まえて、既存のシステムや手法、従来の発想に縛られない取り組みを通じた新たな価値観や仕組みが創出され、持続可能性や発展可能性のある日本社会/地域社会の実現に向けたプロジェクトが各地で展開されることを期待します。

■助成概要
<対象となる団体>
プロジェクトの実現性や実効性の観点から以下1〜3を満たす団体
1.異なる立場や視点を有するステークホルダー(行政、企業、NPO、市民等)と関係性や協力体制が構築できており、多様な人材や組織の参画と開かれた実施体制であること
2.企画や調査フェーズにおける取り組みの実績(対象分野/地域の実態把握、事業戦略の仮説検証など)を有すること
3.運営の中心を担う団体の組織体制や財政規模、事業実績などが確認できること(当該団体の法人格の有無や種類は問わない)
※運営の中心を担う団体および今回のプロジェクトの実施体制が、「目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っていないこと」および「反社会的勢力とは一切関わりがないこと」をご確認ください。

<助成の枠組み>
1)日本社会における社会サービスの創出や人材の育成
助成対象:型コロナウイルス感染症(COVID-19)により顕在化した諸課題の解決をめざした社会サービスの創出や人材の育成への取り組みで、以下3 点を踏まえたプロジェクト

 @分野/領域横断的である俯瞰的な視点に基づく、または現場の活動/団体を横断したネットワーク体制による取り組みであること
 A具体の手法に「ビッグデータ」などの新しい情報技術や社会資源の活用が重視されていること
 B日本社会の持続可能性や発展可能性につながることをめざし、取り組みの成果として一人ひとりの生活基盤の充実や地域社会の活性化が図られること

2)地域社会を支える共創によるプラットフォームの創出や整備
助成対象:既存の手法や仕組み、これまでに蓄積された実践知や暗黙知のみに依拠しない、地域社会を支える協働や参加の新たなデザインを生み出す取り組みで、以下3 点の実現につながるプロジェクト

 @地域の自発性や内発性に基づく、互助や共助の機能が重視された仕組みがつくられること
 A多様な背景や立場にある人々が主体的な選択を行え、安心して生きられる環境が整うこと
 B地域社会での実践を通じて、他地域への普及や応用が可能な人々の価値観の変容を促す「知」が発見されること

詳細はURLをご確認ください。
URL
https://www.toyotafound.or.jp/community/2021/


募集期間
2021.05.14 〜 2021.06.11
実施団体
公益財団法人トヨタ財団
URL
https://www.toyotafound.or.jp/community/2021/

お問い合わせ先
※ご不明な点や事前相談等については、メールgp4ca@toyotafound.or.jpにてお願いいたします。

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:03 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.15

2021年 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」



実施団体   公益財団法人SOMPO福祉財団  URL
https://www.sompo-wf.org/jyosei/juminsankagata.html

公益財団法人SOMPO福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。

「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成します。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、本年度も様々な取り組みによりコロナ禍での活動、事業の継続・拡大しようとする団体を応援します。応援策として、募集地域を昨年に引き続き「全国」に拡大し、助成金の総額をさらに「増額」いたしました。



募集地域:全国

※昨年度に引き続き、コロナ対応として本年度も全国に拡大します。
(通常は東日本・西日本地区の隔年募集)

1.対象となる団体
下記の<1>〜<3>のすべてを満たしている団体が対象です。

<1>募集地域
日本全国に所在する団体

<2>助成対象者
5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。)
ただし、社会福祉法人は除きます。(インターネット申請が可能な団体)

<3>助成対象の活動
地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動

2.助成内容
本助成対象の活動に関する人件費(助成金額の50%を限度)・物件費

対象になる費用(費目)
人件費、会議費、機材・什器・備品購入費、交通費・通信費、印刷費、工事改修費など
(ただし、2023年3月末までに支出した費用に限ります。)
※新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、本年度も様々な取り組みによりコロナ禍での活動、事業の継続・拡大をしようとする団体を応援します。感染症防止に伴う支援活動など積極的な応募をお待ちしています。
対象にならない費用(費目)
本助成対象の活動と直接関わりのない職員などへの人件費や物件費、事務所の賃借料・水道光熱費など 日常の維持管理費、助成申込書に記載した費目以外の費用、自動車購入費など
3.助成金額
1団体30万円を上限とします。(総額700万円を予定)
※昨年度よりさらに助成金額の総額を増額しています。
※選考において、申請金額を減額して助成を決定する場合があります。
募集期間
2021.06.01 〜 2021.06.15
実施団体
公益財団法人SOMPO福祉財団
URL
https://www.sompo-wf.org/jyosei/juminsankagata.html



お問い合わせ先
公益財団法人SOMPO福祉財団
https://www.sompo-wf.org/contact.html


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:00 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.25
2021年度エドワーズライフサイエンス財団助成「コミュニティ」



当社社員が働き、生活する地域社会のために活動するNPO団体の事業を支援します。助成条件として、 社員がボランティア活動に参加する機会を継続的に提供していただきます。

エドワーズライフサイエンス椛S国拠点一覧
https://www.edwards.com/jp/aboutus/access



応募制限
法人格の有無
助成金受給団体は、税制適格となる米国の慈善団体で、501(c)(3)の税制特権を持ち、内国歳入法第509条(a)(1)、(2)、(3) で定義される非営利の公的慈善団体として資格を有する団体です。日本の団体の場合、ガバナンス、運営および任務が米国の税制適格団体に類似している公的慈善団体であることが条件となります。具体的には、以下の法人格が含まれます。
特定非営利活動法人
公益財団法人
公益社団法人
一般財団法人
一般社団法人
社会福祉法人、等

さらに、当財団の助成を受けるためには、以下の条件を満たしていただく必要があります。
□ 助成プログラムの基準を満たす事業であること
□ 助成申請フォームに英語にて入力できること
□ その他の証明書類を英文にてご提出いただくこと(慈善団体であることを証明する公的文書、収支報告書、年間予算等)

募集期間
2021.05.24 〜 2021.06.25
実施団体
エドワーズライフサイエンス財団
URL
https://www.edwards.com/jp/aboutus/philanthropy/elf

お問い合わせ先
お問合せ:エドワーズライフサイエンス株式会社 パブリックアフェアーズ本部 広報室
https://www.edwards.com/jp/aboutus/philanthropy/elf/contact

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:59 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.25

みずほ福祉助成財団「社会福祉助成金」-2021 年度

<概要・趣旨>
当財団は、社会福祉の向上に寄与することを願って、社会福祉に関する諸活動に対して助成を行います。
主として、障がい児者の福祉向上を目的とする事業や研究を対象に助成します。

<助成の対象となるもの>
1.日本国内に於いて行う障がい児者の福祉向上を目的とする事業及び研究。
このうち事業助成は、必要な機器等の物品及び車輌の購入費、設備工事費や障がい児者への理解を深める活動 (講演会、研修会など) 等に必要な費用を対象とします。
2.明確な企画(目的、内容、資金使途等)と具体的な計画に基づく単一の事業及び研究であること。

<助成の応募・申請要件>
選考の基準

1.先駆的・開拓的な案件、緊急性の高い案件を優先
2.明確な企画で、具体性のある計画に基づく案件であること
3.高い助成効果が期待できる案件であること
4.事業や研究の推進体制が確立し、助成期間内に事業や研究を円滑に完了することが見込まれる案件であること

団体の場合
【事業助成】
1.国内に於いて 3 年以上の継続した活動実績がある以下の非営利法人:
・社会福祉法人、特定非営利活動法人、公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人
・一般社団法人、一般財団法人は、非営利型法人の要件を充足していることが必要です。
2.国内に於いて 3 年以上の継続した活動実績がある任意団体、ボランティアグループ
【研究助成】
上記 1 の先及び日本国内の研究グループ (但し、構成員が 5 人以上であること)
募集期間
2021.05.14 〜 2021.06.25
実施団体
公益財団法人 みずほ福祉助成財団
URL
http://mizuhofukushi.la.coocan.jp/bosyu/bosyu01.html

お問い合わせ先
公益財団法人 みずほ福祉助成財団
  〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内幸町本部ビル
  TEL (03) 3596-5633
  E-mail BOL00683@nifty.com



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:58 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.27


2021年度つなぐ助成(公益財団法人つなぐいのち基金助成金 )

1.目的
本事業は、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支援する団体、活動や事業プロジェクトに助成を行うことにより児童の心身の健全な育成に貢献することを目的として、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行います。

2.助成概要
(1) 2020年度対象事業の助成金の概要
児童福祉を目的とした、社会的ハンデを抱える子どもたちを対象とした支援事業、支援活動、支援のプロジェクト等に対して、助成金(2021年度助成予算総額は 240万円)を支給します。

「つなぐ助成」
総額150万円、1団体 20〜50万円 の単年度での助成金を支給します。
例年通り、何らかのハンデキャップを抱える子どもたちの支援をするための助成です。
※ 助成金額は1件30万円を標準額としますが、実際の支給額は内容等を勘案し決定します。
※ 上限は50万円ですが、複数団体でのコレクティブ・インパクトを意識した応募の場合は
団体30万円×団体数(最大150万円まで)が上限額となります。
(※ コレクティブ・インパクトについて:様々な理解がありますが、立場の異なる組織が、組織の壁を越えてお互いの強みを活かして協働して社会的課題の解決を目指すアプローチのこととして、複数団体での募集とその成立要件を有しているものを対象)

「くるくる基金助成」
総額90万円 の単年度での助成金を支給します。1〜3団体の採択を予定しています。
with、afterコロナの子どもたちの子どもの居場所の支援助成です。
緊急コロナ対策ではなく、中長期の視点での地域の子どもたちの成長、健全な育成のための
素敵なアイデアを募集する助成となります。
 (除菌グッズなどのコロナ対策は使途の対象外となりますのでご留意ください。)


(2) 募集数
  助成先 4〜10団体 を予定
(3) 助成の対象となる時期
  2021年10月から2023年3月に至る期間に実施されるもの
(4) 事業実施場所
  主催者や参加者等の国籍等は問わないが、実施場所は日本国内を中心とするものに限る
(5) 応募方法
  @ 募集ページ最下段の「助成金 仮申込書 フォーム」への入力
  A「正式申請書」のEメールによる送信  の方法のみ
(6)助成についての留意事項
 助成申請に際しては、ご検討時には本要綱をしっかりお読みいただきご申請ください。募集要綱を十分に把握ぜずに応募と思われる申請は選考時の大きなハンデになりますのでご留意ください。 

3.募集等の日程
(1) 募集期間
2021年5月8日(土)〜2021年6月27日(日) 17:00まで
※ 仮申込エントリーは 6月25日(金) 23:59までとなります

(2) 選考結果の通知
2020年7月( 助成金の交付は2021年8月を予定しています。)

4.応募方法(助成募集エントリー・提出書類)あり
 URL
http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/


5.他財団から受ける助成金との関係
 対象事業について、当財団の助成金と重複して他財団の助成を受けられても差し支えありません。

6.選考方法
 有識者、学識経験者、専門家による当財団の基礎選考調査および助成選定委員会にて厳正に審査し、その答申に基づいて理事会の承認により決定します。

7.応募要件  あり
URL
http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

 

8.助成金の交付および被助成団体の義務について
(1) 助成金の用途に関する収支報告書、および費用の証憑書類(領収証など)の写し提出
(2)助成金使用による実績報告
(3)アンケートへの回答
(4)団体および事業への取材への対応
(5)当財団名の表示、広報への協力
(6)助成先団体名の掲示
(7)当団体が主催・共催するイベントへの出席・参加
(8)つなぐ助成先コミュニティグループ(「つなぐいのち基金助成先ネットワーク」)への参加

9.助成金の使途について
≪助成金申請の対象となる費用≫
(1)申請事業・活動・支援対象者に直接係る経費
 例:子ども支援事業の資材費、消耗品購入費、レンタル料、印刷製本費、サイト制作費、会場費、イベント・ワークショップ開催費、修繕費、(対象者の)旅費交通費、 など
(2)申請事業に関する人件費 (謝金等を含)
※但し人件費関連は助成支給額の30%までとなります
講師謝金・ボランティア等等(講師交通費含む)、指導料、助成申請事業に直接係る団体スタッフの賃金、支援対象の子ども以外の交通費などは、助成額の上限30%までとなります。
≪助成金申請の対象とならない費用≫
(1)飲食費、接待交際費 (助成事業の打合せとなる会議は常識の範囲内であれば可)は対象外
(2)団体の事務局運営業務のための機材、備品の購入費は対象外
(3)団体の日常の事務局運営に係る費用は対象外

助成金総額: 2,400,000円
1件あたりの上限額: 1,500,000円
募集期間
2021.05.11 〜 2021.06.27
実施団体
つなぐいのち基金
URL
http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

お問い合わせ先
公益財団法人 つなぐいのち基金 事務局
<お問合せフォーム> http://tsunagu-inochi.org/contactus/

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:57 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.28


ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

ファイザー株式会社は、製薬企業として、革新的な医薬品とワクチンの開発・製造・販売を通じ、人々の健康で豊かな人生の実現に寄与することで、社会に貢献したいと考えています。

しかし社会には、それだけでは解決することのできないヘルスケアに関する様々な課題があることも承知しています。

このプログラムは、ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体のみなさまによる、「健やかなコミュニティづくり」の試みを支援することを目的としており、2000年の創設以来、多くの団体のみなさまの活動をサポートさせていただいています。

本年は新型コロナウイルス感染症によって大きく傷ついた「健やかなコミュニティ」が市民の力でいち早く回復することを願い、そのような取り組みも応援します。全国からのご応募をお待ちしています。


募集期間
2021.06.14 〜 2021.06.28


実施団体
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局


URL
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/announce/index.html



お問い合わせ先
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局
E-mail:pfp@civilfund.org ※お問い合わせについては極力E-mailにてお願いいたします。
TEL:03-5623-5055

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:55 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.29

子どもゆめ基金 令和3年度二次募集

<対象者>
次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。 (1) 公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人 (2) 特定非営利活動法人 (3) 上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。) @ 国又は地方公共団体 A 法律により直接に設立された法人 B 特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人 (4) 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

<内容詳細>

■活動期間 
令和3年10月1日〜令和4年3月31日

■申請期間 
郵送申請:令和3年5月1日〜6月15日
電子申請:令和3年5月1日〜6月29日

■助成の対象となる活動
(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動
◆体験活動
・自然体験活動
・科学体験
・交流を目的とする活動
・社会奉仕体験活動
・職場体験活動
・総合・その他の体験活動
◆読書活動
・読書活動活動
(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
◆フォーラム等普及活動
◆指導者養成

■助成金の額
(1)1活動あたりの助成金の額は、
・全国規模の活動は300万円
・都道府県規模の活動は100万円
・市区町村規模の活動は50万円
を標準額(目安)としており、更にそれぞれについて限度額があります。
(2)1活動あたりの助成金の額は、2万円以上限度額までとすることとし、子どもゆめ基金審査委員会において活動内容等を審査し、予算の範囲内で決定します。従って、必ずしも申請額満額を助成できるとは限りません。
(3)活動実績のない新規団体への助成については、原則として標準額を上限額とします。
※活動実績のない新規団体とは、平成31年4月以降に設立された団体が該当します。ただし、平成31年3月以前に設立された団体であっても、令和元年度及び令和2年度に活動実績がなければ該当します。

※詳しくは下記ホームページをご参照ください。
URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/



募集期間
2021.05.14 〜 2021.06.29
実施団体
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/


お問い合わせ先
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
電話: 03-5790-8117,8118(子どもゆめ基金)
子どもゆめ基金フリーダイヤル(無料):
0120-579-081(平日9:00〜17:45)

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:54 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.29

子どもゆめ基金 令和3年度二次募集

<対象者>
次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。 (1) 公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人 (2) 特定非営利活動法人 (3) 上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。) @ 国又は地方公共団体 A 法律により直接に設立された法人 B 特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人 (4) 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

<内容詳細>

■活動期間 
令和3年10月1日〜令和4年3月31日

■申請期間 
郵送申請:令和3年5月1日〜6月15日
電子申請:令和3年5月1日〜6月29日

■助成の対象となる活動
(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動
◆体験活動
・自然体験活動
・科学体験
・交流を目的とする活動
・社会奉仕体験活動
・職場体験活動
・総合・その他の体験活動
◆読書活動
・読書活動活動
(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
◆フォーラム等普及活動
◆指導者養成

■助成金の額
(1)1活動あたりの助成金の額は、
・全国規模の活動は300万円
・都道府県規模の活動は100万円
・市区町村規模の活動は50万円
を標準額(目安)としており、更にそれぞれについて限度額があります。
(2)1活動あたりの助成金の額は、2万円以上限度額までとすることとし、子どもゆめ基金審査委員会において活動内容等を審査し、予算の範囲内で決定します。従って、必ずしも申請額満額を助成できるとは限りません。
(3)活動実績のない新規団体への助成については、原則として標準額を上限額とします。
※活動実績のない新規団体とは、平成31年4月以降に設立された団体が該当します。ただし、平成31年3月以前に設立された団体であっても、令和元年度及び令和2年度に活動実績がなければ該当します。

※詳しくは下記ホームページをご参照ください。
URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/



募集期間
2021.05.14 〜 2021.06.29
実施団体
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/


お問い合わせ先
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
電話: 03-5790-8117,8118(子どもゆめ基金)
子どもゆめ基金フリーダイヤル(無料):
0120-579-081(平日9:00〜17:45)

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:54 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.30

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体の公募〈通常枠〉



●趣旨●
我が国においては、人口減少、高齢化の進展等の経済社会情勢の急速な変化が生じており、国民生活の質や水準への影響等、様々な社会課題に直面しています。
加えて、東日本大震災から10年の節目を迎える2021年においても同震災の影響は残っています。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響は続いており、生活上の困難を抱える人々の増加など、行政では対応困難な社会課題が増加しています。また、こうした社会課題の中には、法制度や予算等の仕組み上、行政の執行になじみにくく、既存の施策では十分な対応が困難であり、国及び地方公共団体では対応が困難な課題が多くあります。

これらの社会課題の解決に資するため、10年以上入出金等が確認できない預金等について、預金者等に払い戻す努力を尽くした上で、民間公益活動を促進するために活用することとした「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成28年法律第101号)」(以下「法」という。)が、平成30年(2018年)1月1日に全面施行されて3年が経過しました。
JANPIAは、同法に基づく指定活用団体として、民間公益活動を行う団体(実行団体)に対して助成を行う資金分配団体について、2021年度の公募(通常枠)を年度中に複数回実施します。今回、第1回目の公募を以下の要領に沿って実施します。なお、第2回目の公募開始時期は、第1回目の公募状況等を踏まえて決定します。

詳細はURLをご確認ください。
URL
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/#koubo_tab1


募集期間
2021.05.24 〜 2021.06.30
実施団体
一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部
URL
https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/#koubo_tab1

お問い合わせ先
一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部
https://www.janpia.or.jp/koubo/app/index.php

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.30

コロナ禍の住宅支援事業【休眠預金事業】



本事業は、コロナ禍において住まいを失った人に対し、「住まい」と「自立支援」をセットで提供するビジネスモデルを確立することを目的とします。そのために、以下の側面から支援を行います。

(1)資金助成
  居住施設の取得(購入・改修・建替え)に要する費用

(2)非資金的支援
@専門家アドバイザーによる事業推進のための支援
 支援付き住宅の建設及び経営、人的サービスに関する専門的なアドバイザーを派遣し、支援付き住宅事業の立ち上げと継続的な事業化を支援します。
A企業の職場募金からの寄付による支援
 職場募金用I Tシステムを構築し、企業連携の元、事業期間内に募金キャンペーンを実施し、事業終了後も持続可能な資金獲得の環境づくりを支援します。
B事業評価支援
 実行団体が行う事前評価、事後評価についての支援を行う。

助成金総額: 450,000,000円
1件あたりの上限額: 100,000,000円
募集期間
2021.05.06 〜 2021.06.30
実施団体
パブリックリソース財団

URL
https://www.info.public.or.jp/kyumin-corona-kinkyu-jutaku


お問い合わせ先
公益財団法人パブリックリソース財団【資金分配団体】
事務局(担当:松本、鎌田)
電話:03-5540-6256 (月〜金、10:00〜17:00) FAX:03-5540-1030
E-mail:kyumin.corona-kinkyu.jutaku@public.or.jp / URL:http://www.public.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:52 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.06.30
第41回緑の都市賞

緑の都市賞は、明日の緑豊かな都市づくり・まちづくりを目指し、緑の保全・創出活動に卓越した成果を上げている市民活動団体及び企業等、並びに公共団体を顕彰し、これにより広く都市の緑化推進、緑の保全による快適で地球にやさしい生活環境を創出することを目的とし、1981年に創設されました。

毎年寄せられる応募作品の中から、内閣総理大臣賞(1点)、国土交通大臣賞(3点以内)、都市緑化機構会長賞(3点以内)、奨励賞(若干)を選出し表彰を行なっています。

「緑の市民協働部門」の受賞団体には、副賞として活動助成金(5〜20万円)を贈呈いたします。

【募集内容】
◇部門:緑の市民協働部門
・応募資格 主に市民団体
(行政や民間事業者との協働で実施している場合を含むが、応募の主体が市民団体であること)
・内  容
 ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会か環境へ貢献するものとします。

◇部門:緑の事業活動部門
・応募資格 主に民間事業者
(市民団体や行政と協働で実施している場合を含むが、応募の主体が民間事業者であること)
・内  容
 民間、公共の空間を問わず都市の緑の保全や創出を事業活動またはその一環として取組んでいるものとします。
(例:オフィスビル・学校・マンション・工場の緑化等)
 NPO法人等でも、公園の指定管理者など活動の大半を委託事業として取組んでいるものも含みます。
 学校や病院等でも、業者委託での緑地の整備や管理なども含みます。

◇部門:緑のまちづくり部門
・応募資格 主に市区町村
(市民団体や民間事業者と協働で実施している場合を含むが、応募の主体が行政であること)
・内  容
 都市全般や地域の総合的な緑化に取組み、その成果をあげているもので、地域の個性を活かした緑化を展開しているものとします。
(例:地方公共団体の緑化施策、都市開発事業における緑地の保全・創出等)

助成金総額:
1件あたりの上限額: 200,000円
募集期間
2021.05.13 〜 2021.06.30
実施団体
都市緑化機構
URL
https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-city


お問い合わせ先
公益財団法人 都市緑化機構
〒101-0051
千代田区神田神保町3−2−4田村ビル2階
電話:03-5216-7191 FAX:03-5216-7195
e-mail:midori.info@urbangreen.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:51 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.05

文化財保護活動への助成

I <助成の目的>
指定文化財を中心とする人類共有の文化遺産を、将来の世代に継承していくために実施します。
II <助成対象の種類>
美術・工芸品等の文化財
史跡・考古資料等の歴史遺産の保存・修復・公開活用
これらの環境保全等に関わる事業や活動
III <助成対象の基準>
国、又は都道府県、市町村の指定文化財並びに歴史遺産、及びそれに準じる芸術・学術的に価値のある文化財並びに歴史遺産が対象です。
修復等の事業が完了した後には、広く一般に公開することを原則とします。
※自然物や自然景観は指定文化財であっても助成対象としていません。

IV <助成の対象者>
非営利法人またはそれに準じる任意団体※、地方自治体などに助成します。
※以下の5項目の要件をすべて満たしている任意団体です。
定款に類する規約等がある
団体の意思を決定し、執行する組織が確立されている
適正な収支報告書を作成する体制が整っている
団体活動の本拠となる事務所がある
団体としての活動実績が1年以上ある
V <助成金>
助成は希望額全額ではないこともあります。1件あたり原則として、数10万円から数100万円です。
助成金は助成決定後提出していただく「助成事業スケジュール表」に基づき、振込依頼書を送付いただいてから、銀行送金します。
募集期間
2021.05.15 〜 2021.07.05
実施団体   朝日新聞文化財団
URL
https://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant02.html




お問い合わせ先
朝日新聞文化財団
電話 03-6269-9441
FAX 03-6269-9442
E-mail jimukyoku@asahizaidan.or.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:50 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.05

文化財保護活動への助成

I <助成の目的>
指定文化財を中心とする人類共有の文化遺産を、将来の世代に継承していくために実施します。
II <助成対象の種類>
美術・工芸品等の文化財
史跡・考古資料等の歴史遺産の保存・修復・公開活用
これらの環境保全等に関わる事業や活動
III <助成対象の基準>
国、又は都道府県、市町村の指定文化財並びに歴史遺産、及びそれに準じる芸術・学術的に価値のある文化財並びに歴史遺産が対象です。
修復等の事業が完了した後には、広く一般に公開することを原則とします。
※自然物や自然景観は指定文化財であっても助成対象としていません。

IV <助成の対象者>
非営利法人またはそれに準じる任意団体※、地方自治体などに助成します。
※以下の5項目の要件をすべて満たしている任意団体です。
定款に類する規約等がある
団体の意思を決定し、執行する組織が確立されている
適正な収支報告書を作成する体制が整っている
団体活動の本拠となる事務所がある
団体としての活動実績が1年以上ある
V <助成金>
助成は希望額全額ではないこともあります。1件あたり原則として、数10万円から数100万円です。
助成金は助成決定後提出していただく「助成事業スケジュール表」に基づき、振込依頼書を送付いただいてから、銀行送金します。
募集期間
2021.05.15 〜 2021.07.05
実施団体   朝日新聞文化財団
URL
https://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant02.html




お問い合わせ先
朝日新聞文化財団
電話 03-6269-9441
FAX 03-6269-9442
E-mail jimukyoku@asahizaidan.or.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.16
KDDI財団 目的型調査研究・諸活動助成

SDGsの促進の視点に立ち、日本国内におけるデジタル・ディバイドの解消に貢献する調査研究、諸活動に対して助成するプログラムです。

(1)対象
SDGsの促進の視点に立ち、日本国内におけるデジタル・ディバイドの解消に貢献する調査研究または活動。
 日本の大学、高専、研究機関に属する研究者、ポスドク、大学院生または団体※。
 ただし、通信事業者や地方自治体、学校等の本来業務に該当するものは対象外とします。
※非営利団体(NPO)・非政府組織(NGO)の他、法人格を持たない団体も含みます。

(2)助成条件
  <報告書・助成金使途明細書の提出>
助成期間1年経過毎に「進捗状況報告書」「助成金使途明細書」を提出
A 助成終了後1ヶ月以内に「成果報告書」「助成金使途明細書」を提出
*助成期間:2年未満 (助成終了時に「成果報告書」「助成金使途明細書」を提出)
       2年〜2年半(1年経過時「進捗状況報告書」「助成金使途明細書」、助成終了時に「成果報告書」「助成金使途明細書」を提出)
       2年半〜3年(1年経過時、2年経過時「進捗状況報告書」「助成金使途明細書」
研究終了時「成果報告書」「助成金使途明細書」を提出)
報告書の提出については、事務局からは案内しませんので、各自で対応ください。
*上記助成条件を満たさない場合は全額もしくは一部を返金いただきます。

(3)助成期間
2022年4月以降に開始され、2025年3月末日までに終了の研究/活動となります
(4)助成金額および件数
1件当たり300万円まで、2件程度。研究/活動期間は、1年以上3年以内とします。
(ただし大学院生の研究期間は1年間で100万円まで)
(5)審査と評価
審査では、SDGsの視点から、「社会的課題と調査研究の目的」「課題解決により導かれる社会への貢献」
「課題をどのように解決するか」「助成金の使途妥当性」を中心に評価を行います。
直近3年間(2018年度以降)に当財団の助成実績(他助成プログラム含む)がある研究者(グループ)
への助成は、原則として行いません。
募集期間
2021.07.05 〜 2021.07.16
実施団体
(公財)KDDI財団
URL
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/mission-oriented/


お問い合わせ先
公益財団法人KDDI財団 助成・企画管理部
〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10
ガーデンエアタワー6F
email :grant(at mark)kddi-foundation.or.jp
※(at mark)は@に変換

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.30

KDDI財団 社会的・文化的諸活動助成

KDDI財団は、情報通信技術を活用して社会に貢献する事業や、各国の人々とのコミュニケーション、相互理解を促進するような社会的・文化的な諸活動に対して助成・援助金を支給しています。

法人格の有無は問わず、発足間もない団体の活動や小規模で地道な活動などを重視しています。また、青少年を対象とした活動にも力点を置いています。

(1)対象
・情報化社会の動向に即し、ICT を通じて社会、教育、環境等の課題解決に貢献する各種
の非営利団体(NPO)・非政府組織(NGO)の活動、「草の根」活動
・ICT を通じての地域社会の国際化の促進、ならびに開発途上国における教育、文化、生活支援等に関する活動
・ICT の普及・発展あるいは国際間の相互理解促進に寄与する活動や事業 (たとえば、イベント、講演会、ボランティア活動)
ただし、通信事業者や地方自治体等の本来業務に該当するものは対象外とします。
(2)助成金額および件数
1件あたり100万円までとし、5件程度。
(3)対象期間
2022年4月から2023年6月末日までに実施される活動や事業

<応募方法>
下記ウエブサイトに掲載のKDDI財団応募申請システムより申請。
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/social/procedure.html
募集期間
2021.07.20 〜 2021.07.30
実施団体   (公財)KDDI財団
URL
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/social/



お問い合わせ先
公益財団法人KDDI財団 助成・企画管理部
〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10
ガーデンエアタワー6F
email :grant(at mark)kddi-foundation.or.jp
※(at mark)は@に変換


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
*************************************************

Posted by サマライズ at 13:44 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.20

2021年度粉体工学に関する研究のための研究費助成(研究助成)

国公私立大学、その他の教育・研究機関において粉体工学に関する基礎研究に従事している研究者

助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間   2021.05.11 〜 2021.07.20
実施団体   ホソカワ粉体工学振興財団
URL    http://www.kona.or.jp/jp/grants/index.html



お問い合わせ先
(公財)ホソカワ粉体工学振興財団 事務局
〒573-1132大阪府枚方市招提田近1-9
TEL 072-867-1686 FAX 072-867-1658
E-mail: contact_zajosei@hmc.hosokawa.com
URL: http://www.kona.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.20
2021年度粉体工学に関する研究者育成の援助(研究者育成)

粉体工学に関する基礎研究に従事する大学院の学生を対象とし、申請時において、博士後期課程の1,2年次(4年制博士課程にあっては1,2,3年次)に在学する者、または博士後期課程に進学予定の者。
(ご注意)既に同援助を受けた方は対象外となります。

助成金総額: 3,000,000円
1件あたりの上限額: 300,000円


募集期間    2021.05.11 〜 2021.07.20
実施団体     ホソカワ粉体工学振興財団
URL   http://www.kona.or.jp/jp/grants/index.html



お問い合わせ先
(公財)ホソカワ粉体工学振興財団 事務局
〒573-1132大阪府枚方市招提田近1-9
TEL 072-867-1686 FAX 072-867-1658
E-mail: contact_zajosei@hmc.hosokawa.com
URL: http://www.kona.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:42 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.20

2021年度粉体工学に関するシンポジウム等開催の援助

粉体工学に関する国際的なシンポジウム等の開催費用に対する援助で、これを主催する学・協会等の団体に授与する。

助成金総額: 1,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間  2021.05.11 〜 2021.07.20
実施団体    ホソカワ粉体工学振興財団
URL     http://www.kona.or.jp/jp/grants/index.html




お問い合わせ先
(公財)ホソカワ粉体工学振興財団 事務局
〒573-1132大阪府枚方市招提田近1-9
TEL 072-867-1686 FAX 072-867-1658
E-mail: contact_zajosei@hmc.hosokawa.com
URL: http://www.kona.or.jp


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:41 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.20

2021年度粉体工学に関する優れた研究業績に対する褒賞(KONA賞)

粉体工学の基礎研究に従事し、かつ優れた研究業績を挙げた研究者1名

助成金総額: 1,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間   2021.05.11 〜 2021.07.20
実施団体    ホソカワ粉体工学振興財団
URL    http://www.kona.or.jp/jp/grants/index.html

お問い合わせ先
(公財)ホソカワ粉体工学振興財団 事務局
〒573-1132大阪府枚方市招提田近1-9
TEL 072-867-1686 FAX 072-867-1658
E-mail: contact_zajosei@hmc.hosokawa.com
URL: http://www.kona.or.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:40 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.30

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金

これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。
本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

<応募要項>
1.助成対象
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。

2.助成要件
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体(個人による申請は不可)で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。
なお、大学の研究室が応募する場合には、地域社会等と連携した活動であることも要件となります。

また、助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出すること。なお、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・歴史環境基金2021年度助成金による」と明記するとともに、当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。

3.助成対象となる費用科目および内訳表示
助成対象事業となる「機材費」「消耗品費」「旅費」「謝金」等とします。

4.本基金の助成金総額と件数
(1)助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
(2)助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。
 なお、原則として2年連続の助成はいたしません。

5.応募方法
『助成金申請書』に必要事項を記載し、”活動地域の地図”を添付の上、郵送にて下記お問い合わせ先に提出。

 注1『助成金申請書』は、返却いたしません。
 注2『助成金申請書』は、必ず郵送してください。
(e-mail・インターネットでの申請は出来ません。)

6.応募締切日
『助成金申請書』は、2021年7月30日(金)事務局必着

 注3締切日以降に到着した場合、審査の対象から除外します。

7.助成先の選考方法および決定時期
学識経験者からなる「運営委員会」において厳正に審査・選考のうえ、2021年10月中旬頃に決定いたします。

・選考の結果は、助成申請者全員に書面にて通知いたします。
(助成金の振込は、2021年11月上旬〜下旬を予定しております。)
なお、助成先の研究活動報告書の概要を大成建設株式会社のホームページに掲載させて頂きます。


募集期間     2021.05.21 〜 2021.07.30
実施団体   大成建設
URL   https://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

お問い合わせ先
みずほ信託銀行株式会社 個人業務部 信託業務開発チーム
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
電話 03−3274−9210・FAX 03−3274−9504
E-mail: koueki.tb@mizuhotb.co.jp
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:39 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.20

戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)

戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(新規枠「社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築」)を開始致しました。

様々な社会構造の変化を踏まえ、社会的孤立・孤独のメカニズム解明、孤立・孤独リスク評価手法(指標等)及び社会的孤立・孤独の予防施策開発と、そのPoC(Proof of Concept:概念実証)までを一体的に推進します。

【募集期間】 2021年5月20日(木)〜2021年7月20日(火)正午

【募集説明会】 2021年5月25日(火)16:00-17:30(予定)(オンライン開催)
 ※参加申し込みは以下からお願いいたします。
 https://form.jst.go.jp/enquetes/ristex-briefing-2021


募集期間
2021.05.24 〜 2021.07.20

実施団体
国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター

URL
https://www.jst.go.jp/ristex/proposal/proposal_2021.html



お問い合わせ先
国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
boshu@jst.go.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.30

「貧困の解消」に向けて取り組む NPO の組織基盤強化

1.助成の対象となる団体
国内の貧困の解消または貧困と関連のある問題の解消に向けて、組織診断や組織基盤強化を通して地域
または社会全体の貧困解消力を高めたい NPO のうち、以下の要件を満たす団体を対象とします。
@ 国内に主たる活動と事務所を有する民間非営利組織であること
A 団体設立から 3 年以上が経過し、有給常勤スタッフが 1 名以上であること
B 政治・宗教活動を目的とせず反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
※貧困と関連のある問題とは、貧困が直接の原因とはならないものの、社会的不利・困難さのために貧困に陥りや
すい人たちが抱えている問題を言います。
※法人格の有無や種類は問いません。一般社団法人または一般財団法人の場合は「非営利型」のみ対象とします。
※財政規模 1,000 万円以上、自主事業率 20%以上の団体を想定しますが要件ではありません。外部の資金提供者な
どの意向に極端に左右されることがなく、市民の主体的な意志に基づいて活動が行われている団体を重視します。

2.助成の対象となる事業
助成の対象となる事業は、NPO の組織診断または組織基盤強化事業とし、第三者の多様で客観的な視点
を取り入れた取り組みを応援します。地域の貧困解消力を高める組織診断または組織基盤強化事業を
期待します。以下のどちらか相応しいコースを選んでご応募ください。

◆組織診断からはじめるAコース
助成 1 年目は組織診断によって組織の優先課題とその解決の方向性を明らかにして、組織基盤強化
計画を立案するための取り組みを対象とします(8 ヶ月)。助成 2 年目以降は組織基盤強化計画に
基づき、組織課題の解決や組織運営を改善するための取り組みを対象とします(最大 2 年まで)。

◆組織基盤強化からはじめるBコース
組織の優先課題が明らかで、その解決の方向性に沿って立案した組織基盤強化計画に基づき、
具体の組織課題の解決や組織運営を改善するための取り組みを対象とします(最大 2 年まで)。

詳細はURLをご確認ください。
URL
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2021_recruit.html


募集期間
2021.07.16 〜 2021.07.30
実施団体
パナソニック株式会社
URL
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2021_recruit.html



お問い合わせ先
【パナソニック株式会社 CSR・社会文化部】
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
TEL:03-3574-5665 / 担当:東郷・細村


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:36 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.30
特定活動助成


一人ひとりの心に寄り添う“傾聴ボランティア”を応援します
近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。
また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める「傾聴ボランティア」が、ますます求められています。
全国で心のケアのための傾聴ボランティア活動をしている団体に助成致します。

応募にあたって
1) 対象
心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体
(自然災害の被災者をはじめコロナ禍で困難な状況にある人等を傾聴)

上記の団体のうち次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
 i) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。   
 ii) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。  

2) 助成期間および金額
最長3年間。年50 万円を上限としますが、助成額については活動内容により査定します。
継続助成につきましては、経過報告を重視して決定します。


募集期間      2021.05.07 〜 2021.07.30
実施団体     公益財団法人ユニベール財団
URL         https://www.univers.or.jp/index.php?civilactgrant

お問い合わせ先
公益財団法人ユニベール財団
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
Tel. 03-3350-9002  Fax. 03-3350-9008

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:35 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.31

生協総研賞第19回助成事業

本事業は、生活協同組合をめぐる諸研究、およびくらしの実態に関する研究、消費者や社会運動をめぐる研究、地域社会や社会政策、福祉政策、地球環境に関する研究の発展を主眼としています。「大規模災害後の被災地域が直面している課題に関する研究」も対象としています。みなさまの積極的なご応募をお待ちしております

【助成事業の実施方法】
(1)応募申請書の提出期限
   2021年7月31日(土)※メールでの提出が必要

(2)研究助成金の供与
  選考委員会によって助成が適正と判断された研究企画に対して、原則として直接研究費の申請額の全額ないし一部を助成します。
  助成金は、総額300万円を上限とし、個人研究は1件30万円以内、共同研究は1件50万円以内とします。
(3)募集の対象
  1.個人研究
   大学・各種研究所等の研究者・大学院生及び生協・NPO・市民組織等の役職員・関係者等による個人の研究・調査
  2.共同研究
   個人研究の対象者と同様。但し申請者(研究代表者)を中心として、若干名の参加メンバーによって構成し研究するもの
  3.研究期間
   2022年11月末までに完了する研究
 ※なお、新進・中堅の申請者を優先して採用します。


詳細は募集要項及び以下のURLをご覧ください。
URL
https://ccij.jp/jyosei/ken210510_01.html

募集期間    2021.05.28 〜 2021.07.31

実施団体   (公財)生協総合研究所
URL       https://ccij.jp/jyosei/ken210510_01.html

お問い合わせ先
公益財団法人 生協総合研究所 生協総研賞事務局
 〒102-0085 東京都千代田区六番町15 プラザエフ6階
 Tel:03-5216-6025 Fax:03-5216-6030 E-mail:ccij_prize@jccu.coop



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:34 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.31

公益財団法人みらいRITA 第5回助成金募集



昨年度から新学習指導要領において「持続可能な社会の創り手の育成」が明記されたことを背景にSDGs教育(ESD)が小中学校、高校、大学でも本格実施となりました。
SDGs推進に向けた教育ニーズが一層高まっていることを踏まえて、SDGs達成の担い手に必要な資質・能力を楽しみながら身につけられるゲーム(すごろくなどのボードゲーム、カードゲームなど)のアイデアを当事者となる学生から募集します。
今回のメインテーマは、SDGsゴール4の「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を」、SDGsゴール5の「ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」とし、SDGsのエッセンスを組み込んだゲーム制作のアイデアを募集します。全てのゴールを含む設定でも、1〜2つのみのゴール設定でも選択は自由です。すぐに理解できる簡単なルールで(対象は小学校高学年以上)、自分たちも楽しめるゲーム(試作版の制作)に助成を行います。

優れたゲームのアイデアについては商品化も考えていますが、その場合の著作権は応募者に帰属します。
条件面を相談の上、一般普及していきたいと考えています。
また、海外からの応募も可能ですが、その場合には和訳をつけてください。
これからの持続可能な未来づくりには、次世代を創っていく学生のアイデアやアクションが欠かせません。
ぜひ、今までにない発想で素敵なチャレンジをお待ちしています。

助成金総額: 1,500,000円
1件あたりの上限額: 500,000円
募集期間    2021.05.12 〜 2021.07.31
実施団体    みらいRITA
URL        https://mirairita.org/program/index.html

お問い合わせ先
みらいRITA
お問い合わせは、以下までメールにてお願いいたします。
info@mirairita.org
お問い合わせフォームからでも受け付けております。
https://mirairita.org/contact.html


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:33 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.31



社会福祉法人助成事業
障害者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図る社会福祉法人に対し、各種の助成を行うことにより、障害者福祉の増進に寄与することを目的とする。

<募集について>
1. 申込の手続
助成申込書の請求期間
2021年4月中旬 〜 2021年7月20日(必着)
返信用封筒(角形2号、宛名記入、140円切手貼付)を同封の上、郵送にて請求するか直接清水基金で受け取る
【請求先】〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3階
(社福)清水基金 社福助成係 ※申込書は各助成事業ごとにご請求ください
助成申込受付期間
2021年6月1日 〜 2021年7月31日(郵送受付のみ。締切日必着)
助成決定時期
2022年1月末(法人代表者様に郵送にて通知)

2. 申込できる法人・事業所(以下の条件をすべて満たす)
・2021年4月時点で開設後1年経過した事業所
・2019年度以降、当事業において助成を受けていない社会福祉法人
※法人全体で3年間不祥事の発生がなく所轄庁から行政処分を受けていないこと

3.申込できる案件
障害者の福祉増進を目的として運営されている社会福祉法人の諸事業において、利用者のために必要な機器・車輌・建物(新築、改修、増改築)等のうち、以下の条件を満たす案件
・申込は1法人1件、総費用が税込80万円〜5,500万円の案件
・助成決定後、当基金との助成金交付契約締結後に事業着手し、原則として機器・車輌等は2022年9月迄に納入、建物は同年12月迄に完成できる案件

4. 助成対象外とするもの
・重複申込(公費による補助や他の助成団体等への助成申込)
・機器:中古機器、医療機器、防災・防犯関連機器
・車輌:中古車輌、2011年度以降に当基金から車輌の助成実績がある法人
・建物:修繕・メンテナンス工事(屋上防水・外壁塗装等)、防災設備(自家発電装置・スプリンクラー・火災報知器 等)、防犯設備、ソーラーシステム、照明LED化、浄化槽設備、耐震補強、舗装工事、井戸整備 等

5. 助成金額・助成件数
・総費用に対して30%以上を申込法人が負担する
・1法人あたりの助成金額は50万円〜1,000万円
・助成金総額は3億6,000万円(予定)、助成件数は80件程度
募集期間
2021.04.23 〜 2021.07.31
実施団体
社会福祉法人 清水基金
URL
https://www.shimizu-kikin.or.jp/about_business/general/

お問い合わせ先
社会福祉法人 清水基金
TEL.03-3273-3503FAX.03-3273-3505
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:32 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.31

2021年度福祉助成

はじめに
当財団では1967年の設立以降、福祉事業を営む法人に対して2,000件以上の助成を行って来ました。これまでの実績を振り返ると、福祉事業所で必要とされる物品の購入を、一般器具・福祉用具の別を問わず、幅広く支援してきた結果となっています。今後は、利用者主体の福祉事業として特色を発揮すべく、障がい者が抱える課題に対して直接的な働きかけが出来る物品や取り組みに対して、積極的に助成をしていきます。

募集要項(2021年度福祉助成)
2021年度 募集要項
1.助成対象
対象(1):障がい者の生活支援や就労支援の環境改善に資する物品

…施設利用者に対するサービスの向上に必要な物品
例)援護・介護・訓練等のサービス向上に明確に資する福祉用具
  サービスの向上に資する創意工夫を施した用途で使用する予定の一般器具
対象(2):障がい者の福祉向上に資する取り組み

(2)-A 利用者に対するプログラムの拡大
例)施設利用者に対する機能訓練の拡充等 ※
  ※物品の購入が大半を占める場合は、対象(1)で申請すること
(2)-B 地域共生型プログラムの実施

…施設利用者の別を問わない、地域に開かれた福祉プログラムの実施
例)サロンづくり、特定の障がいに対する啓発活動など
(2)-C 調査・研究

…障がい者の福祉向上に資する調査・研究
例)学校法人所属の研究者による、フィールドワーク・実証を旨とした研究活動
  実務者(施設の従業員)による、施設内の自立訓練プログラム拡大のための調査活動 など
2.申請期間
Web申請のみ:2021年7月1日〜2021年7月31日、17:00まで登録完了してください。

3.申請方法
インターネット回線を利用し、当財団ホームページの「助成事業登録フォーム」に必要事項及び申請内容の概略を記入した上で、下記書類と共に送信してください。

@申請書   (当財団ホームページ上から書式をダウンロードし、PDFに変換してください。)
A事業計画書 ※2021年度
B予算書   ※2021年度
C決算報告書 ※2020年度(設立初年度の団体は不要)
D事業報告書 ※2020年度
  (設立初年度の団体は不要、但し団体としての発足以前の報告書等があれば提出してください。)
E助成希望物品の型番・品名等のわかる物品明細(据付工事等を含む場合はこの見積書)
4.助成金額
総額800万円(1件あたりの助成金額の上限は100万円)
※申請額を限度額に近づける必要はありません。必要な金額を申請してください。
※審査の結果、申請額から減額の上助成する場合があります。
募集期間
2021.07.01 〜 2021.07.31
実施団体
公益財団法人 前川報恩会
URL
https://www.mayekawa.org/category/grant/welfare_grant

お問い合わせ先
公益財団法人 前川報恩会
〒135-0046 東京都江東区牡丹3-10-7
TEL:03-3642-1566 FAX:03-6458-5876

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:31 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.07.31


日野自動車グリーンファンド2021年度助成事業

■助成対象事業
2021年11月1日〜2022年10月31日に実施される、自然環境保全に資する次のようなもののうち、非営利目的のもの

●樹木や草花の植栽の実施
●調査・研究
●活動・教育・諸啓発活動

■助成対象主体
「助成対象事業」を行う団体・グループ等で、次の要件を満たすもの
●活動の基盤が日本国内である
●日本語で応募できる
●【団体要件】原則として設立2年以上を経過しており、活動実績がある
※同一団体への同じテーマでの助成は、原則累計3回まで

■助成内容
助成総額900万円(予定)
1件あたりの上限の定めなし
募集期間
2021.05.28 〜 2021.07.31
実施団体
(公財)日野自動車グリーンファンド
URL
https://www.hino.co.jp/corp/csr/greenfund/promotion.html

お問い合わせ先
〒191-8660 東京都日野市日野台3−1−1
公益財団法人日野自動車グリーンファンド 事務局
Mail hinogf@hino.co.jp 
TEL 042-586-5369
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
*************************************************

Posted by サマライズ at 13:30 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.06
そらべあスマイルプロジェクト



1) 太陽光発電設備(4.95 kW相当) 3基 (1基/園)
※従来は3.0kW相当の寄贈でしたが、今回の寄贈分から4.95kW相当に拡充します。
※特殊な場合を除き、無償で寄贈します。

2) 環境教育プログラム「そらべあちゃんの日」
※新規追加内容です。寄贈園の環境教育&エコ・アクションを推進する支援プログラムです。
プログラムは年度で見直します。詳細はHPをご覧ください。

●応募方法   下記の募集要項をご覧ください。
●選考時期   2021年 9月予定
●設置時期   2021年 10月以降(予定)
●選考結果   当選園を決定後、全ての応募園様に結果をご連絡いたします。
●協賛企業   ソニー生命保険株式会社

募集期間
2021.05.21 〜 2021.08.06
実施団体
ソニー生命保険株式会社
URL
https://www.solarbear.jp/applications/2104/

お問い合わせ先
お電話でのお問い合わせ
03-3504-8166(平日 10時〜18時)

FAXでのお問い合わせ
03-5157-3178(24時間受付)

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:28 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.06

ブリヂストン B Smaile基金

助成対象とする団体・事業と助成枠
  (1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施していること)
  (2)ブリヂストンのグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の3つの重点領域に該当し、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体・事業
     =3つの重点領域=
「Mobility(モビリティ)」:多様な移動ニーズに応える/モビリティの進化に貢献する/安全・安心な移動を支える
「People(一人ひとりの生活)」:安全・安心な暮らしを支える/次世代の学びを支える/地域の健やかな暮らしを支える
「Environment(環境)」:自然と共生する/資源を大切に使う/CO2を減らす
      詳細は、株式会社ブリヂストンの ウェブサイト をご覧ください。
      ※ このほか、新型コロナウィルス関連の支援活動を行う団体も応募可能です。
  (3)2022年1月1日から2022年12月31日までの間における1年間の事業活動
  (4)助成金額上限:1団体につき100万円、助成総額:900万円



募集期間     2021.05.28 〜 2021.08.06
実施団体     潟uリヂストン 
URL        https://www.philanthropy.or.jp/bridgestone/2021/


お問い合わせ先
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
   公益社団法人日本フィランソロピー協会
   「BSmile募金」事務局
   電話:03-5205-7580

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:28 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.06

ブリヂストン B Smaile基金

助成対象とする団体・事業と助成枠
  (1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施していること)
  (2)ブリヂストンのグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の3つの重点領域に該当し、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体・事業
     =3つの重点領域=
「Mobility(モビリティ)」:多様な移動ニーズに応える/モビリティの進化に貢献する/安全・安心な移動を支える
「People(一人ひとりの生活)」:安全・安心な暮らしを支える/次世代の学びを支える/地域の健やかな暮らしを支える
「Environment(環境)」:自然と共生する/資源を大切に使う/CO2を減らす
      詳細は、株式会社ブリヂストンの ウェブサイト をご覧ください。
      ※ このほか、新型コロナウィルス関連の支援活動を行う団体も応募可能です。
  (3)2022年1月1日から2022年12月31日までの間における1年間の事業活動
  (4)助成金額上限:1団体につき100万円、助成総額:900万円



募集期間     2021.05.28 〜 2021.08.06
実施団体     潟uリヂストン 
URL        https://www.philanthropy.or.jp/bridgestone/2021/


お問い合わせ先
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
   公益社団法人日本フィランソロピー協会
   「BSmile募金」事務局
   電話:03-5205-7580

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:26 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.15

アウトドア環境保護基金(前期)

アウトドアフィールドの保全のために活動している全国の団体に活動資金を助成しています。

CAJは「アウトドア環境保護基金」を設立しており、全国で草の根の活動をしている団体に資金面での支援をしております。年に2回申請を受け付け、助成原則に沿っているプログラムに対し、会員で構成する審査会を通じて助成可否を決定しております。

<助成プログラム概要>
・助成金額の上限は、一回あたり500,000円となります。
・審査は申し込み締め切り後1ヶ月以内に行なわれます。
・最終審査で詳しく活動の内容をお聞きする場合があります。
・基金の支給は、最終審査で支援が決定したのち、口座確認がとれ次第お振込をいたします。
継続して基金を支給する場合は、原則として3年までを限度とします。
なお、以下の活動、または審査会が不可と判断した案件は助成の対象となりません。あらかじめご了承ください。

・科学的な調査(※環境問題を解決しようとする、特定の行動を直接支援する調査は除きます)
・ビデオやテレビなどのプロジェクト、土地の購入、政治的なキャンペーン

<助成原則>
自然が残された特定の土地や水域を、野生生物の生息地、またはアウトドア・レクリエーションの機会を確保するために保全することを目的としているプロジェクトであること。
保全への取り組みを支援する草の根の市民による運動と連動しているキャンペーンであること。ただし、一般的な教育プロジェクトや科学調査には助成をしない。
測定可能な具体的な目標や活動対象、行動計画が策定されており、成果を図るために明確な判断基準が含まれているプロジェクトであること。
比較的短期間(1〜3年)で、完了または測定可能な顕著な前進が見込めるプロジェクトであること。

募集期間
2021.05.14 〜 2021.08.15
実施団体
一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン
URL
https://outdoorconservation.jp/promotion-support

お問い合わせ先
一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン
https://outdoorconservation.jp/inquiry

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:24 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.31


パタゴニア 環境助成金プログラム

パタゴニアは環境保護活動にのみ助成を行います。私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。

私たちは、直接行動する課題を持った、草の根で活動する小規模なグループや、自然環境を保護/回復させようとする複数のキャンペーンに取り組んでいるようなグループを支援しています。また、地域に残る生物の生息域を守ろうとする地域社会に根ざしたグループを支援しており、森の中にある1本の木、河川の支流、あるいは絶滅の危機にある野生生物の保護のための個々の戦いが、さらに複雑な問題、特に生物多様性と生態系の保護についての問題を多くの人々に提起するうえで最も効果的な活動であると考えています。測定可能な結果を出そうとしている革新的なグループや、自治体や中央政府に対して自らの法律、つまり私たちの法律を遵守するよう働きかけるグループを支援しています。

<応募資格>
※ウェブサイトをご覧ください。
URL
https://www.patagonia.jp/how-we-fund/


<申請手続き>
助成金額は多くの場合は50万円から200万円までの範囲となりますが、申請内容によってはこの範囲を超えて助成する場合があります。
8月31日 (毎年10月以降に実施されるプロジェクト。8月に受け取ったすべての申請については11月までに結果を通知します。)
申請は、オンライン申請(CyberGrants/日本語)のみとなります。郵送、メールによる申請は受け付けていません。



募集期間   2021.05.24 〜 2021.08.31
実施団体    パタゴニア
URL      https://www.patagonia.jp/how-we-fund/

お問い合わせ先
パタゴニア
https://www.patagonia.jp/contact/
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:22 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]

*************************************************
✿助成金情報✿2021.08.31

賀川豊彦賞

対象 本賞の趣旨に沿う3年以上の活動実績をもつ団体もしくは個人を対象とします。
国内での活動を対象とします。日本人、外国人を問いません。
対象団体は、協同組合、社会福祉法人など公益法人、労働組合、NPO法人、NGO、任意団体などを対象とします。

賞金 1年に総額100万円

詳細はURLをご確認ください。
URL
https://t-kagawa.or.jp/kagawa_award/award_entry

募集期間
2021.05.07 〜 2021.08.31
実施団体
公益財団法人 賀川事業団 雲柱社 賀川豊彦記念 松沢資料館
URL
https://t-kagawa.or.jp/kagawa_award/award_entry

お問い合わせ先
公益財団法人賀川事業団雲柱社 賀川豊彦賞事務局
〒156-0057 東京都世田谷区上北沢3-8-19
電話 03-3302-2855 FAX 03-3304-3599



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:14 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.08.31

2021年度地域振興助成

1.助成対象となる事業
@地域における資源、伝統、文化等の保全、継承、活用を基本とした地域の活動

参考例)・地域の自然保護活動、歴史文化活動

    ・学校法人が課外活動として行う地域交流、地域調査等の活動

    ・地域循環圏の活用、広域連携活動

A地域に根ざした食やエネルギーに関わる活動

参考例)・地域の農林水産業や食を通じた地域振興に関する活動
  (例えばフードバンク活動、子供食堂等も含む)

    ・地域における再生可能エネルギーを活用した活動

    ・地域のSDGs等への取組み

2.申請期間
Web申請のみ:2021年7月1日〜2021年8月31日 17:00までに登録完了してください。

3.申請方法
インターネット回線を利用し、当財団ホームページの「助成事業登録フォーム」に必要事項及び申請内容の概略を記入した上、下記書類と共に送信してください。

@申請書  (当財団ホームページ上から書式をダウンロードし、PDFに変換してください。
また、助成対象分野の番号を、指定箇所に必ず明記してください。)
A事業計画書 ※2021年度
B予算書   ※2021年度
C決算報告書 ※2020年度(設立初年度の団体は不要)
D事業報告書 ※2020年度(設立初年度の団体は不要、ただし、実績報告の書面を提出してください。)
4.助成金額
総額300万円(1件あたりの助成金額の上限は100万円)
※申請額を限度額に近づける必要はありません。必要な金額を申請してください。
※審査の結果、申請額から減額のうえ助成する場合があります。
募集期間    2021.07.01 〜 2021.08.31
実施団体   公益財団法人 前川報恩会
URL     https://www.mayekawa.org/category/grant/regional_improvement
お問い合わせ先
公益財団法人 前川報恩会
〒135-0046 東京都江東区牡丹3-10-7
TEL:03-3642-1566 FAX:03-6458-5876

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:03 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿2021.09.06

花王国際こども環境絵画コンテスト

花王は、2021年4月26日より、「第12回 花王国際こども環境絵画コンテスト」の募集を開始いたします。

花王は、環境に関する取り組みの一環として、毎年「花王国際こども環境絵画コンテスト」を開催しています。今年は、新しく「サステナブルな環境をみんなでつくろう!」をテーマとして、子どもたちの考える、地球環境を守るためにできることを描いた作品を募集します。このコンテストは、世界の子どもたちが身近な生活のエコと地球の環境・未来について真剣に考えて表現した作品とその思いが、世界中の人々の心を動かし、さらにそのライフスタイルを変えるきっかけとなることを願い、2010年から実施しています。昨年は、日本を含め世界中から、12,884点の応募がありました。(応募数累計 112,308点)

審査結果は、2022年1月に花王のウェブサイトにおいて発表し、3月に東京で表彰式を行なう予定です。
「“いっしょにeco” 地球大賞」「“いっしょにeco” 花王賞」の受賞者は、保護者1名とともに表彰式に招待します。

花王は2009年に、お客さま、パートナー、社会と“いっしょにeco”に取り組む「環境宣言」を発表し、また2019年には、消費者起点のもと、世界中の人々の持続可能なライフスタイルを送りたいという思いや行動に応えることをめざして、ESG(環境、社会、ガバナンス)戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を発表しました。今後も、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化の実現と、社会のサステナビリティに貢献する活動を推進してまいります。

「第12回 花王国際こども環境絵画コンテスト」応募要項

【テーマ】
「サステナブルな環境* をみんなでつくろう!」
周りの環境や世界全体の大切な環境を守って、自分たちの次に生まれてくる子どもたちに渡してゆくために、私たちには何ができるでしょうか?自由な発想で絵に表現してください。

*サステナブルな環境というのは何年も何年も先の未来まで続きます。それはあらゆる動物や植物が心配しないで一緒に生きてゆける世界です。
【応募資格】
6歳から15歳のお子さま
※2021年8月末日時点での年齢

【応募先】
郵送の場合:
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島8-3-29 「花王国際こども環境絵画コンテスト」事務局宛

オンラインの場合:

https://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/society/painting-contest/entries/

※応募資格者およびその保護者が日本に居住している場合はオンラインによる応募も可能です。
※絵画を撮影した画像ファイルによるオンライン応募について、詳しくは上記をご確認ください。
(注:画像とは、絵具等を用いて手で描いた作品原画を撮影した画像のことです。デジタル作画は審査対象外となりますので、ご注意ください)

【発表および表彰式】
2022年1月下旬までに、受賞者および学校(または絵画教室)宛に通知するとともに、花王のウェブサイトで発表いたします。
2022年3月に、東京で表彰式を実施いたします。
※「“いっしょにeco” 地球大賞」「“いっしょにeco” 花王賞」受賞者(海外受賞者を含む)は、保護者1名とともに、表彰式にご招待いたします。

【審査員】(敬称略)
<委員長>
益田 文和(デザインコンサルタント、株式会社オープンハウス 代表取締役)
<委員>
大久保 澄子(美術家)
松下 計(東京藝術大学 教授)
オヤマダ ヨウコ(美術家、イラストレーター)
アンドレアス・シュナイダー(デザイナー)
デイブ・マンツ(花王株式会社 執行役員 ESG部門統括)
片平 直人(花王株式会社 作成センター長)

受賞および表彰式
各賞
「“いっしょにeco” 地球大賞」 1名 表彰盾および副賞
「“いっしょにeco” 花王賞」 8名 表彰盾および副賞
「優秀賞」 23名 賞状および副賞
「団体賞」 5団体 賞状および副賞

贈呈品の内容は変わることがあります。
「“いっしょにeco” 地球大賞」「“いっしょにeco” 花王賞」受賞者は、保護者1名とともに、2022年3月に東京で開催する予定の表彰式にご招待いたします。
団体賞は、小中学校、絵画教室等の団体を対象に、最も応募数の多かった上位5団体にお贈りします。
各賞の受賞者数・団体数は応募数によって増えることがあります。


表彰式
2022年3月に、東京で表彰式を実施する予定です。
※実施については、海外渡航の回復状況等を考慮しながら、詳細を検討していきます。
募集期間  
2021.05.06 〜 2021.09.06
実施団体
「花王国際こども環境絵画コンテスト」事務局
URL
https://www.kao.com/jp/corporate/news/sustainability/2021/20210426-001/
ファイル
お問い合わせ先
「花王国際こども環境絵画コンテスト」事務局

048-872-1082
(午前10時から午後5時まで 土・日・祝日を除く)

kao-contest@hit-bits.com


※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 12:59 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿令和3年9月 30 日

農林水産省 フードバンク支援事業(食品受入能力向上緊急支援事業の募集について)
内容
第2回募集:
令和3年1月8日から令和3年9月 30 日まで

■内容/対象
1.締切日
第2回募集:
令和3年1月8日から令和3年9月 30 日まで

2.対象
本事業に応募することができる者は、フードバンク(食品関連事業者その他の者から未利用食品の寄附を受けて、子ども食堂等にこれを無償で提供するための活動を行う団体)であって、次の全ての要件を満たすものとします。

1 食品の取扱いに当たって「フードバンク活動における食品の取扱い等に関する手引き」(農林水産省公表資料)に基づく又は準じた取扱いを行っていること。

2 本事業を行う意思及び具体的計画並びに本事業を的確に実施できる能力を有する団体であること。

3 本事業に係る経理その他の事務について、適切な管理体制及び処理能力を有する団体であって、定款、役員名簿、団体の事業計画書・報告書、収支決算書等(これらの定めのない団体にあっては、これに準ずるもの)を備えているものであること。

4 本事業により得られた成果(以下「事業成果」という。)について、その利用を制限せず、公益の利用に供することを認めること。

5 日本国内に所在し、補助事業全体及び交付された補助金の適正な執行に関し、責任を負うことができる団体であること。

6 法人等(個人、法人及び団体をいう。)の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所(常時契約を締結する事務所をいう。)の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者をいう。)が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。)でないこと。


5.内容
フードバンクにおいて、未利用食品の受入れ・提供を拡大するために必要な運搬用車両、一時保管用倉庫(冷蔵庫・冷凍庫を含む。)、入出庫管理機器等の賃借料の経費を支援します。


募集期間       2021.05.14 〜 2021.09.30
実施団体       農林水産省


URL
https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/210324_184-1.html


お問い合わせ先
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課
(北別館6階ドアNo.北 610)
電話:03-3502-8111(内線:4319)
FAX:03-6738-6552

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 12:58 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿
令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援 全国キャンペーン
( いのち をつなぐ支援活動を応援 ! 〜支える人を支えよう〜)


令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援 全国

キャンペーン ( いのち をつなぐ支援活動を応援 ! 〜支える人を支えよう〜)
長野県共同募金会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日常生活に困難を抱える人たちを支援する活動を応援するため「赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援 全国キャンペーン(いのちをつなぐ支援活動を応援!〜支える人を支えよう〜)助成」を実施します。
皆さまのあたたかいご支援ご協力をお願いします。
(この全国キャンペーンは、例年10月から実施している赤い羽根共同募金運動とは別に実施します)



1  趣 旨
●新型コロナウイルス感染症の影響が長期化・深刻化する中、私たちを取り巻く環境の悪化等により、さまざまな生活課題・福祉課題が顕在化する一方、潜在化してしまう課題もあります。
●令和2(2020)年度、長野県共同募金会では、全国の共同募金会とともに、「赤い羽根子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン」(新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族の支援活動)を実施し、新型コロナウイルス感染拡大に起因する困りごとを抱えた人たちを支援する活動に対して、全国では計2,051件、約6億1,800万円(令和3年2月末現在)、県内では合計91件、10,787千円の助成を行いました。
●この全国キャンペーンでは、子どもと家族を中心として、例えば、食支援、居場所づくり、相談支援等の活動に広く助成を行っており、課題の長期化が懸念される中、継続した支援を求める声が高まっています。
●そこで、令和3(2021)年度においても、長野県共同募金会では全国の共同募金会とともに、新型コロナ感染下の福祉活動応援という枠組みを継続させつつ、民間の相談支援活動、食支援活動、居住支援活動、居場所を失った人への支援活動などを中心に応援するため、「いのちをつなぐ支援活動を応援!〜支える人を支えよう〜」全国キャンペーンを実施することとなりました。
●例年10月から実施している「赤い羽根共同募金」の取組みとは別に、新型コロナウイルス感染拡大の影響による「いのち」や「暮らし」に関わる課題に対して取り組む活動を応援するため、県内の地域の実情に応じて、きめ細やかな支援を展開してまいります。
2  実施主体
社会福祉法人長野県共同募金会
3 協働実施
社会福祉法人中央共同募金会
全国の都道府県共同募金会
4 協 力
社会福祉法人全国社会福祉協議会、社会福祉法人長野県社会福祉協議会、特定非営利活動法人長野県NPOセンター、
公益財団法人長野県長寿社会開発センター
5 助成対象団体
・社会福祉・地域福祉の推進を目的とする県内のボランティア・NPO等の非営利団体(法人格の有無は不問です。)
・応募時点で団体が設立されており助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること(活動年数の有無は不問です。)
・反社会的勢力及び反社会的勢力と密接な関わりがある団体ではないこと
6 助成対象活動
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、地域社会における孤立が加速化し、日常生活に困難を抱える人、居場所を失った人、経済的困難に陥った人などに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、地域や多様な機関・団体との連携・協働により展開されるものを対象とします。

助成活動(事業)の対象期間:令和3年(2021年)4月1日(木)※〜令和3年(2021年)9月30日(木)
※令和3年(2021年)以降の活動(事業)である場合は、助成応募前に当該活動(事業)にかかった費用も遡って対象とします。
 ただし、その場合は、領収書等を提出できることを条件とします。
7 助成金額等
○助成額の上限は、A助成1団体8万円、B助成1団体25万円です。
 A助成又はB助成から1つ選択し、応募期間内に応募書を提出してください。


○助成総額は300万円程度を予定しています。
○B助成は人件費(コーディネート経費)が対象となります。別記「人件費助成の要件」をご確認ください。
○寄付の状況により今回助成の増額、第2回目以降の助成公募を行う可能性があります。
8 助成対象経費
○基本的に活動(事業)に要する経費を対象とします。
○助成対象外の経費は、次のとおりです。
 ・行政等の公的な補助や他の団体による助成が見込まれる経費
  ただし、他の補助や助成を受けていても、経費の明確な区分が可能な場合は、助成対象となります。
 ・団体の通常活動や、団体の維持・管理のみを目的とした経費
 ・A助成の人件費
 ・助成対象期間(上記6.助成対象活動)外の活動に係る経費

9 応募方法・助成決定
○応募締切日までに、別添応募書に会則・規約、団体の活動実績がわかる書類を添付し、電子メール、ファックス又は郵送により送付してください。応募書様式は、本会ホームページからダウンロードしてください。
助成応募期間:令和3年(2021年)4月30日(金)〜令和3年(2021年)6月11日(金)
○助成の可否・助成額は、本会が設置する審査委員会による審査のうえ決定します。必要に応じて、本会がヒアリングを行い、応募内容の詳細を直接お聞きすることがあります。審査結果は、令和3年(2021年)6月下旬に本会ホームページにおいて公表し、応募団体に郵送によりお知らせします。
○助成金は精算払いになります。助成決定団体には、活動終了後1か月以内に活動・精算報告書及び領収書等のコピーを提出いただき、本会で確認のうえ、団体名義の口座に送金します。報告書様式は助成決定時にお示しします。活動実態が確認できなかった場合は、助成決定を取り消す場合があります。





10 応募書送付先・問合せ先
社会福祉法人長野県共同募金会
〒380-0871 長野県長野市西長野143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-6813 FAX 026-234-3024
E-mail nkyobo@akaihane-nagano.or.jp
URL https://www.akaihane-nagano.or.jp/




※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 12:57 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2021年05月30日(Sun)]
✿助成金情報✿令和3年6月30日


【令和3年度】地域で子どもを育むプロジェクト〜信州こどもカフェ運営支援助成〜

地域で子どもを育むプロジェクト  〜信州こどもカフェ運営支援助成〜

 県内の子どもが地域の多様な人との関わりを通じて、様々な困難を乗り越え成長する力を育むことを目的として、信州こどもカフェ(以下「こどもカフェ」という。)の運営を支援するための助成をおこないます。
 ※本助成は、テクノホーム長野株式会社様から長野県にいただいた寄付を活用させていただいて実施しています。

【募集期間】5月14日(金)〜6月30日(水)


■対象団体等
 助成の対象となる団体は、以下の 1 から 7 を満たすこどもカフェで、
 地域住民が主体となって運営するボランティアグループやNPO法人、社会福祉法人等とします。

県内で開設され、営利を目的としないもの。
計画的に開催され、同一地区内で月1回以上開催されるもの。
※新型コロナウイルスの影響により開催することが困難と認められる場合、月1回以上の要件を満たなくても助成対象とします。
以下アからウのいずれかに該当する複数の取組を行うものであること。
ア. 学習支援と食事提供
イ. 学習支援とその他の取組(悩み相談、学用品のリユース、高齢者との世代間交流等)
ウ. 食事提供とその他の取組(悩み相談、学用品のリユース、高齢者との世代間交流等)
今年度、長野県で実施する地域発元気づくり支援金の助成を受けていない団体であること。
※ただし、過去に地域発元気づくり支援金により助成を3か年受けたものについては、この限りではありません。
こどもカフェの開設時に、現場を統括するリーダー及び子どもに対して適切な支援ができるボランティア等のスタッフが配置されていること。
食事提供にあたっては、無料又は低額(実費相当程度)の料金とされていること。
また、保健所の指導に従い衛生管理が十分配慮されていること。
【参考ホームページ】
※信州こどもカフェ事業・こども食堂における食品衛生管理について(長野県ホームページ)
※子ども食堂における衛生管理のポイント(厚生労働省ホームページ)
活動内容が公序良俗に反しないこと。

   【グループでの申請について】
    単体のこども食堂では月1回以上の要件を満たしていなくても、複数のこども食堂が協同(グループ)で
    実施することで月1回以上の要件を満たす場合は、グループとして助成の対象とします。

■対象経費
 こどもカフェの活動に要する経費
 (食材費、賃借料、謝金、旅費、印刷費、消耗品費、燃料費 等)
  ※領収書またはレシート等の明細のあるものに限ります。
  ※1件あたり100,000円以上の物品で1年以上にわたり使用に耐えると認められる物品は対象となりませんので、ご注意ください。
  ※新型コロナウイルスの影響により開催できない月に家庭向けに弁当や食料品の配布を行う場合、活動に必要な上記経費も対象と  なります。

■助成対象期間
 令和3年4月1日から令和4年2月28日までにおこなう事業

■限度額
 活動を行うこどもカフェの開設時期により助成限度額は、以下 1、2 のとおりです。

昨年度より継続して活動を行っている場合
1か所あたり 基本額6万円+加算3万円=(最大)9万円
令和3年4月から令和4年2月の間に開設する場合
1か所あたり 基本額8万円+加算3万円=(最大)11万円

 ※実際の助成決定額は、申請の状況等をみて決定します。採択されない場合もありますのでご了承ください。
 ※助成額は実績に応じた額でお支払いします。
 ※交付が決定した団体の次年度以降の助成限度額は1か所あたり3万円以内とし、助成金の受取は
  3か年を限度とします。

■申請方法  ※〆切 令和3年6月30日(水)
 助成申請書(様式1−1)を記入の上、関係書類を添付して、こどもカフェを開設する管内の市町村
 社会福祉協議会にご提出ください。ご提出いただいた申請書は市町村社会福祉協議会を通じて本会へ
 回送されます。

 【申請書を提出する市町村社協の住所一覧】

■助成決定までの流れ

助成の決定
市町村社会福祉協議会に提出された助成申請書をもとに本会において審査後、本会から各団体にお知らせします。
助成金の送金
助成決定後、指定口座に送金します。
実施報告書の提出
事業実施後に実施報告書を提出してください。

■募集要項・申請書等の様式ダウンロードはこちら
http://www.nsyakyo.or.jp/news/2021/05/post-79.php
■お問合せ
 社会福祉法人長野県社会福祉協議会 まちづくりボランティアセンター
 TEL:026-226-1882 / FAX:026-227-0137
 E-mail:vcenter@nsyakyo.or.jp

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 12:55 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集