• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2022年07月22日(Fri)]
✿助成金情報✿2022.09.15


第40回「市川房枝女性の政治参画基金」
内容
●助成の政治参画基金
公益財団法人市川房枝記念会女性と政治センター事業の一環としての「市川房枝女性の政治参画基金」は、女性が民主的ガバナンスの担い手となるために、女性の政治参画の推進につながる女性団体・個人の活動や調査研究等への助成を行うものです。

●基金の概要
当センターの創始者市川房枝(1893-1981)は婦人参政権運動に生涯を貫きました。
1953年参議院議員に初当選以来、歳費・手当の増加分を当センターに寄託し、この寄託金は1975年に公職選挙法が改正されるまで積み立てられました。1983年3月末、総額は2000万円となり、議員を辞めた後は、これを女性の地位向上などに役立てたいと考えていました。1983年、その志を生かして2000万円で「市川房枝基金」を創設。2010年に理想選挙推進市民の会から指定寄付1400万円をいただきました。2011年度から名称を「市川房枝女性の政治参画基金」と改称しました。


助成課題 :女性の政治参画、選挙と政治の浄化に関する活動や調査研究
選考の基準 :原則として助成決定後1年以内に相当の成果があること
      独創的で現代的問題意識のあること
助成対象 :原則として女性(団体・個人)
助成総額 :50万円(応募内容によって複数件に助成することがあります)
応募方法 :所定の応募用紙に記入の上、下記へ郵送してください
審査結果の通知 :審査結果は2022年11月1日に全応募者にメール等で通知します
助成対象者発表方法等 :2022年11月、当財団維持員のつどいで発表、助成金を贈呈します
審 査 :市川房枝女性の政治参画基金選考委員会
助成対象者の義務等 :◆ 活動の経過・結果及び会計に関する報告書の提出
           ◆ 活動の成果を発表する場合には、当基金の助成を受けた旨の明示

※詳細は募集要項を御覧ください。
募集期間
2022.07.01 〜 2022.09.15
実施団体
(公財)市川房枝記念会女性と政治センター
URL
https://www.ichikawa-fusae.or.jp/activity/fund/


お問い合わせ先
公益財団法人 市川房枝記念会女性と政治センター
市川房枝女性の政治参画基金選考委員会 宛
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-21-11 婦選会館内
TEL 03-3370-0238 メール fitikawa.moushikomi@fork.ocn.ne.jp
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 12:50 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3354

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集