• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2022年11月23日(Wed)]
✿助成金情報✿2022.11.30

「社会安全に関する研究助成」 -2023 年度



<概要・趣旨>
人々が犯罪とかかわりなく安全で安心して生活できる社会を実現するためには、民・官を問わない多様な活動が必要です。本助成は、これらの活動に理論的根拠及び実証的根拠を与える意欲的な研究を振興することを目的としています。また、本助成は個人又はグループによる研究を対象とする一般研究助成と 40 歳以下の個人研究を対象とする若手研究助成に分かれています。

<助成の対象となるもの>
助成対象となる費用については、「2023 年度研究助成費目一覧表」を参考にしてください。「2023 年度研究助成費目一覧表」は こちら
https://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2022/07/2023_kenkyu_himoku.pdf
社会安全問題に関する社会科学の研究を主として対象とします。
・少年非行防止対策
・子ども・少年・女性・高齢者を対象とする犯罪等の防止対策
・組織犯罪対策
・薬物銃器犯罪対策
・犯罪の国際化への対策
・犯罪被害者支援対策
・マイノリティ・マジョリティの 安全安心な共生のための対策

<助成の応募・申請要件>
応募資格は下記の通りです。
1.一般研究助成・若手研究助成に共通する事項
・国籍・性別は問わない。
・日本語による意思の疎通が十分にはかれること。
・次のいずれにも該当しないこと。
 ・同一の題名又は内容で既に科学研究費等の競争的資金及び他の財団等からの助成金を受けているか、又は採択が内定している者
 ・前年度に当財団から研究助成を受けた研究の研究代表者

2.一般研究助成
・公募対象の研究分野に関する研究者、又は実務家であること。
・大学院修士課程 (博士前期課程) 修了、又はこれと同等の研究能力があること。
・助成期間中、日本国内に研究、又は活動のための拠点を有すること。
・グループによる研究の場合、共同研究者は 8 名までとする。

3.若手研究助成
・大学院に在学しているか、又はその課程を修了した研究者で、2023 年 4 月 1 日現在において 40 歳以下であること。
・日本国内の居住の有無は問わない。


※詳細はURLを御覧ください。
募集期間   2022.11.01 〜 2022.11.30
実施団体   (公財)日工組社会安全研究財団
URL      https://www.syaanken.or.jp/?cat=48


お問い合わせフォーム
https://www.syaanken.or.jp/kenkyu/?page_id=10

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各団体に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください。

Posted by サマライズ at 16:27 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3458

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集