CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<29> | Main | 平成21年度教育現場事業<22> »

<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
支援ボランティア現場研修 教育現場[2010年02月10日(Wed)]
2010.2.4 (木)

松本市内小学校 5年

現場研修: 3校時(算数)



松本大学支援ボランティアの学生さん2名に、

通訳を担当していただきました。



今回は、セッティングの時間を短縮するために

表示用PCとHUBを使用しないで、

直接モニターに入力者の画面を映し出す方法を取りました。



学生さん方には、今回も連携入力で対応していただきましたが、

お二人とも大変落ち着いて入力されていました。

最初は連携入力に戸惑う様子も見られましたが、

徐々にタイミングも合ってきて、その上達ぶりには

目を見張るものがありました。



終了後、利用されたお子さんから、「また明日も来てくれる?」

「毎日やってほしい。」と言葉を掛けられ、情報保障の重要性を

改めて痛感しました。



学生さんからは「楽しかった」との感想もいただき、

その日の午後に行われた実践報告会の場では、

この活動をしっかり理解した上で、意欲的に取り組んで

くださっている様子を発表してくださって、大変嬉しく思いました。



先生方も毎回温かいお言葉を掛けてくださり、

特に担任の先生には通訳用資料の心配をしていただいたり、

聞き取りやすい話し方をしていただいたりと、

細かい配慮をしていただいて、大変ありがたく思います。



多くの方々のお力で、一歩一歩支援制度実現へ近づいていることを

実感した一日でした。

Posted by サマライズ at 11:22 | ボランティア研修 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/8

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集