• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 全国ろうあ者大会in佐賀にて情報保障 | Main | 松本大学 学生支援ボランティア養成講座【5】 »

<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
松本大学 学生支援ボランティア養成講座【4】[2011年06月15日(Wed)]
松本大学 学生支援ボランティア養成講座

2011.6.13



<第4回講座内容>

・訂正方法・効率の良い入力方法の復習

・教育現場での入力方法

・単語登録について

・連係入力練習



本日は、実際に教育現場で通訳をする際に基本となる入力方法について

学習していただきました。

話者が、教師と生徒、というように入れ替わる場合や、

音声以外の音の情報をどのように入力するかなど、具体例を示しながら、

学生さん方にも実際に練習していただきました。



話を聞く時には至って大人しい学生さん方ですが、連係入力練習の際には、

「あ〜っ!」などと、大きな声を上げたり、変な表示が出てしまったことに

笑いが起こったりと、かなり賑やかなことになっておりました。

当然、現場では、このようなことがあってはならないのですが、

入力練習になると、途端に生き生きとした表情になるので、

次回はできるだけ練習の時間を取りたいと思います。

Posted by サマライズ at 11:30 | トヨタ財団助成事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/360

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集