CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 小中の「通級による指導」文科省調査 | Main | 2日目は・・・ »

<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
特定非営利活動法人ウェブアクセシビリティ推進協会発足イベント[2010年04月26日(Mon)]
10/04/23

特定非営利活動法人ウェブアクセシビリティ推進協会発足イベントの情報保障を

モバイル型情報保障システムを使って、担当させて頂きました。



内藤正光総務副大臣「ウェブアクセシビリティの推進を政府の施策に」

山田肇東洋大学教授(JWAC理事長)「ウェブアクセシビリティ推進協会の概要」

渡辺隆行東京女子大学教授(JWAC理事) 「ウェブアクセシビリティの実現に必要な技術基準等について」

以上の講演と、質疑応答の情報保障をさせて頂きました。





以下、主催者様と利用者からの感想を転載させて頂きます。



--------------------------------------------------------------------------------



<主催者感想1>

4月23日の夕刻に開かれたイベントで、遠隔要約筆記にご協力いただき本当にありがとうございました。

主催者を代表して心から感謝いたします。

添付する報告書にも書きましたが、利用者二名はイベントの模様を的確に把握できた

ことについて大変感謝していました。

掲示した遠隔要約筆記システムのポスターは多くの参加者の関心を集めました。

また講師であった内藤副大臣も実際に運用・提供されている状況に感心していました。



<主催者感想2>

昨日は、素晴らしいサポートサービスを発揮していただき、

お陰さまでNPO発足記念セミナーを成功裏に終了することができました。

本当に有難うございます。

最初にアドリブで、デモさせていただきましたが、内藤副大臣も、

会場に来ていただきました。

参加者も皆様も初めての経験でしたので、インパクトは物凄くありました。

みなさん、とても喜ばれて、最後のお礼の拍手となりました。

皆様の今後のご発展をお祈りしております。



<利用者感想>

この間はどうもありがとうございました。

初めて体験するモバイルによる要約筆記。本当に興奮しました。

実はiPoneも初めてで、最初は手にするのも恐々でした。

が、一度手にとってみると、手になじんできて縦にしたり横にしたりと、

どのようにしたら要約筆記を見やすいか、役立つか、考えながらと楽しい時間となりました。

そして、情報保障のことで苦労することなく、安心して集会に参加できる夢のような時間でした。

近い将来、このサービスが当たり前のようにどの集会でも提供されるようになるといいですね。

2時間びっちり、専門用語の多い要約筆記は本当にお疲れだったと思います。

本当にありがとうございました。
【(カテゴリなし)の最新記事】

Posted by サマライズ at 17:27 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/51

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集