• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2024年03月24日(Sun)]
✿助成金情報✿2024.4.25

2024年度 世界の人びとのための JICA基金活用事業

「世界の人びとのためのJICA基金」では、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、本基金を活用した開発途上国・地域の人びとを支援する活動提案を募集します。
本事業は、開発途上国・地域に対する支援事業・活動を立ち上げたい、これまでの支援事業・活動を拡大したいという団体(NGOやNPO、任意団体)の応募を歓迎します。

以下の事業を対象とした活動提案を募集します。採択された団体には上限100万円を支援します。
@ 開発途上国・地域の人びとの貧困削減や生活改善・向上に貢献する事業
A 日本国内の多文化共生社会の構築推進、外国人材受入れ支援に関する事業

対象となる団体(応募資格要件)
(1)日本国内に法人格を有する特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、もしくは法人格を有しない任意団体(法人格のない社団)。なお、任意団体の場合は、日本国内に拠点があること、事業開始までに団体名義の銀行口座を用意することを要件とします。
(2)事業実施にかかる諸手続き及び書類作成を日本語で行うことができ、JICAと郵便、電話、電子メール等にて円滑に連絡を取り合うことができる団体。
(3)適切な会計処理が行われている団体。
(4)事業に際してNGO登録等が必要な国・地域を対象とする場合には、採択通知後1年以内にNGO登録等を完了できる見通しのある団体。
(5)草の根技術協力事業(JICA事業)及びNGO連携無償資金協力事業(外務省事業)の採択実績がない団体。2024年度の草の根技術協力の募集に応募を予定していない団体。
(6)JICA基金活用事業の採択実績が2件以下である団体。
(7)JICAが求める報告書等を提出期限内に提出することができ、ニュースレター作成や広報活動に協力できる団体。
(8)「独立行政法人 国際協力機構関係者の倫理等ガイドライン」3等、JICA事業を実施する団体に求められる規則を遵守できる団体。
(9)反社会勢力ではない団体。


※詳細はURLをご覧ください。
募集期間
2023.12.20 〜 2024.04.25
実施団体
独立行政法人 国際協力機構
URL
https://www.jica.go.jp/Resource/partner/private/kifu/09.html
ファイル
お問い合わせ先
独立行政法人 国際協力機構
東京センター 市民参加協力 第二課
E-mail:tictpp2_kikin@jica.go.jp
TEL:03-3485-7036、7109、7044


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください。

Posted by サマライズ at 11:44 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3728

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集